• HOME
  • 転職
  • 面接
  • 面接の逆質問はいくつ考える?ない場合の見つけ方を例と共に紹介
面接の逆質問はいくつ考える?ない場合の見つけ方を例と共に紹介

面接の逆質問はいくつ考える?ない場合の見つけ方を例と共に紹介

転職面接や新卒の就職面接、アルバイトの面接など。面接では逆質問をされることがあります。あなたが、採用担当者に対して質問を投げかける最後のアピールタイムです。その際、何を聞けば良いのかわからないという人に向け、逆質問で失敗しないポイントをご紹介します。回答例もありますので、参考にしてください。

2810

面接の逆質問の個数は4~5個用意するといい

面接の逆質問の個数は、4~5個を目安に用意しておくといいでしょう。

実際の面接だと、半分かそれ以下の質問数となりますが、多めに用意しておくにこしたことはないです。

個人面接だと、2個程度が目安で、集団面接だと1個は逆質問を求められる可能性が高いです。

特に集団面接では、他の候補者と質問内容が被ってしまう可能性もあるため、多めに用意しておきましょう。

また、質問の内容は入社への高い意欲を示すことができるものを用意しておきましょう。

面接官が逆質問の場を設ける3つの理由

面接において面接官がなぜ逆質問を求めるのか、その理由について理解した上で逆質問を考えると質の良い質問内容を考えることが可能になります。

ここでは面接において面接官が逆質問をする理由について以下の3つをご紹介します。
 

  1. 志望度の高さをはかるため
  2. コミュニケーションスキルを確かめるため
  3. 人間性の相性をはかるため


<逆質問をする理由①>志望度の高さをはかるため

採用担当者は、あなたの質問の具体性から志望度の高さを知りたいと考えています。

また、質問内容から「あなたがどのようなことに関心があるのか」を知ることで、あなたの個性や適応する部署などの検討をしている場合もあります。

逆質問では、働きたいという意欲が伝わるような内容を質問できるとベストです。
 

<逆質問をする理由②>コミュニケーションスキルを確かめるため

面接官は、あなたのコミュニケーション能力を確かめるために逆質問の場を設けています。

面接では緊張してしまい、面接中に何を話していたか忘れがちになります。

そんな中でも「面接中に話をしたことを再度質問してこないかどうか」「面接官の話をきちんと聞いていたかどうか」を確認しているのです。

また、ビジネスの場面ではコミュニケーションを図る際に調べればわかることをわざわざ聞くのは相手に対して失礼に値します。

そのため、企業理念や商品・サービス等の調べればすぐにわかるような内容の薄い質問をしないかどうかという点も判断をしているのです。
 

<逆質問をする理由③>人間性の相性をはかるため

逆質問はあなた(求職者)が面接官に対する質問を考えます。そのため、それだけ人間性が出やすい場面になるのです。

そして、その質問内容から見えてきたあなたの人間性をみて、面接官(採用担当者)は企業の社風にあなたがマッチするかどうかを判断します。

事前の面接において企業とあなたの人間性におけるマッチングをはかっておくことで、入社後のミスマッチを防ぎ、あなたの再転職を防ぐことが可能になるのです。

中途面接で逆質問をするメリットとデメリット

逆質問にはメリットがある一方、デメリットもあります。

では、逆質問のどのような点がメリットとなり、どのような点がデメリットとなるのでしょうか。

逆質問のメリットとデメリットを具体的に解説します。
 

<メリット1>志望度の高さをアピールできる

逆質問は単なる質問ではなく、自己アピールの場として活用できます。

業界や企業について深い質問をすることにより、その企業で働きたいという強い意志を伝えることが可能です

また、自分のこれまでの経験で得た考え方の軸を伝え、そのような部署であれば、この経験が活かせるかなど、より具体的に質問をすることも有効といえるでしょう。

 

<メリット2>アピール不足の部分を補える

面接官からの質問だけでは、自身の良さをアピールできないと思った経験がある人もいるのではないでしょうか。

また、最初の方は緊張しすぎてうまく話せなかったという場合もあるでしょう。

面接が上手くいかないと感じた際は、逆質問で印象を好転できる可能性があります。

自分がうまく伝えられなかった部分に対して深ぼって逆質問したり、企業についてしっかり研究してきたというアピールのために経営や事業についての逆質問をするなど、アピール不足を補うことができる場合があるでしょう。

 

<デメリット>準備不足と思われる可能性がある

「質問したいことはありませんか?」と言われて、「特にありません」と答えることは、せっかくのチャンスを逃してしまうことになります。

また、内容の薄い質問をしてしまえば「企業研究などの準備不足により質問内容が思いつかないのだろう」と判断されてしまうかもしれません。

できる限り企業に沿った具体的な質問ができるよう、前もって念入りに準備をしておきましょう。

面接の最後の逆質問をする際にメモを見て質問をするのは印象が悪いですか?

面接の最後に逆質問があるかと思います。
事前に逆質問を手帳にまとめているのですが、面接の時に、そのメモを見て質問するのはやはり印象が悪いでしょうか?

この解答欄のお三方の意見の違いを見ればわかる通り、「人による」が正解です。

メモを見て話すことに「お、事前準備しっかりしてるな」と思う人もいるし「アドリブ弱いんかな…」思う人もいるでしょう。
ご自身がコントロールできる所に意識を集中させ…続きを見る

面接の逆質問をしないのは落ちる可能性があるけれど、答え方を変えれば好印象に

どうしても質問内容が思い浮かばない場合は、単に「特にありません」や「ないです」と答えるよりも答え方を変える方法をとってみましょう。

例えば、最終面接等であれば「今までの面接において十分答えていただきましたので大丈夫です。」とこれまでの面接において充分コミュニケーションが取れたと感じている旨を伝えるといいでしょう。

この回答であれば志望度の低さも問題になりませんし、好印象を与えることもできるかもしれません。

しかし、一次面接から最終面接までずっとこれで通用はしませんし、選考ごとに面接官も「人事採用担当」「現場の社員」「社長・役員クラス」と変わるため1つ1つの機会を大切にし自分が入社するにあたり気になっていることを聞きましょう。

もちろん、聞くべきではないこともあるため、NGの質問については次章以降にてご紹介します。

中途面接の逆質問における8つのポイント

何を基準に逆質問を考えれば良いのか分からないという方も多いでしょう。

また、逆質問はいくつ準備しておけば良いのかわからないという方もいるでしょう。

そこで、ここでは逆質問におけるポイントを以下の8つご紹介します。
 

  1. 調べてわかること、1度聞いたことは聞かない
  2. 最低でも3〜5つは準備しておく
  3. 質問のジャンルは分けて準備しておく
  4. 福利厚生に関する質問は避ける
  5. 具体的な質問を心がける
  6. 働くイメージをさせる
  7. 相手にわからない質問は聞かない
  8. 終わり方は感謝の言葉で締める

こちらを参考に逆質問内容を考えていきましょう。
 

①調べて分かること、1度聞いたことは聞かない

逆質問は、内容が非常に重要です。

例えば企業のサイトやパンフレットに載っていることを聞くことは、面接中のやりとりを把握できていないと判断され、コミュニケーション能力が疑われます。

また、面接官が話していたことを再度、質問してしまうようなことも同様です。面接官の考えを聞いたり、一般には情報が知れ渡っていない内容を聞きつつ、自己アピールにもっていけるような質問を考えましょう。
 

②最低でも3〜5つは準備しておく

先ほどもお伝えした通り、面接中に話をしたことを再度質問することはコミュニケーション能力が疑われるため良い印象を与えません。

そのため、逆質問を1つしか準備していないとその内容について面接官が話す可能性があります。

面接の状況によって逆質問を選ぶことができるよう、最低でも3~5個は準備しておくといいでしょう。

また、面接官の人数は必ずしも1人とは限らないため複数人いることも踏まえて多めに考えておきましょう。
 

③質問のジャンルは分けて準備しておく

逆質問の内容を事前に準備する際、質問の内容が企業理念についてばかりだったり、仕事内容ばかりだったりすることは良くありません。

ジャンルを幅広く準備しておくと、たとえ1つのジャンルについて面接官が面接中に放してしまったとしても異なるジャンルの質問で対応することが可能になります。

よって、複数のジャンルのもと最低3〜5つの質問を準備しておきましょう。

また、面接官に対して働き方に対するやりがいを質問するなど面接官個人の意見を聞くというのも1つの方法です。この場合、面接官が複数の際にも対応がしやすくなります。
 

④福利厚生や年収に関する質問は避ける

ここ数年は働き方改革党の関係もあり、企業勤めをされている方で福利厚生を気にされている方は減少したかもしれません。

しかし、介護職や看護師、保育士といった職業では依然として福利厚生面において問題視されています。

そのため、福利厚生に関して聞きたいことはあるかもしれませんが、逆質問においては福利厚生について触れることは避けた方がベターです。

例えば

  • 離職率はどのくらいなのか
  • 給与や休暇はどの程度なのか
  • 残業はあるのか

といったことは、採用面接官に聞くことではありません。

どうしても知りたいのであれば、転職エージェントを利用するなどしてキャリアアドバイザーに代わりに聞いてもらいましょう。

また、福利厚生に関するリアルな意見はYahoo!知恵袋JobQ等の口コミサイトでも確認できる場合があります。

事前にそういった口コミをみておくと具体的な質問も浮かびやすくなるためオススメです。

年収などは面接で聞かれても答えにくい質問なため、避けたほうがいいでしょう。

お金のみで判断しているのかと思われてしまい、一緒に働きたいと判断されにくくなる可能性もあります。

転職エージェントの使い方やランキング等について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

⑤具体的な質問を心がける

面接官に逆質問をする際、漠然とした質問は避けるようにしましょう。

「チームとしてのコミュニケーションはどうですか」といった漠然とした質問をしてしまうと、面接官は答えにくくなってしまいます。

そういった答えにくい質問をしてくるといったところからあなたのコミュニケーション能力を疑われる可能性もあります。

以下のような点に注意して質問をすると具体的な質問に聞こえるため、心がけると良いでしょう。

  • 面接官個人に焦点を当てる
  • 仕事の内容に関するものにする
  • 自身の質問の意図を付け足す
     

⑥働くイメージをさせる

逆質問を活用して、採用面接官に実際に働くイメージを想像させるという方法があります。

例えば「実際に私がチームに所属した場合〜」や「内定を頂くことができ、入社した場合〜」というように前提条件に入社以降のことについて述べる方法です。

この手法は採用面接官は頭の中であなたが働いている様子を思い浮かべるので、採用後のことが考えやすくなり有利に働く傾向があります。

「面白い質問の方が面接官から好印象を与えるだろう」と無理に変わった質問をひねり出そうとするのではなく、相手に「一緒に働きたい」と思わせるような質問を考えましょう。

 

⑦相手にわからない質問は聞かない

逆質問は、相手の役職や業務内容に沿ったものを聞くようにしましょう。

例えば、現場に社員に経営の話を聞いても答えられず、気まずい空気が流れてしまいます。

せっかく盛り上がったのに、逆質問で台無しにしてしまう可能性があります。

また、それぞれの特徴にあった質問内容をする方が、自分自身も深い内容に触れることができるため、相手が分からないであろうことを質問しないようにしましょう。

⑧終わり方は感謝の言葉で締める

逆質問の終わり方は「質問したいことは以上になります。ありがとうございます。」と感謝の言葉で締めましょう。

面接官から「他にありませんか」と聞かれて「ありません」ではそっけない印象を与えてしまう他、時間を頂戴してあなたの気になることに答えてもらっているのにお礼の言葉ひとつもないのは非常に失礼です。

細かい点ではありますが、面接会場の建物を出るまでが面接ですので細部まで気配りを忘れることのないようにしましょう。
 

<補足>逆質問時のメモは許可をもらってから

面接中にメモを取ることは、メモするよりも面接官との対話に集中する必要があるという点で一般的にはNGとされています。

しかし、それでもメモをしたい場合には「最後に何か質問はありますか」と逆質問を求められ際に質問がある旨を伝えて、その質問に対する答えをメモしても良いか確認をとりましょう。

許可を求めることは悪いことではありませんし、ビジネスシーンにおいてメモをとることは一度聞いたことを忘れないようにするという意味で重視されているため、メモをとっても良いかの許可を取ることだけで評価が下がることはないでしょう。

 

中途面接の逆質問の5つのNG例

逆質問として避けておきたいものを具体例として5つ挙げます。

一般的に逆質問においてNGとされるのは以下の場合です。

  • 漠然とした質問
  • 面接官(質問の対象)に適していない質問
  • 受け身な質問や前向きでない質問
  • 福利厚生に関する質問
  • 一度面接中にて話題に上がった内容の質問

何を聞くのか、どのような聞き方をするのか、よく考える必要があります。
 

<例①>「社内の雰囲気はどうですか」

漠然とした質問で、採用担当者を困らせてしまうことになるでしょう。

もっと採用担当者が何を答えれば良いのか分かりやすい質問を選ぶか、この質問をした意図を前提に述べるだけで与える印象は変わるでしょう。

また、この質問からはあなたの自己アピールにはつなげにくく、逆質問の場を有効活用できているとは言えないでしょう。
 

<例②>「いつから働くことができますか?」

いくら人事の採用担当者とはいえ、まだ最終面接も終わっていない相手に対して答えられる質問ではありません。

加えて、最終面接の面接官は社長や役員クラスである場合が多く、採用に関して携わっていないことが多く存在するため、この質問は逆質問の場において質問すべきものではないと言えます。
 

<例③>「キャリアは充分にあるので、見合ったポジションを与えてもらえるでしょうか」

自己アピールを充分にした後でなら、この質問をしてもいいかもしれません。

ただ、自己中心的であるというイメージが強く印象づいてしまう可能性が高いです。

また、過去にばかりとらわれており今後学んでいこうという向上心が見られないと判断されるケースもあります。
 

<例④>「バイヤーに携わりたいのですが、何年経てば任せていただけますか」

向上心があることは伝わるのですが、仕事やキャリアは自らが努力の末に手に入れるものです。

時間がくれば会社が与えてくれるものという受け身な姿勢であるという評価がされることもあるでしょう。

「個人の頑張り次第ではバイヤーに携わることも可能ですか」の方がベターでしょう。
 

<例⑤>「長期休暇はとれますか」

先に述べた通り、福利厚生については質問をしない方が良いです。

しかし、家庭の事情などによりどうしても長期休暇が必要な場合もあるでしょう。

そのような場合は、「遊び目的ではなくきちんとした事情があるということ」を併せて伝えておく必要があります。

アピールポイント別の逆質問の例一覧

アピールポイント別に、逆質問の例をまとめてみました。

今回ご紹介するアピールポイントは、以下の5つです。

  • 入社への意欲
  • 成長意欲
  • 企業研究・相性の良さ
  • 自分の長所
  • 多くの候補者の中から印象付けたい

それぞれのアピールポイントごとに、逆質問の例を30個ご紹介します。

入社への意欲を逆質問でアピールしたい時の例文

☑️入社前に、事前に学んでおくべきことはありますか?

☑️1日の業務の流れを教えてください。

☑️私が所属を希望している部署では、どのような方が活躍されていますか?

☑️希望している部署の他にも、〇〇について興味があります。キャリアステップの中で、他の部署への異動ということは可能なのでしょうか?

☑️今後の選考のスケジュールについて、教えてください。

☑️仕事をする上で、御社で大切にしている価値観などありましたら、教えてください。

自分が活躍できる環境であるかどうかという視点も忘れず、逆質問をするといいでしょう。

逆質問はしつつも、入社への意欲の高さを盛り込んだ逆質問内容にすると同時に自身のことについてアピールできる場合があります。

また、キャリアステップを明確にしていると、「会社に成長を依存せず、目的をしっかり持って仕事をしてくる人なんだな」というように好印象をアピールできる可能性もあるでしょう。

 

成長意欲を逆質問でアピールしたい時の例文

☑️御社でしっかりと経験を積み、将来はマネージャーとしての活躍を今後のキャリアとして考えています。御社で私と同年代の人で、マネージャーなどの役職について活躍されている方はいらっしゃいますか?

☑️御社では、どのような要素を持った方は活躍されていますか?

☑️入社するにあたって、今の時点で、もっと身に付けたほうがいい知識や能力がありましたら、教えていただきたいです。

☑️中途採用をするにあたって、中途採用の人に求めているものは何かありますか?

☑️希望している部署だけでなく、他部署の方ともコミュニケーションを取って幅広い知識を身につけ業務に活かしたいと考えています。他部署の方ともコミュニケーションが取れる機会はあるのでしょうか?

☑️入社前に、準備しておくことがありましたら、教えてください。

成長意欲を逆質問の時間でアピールすることができると、面接が好印象で終わることができるでしょう。

また、逆質問を多めに取る企業は、その質問内容を聞いて仕事ができる人物なのか、適切にコミュニケーションが取れる人物なのかを見ている場合が多いです。

そのため、企業のことや面接官のことだけでなく、自分自身のことについてもアピールできるワンステップ上のことも意識して逆質問をするようにしましょう。

 

企業研究・相性の良さを逆質問でアピールしたい時の例文

☑️御社では、去年の4月から新規事業を立ち上げておられますが、その事業を行おうと思った背景について教えてください。

☑️御社のサービスは現在〇〇をターゲットとして展開されていますが、将来的には〇〇のターゲットも視野に入れて事業を行ったほうがいいと考えています。今後、そのような事業の拡大をするにあたって、どのような方向性で考えておられますか?

☑️御社の経営戦略について、教えてください。

☑️御社の業界の中で、今後どのように事業を展開される予定なのか教えてください。

☑️御社の〇〇のサービスを実際に使ってみて、ユーザー目線としてこのような課題があると感じました。その課題を解決するために〇〇をすべきだと考えたのですが、〇〇様はどのようにお考えになられていますか?

☑️社員さんのインタビューを拝見させていただいた際に、〇〇という課題があるということを見ました。その課題について自身の〇〇のスキルを活かせるのではないかと思ったのですが、実際に御社では課題に対してどのようなアピールをされていますか?

面接を受けている企業の事業を作った背景や、もし面接官が経営者の場合は経営の思いについて聞くと好印象で面接を終えることができるでしょう。

また、会社が行っている事業について詳しく逆質問することで、会社で働いている人たちの仕事への熱量を知ることもできます。

モチベーション高い人たちと一緒に働くことができる環境かどうかを知るためにも、上記で挙げた逆質問の例文を参考に質問してみるといいでしょう。

 

自分の長所を逆質問でアピールしたい時の例文

☑️これまで経験した営業の経験で〇〇というスキルを身につけましたが、御社の営業職では他にどのような能力が求められますか?

☑️〇〇という資格を現在保有しているのですが、自身の業務外でも構いませんのでこのスキルをお役立てできる場面がありましたら、教えていただきたいです。

☑️前職では7名をマネジメントする立場でした。前職の経験を活かし、御社に貢献したいと考えておりますが、マネジメントの仕事をお任せいただけるようになるために必要な能力がありましたら教えてください。

☑️チームで何か物事を進めることや、チームで成果を出す環境でやりがいを感じることが多いです。御社ではチームで活動する際に持っておくべき心構えなどありますか?

☑️前職では別業界ですが、〇〇というスキルを持っています。このように自分のスキルを積極的に活用することを受容される環境はありますか?

☑️業務に対する理解を深めるために、書籍を活用して勉強をしていました。御社には、書籍購入など社員がスキルアップするために制度などはありますか?

これまでの面接で自分自身の強みについてアピールできる場面が無ければ、逆質問のタイミングで挽回するといいでしょう。

この際に、会社が成長させてくれるという姿勢ではなく、これまで身につけた知識やスキルを活かしたいけれども活かせる環境があるかどうかなど積極的な姿勢であることを印象付けさせるような質問にしましょう。

 

多くの候補者の中から印象付けたい時の逆質問の例文

☑️〇〇様が、仕事で1番やりがいを感じる瞬間はいつですか?

☑️〇〇様は、なぜ今の会社に入社されたのですか?

☑️〇〇様が入社されて1番苦労したことは何ですか?

☑️〇〇様が仕事をする際に、1番大切にしている心構えがありましたら知りたいです。

☑️社員インタビューで〇〇様の記事を拝見いたしました。〇〇様が現在のようにご活躍されるに至るまでに、1番意識したことがありましたら教えてください。

☑️〇〇様は、何を1番意識して仕事に取り組まれていますか?

特に集団面接だと、自分自身のことについて印象付けたいという思いがあるでしょう。

他の人と差別化するためにも、面接官のことについて質問することで面接官が自分に興味を持ってくれたのだと感じ、覚えてもらいやすいきっかけとなる場合があります。

面接官ごとのおすすめの逆質問

選考別の逆質問

面接ごとに目的が異なるため、面接官を担当する役職も変わります。

一次面接、二次面接、最終面接それぞれにおいて、おすすめの逆質問をご紹介します。

人事にするおすすめの逆質問

☑️御社で活躍されている方の特徴を教えてください。

☑️御社が中途採用で期待していることについて教えてください。

☑️御社へ入社することができたならば、マネージャーなど管理職のポジションを目指したいと思っております。マネージャーなどになる場合に抑えておくべき人事制度の項目はどのようなものですか?

一次面接は、人事が担当する場合が多いです。

そのため、人柄やコミュニケーションが適切に取れる人物なのかという点をチェックされます。

逆質問では、人事が答えれるような質問を用意しましょう。

また、仕事への意欲や入社への意欲の高さをアピールできる逆質問をするとなお良いでしょう。

▶︎関連記事
【一次面接での逆質問】新卒・中途採用別に使える例文をご紹介

 

現場の社員・事業部のマネージャーでおすすめの逆質問

☑️御社の事業部で活躍されている社員の方の特徴を教えてください。

☑️業務の1日の流れについて教えてください。

☑️現場の雰囲気について教えてください。

☑️御社の〇〇のサービスを実際に使ってみて、ユーザー目線としてこのような課題があると感じました。その課題を解決するために〇〇をすべきだと考えたのですが、〇〇様はどのようにお考えになられていますか?

二次面接は、現場の社員や事業部のマネージャーが行う場合が多いです。

一次面接よりも、より深く志望動機や企業研究をしているかどうかが見られます。

そのため、現場の詳しいことや、事業のことについて深く質問すると好印象で終えることができるでしょう。

▶︎関連記事
【保存版】転職の二次面接で使える逆質問例と考え方のポイント

 

役員・経営者でおすすめの逆質問

☑️御社の経営方針について教えてください。

☑️起業した際に、どのような想いの元、〇〇(サービス名)を立ち上げられたのですか?

☑️「御社は例年◯%〜◯%と他社にはない成長を遂げられているようにお見受けします。その1番の要素はどこにあるとお考えでしょうか?」

最終面接では、役員や社長が行う場合が多いです。

企業によっては、顔合わせの位置付けで行っている場合もあります。最終面接では、入社への覚悟について見られている場合が多いです。

経営者や役員は、自ら会社を立ち上げている場合の人も多いため、事業や会社について質問は詳しく答えれらる場合も多く、しっかり企業研究をしていることをアピールできると好印象で面接を終えることができます。

▶︎関連記事
【転職の最終面接】逆質問の内容と面接通過率や合否の日数まで解説

面接の逆質問のまとめ

面接で求められる逆質問の内容について、ご紹介しました。

逆質問は自己アピールの場にもなりますが、内容次第では評価を下げるきっかけにもなってしまいます。

どのような内容を聞くのかは事前に考えることができますので、自己アピールを含めることができるような質問内容を考えてみましょう。

その他面接に関する頻出質問の答え方は以下の記事よりご覧いただけます。
 

▶︎ 面接の質問例・マナー対策総集編 理想的な回答・NGパターンの全て

この記事に関連する転職相談

就活は顔ですか?

まだ内定をもらっていない大学4年生です。 もう今年の就職は諦めて来年リベンジすることに決めました。 とっくにメンタルはズタボロで、ここ最近は食欲もなくなってきています。 私は顔...

圧迫面接を受けて就活が嫌になったのですがどうすればいいですか?

圧迫面接を受けたことで就活自体嫌になった場合、もう日本で就活は辞めたほうがいいと思いますか。   理由は2つです。 1]某ベストベンチャー100に選ばれた某企業の面接に行った際、人事の...

面接で「運が悪い」と答えたら不採用になるのですか?

先日、面接の際「あなたは運がいい方ですか?悪い方ですか?」と聞かれた時「運が悪い」と言ってしまいました。面接自体は非常に手応えがあったのですが、ネットで調べると「運が悪い」と答えた人は不採用。と...

「あなたが企業に求める事を教えて下さい」と面接で質問されたら何と答えればよいですか?

今日面接で、「あなたが企業に求める事を教えて下さい。」と聞かれました。 今までそんな事聞いてくる面接官が居なかったので、とても混乱しました。 一人暮らし前提だったので苦しまぎれに「生活できる...

面接の質問で運はいいですか?と聞かれた時に悪いですと答えると何でだめなんですか?

このあいだ就職面接してきました。 面接官にあなたは運がいいですか?と質問され悪いです。と答えてしまいました。 理由はイベントや体育祭などでくじを引く時はあまり当たりが出ないことが多い...

就活で有利な趣味ってありますか?

就活でのアピールとなる趣味って何があるんでしょうか?読書とかだとベタでつまらないと思うのですが、フィギュア集めなんて言うと引かれるかと思いますし…。面接受けする趣味って何ですかね?

面接時に良い印象を与えれる方法って何かありますか?

集団面接や、面接、あるいは営業をしているときかもしれませんが。 相手に対して良い印象を与えるコツなんかはあったりしますか?みなさんが相手と話している時にみていることや、話している時に意識してい...

「学生時代に頑張ったことは?」という質問に疑問があります。どう思いますか?

就活を終えたばかりの大学4年生です。無事に希望していた企業に就職が決まったのですが、就活をしていて気になったことがあるので質問させていただきます。 全てと言っていいほどの企業の面接で「学生時代...

面接を受けた企業が再度求人を出しているのですが内定取り消しですか?

内定取消しされました。 ひと月前に、面接を受け、どうしてもお願いしたいと言っていただけたので、迷いましたが働きたいと申し出たのですが、働く予定の施設がまだ出来ていないので、出来上がったら連絡し...

前職の退職理由を面接で聞かれた時、どう伝えればいいですか?

現在仕事を辞めてから転職活動をしています。 前職が残業100時間を超えることが当たり前で、 体調を崩したことから、まず会社を辞めました。 仕事をしたい気持ちや、責任感は人一倍強く、 仕事をこ...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す