人工知能(AI)が奪う無くなる職業・仕事のランキングについてご紹介の画像

人工知能(AI)が奪う無くなる職業・仕事のランキングについてご紹介

人工知能(AI)の台頭により無くなる職業と無くならない職業が今後出てきます。現状ある職業の約半分が人工知能により仕事が奪われる可能性があります。逆に人工知能に影響されない職業が残る場合もあります。どんな職業が残っていくのでしょうか?人工知能の時代に新たな仕事を生み出していくのか、またコミュニケーション能力を利用した職業などが残っていくとされています。人工知能に興味のある方がいましたら是非この記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?

2107

幅広く普及する人工知能

AI(人工知能)について、これまで人類の多くがより高度なものを期待し、
その普及によって利便性の向上した社会で自分が生活する様子に憧れを抱いてきました。

各種の研究・開発が重ねられた結果、人工知能は人類が望んだように高度化し、身の回りの生活へと浸透しようとしています。しかし、皮肉なことに、人工知能の普及は多くの人々から仕事を奪うだろうといわれています。

考えてみれば、これは当然といえるでしょう。

利便性の向上とは、ヒトがやらなくてはいけない作業数の減少であり、世の中から作業が減っていくのであれば、それは仕事数の減少を意味します。

つまり自ずと転職は難しくなってくるということでしょう。

これからの時代、どんな仕事が人工知能によって奪われていくのか。

人工知能と共存していける職業とは何なのか。

これら2つをご紹介していきます。

関連相談

人工知能によって仕事が無くなる職業とは

まずは、人工知能はどれほど私たちから仕事を奪うのか見ていきます。
人工知能
▲宣伝会議2016年10月号より引用

これは、『人工知能やロボット等による代替可能性が高い100種の職業』です。

この図でも分かるように、
やはり作業系の職業は淘汰されていくと考えられています。

また人工知能は私たち人間からどれだけの作業を奪うことができるのかといえば、医者や弁護士といった知的職業も例外ではないといわれています。

人工知能は深層学習を繰り返しながら成長していくものであり、過去に記憶された正確なデータをそれ以降に間違えることのないのが人間との大きな違いです。

つまり人工知能Iがロボットに搭載されれば、記憶された過去のパターンに基づいてあらゆる仕事にフィットできると考えても差し支えないでしょう。大手企業において新規商品の需要予測まで正確にこなしているとのことなので、きっと私たちの想像を超えた賢さと幅広さを兼ね備えているとイメージしておけば無難なのではないでしょうか。

将来の人間の人工知能が共存する社会において転職を考えた場合、これまでの既成概念も改めていく必要があります。

なぜなら、人工知能ありきの会社運営に対して、求職者が的確にフィットしなければならないほか、転職時に重要視されてきたはずの経験が軽視されがちとなっていくためです。



また、コンピューターの技術革新が進んでいます。

それもかなりのスピードで推進しているため、人間にしかできなかったと思われていた職業はどんどんIT技術により変化してきています。

また既存の職業が人工知能により無くなると言われています。
例えば、接客業やコールセンター、一般事務員など日本の職業の約50%が10~20年後の近い未来には無くなると言われています。

例えば教師は人工知能によって無くなる職業かどうか問われています。
これは既に勉強アプリの様なサービスが登場していることにより、人工知能させあれば独学でどんどん勉強できます。

慢性的に教師不足と問題視されていますが、人工知能をうまく活用すればその課題を解決が可能になるかもしれません。
無くなる職業として考えられる1つです。

ここでjobQ内に投稿されたQAを見てみましょう。

人工知能(AI)によって一般事務職の仕事は無くなりますか?

現在事務員として働いています。

近日から噂されている人工知能ですが、今あるほとんどの仕事を人工知能が作業し、
人間の仕事は無くなると言われています。

私の仕事はほぼ雑務なので、将来仕事が無くなるんじゃないかと、とても不安です。

本当に事務系の仕事は人工知能によって取って代わってしまうのでしょうか?

単純作業のような仕事は無くなると思います。

ただし費用対効果として人工知能より人の方が安いです。

タクシーやトラックは24時間休まずに動かしたいので人工知能は進むと思います。

雑務はいずれなくなりますがあなたが定年までは人がやってますよ。
雑務をする人工知能を開発する前に、危険な仕事とかして欲しいですからね。

とのことでした。
やはり雑務のような仕事は無くなっていくと予想されますね。

他の回答も見てみましょう。

私はシステムの仕事を10年やっています。
ご質問の回答としては、仕事の内容によります。例えば、Excel等の数値の照合作業などのように何かのデータのチェックをする、仕訳伝票を登録する等の仕事は想像以上に早く、人がしなくてもよくなると思います(私見では少なくとも10年以内には・・・)。人工知能の他に、最近の流行としては「RPA(Robotics Process Automation)」という言葉が出てきておりますが、これは、上記のような形式的な作業を自動化する技術(サービス)の総称です。

但し、形式的な仕事以外は、コンピュータは苦手なので、すぐには自動化されないです。また、質問者さんのお勤めの会社の資金力によっては、自動化する仕組みを導入するためのコストを払うより、人手の人件費の方が安く上がるので、人手で対応する選択を取る可能性もあります。

会計職なども将来人工知能に取って変わるかもしれませんね。
他にも人工知能に関する回答をみてみましょう。

質問者様が「雑務」とおっしゃる作業内容は、30年前は全く違うことで、電話番をしたり、職場の人にお茶をいれたり、はがきに住所を書いたり、銀行に入金確認に行ったり・・ということだったわけですけど、たぶん今はそんなことしないですよね。たぶん今後30年でも、雑務の内容は変わってゆくでしょうけど、そんなになくなったりしないかと思います。

一方で個々人にとって仕事がなくなることは、別に人工知能とか技術革新でなくても、30年とか40年とかのスパンでは、会社が倒産したり地震が起きたり戦争が起きたりといったことは、普通にあることですので、どうにもならないです。

との事でした。
今後も雑務の内容は変わってくるのことでした。
新しい時代に備えて、人工知能などのスキルを学んでおく必要がありそうですね。

脳科学の研究と人口知能の開発に携わっている者です。
人工知能が「完全に」事務系の仕事を取って代われるかというと…それは難しいと考えます。

勿論、一般事務を含む様々な仕事の中で、人工知能が代わりに担う作業は今後どんどん増えていくと考えられます(定型的な仕事は自動化したい、人口知能を活用して業務効率化したいという企業からの要望が年々増えてきている為)。

しかし、人工知能は人の要望を「人間のように」理解する事はできません。
人の表情や話し方、言い回しから瞬時に相手のニーズを繊細に読み取れるのは人間しかいないのです(そもそも心のプロセスは現代の科学的にも解明しきれていないので、人の心を読むのは人工知能には到底難しいです)。

ですので、将来的には人工知能と共存する形でお仕事をされる可能性が高いと思いますよ。人のニーズを汲み取って、実際の作業は人工知能に指示を出す事になると思います。ちょうど、現在あなたがPCを使われているのと同じような感じで。

将来的に仕事を確保したいと考えるなら、きっと鍵は「コミュニケーション能力」になると考えます。ご参考までに。

との事でした。
人工知能と共存する事で新たな仕事が生まれる可能性もありそうですね。

コミュニケーション能力が今後の時代には必要だと様々な著名人の方にも言われています。
やはり今後人工知能と共存していくには、コミュニケーション能力スキルを身につける必要があると言えます。

関連相談

人工知能と共存していける職業とは?

人工知能
▲宣伝会議2016年10月号より引用

これは、『人工知能やロボット等による代替可能性が低い100種の職業』です。

やはりこの資料を見ても分かるように、作業系の職業は少ないです。
何かしら専門スキルを持ち、クリエイティブな働き方をする職業が生き残っていくと言えます。

そして、その職業は人工知能を活用し更により良い仕事が可能になります。

つまり人工知能と共存していける職業とは、大きく2つに分かれるでしょう。

まず1つ目は、人工知能を使いこなすためのスキルが求められる職業です。

簡単に言えば、方向性を決定するなど、自身が主導権を失うことなく革新性を求めながら先へと向かっていける人材であれば、きっと人工知能を一つのツールと捉えながら使いこなしていくことができるため、転職において不利を感じることはないかと思います。

そして、2つ目が人工知能に使われる職業となります。

大半の事業において、頭脳が存在していても、労力がなければ成立しません。
特に、サービス業はこの最たる例といえるのではないでしょうか。

社会がどこに人工知能を採用し、人間がどこへ配置されるのか考えていくことで、将来の転職難易度も大きく変わっていくといえます。

ここでもjobQ内に投稿された質問を見ていきましょう。

人工知能の台頭に対して、どのような準備をしておくべきですか?

事務職をしています。

人工知能によって、事務職が失われていくとか
既存の職業のうちの40%がなくなるだとかいわれていますが。

私はこれからどのような準備をしておくべきでしょうか?

仕事しなくても、生き続けていくことになればいいのですが。

プログラマーです。

仕事柄、既にかなりの事務職の仕事を奪ってしまっておりまして申し訳ないです。

江戸時代は労働人口の9割は農業に従事しており、それで生活が成り立っていました。
現在、農業人口は5%以下。その視点でみると85%の人は仕事を奪われ失業してしまっています。いわば江戸時代には必要なかったことをやってるわけで、働かなくていいのに仕事を作ってしまってることになります。

電話の交換士の仕事がなくなり、証券取引所で売買してた人たちが全部消え、フィルムを現像するお店が大量に消えました。そんなに昔のことではありません。

それでも現在失業率は3%ぐらい。まあ、みなさん困っていません。

人工知能が何をしても、人間の肉体と社会は存在するわけでして、美味しいものを食べて、大切な人と楽しくすごしてればいいのではないでしょうか。それこそが、最後に残る部分です。

計算機より計算が下手でも、自動車より足が遅くても、カメラより写実的に絵が描けなくても、誰も気にしないのに、なんで人工知能?という話です。

関連相談

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は人工知能によって淘汰されるかもしれない職業と、
今後生き残っていく可能性のある職業をご紹介しました。

人工知能は人間の生活を豊かにしてくれる一方、新たな社会が創られ、
時代の変化についていかないと取り残される可能性が高いです。

普段から情報リテラシーを高め、
情報取集を怠らないことが今後社会で生き残っていく条件とも言えます。

従来の転職方法ではなく、
今後の社会と共存していける職業を探すことが、
今後の転職スタイルになってくるでしょう。

本記事の初回公開日は2017年08月28日です。

この記事に関連する転職相談

人工知能の時代に生き残る仕事って何でしょうか?

今後、人工知能の時代が到来しますが、その時に生き残る仕事とは何でしょうか? 正直どんな仕事が無くなってもおかしくはないと考えています。 ただ今後新しい仕事も出てくるハズなので、全ての仕事が無くなることはないかなと思います。 仮に仕事...

日本の自動車業界で自動運転技術が発展している企業はどこですか?

アメリカでは、自動運転がどんどん進行しているように思います。 様々な企業が、様々な取り組みをしているように思います。 日本で言えば、DeNAが積極的に自動運転に取り組んでいるように思うのですが、 技術的な観点で見た場合、日本のどこの企業が...

人工知能によってなくなる仕事はどのような仕事がありますか?

現在、事務職を勤めています。 人工知能にまず取って代わるのが人工知能だというnewsを先日見ました。 自分の今の仕事だと将来に不安だということで、 転職活動を初めたほうがいいかなと思っているのですが、その他にどのような職種が今後人工知能に...

AIの進歩はまずどの業界をリプレイスするのでしょうか?

様々な分野でAIが活躍してきていますが、 まず、AIはどの業界をリプレイスするのでしょうか。 やはりコンビニ業界等、人件費がかかる業界だと思うのですが、 AIの進歩が与える日本のビジネスへの影響などについて興味を持っています。

人工知能が本当に活躍するようになるにはあとどれ位かかりますか?

人口知能が本当に活躍するようになるには、あとどれくらいかかるのでしょうか? 最近、とりあえず人工知能という言葉を使う企業が増えたように感じます。 人工知能という言葉がパワーワードになってしまっている現在、 何でもかんでも人工知能を使っ...

人工知能(AI)によって一般事務職の仕事は無くなりますか?

現在事務員として働いています。 近日から噂されている人工知能ですが、今あるほとんどの仕事を人工知能が作業し、 人間の仕事は無くなると言われています。 私の仕事はほぼ雑務なので、将来仕事が無くなるんじゃないかと、とても不安です。 本...

人工知能の台頭に対して、どのような準備をしておくべきですか?

おんなです。事務職をしています。 人工知能によって、事務職が失われていくとか 既存の職業のうちの40%がなくなるだとかいわれていますが。 私はこれからどのような準備をしておくべきでしょうか? 仕事しなくても、生き続けていくことになれば...

みなさんが今期(2017年)に注目している市場はなんですか?

はじめまして 2017年が始まってもう1週間が経ちましたが、 今期のトレンド、注目コンテンツはなんだと考えていますか? 私は、人工知能などが考えられると思うのですがいかがでしょう? どのような市場に注目されているかお聞かせください。

この記事に関連する記事

人工知能が仕事を奪う?なくならない仕事や増える仕事についてご紹介

人工知能は現在ある職業のほとんどを奪うと言われています。また人工知能に代替される、なくなる仕事が今後増えてくると予測...

【人工知能】転職前に考えたい10年後の未来に残る仕事の2つの共通点とは?

現在、人工知能によって今ある仕事の大半が無くなると言われています。遠くない未来に向けて準備しなければいけないこととは...

人工知能の普及で事務職はなくなる?人工知能の能力とその発達の全貌

人工知能の普及で事務職はなくなる?という話を耳にしたことがある人は多いのではないかと思います。そこで今回は、人工知能...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー