アクセンチュアとNTTデータのどちらに就職するべきだと思いますか?

18卒の大学生です。
現在アクセンチュアのビジネスコンサルタント職とNTTデータの営業・SE職で内定をいただいています。

どちらも第一志望の会社なので余計に決めるのが難しいのですが、みなさんが今新卒で入社するならどちらを選ぶかとその理由を教えていただきたいです。

ちなみに僕が考えている両社の魅力・懸念点は以下の通りです。

アクセンチュア: 成長環境があるため転職市場で強い。給与が高い。/ 激務であること。長時間労働はあまり気にしないが、能力的に求められるレベルが高くてついていけるのか。

NTTデータ:コンサルより適性があるように感じる。人が良さそうな方が多い。/ SI業界の将来性が不安。同時にNTTデータで働く中で特別にスキルがついていくイメージがあまりない(コンサル比較)。

NTTデータアクセンチュア将来性

ユーザー名非公開

回答 16件   応援 3

私が新卒だった頃ならNTTデータを選びますが、今はどちらがいいかは微妙ですね
似たような企業なので、社員に会ってみて合う方に決めればいいんじゃないでしょうか

ユーザー名非公開(質問者)

ご回答ありがとうございます!
働いている人の雰囲気なども大事ですよね...!
アクセンチュアはやはり若くても優秀な人が多い印象ですが、一緒に働いてて楽しそうなのはデータだなあと感じています。

ユーザー名非公開1

新卒時にデータの子会社に就職しました。今40代なので昔の話だと思って聞いてください。

お答えとしては、仕事対して何を求めるかによります。
仕事で何をされたいのでしょうか?
会社の格だけで志望先を選んでませんか?

アクセンチュアではビジネスコンサルタント職で内定をもらったとのことなので、何をするかは明確です。
しかし、NTTデータは総合職だと思いますので、何をさせられるかわかりません。
また、NTTデータはグループ会社が多いので、数年経ったら、どこか子会社に出向する可能性が高いです。
子会社も色々あって、先進的なことをやっていたり、それこそ、アクセンチュアと競合するコンサル会社だったりもする一方、斜陽産業に位置付けられるような分野の会社もあります。
キャリアパスによっては、ご自身も懸念されている通り、「特別にスキルがつく」ことはないことも十分あります。

ユーザー名非公開(質問者)

ご回答ありがとうございます!
NTTデータの場合、子会社に出向してどんな仕事に携わることになるかわからない、という点は考慮しきれていませんでした。

そちらも踏まえて改めて比較してみたいと思います。

ユーザー名非公開1

あと、出向だけでなく「転籍」する事態も考えられます。
転籍先にもよりますが、給料が下がることもあります。
データは日系企業では給料はいいですが、データの子会社は概ね安いです。

ユーザー名非公開2

キャリア思考によります。

私は未経験でIT業界に入り、28の頃には案件管理をしていました。

とある時、アーキテクトよりの方より、
「おまえ、間違ってるよ」と言われたました。

今思えばですが、その方はアーキよりでしたので、
管理よりも知識・技術といったバックボーンを築きなさい。と言われたことが理解できコンサルに転職し、今は事業会社を身を置いてます。

アクセンチュアは当時はアンダーセンでしたが、 データも激務で有名でしたが、

将来、
・管理を中心としたPM→データ
理由はデータ子会社が殆んどやってくれるのと
契約社員がやってくれるため

・クライアントの業務や経営に携わり続け、
深い知識や開発力などからグランドデザインまでしたい→アクセンチュア

だと思います。

年収は若い頃は、
アクセンチュア>データです。

管理職クラスになるとほぼ同じになります。

ただデータは準公務員なので、
・食事手当や家族手当、住宅ローン手当
などもありますので、生活の安定性は抜群です。

転職については
どちらも社歴が少なければ、転職可能ですが
データは契約からスタートする可能性があります。
見た目はわかりませんが社員名簿から分かってしまい、尚且つ契約社員→社員の可能性は低いです。
トヨタに続き、多いです。

コンサルは出戻りが許される業界ですし、
力がつき、どこでも通用するでしょう。

将来、転職をお考えでないならデータ、転職する可能性があるならアクセンチュアですかね。
(データへは契約社員扱いになる可能性があるので除く)

仕事量・残業は
アクセンチュア>>データです。

コンサルの人間は本当に賢いですし、クライアントと直面するのでやり甲斐あります。

ピープルマネジメントだけのPMよりも私は
価値が高いと思います。

頑張って選択肢が増えるといいですね!
ご参考までに。


ユーザー名非公開(質問者)

ご丁寧に回答いただき、感激しています。

僕自身、業務内容に適性があるのはデータだと考えており、事業領域的にもデータに魅力を感じています。

しかしながらどうしてもSI業界の将来性が不安で、そうなると会社に依存するのではなく自分の市場価値を高められるアクセンチュアの方が正しい選択なのではないか、と悩んでいる次第です。

ご意見を参考に、改めて検討してみます。

ユーザー名非公開3

両社にいた経験はないのですが、元ITコンサルで、現在は別業界で経営者をやってます。

経営者目線で見れば、NTTデータの社員は欲しくないけど、
アクセンチュアの社員は欲しいと思う。経験からくる私の偏見は、日系大手Sler社員は使えない。
ベンチャーや外資が20代でやる仕事を50代がやってるからね。上が詰まってるからだろうけど。

ユーザー名非公開(質問者)

ありがとうございます。経営者の方からのご意見、非常に参考になります。

終身雇用が当たり前でなくなる世の中で、やはり会社に命運を任せ切るのはリスキーだと改めて感じました。

ユーザー名非公開4

アクセンチュアです。
siは将来厳しいです。
データが消えることはないでしょうが、東芝やシャープを考えるとどうだろうか?

若いうちにバリバリ活躍できるアクセンチュアに行った方が将来転職することになった時に有利だと思います。

ユーザー名非公開(質問者)

ご回答ありがとうございます!
本当におっしゃる通りだと思います。
やはりこの先のキャリアを考えたとき、むしろ安定していると言えるのはアクセンチュアかもしれませんね...。

ユーザー名非公開2

再質問いただいた者です。

データへの志向度が高いのですね。
AI化が進んでいるのは事実でして、SIの成長性は確かに見通し不明です。

ちょっと余談になりますが、先日こんな記事を見ました。

http://toyokeizai.net/articles/amp/158089?display=b

https://www.j-cast.com/trend/2017/02/14290347.html?p=all

技術の進歩は早いので、羽生名人や孫正義さんの言葉通り、森羅万象解決されてしまうかもしれません。

話を戻しますが、私が感じるにそこには、経営の4大資産であるヒトモネカネ情報の流れといったプロセスから付加価値を生み出すことはまだまた先だと思ってます。

何故ならば、社会そのものに固有のプロセスがあるからです。例えば、物流業でも会社により、プロセスは様々です。製造業も然りで、だから競争社会が生まれもっといえば民主主義が成り立つのです。

AIで出来るのは、当面は過去統計から見込み予測をするところまででしょう。

皆さまが若い内に苦労をしてでも…とお話しされているのは、こういった点を補填できプロセスをクライアントと一緒に解決できる能力は、人間でありかつコンサルにしか出来ないテクニックだからなんです。

色々なクライアントと向き合うことで、MBAでいう組織論も身につきます。


大変な仕事であり、穏やかな性格の方には向かないのは事実ですが、挑戦する価値はあります。

なんだか、人材エージェントみたいな発言になってしまい、すみません。

とりあえず、今はデータの面接に全力投球して、
内定貰えたらまた考えましょうよ。

頑張れ!

ユーザー名非公開5

外資コンサル勤務です。

ビジネスマンとしての成長スピードを求めるならアクセンチュア。アクセンチュアのコンサルなら激務と引き換えだが、市場価値、できることは増える。


終身雇用のように、ずっと同じ会社で良いならデータ。毎年500人程採用しており、短期的な成長は望めない。ただ、サラリーマン思考の方には良いんじゃないかと。自分はですが、新卒で行くことに魅力感じません。

ユーザー名非公開6

どちらの会社が良いかというのは分かりませんが、ご自身の性格やキャリアの考え方に基づき判断されるのが良いと思います。
NTTデータでも、転職で戦略コンサルに行く方やベンチャーに行く方もいますし、アクセンチュアでもSIに転職する方もいます。
どちらの会社も良い会社ですし、今後のキャリアを築かれる上では良い経験のできる会社だと思いますよ

アクセンチュアは激務ですが、それに見合う給料はもらえます。
NTTデータは給料は安い(といっても日系では高い方)ですが、長く安定して働けます。

どっちも方向性は違いますが、良い会社だと思いますよ。
富士通に比べりゃどっちもホワイトですよ。
あそこは、薄給&激務ですからね。何も良いところないです(笑)

ユーザー名非公開7

アクセンチュアをお勧めします。
私は少し形は違いますが両方経験しています。
NTTデータ出向→IBCS(IBMのコンサル)

若い内は先に書かれている方が言われているように自分の成長を優先させるべきだと思います。
会社の規模や待遇ではなく、何が経験できるかが大事です。

大きな会社で勘違いしてはダメなのが、色んな仕事があります。
なので配属の運が多いにあります。
NTT系は公共事業等の大きな安定した仕事がありますが、そのシステムの運用をやっていたりしますので、運用部門に配属されるとシステム的な知識は付かず、人の管理をするのが仕事になります。
もちろん中には他の会社では味わえないような大きなプロジェクトの企画段階から関われますが、そういった人は少数です。

ただ、福利厚生等の待遇は良いですし、若いうちからベンダーさんを使う側にいるので、仕事は楽をしようとすればいくらでもできます。
お金を払う側にいるので、仕事はベンダーにやらせればよい。
ただし、自分の成長は見込めません。
そういった環境で今までの人生よりも長い人生を生きるのも1つの幸せかもしれません。
ただ、現状としてNTTの仕事は減ってます。

中抜きの仕事がみんなわかってきているので、NTTデータが依頼しているベンダーを自分達で直接雇えば安く済む。単純なたし算に企業は気づいてます。

これからの時代は自分で物事を判断できる能力がないと生き残れない時代になるので、厳しい環境を与えてくれるアクセンチュアに入ることがあなたにとってはプラスになる可能性が高いでしょう。

ユーザー名非公開(質問者)

ありがとうございます!
まさに大規模プロジェクトの企画に携わりたい、という理由でデータを志望していたので参考になりました。

ユーザー名非公開8

転職を前提とするか否かじゃないでしょうか?

そしてアクセンチュアの方が転職する力はつきやすいですが、みんながみんな市場価値が高いわけではないです。
最近は特にかなり採用してるせいか、レベルの幅が大きい印象です。

アクセンチュアを選ぶのであればその覚悟で頑張ってください。
活躍をお祈りしております。

sdo

大きい仕事やそこから派生する役割や生き方はデータでしかないです。アクセンチュアはコンサル、データは自社を経営しています。
上記のコメント群の中にご自身の重要に思う点があるならアクセンチュアも良いでしょう。
なおSIの将来性が危険になる頃にはデータもアクセンチュアも別の仕事をしているでしょう。

ユーザー名非公開9

アクセンチュアですかね。
NTTデータは研究開発部門は興味深いですがそれ以外のセクションはあまり革新的な仕事をしているイメージがないです。
公務員が第一志望だった→でも内定が2社のみ
だったらNTTデータが良いかと思います。

将来転職する可能性があるなら、アクセンチュア一択でまったく迷う必要なしです。

新卒=就活のときって、中途=転職のことまったく意識せずに就職先を決めがちですが、転職マーケットでは「そこで働いてた人なら優秀でしょう」という安心のブランドみたいなものがあります。個人の能力とは無関係に。
個人の能力を正確に把握するのって難しいんですよ。人事のプロでも。
なので「どこの会社で働いてきた(どんな働き方をしてきたか、(ある意味)させられてきたか)」って能力判断の大きな軸になります。

会社によって仕事のさせ方が違うので、能力の開発のされ方も違ってきます。
AC出身=優秀
データ出身=手の動かない小役人
というのが転職マーケットでのイメージです。

親方日の丸で一生楽に安定したいならデータがいいですが、その親方もドンドン傾いていってますからね・・・
東芝が倒産寸前までいく時代ですから。頼れるのは自分の力だけだと思いますよ。

ユーザー名非公開10

質問者様と似た境遇でしたのでお答えします。

私は前職はSIerでして、転職時はPwCとAWSから内定を頂いておりました。
職種としては、PwCはITコンサルで、AWSはITアーキテクトです。
そして、私が選んだのはAWSでした。

市場的にはSIerの将来は正直40歳を超えると厳しいです。
40歳以上で課長・部長になれるか、平社員となるかは業績と実力と運次第です。

内定を頂いただいた時の所感としては、下記のように考えていました。
・PwCはコンサルのキャリアを築けて、キャリアを活かした仕事はたくさんある
・AWSは技術職でSIerの延長である

ただ話を戻すと、私が選んだものはAWSです。
理由としては、AWSは技術職であるが市場価値が高い、ITコンサルとしてキャリアを築くことも可能である、条件がPwCに比べて好待遇である、となります。

質問者様の待遇を自分として捉えて考えると、戦略コンサルであるアクセンチュアを選びます。
ただ私が述べたその他条件も合わせて、総合的にご判断すべきかと思います。

ご参考になれば幸いです。

ユーザー名非公開11

私もデータから内定ただきましたが、断りました。
理由としては、転職も考えている、技術が身につかない、人が合わなかった、です。

私はやりたいことがあるので確実に何かスキルを身につけられる職に就きたかったため、子会社や協力会社の管理ばかりに追われスキルがほとんど身につかないデータに魅力は感じませんでした。あと、データからアクセンチュアに人が流れていると言う話とデータの中途採用の募集がかなり出ている事を知り、新卒でわざわざ入る必要を考えてしまいました。(あと、最終面接で上から目線で話すことに対して否定的な反応されて嫌いになったのも大きいです…笑)

ただ、SIer業界に関して、データは海外進出をしているので失敗しなければ当分は拡大して行くと思います。なので、そこまで心配はしなくていいと思いますが、NTT系列はM&A下手なので…笑

コンサルは私も見ていましたが、論理的な思考能力や提案の仕方や物の見方、プロジェクトの管理などコンサルティングならではのスキルが身につくと思うので、終身雇用を望まないのであれば、私はアクセンチュアを選びます。ただ、他の方も仰っているように福利厚生は準公務員であるデータが圧倒的なので安定を望むならデータの方が良いと思います。

この質問に関連する求人情報

企業名
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
職種
プロジェクトマネージャー(Web・オープン系)金融
年収
経験や能力を踏まえて決定
勤務地
東京都
企業名
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
職種
プロジェクトマネージャー(Web・オープン系)金融
年収
経験や能力を踏まえて決定
勤務地
東京都
企業名
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
職種
テクニカルアーキテクト
年収
経験や能力を踏まえて決定
勤務地
東京都
企業名
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
職種
サービス系(集計・分析)
年収
経験や能力を踏まえて決定
勤務地
東京都
企業名
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
職種
ネットワーク設計・構築
年収
経験や能力を踏まえて決定
勤務地
東京都
企業名
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
職種
プログラマー・システムエンジニア(Web・オープン系)流通
年収
経験や能力を踏まえて決定
勤務地
東京都
企業名
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
職種
業務・システムコンサルタント
年収
経験や能力を踏まえて決定
勤務地
東京都
企業名
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
職種
業務・システムコンサルタント
年収
経験や能力を踏まえて決定
勤務地
東京都
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー