これからの時代に女性が活躍していける職業とは?の画像

これからの時代に女性が活躍していける職業とは?

現在の女性は、仕事も家庭も諦めない。働くお母さん達を支援する企業も増えています。しかし職場の雰囲気が休暇や定時上がりをしづらい空気になっている事もあるようです。そのような企業がある中、一方では働き方の多様性に合わせて企業側が対処すべき状況も変化しています。これからの女性の働き方とはどのように変化していくのでしょうか。見てみましょう。

はじめに

安倍政権が「女性が輝く社会」を掲げるなか、多種多様な業務で活躍する女性が今後益々増加するようです。

今後、女性が活躍しそうな就業条件とは、どんな職場環境なのでしょうか?

現在の女性は、仕事も家庭も諦めない。働くお母さん達を支援する企業も増えています。

しかし、「定時に帰り難い」「休みを取り難い」という雰囲気が残る職場は少なくないようです。

また、反対に「バリバリ働きたいのに育児中だから気を遣われる」「女性だから成果を認められない」など、働き方の多様化にあわせて、企業側が対処すべき状況も変化しています。

就業者は、2016年4月に施行した女性活躍推進法が見方になります。

正式には「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」で、法律名称の通り「働く女性の活躍を後押しします」という法律で働く女性を見守ってくれます。

女性に人気の職業は何でしょうか?

現在段階で、女性の就業率(15歳~64歳=生産年齢人口)は上昇しています。

しかし、ライフステージの変化に伴い離職するケースが多いようです。その状況とは、「就業希望があっても就業出来ない女性が約300万人居ます。

「第一子出産を機に6割の女性が離職します。」

「育児後に再就職する際はパート・アルバイトになる場合が多く、女性雇用者における非正規雇用者は6割程になります。」

この現況を解決させる政策が、女性活躍推進法です。

少子化による急速な人口減少も背景にありますが、女性に「もっと多く」「もっと長く」「もっと高い」能力を発揮して「働いてほしい」事が目的です。

女性に就業を促進する法律は準備出来ましたが、職業の人気はどのような職種なのでしょうか?

1位    一般事務
2位 商品企画・マーケティング
3位 受付・秘書
4位 ブライダルコーディネーター・ドレスコーディネーター
5位 旅行企画・手配・ツアーコンダクター
6位 編集・制作・ライター
7位 マスコミ関連クリエイター・ディレクター(Web・出版など)
8位 広報・宣伝業務
9位 調理スタッフ・パティシエ
10位 保育士・幼稚園教諭

やはり女性が働いているイメージの強い職業が多く見受けられますね。

 

女性が活躍できる意外な職種とは?

女性が活躍できる意外な職種があります。

政治家や警察官です。

政治家は市区町村議会の議員さんから国会議員まで範囲は広くあり、25歳以上(但し参議院銀員は30歳以上)の日本国民で定年はありません。

警察官は下限が30歳で定年が60歳です。

政治家への転身は、徐々に女性比率が増えています。企業の役員等も女性が務めることが増えていますので、政治家への転身も増えているようです。

過去の政治家は、男尊女卑が著しくあったような職業でしたが、現在は改善されています。

警察官への転身は、差別が無くなり女性も活躍しています。重犯罪を担当する女性警察官も多く活躍していますね。

今まで女性比率が極端に少なかった職種への就業者が増加しているそうです。政治家や警察官は、職種自体が珍しい分野ですが、女性ならではの目線での活躍が期待されています。

女性が活躍できる将来有望な職種とは?

2025年の日本は、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となります。

国民の3人に1人が65歳以上となり、5人に1人が75歳以上という、人類が経験した事が無い「超・超高齢社会」を迎えます。

そこで将来有望な職種が、介護・福祉関連職です。

介護は、人の温かみは必須条件です。女性の極め細やかさが発揮される職種です。

特にグループホームや介護付きマンション等は、家庭にいる感覚で入居可能です。それは、極め細かな事に気付ける女性の観点があるからです。

また、医師や看護師も有望ですが、医師・看護師になるためには国家資格と厳しいフェロー経験が必要です。

しかし、患者さんや施設のご利用者様は、診察などで異性に身体を見せる事も減少しています。また、婦人科に限定されずに、女性ならではの極め細かい目線で症状を診断・理解してくれます。

介護・福祉・医療関連などで女性が活躍しています。共通点は、極め細かさや柔らかな対応が求められる職種である事に間違いありません。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は女性目線で、「これから女性が活躍していける社会」というテーマでご紹介してまいりました。

男女雇用機会均等法や女性活躍推進法の施行で女性活躍のベースは用意されています。

男性・女性がそれぞれ持ち合わせた能力を活かして、人に優しい社会が構築されること重要になるでしょう。

この質問に関連する転職相談

女性が転職活動をする時に注意しておくべきことはありますか?

社会人3年目の者です。 外資系の会社で営業アシスタントを三年間勤めてきましたが、転職を決意しました。 このまま外資系の営業アシスタントとして働き続けるのか、 日系の企業で営業をするかで悩んでいます。 が、そもそも初めての転職活動という...

不動産業界で独立を検討している女ですが、女のメリットはありますか?

不動産業界歴10年になる30代の女です。 私の会社は女性が活躍する舞台が整っておらず、女性の管理職登用がありません。 そのため、これから私がキャリアアップを目指す場合、女性も評価する会社へ転職するか独立するか今の会社に居続けるかの選択肢に...

セクハラをされた場合誰に相談するのが一番いいのでしょうか?

社会人一年目の男です。 自分の彼女(新卒一年目)が、上司からのセクハラに悩まされているようです。 自分も今の職場で手一杯で、どのような対応をするのが一番いいのかをアドバイスできないでいます。 今は、特に何もせず、我慢しているようですが...

職場の人間関係で悩んでいます。自分は嫌われているのでしょうか。

職場の人間関係で悩んでます。同じ部署になった時に、会社の女性が最初は仲良くして下さいって感じだったけど二週間後からお昼休憩の時に避けられます。その女性と以前会話した時に、会社の人は、気を使うから一人が楽って言ってました。朝は笑顔で挨拶し...

彼女が生保ガールでどんな仕事をしているか不安です…

自分の彼女は某大手生命保険会社の小会社で働いています。 付き合ってからは半年が経ち、彼女は年齢が26歳で自分は24歳です。 特に、お互いの仕事内容までは深く話していないのですが、 相手の仕事は生保ガールということで、ネットで検索してみると...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー