休職とは?制度の仕組みや休める期間、手続きの流れを解説!の画像

休職とは?制度の仕組みや休める期間、手続きの流れを解説!

休職とはtたいどんな制度なのでしょうか?もし休職を使うとしたら期間はどれほどになるのでしょうか?さらに休職したら給料や手当はもらえるのでしょうか?この記事ではこのような休職に関する質問に具体的に答えていきます。

894

休職とはどんな制度?

「病気や精神的な問題で仕事を休む」というイメージのある休職ですが、具体的にはどのような取り決めがなされているのでしょうか?

その詳細を知らずに、体調が思わしくないから休職を申し出るという選択は非常に危険です。

休職というルールに定められた内容を確認することから始めていきましょう。
 

休職は会社が定める制度!

一見すると労働者の権利として認められているように思われる休職ですが、申請方法や期間については会社がすべての決定権をもっています。

また、会社から休職を命じるパターン、従業員が自己判断で会社へ申請するパターンなど、休職に入るまでの段取りにも違いがあります。

「病気にかかってしまったために休ませてもらいたい」と従業員から相談するイメージのある休職ですが、会社の経営悪化や震災の影響で労働者を休ませる、会社都合の休職というものも存在します。
 

休職が認められる理由一覧

会社ごとの就業規則にもよりますが、一般的には下記のものが休職が認められる理由となります。

  • 傷病休職:会社の業務外での病気やケガを理由に休職を申し出ること
  • 自己都合休職:仕事以外の理由(ボランティアなど)で休職を申し出ること
  • 留学休職:留学を理由に休職を申し出ること
  • 事故欠勤休職:私的な事故を理由に休職を申し出ること
関連相談

休職期間は会社の就業規則で決められる!

前述の通り、休職はその期間についても会社が決定権をもっています。

「どのくらいの期間を休職として認めてもらえるのか」といった疑問を解消するためには、勤めている会社の取り決めを確認しておく必要があります。
 

勤続年数と休職理由が一般的

多くの企業では休職と認める期間を、勤続年数とその理由によって定めています。

勤続年数5年と勤続年数10年では、同じうつ病という理由でも上限となる期間が異なります。

また、同じ勤続年数5年という条件でも、うつ病かかってしまった場合と留学に行く場合とでは、認められる期間が異なるわけです。
 

実際の休職期間【最短・最長】

実際に認められる休職の期間はまちまちですが、大手企業では3年間を最長としているケースが多いようです。

昨今ではそれぞれの企業が独自の規定を設けることが増え、変更していることもありますが、戦後の結核を機に設けられた休職制度を踏襲している場合は3年間が最長とされています。

また、休職を申し出る理由によりますが、3ヵ月ほどが最短と言われています。

休職の理由の多くは長期的な療養が必要なものであり、医師との相談を経て、数ヶ月と決められることがほとんどです。

そのため企業側も3ヵ月を最短とし、休職を認める場合の期間として適用しているようです。

関連相談

休職中は給料や手当はもらえるのか?

休職中の給料や手当によって会社に申し出るべきかを判断したい、という方も多いのではないでしょうか。

うつ病などの病気を理由に認められる休職については、思いの外シビアな現実が待っているため、事前に把握しておきましょう。
 

基本的に給料はもらえない

前述の休職が認められる理由は基本的に自己都合と判断されるため、休職中は給料が支払われないことがほとんです。

ただし、休職が認められる要項や期間と同様に、給与を支払うかどうかも会社に決定権があるため、企業によっては支払われることがあります。
 

傷病手当を受給できる

上記に該当する理由によって求職しなければならない状態になった場合は、収入のまったくない状態で過ごさなければならないかというと、そうではありません。

特に近年増加しているうつ病などの精神疾患を患ってしまった場合には、健康保険組合から傷病手当を受け取ることができます。

給料分の金額を受給することはできませんが、平均で日額2/3程度の金額は受け取れるとされています。

また、支払われる期間も1年6ヶ月と長く、長期療養が必要と判断された際でも十分な金額を手にできると言えるでしょう。

関連相談

一般的な休職までの手続きの流れをチェック

休職の手続きの流れ

休職を申請するかどうかを検討されている方は、一般的な手続きの流れについても把握しておきましょう。

手続きと聞くと、「書類を作成して提出する」というイメージをもつ方も珍しくありませんが、会社の都合も配慮しておかなければなりません。

一般的には、休職の申請を検討していることを上司に打ち明け、その必要性が認められた後に引き継ぎのスケジュールを決めていくことになります。

休職の申請に必要な様式の書類と医師や産業医の診断書の提出が必要となり、会社はその文面を確認することで休職の必要性を判断します。

そして、極力早く休職に入るように配慮してくれるケースがほとんどではありますが、業務を放置することはできません。

後任者の選定から引き継ぎが終わるまでの期間は、休職することができません。

関連相談

休職を選ぶ前に解決しておきたい疑問2つ

休職の申請をするという決断をする前に、これから解説する2つの疑問については解消しておきましょう。

休職中の社会保険について、休職の転職への影響について解説していきます。
 

休職中の社会保険はどうなる?

休職中は仕事をしていないものの、会社に籍があるという事実があるため社会保険は支払わなければなりません。

給与が支払わられていないため、企業が一時的に全額負担するという形式がとられますが、復職時にその金額は支払わなければなりません。

企業によっては、傷病手当から支払うような形式を取ることもあります。
 

休職は転職でデメリットになる?

転職においては、休職してしまったという事実がデメリットになることはありません。

ただし、志望企業が休職について言及してこないということはないでしょう。

企業の戦力として働く従業員の健康状態を把握し、本当にパフォーマンスを発揮できるのかという疑問を抱くことは間違いありません。

関連相談

まとめ

申請方法や期間、認められる要項などのすべての休職に関する事柄が、会社によって定められています。

そのため、「休職の申請を行うべきか」を悩んだ際には、休業規則をしっかりと確認するようにしましょう。

特に、休職中の給料については、詳細に確認しておかなければなりません。

休職中はどんな生活を送るのか、また転職の際にはどんな点に気を付けなければいけないのかをイメージしながら、休職の申請を行うべきかを判断しましょう。

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。そこでオススメするのがdodaです。
dodaは、国内転職者満足度1位を誇る人気転職サイトです。

サービス概要

  • 数ある企業からあなたに最適な企業を紹介
  • 転職のプロが1対1で転職活動をサポート

dodaに1分で無料登録する

この記事に関連する転職相談

正社員の推薦はどのくらいの手続きに期間を要するのでしょうか?

今契約社員として働いています。 一ヶ月ほど前に上司より社員になれるよう推薦状を出したと言っていただきました。 それから全く連絡がなくモヤモヤしています。 このようなケースはダメだったと思った方が良いのか手続きに時間がかかっているのかどち...

休職期間中は税金を支払う義務はあるのでしょうか?

休職期間中って税金を支払う必要はあるのでしょうか。 これから休職しようと考えているのですが、休職期間中の給料や税金について詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

うつ病で休職に入るのですが、転職活動をいつすればいいですか?

うつ病症状で、これから休職に入ります。転職のことを考えると、休職前に退職して治療をして、回復してから転職したほうが有利なのではと思いますが、いかがでしょうか?

傷病手当に必要となる書類と提出先について教えて下さい

休職期間が二ヶ月間ありました。 現在、会社に復帰しているのですが、先日傷病手当なるものが存在しているということを聞きました。 傷病手当自体その際知ったのですが、一応受け取れる権利があるとのことでした。 その際に、 - 会社に提出する...

退職したいと申し出たのに、退職できないどころか自然退職を狙われてる様で困ってます。

退職したいと申し出たのに、退職できないどころか自然退職を狙われてる様で困ってます。 現在うつ状態で休職をしていますが、診断書が今月で切れてしまいます。 とても復職できる状態ではなく、医師からは「再度診断書を出すから気にしなくていい」と...

休職期間中の転職活動は休職中であることを隠してもいいですか?

現在、休職2ヶ月目です。 転職先を探しているのですが、休職経験があることを面接時に話さないようにしています。 あまりよくないとも思いながら、転職活動時に不利になる可能性があると思うので、隠しながら面接に望んでいます。 ただ自分の中に...

休職期間中の給料はいつまで支払われ続けられますか?

休職期間中の給料はいつまで支払われ続けられるのでしょうか。 今月から休職をすることになりました。 給料等の会社の情報について詳しく理解していないのですが、休職期間中は最長どれくらいの期間給料をもらい続けることが出来るのでしょうか。

休職期間がながければ長いほど復職するのは気まずくなりますか?

休職期間が長く、現在5ヶ月目です。 来年から復職を希望しているのですが、これくらいの長い期間からの復職はやはり、ムズカシかったりしますか? 体調を崩したことが休職理由であるため、復職することもまた不安はあります。 長期間休職経験があ...

産休を貰う前に休職した場合は給料をもらうことができるのでしょうか?

現在妊娠中の者です。産休や育児休暇をいただき、会社への復帰を希望しています。 その他にも休職手当をいただこうと考えています。 この場合、休みがかなりの期間続くことになるのですが、どれほど給料、給付手当をもらうことができるのでしょうか...

休職手当って診断書が無いと受け取ることができなかったりしますか?

休職手当って診断書がないと受け取れないのでしょうか。 現在、休職中で休職中の手当を貰おうとしているのですが、診断書が無いと受け取れないとの情報を確認しました。 実際に休職手当は診断書が無いと受け取れないのでしょうか。教えてください。

この記事に関連する記事

派遣の契約期間について徹底解説|決め方や一般的な長さについて

派遣の契約期間の決め方をご存知でしょうか?派遣の契約期間の最長は3年と一応決められているのですが、3年以上働ける理由を...

就活のやり方からその期間や就活準備からフリーターや既卒の就活方法まで

就活のやり方がわからない人は何をすれば良いのでしょうか?この記事ではシンプルな就活のやり方をご紹介しますので、ぜひ参...

インターンシップの期間ってどれくらいなの?オススメの長さとは

インターンシップの期間はどれくらいが一般的なのかご存知でしょうか?長期・短期インターンがあったり、夏・冬のインターン...

【正しい選び方】インターンシップでのオススメの期間はどれくらい?

インターンシップの平均期間ってどのくらいなの?1dayと短期・長期のインターンどれがおすすめなの?サマーインターンとウィ...

【徹底解説】長期インターンに参加するときに準備する持ち物とは

この記事では、長期インターンについてご紹介致します。長期インターンのメリットやデメリットや、長期インターンの期間や服...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー