人材業界は激務??人材業界の魅力や社風を聞いてみましたの画像

人材業界は激務??人材業界の魅力や社風を聞いてみました

人材業界の営業と聞くと、激務の二文字が思い浮かぶ方も少なくないのでは・・・?今回はそんな人材業界の営業について、JobQに投稿されたコンテンツを参考に考察してみました!

人材業界の魅力とは

ではこちらの投稿を紹介いたします。

人材業界の魅力はどのようなところにあると考えていますか?

こんにちは。
転職活動中で人材紹介の会社を検討しています。
人材業界で働かれている方は、その魅力はどこにあると感じていますか。

現在、メーカーで営業をしていまして、商品力やブランドイメージでなく、自分の知識や提案で勝負していける点が魅力的だなと感じていますが、面接を受けるに当たってそれだけの理由では弱いと思ったので質問させていただきました。

よろしくお願いします。

人材紹介経験6年の者です。
人材紹介会社も、メーカー程まではいかないですが各社ブランドイメージがありますよ。
商品(求人量等)に違いもありますので、仰るように上記理由だけでは弱いと思います。

何故人材業の中でも紹介会社なのか?
人材紹介営業で成し遂げたい事は何か?(雇用、採用、人材育成等への課題感があるか)
このあたりを深堀りされるともう少し見えてくるのではないでしょうか。

その他にも、魅力に感じることは人材業界というのは非常に単価が高い業界です。

それ故に仕事の質も求められますし、やりがいを感じる方も多いです。
一つの案件で数百万単位でのお金の移動もありえます。

結果、仕事へのモチベーションが単価の高さやりがいへとつながっている方が多い気がします。

まだまだ課題が沢山ありますが、必要な業界だと思います。共に頑張りましょう。


雇用や採用、人材育成にはまだ多くの問題が残されています。
そう考えると、人材業界ではやりがいのある仕事が溢れているのかもしれませんね( ゚д゚)

人材業界の営業は本当に激務?

こちらの投稿を見ていきましょう!

人材業界の営業きついですか?社風は体育会系ですか?

人材業界で働く方にお伺いします。やっぱり営業きついですか?社風は体育会系のイメージなのですが実際どうですか?

現役で人材業界で働いています。
きついの基準は人それぞれですが、基本的にはアウトバウンドが中心になってくるので、最初は心折れます。笑
人材業界の中でもマネタイズ手法は幅広いですが、自転車操業になりやすいですね。人を商売道具って考えたらかなりしんどいです。まあ、離職します。人の支援をするって考えると素晴らしい仕事だと思います。体育会系かは企業のカラーがあるのでなんとも言えません。


何だか辛そうですね・・・汗

続いてはこちらの投稿です!

人材業界の営業ってそんなにきついんですか?

新卒1年目のものです。自分は全く別の業界で働いているのですが、
大学の友人で人材業界で働く友人がみんな辛そうにしています。常にツイッターなどでもきついとつぶやいていて自分自身もあんなに楽しかった友人がそういうツイートばかりするので、驚いていますし、そんなに営業ってきついのかという意味でも驚いています。
そこで一般的な特徴として人材業界の営業はきついとかあるんでしょうか?
どんなことがきついんでしょうか?  

参入障壁が意外と低く、多様な人材採用サービスが出現しておるので、
営業機会創出、商談機会創出、結果納品など大変だという観点も拭えないと思います。
求人倍率が高くなって、人材業界活況という簡単な構図ではなく、
競争が激しくなるのが現状です。

また企業人事もこの20年で人事ノウハウの蓄積が進んでおりますし、
自社webマーケ、SNSなど取り組み、社内ネットワークを駆使した採用活動をすれば、
いわゆる業者は使わなくていいですよね?
フリークアウト社なんかそんな例じゃないでしょうか?
すごく良い採用活動されてますよね。

人事ノウハウが蓄積されてば、色んなサービスを検討し、試し利用します。
つまり、営業競争が激しくなります。

仮に上記の私の仮説があてはまるならば、
各社行動量、商談量、商談後の追いかけ、納品後のフォロー
などKPIなど設定し可視化して営業をマネジメントしようとします。

そういったことをきつい
と感じる人が多いのかもしれませんし、人材業界は魅力的な業界だ(僕も元いましたので、魅力的な業界ではあると思います。ただ、物事は何事も二律背反なので、受け取る方にとっては色んな感想もあるかと思いますが)と思って、
入社してみて、もちろん仕事ですから色んなことがあり、
粒感の小さいものから、大きなものまでおしなべてみたこともないですが、

一般的にきつい
と思うのかもしれません。

しかしながらポジティブな側面もあるのでは?と思っていまして、
成長意欲や学習意欲の高い人材が多い気がしていまして(採用活動に各社力をいれておりますので、例外はあるかもしれませんが、採用力は高いと仮定しております)、
社内で同期や新人の成長速度が速くて、焦ったり不安になったりする機会が多く、
それを追いかけようとして色んなことを積み上げている時期なのかもしれません。

そういう経験はきついですよ。でも本人が望んでいる、またはゴール設定がある
中できついと感じているなら、素晴らしい成長機会だと思います。

人材業界の営業で活躍した方は、異業種でも活躍しているケースを見ることが多いです。

※僕の所感なので、もちろんネット広告営業、パッケージソフト営業、ふとん、浄水器、
どんな商材でもすごい営業はすごいですし、活躍は色んな場でされています。色んな友人がいるので、
率としては多いのかな?と感じたまでです。統計なんてとってません。申し訳ありません。
そして、例があまり思い浮かばずすみません。

長くなりましたが、
人材業界がきつい
と感じたり、思われたりする理由をまとめてみました。

何かお役に立てれば光栄です。


非常に丁寧にご回答してくれています!

辛いと思ってしまう理由、そして捉え方や取り組み方によっては成長につながるという魅力が伝わってきます( *`ω´)

最後に

いかがでしたでしょうか?
やはり業務自体は他の業界よりも辛いイメージを感じますが、その分やりがいのある業界とも言えるのではないでしょうか。
業界に対して何気なく抱いている印象も、しっかり調べてみると変わるかもしれませんね!

JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー