選択肢の幅が広いエンタメ業界への転職情報!志望動機の作成方法などもご紹介の画像

選択肢の幅が広いエンタメ業界への転職情報!志望動機の作成方法などもご紹介

エンタメ業界は娯楽を提供するサービス産業です。映画・音楽などエンターテインメントが好きな方も多く、このような業界で仕事をしたいという志願者がたくさんいます。今回はエンタメ業界へ転職するための情報をご紹介します。志望動機の作成方法からエージェントの活用方法まで掲載しているので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか?

1551

エンタメ業界とは、映画、音楽、芸能、テレビ、テーマパーク、出版、映像、スポーツ、ゲームなど、人間の暮らしを豊かにする娯楽を多くの人々に提供する業界です。

このようにエンタメ業界といっても、様々な業種が含まれます。

 

エンタメ業界の仕事内容

仕事内容も、実際にパフォーマンスをする方以外にも、企画・演出、その作品を宣伝・広報する部隊もありますし、それを裏で支えるバックオフィス業務や他の企業と同様の総務・財務・システムなどの管理部門もあり、その仕事の範囲は、かなり広範囲に及びます。

こんなエンタメ業界は、“お客様に喜んでもらえる”“若手が活躍できる”など、勤務している方々の満足度が非常に高いことから、人気のある業界です。

 

エンタメ業界の転職市場について

また、転職市場においても、業種・職種の範囲が広い分、数多くの募集が行なわれており、希望する転職先に出会うチャンスは充分にあります。

ただ、ほとんど募集を行なっていない業種・職種もあります。

エンタメ業界の中で自身のやりたいことと募集職種をしっかりと照らし合わせて、転職準備をしていただきたいと思います。

関連相談

未経験の方が転職をするには

エンタメ業界は、範囲が広い分、転職市場においても、“未経験者歓迎”という求人が数多く見受けられます。

しかしながら、その求人数は、業種・職種によって大きく異なってくるのも事実です。総じてクリエイターなど専門的な仕事は、実務経験やこれまでの実績等が求められる傾向にありますので、未経験での転職は難しい面があります。

 

事務やアシスタントは未経験でも可能?

その一方、事務やアシスタントなどは、経験を問われない場合もありますが、雇用形態が正社員でなく、契約社員や派遣社員である場合もあります。

このような場合、不安定な身分であることから、慎重にならざるを得ません。

どうしてもエンタメ業界で仕事がしたいという方は、アシスタントをきっかけに、実績を買われて、自分の希望職種に就けたというケースもあります。

応募先に今後のキャリアプランをしっかりと確認した上で飛び込んでみるのも一つの手段としてあります。


未経験でのエンタメ業界の転職について

JobQに未経験でもエンタメ業界への転職は可能かどうかの質問・回答の投稿がありましたのでご紹介します。
 

エンタメ業界(特にアニメ)は未経験でも転職することはできますか?  

エンタメ業界への転職を希望している者です。
現在、不動産業界で営業を担当しているのですが、自分の好きな仕事に関わりたいと思い、転職活動をしています。

エンタメ業界は特に営業系の人材が不足しているとの情報を良くみます。

自分はそこで、不動産業界での営業経験ではありますが、この経験を活かしてエンタメ業界への転職を希望したいのですが、エンタメ業界は未経験でかつ年齢が30代でも転職出来るのでしょうか。

あなたのスキルとか経歴によりますよ。
とりあえず応募してみれば良いのでは?会社を辞めて転職活動する必要はないですから。


質問・回答からも分かるように、エンタメ業界への転職では、スキルなど技術的な面でも評価されるようです。

そういった面では、未経験でのエンタメ業かへの転職は難しいかもしれないです。

しかし、本当にエンタメ業界への転職を希望するのであれば、全く不可能というわけではありません。

今回は、エンタメ業界への転職に少しでも役立つ情報を提供できたらと思います。

関連相談

外資系エンタメ業界への転職

海外のエンタメ企業がたくさん日本にも進出しています。

その業種は、レコード会社から番組を供給する会社、その他、オンライゲームを運営する会社など、さまざまです。

これらのエンタメ企業は、外資ということもあり、日本の企業に比べて、同じような仕事でも数百万円、年収が高いケースがありますので、その分、転職へのハードルは高いと言えます。

 

語学力の他に専門スキルも重要

まず、転職に際しては、語学力以外に職種毎の専門知識やスキルを求められますし、日本の企業とは風土が異なりますので、周りを説き伏せるようなプレゼン能力も求められます。

また、シビアにこれまでの自身のキャリアが転職後にどのように活かせるのかを問われますので、外資への転職をお考えの場合は、自身のこれまでの実績を振り返るなど、周到な準備が必要といえます。

関連相談

転職するのに英語力は必要?

エンタメ業界は、国内に限らず、海外にも情報発信していることもあり、英語力を活かせる転職先や仕事が多く存在します。

例えば、音楽業界なら、海外へ音楽コンテンツの販売を行なっている配信会社、海外アーティストが参加するイベントやライブを主催するイベント会社では、英語力が欠かせません。

映画業界でも、洋画を日本に配信する際に権利を持つ会社との契約や処理、その他、電話やメールのやりとりなどで英語が必要となってきます。

また、皆さんもご存知のエンタメ施設においても、外国人観光客が増加していることから英語を話せれば、大きな強みとなります。

自身の英語力がエンタメ業界において、どういった形なら最も活かせるのかを明確にした上で、転職活動を進めるようにしましょう。

関連相談

エンタメ業界の年収はいくら

エンタメ業界の方達は、社員制を採用している劇団などの例を除けば大半が個人事業主であり、コンテストやオーディションなどに応募したり、自ら売り込みをしたりして仕事を得るというのが一般的です。

一方、後者の場合はその多くが企業の一員です。

エンタメ業界で働く人の年収についても、事業規模の大きさに合わせてかなりの幅があります。

とある調査会社が実施した業種別調査の2015年版によると、エンタメ業界全体の平均年収は695万円となっています。

ただし企業別に見ると、たとえば映画製作会社の場合、調査対象になっている会社の中だけでも800万円台から300万円台までと平均年収の額に大きな開きがあります。また、業界別に見ると最も高いのはテレビ・放送業界で平均が1000万円を超えますが、レジャー施設業界は500万円台です。

エンタメの仕事はモノを作る、売るといった一般的な仕事とは性質を異にします。

そのため、勤務時間が一定しないなど肉体的にはハードな面があります。その代わり、自分の関わったコンテンツが多くの人の注目を浴び、時には社会現象を巻き起こすこともあるといった、他の業種ではなかなか得られない達成感を体験できる仕事です。

関連相談

エンタメ業界への志望動機

エンタメ業界へ転職する上でも、志望動機は非常に重要となってきます。

どの業界においても、

「なぜ、今の会社を辞めたいのか(辞めたのか)」

「なぜ、このエンタメ業界なのか」

「入社して何を実現したいのか」

という点は、必ず採用担当者が知ろうとする部分です。

「自分が憧れているエンタメ業界で仕事がしたい」

「お客様の喜ぶ顔が見たい」

といった理由だけでは、自身の気持ちは相手に伝わりません。

もし、相手に伝わる志望動機がなかなか思い浮かばない場合は、一枚の用紙にエンタメ業界に転職したいと思ったきっかけを書き出してみるようにしましょう。

ポイントとしては、10~30文字程度の短文にしたほうが良いと思います。

例えば、「小さい時にキャストのお姉さんに優しくして貰ったから」と書き出したなら、それに対して、<いつ・どこで・どんなことをして貰ったのか>を自問自答して、その答えをまた短文で追記するといったことを、なぜ? がなくなるまで繰り返していきます。

これを繰り返し、書き出した答えを時系列順に繋ぎ合わせることで、具体的な志望動機が浮かんできます。

迷った時は、是非、試していただきたいと思います。

関連相談

エージェントを活用するのも有効な方法

エンタメ業界において、転職を考えるにあたっては、自分で転職したい業種や職種を絞り込んで求人サイトを利用すること以外にも転職エージェントに登録する方法もあります。

但し、転職エージェントは非常に多く、どこに登録すれば良いのか、迷う方もいると思います。

そんな場合は、まず1社、自分の転職したい業種に強みを持つ転職エージェントから登録するようにしましょう。

大手エージェントから登録しがちですが、規模は大きくなくても、エンタメ業界に特化した転職エージェントであれば、業界の事情も分かりますし、昔からの付き合いで、意外と大手転職エージェントにはないような求人案件を有している可能性もあります。

まずは、エンタメ業界に特化した転職エージェントに登録し、紹介してくれる企業数が少ない場合に、別の転職エージェントに登録するようにしましょう。

以下は、エンタメ業界への転職にぜひ活用したい転職エージェントです。


リクルートエージェント(転職支援実績No.1)

 


 

リクルートエージェント」は転職総合実績No.1を誇る、実力ある転職エージェントです。

アナタに専属のキャリアアドバイザーが、転職を成功までサポートしてくれます。複数の非公開求人を抱えているのも、リクルートエージェントの特徴であるため、まずは面接をして話を聞くことから始めると良いかもしれないです。あらゆる職種や業界への転職のチャンスが大いにあると言えるでしょう。

ここで実際にリクルートエージェントを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。

私が実際に転職活動をした際にリクルートエージェントを利用した際の感想です。リクルートエージェントの特徴としては、まず幅広い求人が特徴です。業種、職種も非常に豊富で、様々なタイプの仕事を探している人にも対応できる印象がありました。求人数に関しても他社と比較してかなり多いと思います。キャリアカウンセラーの質自体も悪くないと思います。こちら側の話しをまず、しっかり聞いてくれるような受け身の体制が整っており、コミュニケーションの取り方も上手でした。

こちらの利用者の方は、リクルートエージェントのさまざまな業種・職種を網羅した幅広い求人、豊富な求人数に魅力を感じたようです。

エンタメ業界にも精通したエージェントがいることが伺えます。

リクルートは求人数や実績が高く総合的に評価の高い転職エージェントなので、転職に強いこだわりがない方は向いているでしょう。

より詳しい情報が気になる方は「リクルートエージェントの評判・口コミ」をご覧ください。


マイナビエージェント(迷ったら登録しよう)

 



新卒の分野では業界1位となった「マイナビ」ですが、転職エージェントの分野では比較的新しく、まだ他の転職エージェントの実績には及ばないこともあります。しかし、マイナビエージェントは第二新卒向けの求人が多く、比較的若い第二新卒の方が転職を考えた時に、新卒の時によく利用していたマイナビのサービスであるマイナビエージェントを利用するという特徴があります。

ここで実際にマイナビを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。

マイナビエージェントに登録して驚いたことは、登録後すぐに担当のコンサルタントから連絡があった事です。ネット情報からでは、わからないことを尋ねると詳しく説明してくださりました。ハローワークよりも親切なイメージを受け、マイナビエージェントだったら転職も希望通りにかなうような印象を受けました。また、今まで自分独自の書き方をしていた履歴書を丁寧に添削し、こうしたら良い、こういう事を付け加えた方が良いというアドバイスはかなり参考になりました。学生に戻ったかのように親切なアドバイスで、就活の基本から学ぶことができました。また、希望する求人の紹介も豊富で自分に合うような会社を紹介していただき、こういう所で働きたいと言う気持ちが高ぶりました。

面接や職務経歴書等を添削していただけるサービスがあるとの事です。1人だと難しい転職対策もサポートしてくれるため、転職者にとっては助かるサービス内容ではないでしょうか。

マイナビエージェントは第二新卒向けの求人が多く、比較的若い方や経歴・実績があまりない方の利用をオススメします。

より詳しい情報が気になる方は「マイナビの評判・口コミ」をご覧ください。

最後に

いかがでしたでしょうか? 

今回はエンタメ業界への転職情報についてご紹介しました。

エンタメ業界は、人間の暮らしを豊かにする娯楽を多くの人々に提供する業界です。

その使命を果たすため、絶えず時代の流れに合わせるスピード感が強く求められており、その流れについていけないと淘汰される厳しい業界でもあります。

これは、エンタメ業界内の企業だけでなく、そこで働く人々に対しても言えることです。

お客様のニーズに応え続ける厳しさもあるエンタメ業界ですが、厳しさの先にある人々の笑顔や涙は、このエンタメ業界でないと得ることができない喜びだと思います。

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

  エージェント名 実績 対象
1位 リクルート 5 30代以上 
2位 ビズリーチ 4.5 ハイクラス層
3位 パソナキャリア 4.3 全ての人


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp
・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp

本記事の初回公開日は2018年02月13日です。

この記事に関連する転職相談

エンタメ系の会社って平均どれくらいの年収を貰うことができるのですか?

転職を考えています。 アイドルなどが好きということもあり、自分の好きな仕事がしたいという思いから、エンタメ業界への転職を考えています。 エンタメ系の会社へ行きたいと思っているのですが、年収水準はどれくらいなのでしょうか? 今、デザ...

エンタメ業界(特にアニメ)は未経験でも転職することはできますか?

エンタメ業界への転職を希望している者です。 現在、不動産業界で営業を担当しているのですが、自分の好きな仕事に関わりたいと思い、転職活動をしています。 エンタメ業界は特に営業系の人材が不足しているとの情報を良くみます。 自分はそこで、...

20代後半だと職業訓練を受けてからの転職活動じゃ遅いですか?

職業訓練を受けてからの求職活動じゃ遅いでしょうか? 20代後半契約社員離職中です。 Webデザイン関係の仕事を希望しており、 今月、ACAやWebクリエイター能力試験等の資格をとるために職業訓練に申し込みました。 しかし、求人は減る一方で、訓練が...

20代半ばでIT業界に転職するにはどうすればいいですか?

25歳です。it業界への興味を持っています。 前から興味が有って業界への転職も考えています。 現職をしながら独学でちょっと勉強しておりまして、c,java,c#,kotlinでそれぞれの開発環境で簡単なものなら作れるくらいにはなりました。(細かい所はまだま...

転職市場において「成長」とは何を意味しているのですか?

社会(もしくは転職市場)において「成長」とは何を意味するのでしょうか? 特にホワイト企業(例えばインフラ系や化学メーカーなど)の口コミを見ていると、転職理由として「20代での成長が望めなかったから」「成長速度が遅かった」「ぬるま湯に浸かって...

転職市場における市場価値とはどのようなもので図られるのですか?

就活生です。 転職のことも視野に入れて企業を選ぼうと思っているのですが、転職市場における市場価値とは具体的にどのようなもので図られるのでしょうか? 転職に有利な業界・業種、または不利な業界・業種などあれば教えていただけるとありがたいです。

研究職から未経験の業界に転職することはできますか?

研究職からの別業種の転職を考えています。現在、約7年目に突入し、中堅ポジションな立場で、研究開発だけでなく顧客へ開発の提案や顧客サポートも行っているのですが最近、自身の研究職でずっと食べていけるのか。会社として上に行けるポジションもかな...

コロナの状況で退職することは頭が悪いことなのでしょうか?

今退職することは頭が悪いことなのでしょうか 昨年度から職場に辞めたい旨を伝えてようやく退職まで話が進みました。そのことを親に伝えたところあんたは馬鹿だと怒鳴られました。 確かにコロナの不況で就職が難しくなっているのは分かります。 しか...

30代からWebマーケティングとして転職できますか?

30代からwebマーケティングの仕事につけますか?

面接の希望日を失礼のないように伝えるにはどうしたらいいですか?

こちらから面接の希望日時を指定したのに、都合がつかなくなってしまいました。日時変更をお願いしたいのですがなるべくベターな失礼にならない申告の仕方が思いつかず不安です。 現在転職活動を行なっています。その時は複数の企業から連絡が重なり情...

この記事に関連する記事

【エンタメ業界に就職】業界研究に役立つ!将来性や問題を徹底解説

エンタメ業界とは、利用者に一時の娯楽の時間を提供するのが仕事です。そんなエンタメ業界に就職や転職をするにあたり必要となるのは業界の将来性や研究となります。エンタメ業界は様々な問...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー