【未経験向け】Webデザイナーはポートフォリオで勝負する!

【未経験向け】Webデザイナーはポートフォリオで勝負する!

Webデザイン未経験者でもポートフォリオがとても重要になってきますが、完全に未経験の場合だと作品もないので、ポートフォリオを作成するのはかなり困難です。そこで今回は未経験でもポートフォリオを作る方法をご紹介します。無料で使えるサイトもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

10116

ポートフォリオを作る前に未経験者は作品を用意しよう


Webデザイナーになるための転職活動で必要になるのがポートフォリオです。

Webデザイナーの求人である場合は、履歴書や職務経歴書とは別にポートフォリオの提出を求める企業が多いといえますので、実務経験がなくても、ポートフォリオは最低限準備しなければなりません。

ポートフォリオは「こんなスキルを持っている」とPRするためのものですので、Webページ作成に関することであれば、グルメや旅行などコンセプトは自由です。

また、漠然と制作したものより意図があったほうが企業側にプラスの印象を与えやすくなります。

 

ポートフォリオとは

ポートフォリオとは主に、自分の「実力、力量」がわかる作品集のようなものです。

主にクリエイティブ業界で用いられることが多く、就活や転職の面接の場面で聞かれ、就活生でしたら学生時代に取り組んだ作品、転職者でしたら自分がこれまでに携わった作品や個人で作成した作品の説明などをします。
 

作品が無いと未経験者にポートフォリオは作れない

ポートフォリオはそもそも作品がなければ完成させることができません。

もし、一つも作品がないのであれば、他の人のポートフォリオサイトなどを参考に作成し始めるべきです。

また、作品が少ないと悩んでいる人は、今ある作品だけでポートフォリオを仮で作成してみることをオススメします。

もしかしたら、今の作品だけでも十分かもしれませし、客観的に見て、物足りない部分を見極めることもできます。

ポートフォリオは数が多ければ、良い訳ではありません。

質を良い作品を厳選して、無駄のない構成にしましょう。

参考にすべきポートフォリオを未経験者にご紹介


未経験の人が一からポートフォリオを作成するのは、簡単なことではありません。

ここでは、著名な人のポートフォリオを参考にご紹介したいと思います。

 

参考にしたいWebデザイナーのポートフォリオ

  • oniguili
    Webデザイナー・グラフィックデザイナー西村沙羊子さんのポートフォリオサイトです。

     
  • S5-Style
    Webデザインなど、多方面で活躍している田淵将吾さんのポートフォリオサイトです。

     
  • UNDERLINE
    徳田優一さんのポートフォリオサイトです。
     

参考にすれば作り方もわかる

3名のポートフォリオをご紹介しましたが、初めて作成する人は、自分が良いと思ったポートフォリオを大いに参考にすべきです。

もちろん、見た目まで似てしまう場合もあるかもしれませんが、模倣から始めることで自分の色が見えてきます。

作り方を身につけるためにも、色んな人のポートフォリオに触れるようにしましょう。


有名webデザイナーについての詳細は下記リンクをご覧ください。

▶︎有名Webデザイナーのサイトをご紹介!【スキルを盗もう】

IT業界・エンジニアとして年収アップを目指しませんか?

レバテックキャリア」の特徴5選

1.  年収600万円以上の求人が80%
2. 初回の提案での内定率90%
3. 最速一週間で内定
4. 自分の市場価値を知ることができる
5. 未経験可能な求人も多数保有


紹介求人例
プロジェクトマネージャー 年収 650 〜 1,500万円
サーバーサイドエンジニア 年収 600 〜 820万円
フロントエンドエンジニア 年収 600 〜 800万円
QAエンジニア(未経験可) 年収 600 〜 800万円
営業企画(未経験可) 年収 575 〜 850万円
ITコンサル(未経験可) 年収 450 〜 700万円

 

レバテックキャリアの公式サイト
 https://career.levtech.jp/

未経験者の初めてのポートフォリオの作り方


ポートフォリオを作る上で、未経験の場合はWebサイトが作成できるスキルがあることを作品で証明しなければなりません。

スキルを証明するのが大切ですので、他のサイトを真似して作ってみる方法でも構いません。

IllustratorPhotoshopの基本操作、コーディングの基礎などができていることをPRできるような構成にしていきましょう。

 

作品はサイトとバナーを用意する

準備しなければならないものとして「制作したWebサイト」「バナー」の2つが挙げられます。

Webサイトの中にバナーも追加できれば、基本的な知識やスキルを有しているとアピールすることができます。

とにかく未経験である場合は、作品のコンセプトや背景というよりは、いかにスキルや知識があるかをアピールするようにしましょう。

 

未経験ならテンプレートを使うのも1つの手

そもそもポートフォリオを作成するのは、自分の実績、コンセプト、スキルなどを採用担当者に訴えるためです。

未経験である場合は、その中でもスキルに重きを置かなければなりません。

しかしながら、作成の仕方が分からない人も多いと思います。

そんな時は、「Strikingly」「WordPress」のようなポートフォリオサイトを使ってみるのが便利です。

作成手順がテンプレート化されていますので、戸惑うことなくポートフォリオが作成できて、自分のスキルも的確にアピールすることができます。

Webデザイナーでも紙のポートフォリオは作る


Webデザイナーのポートフォリオは、基本的にはWebページで作成すべきですが、面接や書類選考を想定して、紙でも準備しておく必要があります。

次からは、なぜ紙が必要なのかや具体的な紙ポートフォリオの作成方法をご紹介していきます。

 

Webデザイナーが紙のポートフォリオを作る理由

Webページである場合、面接の流れの中でポートフォリオを見せたいと思っても、面接場所にネット環境がなければ、見て貰うことができません。

紙であれば、ネットへの接続状況が不安定であっても、確実に手に取って貰うことができます。

ポートフォリオは、自分自身を表すものです。

周りの環境に左右されることのない紙ポートフォリオは、万が一に備えて準備しておきましょう。

 

未経験者の紙のポートフォリオの作り方

紙のポートフォリオを作成する際に、一番基本となるのはレイアウトです。

クライアント名、制作にかかった時間、制作の意図などを記す場合は、必ず配置を統一して見やすくなるように心掛けましょう。

採用担当者は、選考の際に数多くのポートフォリオを見ることになります。

その中で、分かりやすく見やすいものにすることで、他のポートフォリオより注目して貰えるかもしれません。

紙のポートフォリオにも注力するようにしてください。

未経験Webデザイナーのポートフォリオまとめ


Webデザイナーのポートフォリオは、自分のスキルを人に伝えるための作品集です。

Webデザインのスキルだけでなく、経験者であれば、これまでどのような立場で仕事をしてきたのかもアピールすることができます。

したがって、面接など選考の際は必ず携帯し、いつでも見せられるように準備し、端的にアピールできるようにプレゼン方法も準備しておく必要があります。

Webデザイナーを目指すにあたって、ポートフォリオは職務経歴書以上に自らを表現できるものです。

上手く活用して、より良い転職先に巡り会ってください。

未経験からWebデザイナーになりたい方は、こちらの記事を読むと良いです。

▶︎ 未経験からWebデザイナーになる方法を全部教えます【初心者向け】

完全無料!IT業界におすすめの転職エージェントランキング

  転職エージェント/公式サイト 総合評価
1位 レバテックキャリア
 https://career.levtech.jp/
4.7 ★★★★☆
2位 マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/
4.4 ★★★★
3位 Geekly
 https://www.geekly.co.jp/
4.3 ★★★★
4位 ネットビジョンアカデミー
 https://www.netvisionacademy.com
4.2 ★★★★
4位 type転職エージェントIT
 https://type.career-agent.jp/it/
4.2 ★★★★
6位 ビズリーチ
 https://www.bizreach.jp
4.1★★★★
7位 リクルートエージェント
 https://www.r-agent.com
4.0 ★★★★
8位 ハタラクティブ
 https://hataractive.jp/
3.8 ★★★☆

 

1位 IT業界で年収アップを目指すなら業界大手のレバテックキャリアがおすすめ!


2位 IT業界への転職を目指す全ての20代〜30代はマイナビエージェントがおすすめ!

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す