【文系・未経験】新卒でWebデザイナーになるには?求められるレベルとは?

【文系・未経験】新卒でWebデザイナーになるには?求められるレベルとは?

文系の新卒でWebデザイナーになるには、どのようなスキルが必要なのでしょうか?今回の記事では、文系の新卒で未経験の方向けにWebデザイナーとして就職する方法をご紹介しています。さらに、Webデザイナーの需要や将来生も解説しているので、ぜひご覧ください。

760

【文系】新卒でWebデザイナーになれる?

結論として、文系の新卒でもWebデザイナーになることは可能です。

WebデザイナーのようなIT関連の職業は、文系が不利だと思われがちですが、Webデザイナーに関しては文系理系は関係ありません。

例えば、IllustratorやPhotoshopを使ったデザインツールの使用に、言語や数的計算は必要ありません。

またコーディングでは、プログラミング言語を用いてコーディングを行いますが、言語を丸暗記する必要もないようです。

そのため、文系新卒でもWebデザイナーになることは可能と言えるでしょう。

【文系】新卒でWebデザイナーになるには

新卒に求められるレベル

  • HTML/CSS
  • Javascript/jQuery
  • Illustrator/Photoshop

新卒のWebデザイナーになる場合、企業側はスキル面に置いて、高い技術を求めてはいません。

スキルよりデザインに対して、どれだけ熱意や興味があるかが重要です。

また、熱意や興味を証明する手段の1つとして、プログラミング言語やツールの学習を行うといいでしょう。

言語やデザインツールはレベルの幅が広いため、初級レベルの習得を目指してはいかがでしょうか。

新卒で有利になるレベルとは?

  • プログラミング言語を使ってサイト構成ができる
  • Photoshopで画像の加工を素早くできる
  • Illustratorでバナーやボタンを作れる

新卒で有利になる可能性があるレベルは、以上のようなスキルであると言えるでしょう。

独学でもwebデザイナーになる方も多いので、動画コンテンツや書籍から勉強してみてはいかがでしょうか?

さらに、Webデザイナーになるための「おすすめの本」を紹介している記事もあるので、ぜひ参考にしてみてださい。

【文系】新卒Webデザイナーになるためにできること

ブログを書いておこう

ブログを書いて運営することは、Webデザイナーを志している学生にとっては、いい経験を積むことができるでしょう。

動画や写真などをふんだんに使用すれば、Webデザイナーとしての感性を磨くことができます。

またブログを始める時、無料ブログで始めるケースが多いですが、できれば「WordPress」でブログ運営するほうが望ましいです。

WordPressは、ある程度のHTMLやCSSなどの知識も必要になりますし、集客力のあるHPやブログの多くはWordPressで作られています。

Webデザイナーの仕事をしていけば、WordPressを扱うこともあるでしょうから、やっておいて損はありません。

もし順調に運営ができれば、GoogleAdSenseに登録をしておきましょう。

テキストの購入代金くらいの広告収入になるかもしれません。

WordPressでブログをやっておくことで、就活のときの自己アピールをできる材料にもなりますので、ぜひWordPressでブログは運営しましょう。

ブログが全くの未経験だという場合は、とりあえず無料ブログで始めて、ある程度の知識を得た段階でWordPressに切り替えるという方法もいいかと思います。

ポートフォリオを作っておこう

Webデザイナーとしてのポートフォリオとは、自分のWebデザインにおいてのスキル、知識を伝えるための作品集です。

就活のときに自己アピールの材料として、ポートフォリオがあるとないではだいぶ違ってきます。

未経験者がポートフォリオを作成することはとても難易度が高いですが、WordPressで作ったブログやHP上で、動画編集やバナー作成、写真撮影などに力を入れた部分をポートフォリオに盛り込んで技術力を自己アピールしましょう。

できれば、Javascriptで動くコンテンツを入れ込むことでより自分のスキルをアピールすることができます。

このようにWebデザイナーの就活において、自身で作成したWebサイトで自己アピールすることはとても効果的です。

面接時にノートパソコンを持ち込んでみてもらう方法もありますが、できるならば「レンタルサーバー」を契約し、HTMLファイルをアップロードすることができる知識をアピールすることができれば、とてもいい印象を与えることができます。

Webデザインの勉強をしよう

当然ながらWebデザイナーで新卒採用を目指すならば、Webデザインの勉強をしなければなりません。

早ければ早いほどいいでしょう。

大学3年生では遅すぎますので、大学2年生までには勉強を始めなければなりません。

Webデザイナーとして即戦力を必要としている企業においては、全くWebデザイン知識がないと面接時にもアピールすることができません。

なるべく早めにWebデザインの勉強に取り掛かっておきましょう。

Webデザインのアルバイトをしておこう

Webデザインのアルバイトも積極的にやっておくことは重要です。

Webデザイナーの仕事は、即戦力を必要としている場合が多いです。

アルバイトを通じて、Webデザイナーとしての知識を蓄積していくことができます。

報酬ももらえますので一石二鳥ですね。

新卒採用を目指すならば、Webデザイナーのアルバイトをして未経験者との差別化を計ることによって、新卒採用には有利になります。

ぜひWebデザイナーのアルバイトをしておきましょう。

学校の勉強もしっかりやる

学業を疎かにして、成績があまりよくないと、就職試験の評価が低くなる可能性があります。

まして留年をしようものなら、新卒採用への道は遠くなってしまいます。

実力次第のWebデザイン業界ですが、新卒の場合は未経験者も多く、学校での成績も判断基準として重要視されます。

Webデザインの勉強との両立は大変ですが、しっかり学業に励むことが新卒採用には欠かせないことと肝に銘じ頑張りましょう。

【文系】未経験でもWebデザインを学んでおく



もし、Webデザイナーを目指す上で、Web関連の学校に通っていないのであれば、HTMLとCSS、その他、IllustratorやPhotoshop、Dreamweaverといったアプリケーションの勉強を始めることをオススメします。

また、最近はブログ制作に関する知識も必要とされる場合がありますので、WordPressについても、基礎知識を押さえておきましょう。

新卒前の大学生のうちに周りと差をつける

周りと差をつける方法としては、アルバイトや派遣でWebデザインの仕事を探して働いてみることです。

お金を貰いながら、Webデザインの実績を積むことができますし、何よりWebデザイナーの仕事を肌で体感することができます。

この差は、就活のときに力を発揮しますので、できることなら経験してみてください。

大学生なら時間があるので未経験でも大丈夫

大学生というのは、未経験であったとしても、若くて時間も十分にありますので何かにつけてしっかりと準備することができます。

例えばWebデザイン業界のことが分からないのであれば、業界全体のことを調べたり、直接企業訪問したりすることも可能です。

また、知識やスキルが不足しているのであれば、大学とは別にWebデザインのスクールに通うこともできます。

いずれにしても、Webデザイナーのことや業界のことをたっぷりと研究できる時間がありますので、大学生という立場を有効的に活用してください。

続いて、JobQに来ていた大学生でWebデザイナーを目指している方からのQ&Aをご覧ください。

Webデザイナーのインターンシップには参加するべきですか?

現在、大学生で将来はWebデザイナーを夢見ています。

色々調べていくうちに未経験ならアルバイトや派遣で実務経験を積むべきと書いてありました。

しかし、個人的にはもっと資格とかを取るべきだと考えています。

そこで質問なのですが、私はWebデザイナーのインターンシップに参加するべきですか?

Web系の制作会社を経営しているものです。

うちの会社にも何人かWebデザイナーのインターン生がいますが、インターンシップには参加するべきだと思いますよ。

やはりWebデザイナーは資格などよりも•••続きを見る

とのことでした。

大学生であれば、積極的にインターンなどに参加するといいでしょう。

【大手企業】新卒Webデザイナーとして就職するには

Webデザイナーとして新卒で就職する場合、以上のような大手企業があります。

しかし大手企業であるため、求められるレベルは他と比べると高いことが予測されるでしょう。

新卒で入社を考えている方は、在学中に高いレベルのスキルを身につけるか、インターンなどを通してアピールポイントを増やすといいでしょう。

【面接と志望動機】新卒Webデザイナーになるには

Webデザイナーの面接で聞かれる質問

ポートフォリオを持って行けば、「どんなところに力を入れましたか?」という質問は当然されると考えていいでしょう。

また「Webデザイナーとしてあなたの強みを教えてください。」という質問も想定されます。

Webデザイナーになるためにどんな勉強を主にしてきたか、Webデザインのアルバイトの経験があれば、どんな仕事を担当してきたか、明確に答えられるようにしておいたほうがいいです。

何を聞かれてもいいように、日頃からWebデザインに対する考え方などを頭の中で整理しておけば、想定外の質問がきても素直に答えることができるはずです。

しっかりと準備をして面接に臨みましょう。

新卒未経験の志望動機

ここで、Webデザイナーの志望動機に関するQ&Aをご紹介します。

Webデザイナーの志望動機で悩んでいます

Webデザインの専門学校に通っている学生です。

Webデザイナーになろうと思っていますが、良い志望動機が思いつきません。

どうすれば良いでしょうか?


Webデザイナーの志望動機がわからないということですが、良い志望動機というものはストーリーがあります。

特に•••続きを見る

回答者によると、Webデザイナーという職業は作品を作っていくものづくりの職業とのことでした。

そのため、しっかり志望動機を明確にして、ストーリーと紐付けると良い志望動機になるのではないでしょうか。

Webデザイナーに需要と将来性はある?

Webデザイナーを目指す人にとって悩みどころなのが、Webデザイナーに将来性があるのか気になると思います。結論から言うと、Webデザイナーには将来性があります。

おそらくこれからもインターネットは拡大していき、それに応じてWebサイトを作る需要も増えていくため、デザイナーの仕事は増えていくと考えられます。

Webデザイナーはなくなる?

Webデザイナーはなくなると言われていますが、Webデザイナーの仕事が将来的になくなることはありません。

なぜなら、誰でもサイトを作ることができる時代が来たとしても、オリジナリティは出せないからです。

美術家や小説家の仕事が無くならないように、デザイナーの仕事もサイトを作る人によって好き嫌いがあるため仕事は常に存在します。

【口コミ】Webデザイナーの将来性ってあるの?

ではここで、JobQに来ていたWebデザイナーの将来性に関する質問を見てみましょう。

Webデザイナーに将来性はありますか?

彼氏がWebデザイナーを目指しはじめました。

私の彼氏はかなり高学歴ですし、去年までは国家公務員を目指していたので安定した仕事につくと思っていました。

しかし、今年に入ってからいきなりWebデザイナーを目指しはじめたのでびっくりしています。

調べてみるとWebデザイナーはあまり安定した仕事ではないようですし、将来性もないとのことでした。

実際Webデザイナーは今後、無くなりますか?

もし無くなる仕事なのであればこれからの関係も考えようと思っています。

Webの仕事は増える一方ですし、絶対になくなることはないですよ。

ただし、競争も激しい、仕事量も多い、知識の流行り廃りが激しいので勉強も常にし続けなければいけないとなかなか厳しい仕事です。学歴もほとんど役に立たない完全実力勝負です。

給料も比較的そんなに高くはなく、管理職にならずに一生現場でやっていくには仕事量・勉強量と給料のバランス的になかなか厳しい仕事だとは思います。

とのことでした。

Webデザイナーがなくなることはありませんが、常に勉強し続ける必要があるようです。

【文系】新卒Webデザイナーになる方法まとめ

今回は、文系で新卒の方がWebデザイナーになる方法について詳しくご紹介しました。

経験者が有利だと思われがちなWebデザイナーの新卒採用ですが、しっかりと準備をしておけば自信をもって就活ができるのではないでしょうか。

Webデザイン業界は、新卒で入社して定年まで勤めあげるといったケースは少ない業界です。

しっかりと勉強し、キャリアを積みことでWebデザイナーとして活躍しつづけることができます。

実力次第では年収も増えていきますので、やりがいのあるお仕事です。

ぜひWebデザイナーの新卒採用を目指して頑張りましょう。

完全無料!おすすめ就職エージェントランキング

転職エージェント 特徴/評価
1位
dodaキャンパス

 https://campus.doda.jp/
顧客満足度No.1
★★★★☆4.7
2位
アスリートエージェント
 https://www.a-cial.com/
スポーツ経験ある学生向け!
★★★★☆4.4
3位
キャリアチケット
 https://careerticket.jp/
最短2週間で内定獲得
★★★★☆4.3
4位
キャリアパーク!就職エージェント
 https://careerpark-agent.jp/
書類選考も面接も無料でサポート!
★★★★☆4.1

 

第1位 大企業への就職を成功させるならdodaキャンパス

2位 支援実績3,000人以上!スポーツ経験者向けのアスリートエージェント

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す