測量の仕事は楽なのかきついのか【仕事の流れからご紹介】の画像

測量の仕事は楽なのかきついのか【仕事の流れからご紹介】

今回は測量の仕事内容についてご紹介します。測量とは建設工事には欠かせない人材であり職業だと言えます。全ての工事の基礎となる仕事ですので、この仕事の役割は絶大です。そんな測量の仕事を目指している方がいましたら是非この記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?

そもそも、測量とは

建設工事のときまず最初に行う作業が測量です。

主な仕事内容は安全確実に工事が進むように測量法に基づいて計画を立て、建設工事予定地の正確な位置や距離、面積等を専門の技術で測量して図面を作成することです。

測量が正確にできていないと建築等の設計もできないことから、すべての工事計画の基礎となる大変重要な仕事です。

関連相談

測量の外業の仕事内容とは

測量の仕事には外業と内業があります。外業とは実際に現場で測量をする業務です。

現場で3人から5人ほどのチームで、測量機器を使って正確に作業を進めます。

測量機器はたくさんありますが、中でもトータルステーションはよく見かけるもののひとつです。

道路などで測量士が三脚に乗った機械を覗き込んでいるあの機器のことです。

距離と角度を一度に測量でき、内蔵されたコンピュータにより自動で記録された結果をもとに面積計算や地図作成等を行います。

土木建築の工事の際の土木測量の他、個人の土地の面積を調べる地籍測量、カーナビやインターネット上の地図、航空写真などを使う地図作成のための地図測量など作業内容は多岐にわたります。

測量の内業の仕事内容とは

内業とは予算管理や効率よく作業を進めるために作業の計画を立てたり、測量データの分析や製図など屋内で行う作業全般を指します。

一般的には天候や時間帯に左右される外業を優先させて、残りの時間で内業を進めることが多いようです。

最近はパソコンでの作業が増えている内業だけでなく、外業の測量機器も日々IT技術の進歩とともに進化しています。

その方面に興味がある人には魅力があるかもしれません。

測量に必要な資格とは?

測量を行う資格としては測量士と測量士補があります。測量が必要な業種には必ずこれらの資格を持つ人が必要です。

どちらも国家資格ですが、測量士は測量計画を作成することができますが、測量士補は作成することができない点が大きな違いです。

資格を取るためには次のいずれかの条件を満たすことが必要です。

まず、測定士についてです。

・文部科学大臣が認定した大学において測量に関する科目を修めて卒業し、実務経験を1年以上有する者・文部科学大臣が認定した短大または高等専門学校において測量に関する科目を修めて卒業し、実務経験を3年以上有する者

・国土交通大臣の登録を受けた測量関係の専門養成施設において、1年以上測量士補となるのに必要な専門知識や技能を習得して、実務経験を2年以上有する者

・測量士補で国土交通大臣の登録を受けた測量関係の専門養成施設において、高度な専門知識や技能を習得した者・国土地理院が実施する測量士試験に合格した者次は、測量士補についてです。

・文部科学大臣が認定した大学、短大、高等専門学校において測量に関する科目を修めて卒業した者・国土交通大臣の登録を受けた測量関係の専門養成施設において、1年以上専門知識や技能を習得した者

・国土地理院が実施する測量士補試験に合格した者どちらの資格でも、すべての測量の基礎となる基本測量と国や地方公共団体が行う公共測量に従事できます。

また、免許の取得だけでは、測量士や測量士補とは認められません。国土地理院へ登録申請書を提出して登録しなくてはならないので注意が必要です。

測量の仕事はきついのか楽なのか

そんな、測量の仕事ですが、結論仕事がきついのか楽なのかが気になる所であると思います。

測量の仕事は屋外で行われることがほとんどです。

その為、夏等の猛暑日は非常にきつい仕事となります。また、仕事の性質上、遠くの地域に出ることも多く、移動時間が長くなるため、拘束時間が長くなりがちです。

雨風を凌ぐ方法も無いため、雨が降っても、仕事がきつくなります。

故に、皆さんの想像以上に仕事がきついのが測量の仕事の現場となっています。

逆に、外で働く事が好きな方にとっては、仕事を楽と考える方も多いようで、この考え方の違いが仕事のきつさと楽さの違いへと直結するようです。

測量の仕事内容は働く会社により違うのか

測量の仕事をする会社は沢山あります。

測量の仕事は、仕事柄かどこの会社も同様の技術があれば通用するように思いますが、いかがなのでしょうか。

確認してみましょう。

測量の仕事内容は就職先によって大きく変化しますか?

大学で測量に関することを学び始めました。何となく測量の学科があったので選択して今学んでいます。

最近ちょっと興味が出てきて、将来測量の仕事に就きたいなと考えています。

しかし、イマイチ測量の仕事にイメージがつかず、どんな仕事なのか質問してみました。

就職先は主に公務員系やコンサルタント、測量事務所、土木など様々な職種があると思うのですが、その職種によって仕事内容も変わってくるのでしょうか? 

もし分かる方いましたらご回答お願い致します。

大きく変わります。発注者が強い業界です。

測量事務所
基本的に測量オンリーしか行わない。下請け会社だとかなりキツい。

コンサルタント
専門分野や会社規模によっては測量は社員ですることがある。しかし、一年中測量しているわけではない。

土建屋
工事測量として行う。

公務員
発注者となるので基本的に測量はしない


というように、測量の仕事だけでも、様々な企業が関わっていることがわかります。

種類も豊富な仕事が測量という仕事であるので、就職や転職を考える前に確認するようにしましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

すべての工事の基礎となる測量の仕事は、社会に欠かすことのできない大切な仕事です。

野外作業が多く街から離れた山間地が現場のことも珍しくありません。天候が悪い中での仕事などでは慎重さを求められます。体力勝負できついと感じることもあるかもしれません。

しかし、自分が測量として携わった道路やダム、家屋などの建造物は目に見える形で残ります。

人々の生活や安全に貢献していることがはっきりと実感できる測量という仕事はやりがいのある素晴らしい職業ではないでしょうか。

この記事に関連する転職相談

測量の仕事内容は就職先によって大きく変化しますか?

大学で測量に関することを学び始めました。 何となく測量の学科があったので選択して今学んでいます。 最近ちょっと興味が出てきて、将来測量の仕事に就きたいなと考えています。 しかし、イマイチ測量の仕事にイメージがつかず、どんな仕事なのか質...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー