広報の仕事って?【仕事内容やキャリアプランをまとめました!】の画像

広報の仕事って?【仕事内容やキャリアプランをまとめました!】

広報とは、企業の活動内容や商品・サービスなどに関する情報発信を行う職種のことです。混同されがちですが、広報は宣伝とは異なり、お金をかけないパブリシティにより企業活動をPRします。因みに宣伝とは、費用をかけてポスター、CM、Webなどの広告により商品サービスの周知や企業イメージの向上を図る職種です。今日はこの広報と呼ばれる職種について、仕事内容、キャリアプランなどについて、ご紹介していきます。

広報とは?

広報とは、企業の活動内容や商品(製品)・サービスなどに関する情報発信を行う職種のことです。

もともとはPublic Relations(パブリックリレーションズ)の日本語訳で、略してPRとも言われます。

企業・商品ブランドの構築や評価・評判の向上、リスクマネジメントなどのミッションを担う、
経営の重要や戦略機能の一つです。

広報の業務は、大きく分けて、社外向け広報と、社内向け広報の2つがあります。
(詳細は後述します。)

社外向け広報は、企業イメージのコントロールや、
イメージアップ・認知度アップにつながるような施策を講じます。

また、企業活動において、どうしても思わぬトラブルに遭遇します。

まずはトラブルが起こらないように、啓蒙活動に力をいれますが、
発生したときにはスムーズに対応することも広報職種の大切な役割です。

広報に向いている人の特徴はなに?

ということで、広報に向いている人の特徴を説明していきたいと思います。

高いコミュニケーションスキル

他の営業職にも共通ですが、
コミュニケーション能力の高さです。

マスコミ関係者との対応が多い仕事ですので、
記者・編集者などに人脈をつくり、最大限に活用している広報担当者も少なくありません。

企業側の意図・戦略を理解した上で、社外内に効果的な情報配信を行っていく上で、
コミュニケーションスキルの高さは不可欠な要素です。

情報収集力

自社を社外にアピールするには、まず自社のことを熟知していること、
そして競合他社をはじめとする業界の動きなどを把握する必要があります。

ですから、情報収集力は広報担当者にとって必須の能力と言えます。

社外・社内のさまざまな人とのスケジュールを調整し、
取材などをコントロールするのも広報の仕事です。

情報を公開した後にミスが発覚するようでは、
企業イメージを大きく傷つけることになりますので、
几帳面さや正確さも欠かせません。

華やかな仕事をこなしつつ、一方では地道な情報収集、
マメなプレスリリース発信など地味な仕事をコツコツと、かつ迅速に処理する能力も重要です。

具体的な仕事内容とは?

広報の業務は、大きく分けて、社外向け広報と、社内向け広報の2つがあります。

社外広報

社外向け広報の主な活動内容は、大きく4点あります。

1. プレスリリースの作成
自社のどんな情報が社会に発信できるのかを調べ、
”プレスリリース”を作成します。プレスリリースを出すことで、
自社の取り組みを社会に伝えることが出来るのです。

プレスリリースには「企業経営」「商品・サービス」「調査レポート」「危機対応」などの種類があります。

2. メディアとのリレーション構築
日頃から各メディアを確認して情報収集を実施。

自社の情報を出したいメディアを選定し、
メディア担当者とのネットワークを作ります。

先述したプレスリリースも、通常はメールやFAX、
場合によっては持ち込みによりメディアの手に渡ります。

接点が持てたメディア担当者には定期的な連絡を。

それによって、そのメディアではどんな情報が必要とされているのかを知り、
適切なコミュニケーションを取ることが出来るのです。

3. 取材対応
特に新進気鋭の注目ベンチャーや大手企業で、中心となる業務です。

こちらから情報を発信していなくても、
メディア側から「取り上げたい」という問い合わせが来ることもあります。

各種問い合わせへの迅速な対応が求められます。

4. 危機管理対応
情報漏洩や不祥事などのブランドを毀損させるような緊急事態へどう対応するかも重要な任務です。

「危機管理広報」とも呼ばれ、
有事の対応1つでブランド価値への影響の大小が決まります。

社内広報

社内に対して、経営方針や正確な情報を伝えることも広報の大切な仕事です。

社員の一体感情勢、社員一人ひとりのコンプライアンスへの意識を啓蒙することで不用意な炎上によるブランド低下を防ぐことを目的としています。

広報のキャリアプランとは?

ということで、最後に広報のキャリアプランについてまとめたいと思います。

管理職に昇進

日本の企業の場合、
広報のプロフェッショナルはあまり多くないのが実情です。

営業部、開発部などの社内の部署を経て、広報部に配属され、
また数年したら他の部署に移るケースが多いようです。

ただし、広報の仕事は前述の通り、会社の顔とも言える、
経営の中枢に関わる役割ですので、
ここでしっかりとした結果を残すことは、
昇進していくためには大切な局面です。

一方で、外国の企業の場合、その専門性の高さから、
広報の職種はプロフェッショナルと認識されており、
キャリアを通じて広報職種を全うする人材もすくなくありません。

徐々に、日本の広報職種も、
外国のそれと似たような位置付けに変わっていくのかもしれません。

独立起業

広報コンサルタントとして独り立ちするキャリアパスを選ぶ人もごく一部いますが、
前述の通り、日本では広報の仕事は各企業ともに、
社員が持ち回りで行う文化が根強く、
広報コンサルの市場はまだまだ黎明期であるというのが実情です。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は広報の仕事内容について説明しました。

仕事内容やキャリア形成についての情報源として、お役立て頂ければ幸いです。

この質問に関連する転職相談

広報の採用基準ではどんなスキルが必要で、適齢は何歳からでしょうか?

私は現在WEBディレクターをしておりますが、企画や提案の部分でWEB以外にも幅広く関われる、広報の仕事に興味を持ちました。 某有名転職エージェントへ面談があったため正直にそのことを打ち明けると、<広報の仕事はスキルがいるので無理です!35歳...

彼女がベンチャー企業で働いていますが、何故遅くまで働いているんですか?

ベンチャー企業で働く彼女がいます。 元々大学時代から付き合っていて、僕も彼女も今年から社会人一年目です。 僕は、メーカー系の会社で営業を担当しているのですが、 彼女はベンチャー企業で広報と事務関係の仕事をしています。 一点気になるの...

広報の仕事内容って具体的にどのようなことをしていますか?

広報の仕事って出張が頻繁にあったりするのですか? それとも総務みたいな屋内での仕事ですか? 総務の仕事もよくわかってませんけど。会社にもよるとは思いますが。。 電気製品メーカーへの広報スタッフの派遣の仕事があったので、気になってます...

広報を新たに社内で担当することになりそうです。オススメの入門書やブログ、セミナーなどを教えてください。

広報を新たに社内で担当することになりそうです。 ◯これだけは読んでおけ!というオススメの入門書 ◯この人だけはフォローしておけ!というオススメのFacebookユーザー(友達じゃなくてもタイムライン見れる人) ◯このブログは要チェック!というオスス...

28歳女性、このタイミングで広報や企画にうつるのはリスクがあることでしょうか?

28歳女性、いままで営業やってました。このタイミングで広報や企画にうつるのはリスクがあることでしょうか?また可能性は低いでしょうか

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー