30代でも客室乗務員(CA)になるためのノウハウとはの画像

30代でも客室乗務員(CA)になるためのノウハウとは

客室乗務員、キャビンアテンダント、CA。このようなワードを聞いて、なんだかとても遠い職業のような気がしていませんか?この記事を読んでいる方は、客室乗務員に憧れている方、絶対になりたいと考えている方、なれるものならなってみたいと思っている方、など温度差はあるにしても少なからずこの職業に興味を持っていらっしゃる方だと思います。とても遠い存在だと感じている方もいるかもしれませんが、正直そんなことはありません。前職では人事・採用担当をしていた私が、客室乗務員への転職を成功させた、人事・現役客室乗務員両方の目線から体験を踏まえて、成功のカギをお伝えしたいと思います。

年齢が気になる客室乗務員への転職どうすればいい?

正直客室乗務員への転職には年齢制限のある会社が多いです。
既卒でどこでも採用してもらえるのは25歳までかと思います。

しかし.20代後半、30代且つ未経験でも採用してもらえる会社はあります。

30代で客室乗務員への転職を決意し、現在は現役として国内・海外を飛び回っている私から、具体的に何をすればよいか皆様に紹介していきたいと思います。

この記事を見ている人はこの質問を見ています:

応募する航空会社の精査を

どの業界でも転職にはパワーが必要です。

企業研究、自己分析、書類、遠方への面接…考えただけで通常の生活では考えられないほど時間も精神力も使います。

それでも客室乗務員の転職において、20代前半の方は募集が出る限り、たくさん応募をしてたくさんチャレンジしたらいいと思います。数打てば当たる可能性が高いです。

しかし20代後半以降の客室乗務員への転職で大事なことは「無駄な応募はしない。チャレンジする案件に全力で挑むこと。」です。

例えば、応募要項に書いてある年齢、その他の条件に完全に一致している案件のみ応募する。

一致していない条件があったとしても努力すればクリアできる場合は努力してクリアしたうえで応募する。(TOEICの得点があと20点足らないなどはクリアしてチャレンジする。年齢は努力ではクリアできないので諦める。)

※私はTOEICの点数はクリアできていましたが2年以上経過していて提出できなかったので、すぐに結果がでるGTEC-LRというものを受験し、書類に書けるようにしました。

具体的に社名を出すのは避けますが、外資系は厳しく、日系最大手と日系LCCはチャレンジするべき会社だと思います。

日系最大手のグループ会社は厳しいです。

この記事を見ている人はこの質問を見ています:

最大の難関「書類選考」

20代後半からの客室乗務員受験。

何に対する転職でもそうですが、やはり最大の難関は書類選考の通過です。

この書類選考さえクリアすれば、面接に進み社会人としての経験をアピールできるチャンスを掴めるので、この書類作成に時間を費やすことが重要です。

【使用する写真】

私はIT企業で採用担当をしていましたが、そのような一般企業でも写真は重要です。

その方の性格や雰囲気が写真でも十分に伝わってきます。

第一印象は面接ではなく、この写真から始まるのです。まずは自身が印象良く見える髪型、表情の研究、前髪をどちらに分けたほうがよく見えるのか、表情が明るくなるメイク方法等確認しましょう。

そして撮影ですが、スピード写真での撮影は絶対にNG。暗くうつってしまうのです。

できれば専門のスタジオでアドバイスを受けながら撮影しましょう。

私も専門のスタジオでの撮影に変えてから、
ほぼ書類選考で落ちることがなくなりました。
(スピード写真を昔利用しましたが書類通過したことはありませんでした)

【記入する内容】

新卒と違って、即戦力として採用されるのがどの世界でも既卒入社です。

あなたがどんな客室乗務員になれるのか、自身のアピールポイントを具体的に絞ることが重要です。

社会人経験が長いほど、あれもこれもとなってしまう気持ちはわかりますが、「私は〇〇な客室乗務員になれます。」と表現できるような一番のアピールポイントを決めて、具体的結果を用いて表現をしましょう。

私の場合は、「以前ウェディングプランナーをやっていたとき、〇〇組のオリジナルウェディングを成功させました。

機内でも一人十色のオリジナルサービスを実施して、お客様満足度が上がる客室乗務員になります。」というような表現にしました。

この記事を見ている人はこの質問を見ています:

いよいよ面接!意識すべきポイントは?

営業職等の面接でもそうですが、最初の第一印象と雰囲気がほとんどの結果につながり、話している内容は少しプラスポイントになる程度の影響だと考えていただいていいかと思います。

笑顔、挨拶も完璧であれば、次に意識することが他の受験者の話を聞く「余裕」です。客室乗務員の面接はほとんど集団面接で行われます。
(一部最終面接のみ個人面接の会社もあります。)

面接官として見ていれば、その受験者が他の人の話を聞いているのか、聞いているフリをして自分の話すことばかり考えているかはすぐにわかります。

なぜそこを意識してほしいかと言うと、客室乗務員は自分のことばかり考えている人には向いていません。他の客室乗務員のことを考えてチームワークで仕事をするのが客室乗務員ですし、お客様のお気持ちをいち早く察し、先回りしてお声かけしてさしあげることが重要な仕事です。

他の面接を受けている人を一緒に働く客室乗務員の仲間だと思い、話をきちんと聞いて、いいなと思ったときはぜひ笑顔でうなずいてみましょう。それだけであなたの雰囲気はぐっとよくなると思います。

もう一つ重要なことは自身が持っている雰囲気の強みを発揮することです。私は「落ち着き」だと思っているので、落ち着いた雰囲気を出すのに集中しました。

他にも「明るさ」「元気良さ」「優しい表情」でもなんでもよいのです。大事なことは他の受験者に飲み込まれることなく、自分の良い雰囲気を出すことに集中することです。

正直、客室乗務員の面接は独特です。

特にスクールに通っているような若い受験生と同じ面接に入ると、場違いなのではないかと感じることもあります。

でも面接官の立場から考えるとスクールで教えられた通りにしかできないよりも、自身の持つ良さを発揮できている人のほうが魅力的にうつると思います。

自分を信じて、飲まれることなく面接に挑んでいただきたいと思います。

最後に

客室乗務員という仕事はなりたい人が世の中にはたくさんいて、その中からほんの一部の人が夢を掴んでいる実情があります。

しかし宝くじと一緒で、チャレンジしなければなれることもないし、チャレンジすればその可能性は十分にあります。

私もなれるわけないと思いながら、チャレンジしてみると、やりながら改善点も見えてきて、段々可能性があるように感じてくるものです。

最初は書類も通過しなかったけれど、だんだん面接にも進めるようになり、企業研究をしながら一番入りたい会社も見えてきました。どの業界でもそうですが、職種への動機と企業への動機がしっかり固まれば、想いが企業に伝わり採用につながると思います。

人生は一緒に一度です。

やりたい仕事があればやる前から諦めるのではなく、まずはチャレンジしていただきたいと思います。この記事を読んで、一歩を踏み出すきっかけになれば幸いです。

あなたの夢が現実になりますように。

JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 この記事の企業

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

株式会社CAに関する求人情報

jobs by Indeed job search
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー