【詳しく解説】MSの仕事内容や向いている人材とは?の画像

【詳しく解説】MSの仕事内容や向いている人材とは?

MSの仕事とはどんなものでしょう。それは医薬品卸売会社の営業担当者のことを言います。現在日本は高齢化社会であり、ますます医薬の需要が出てきます。つまりMSの需要も同様に伸びてくる職種であると言えます。そこで今回は、MSをこれから目指す方向けにMSの仕事内容をご紹介していきます。是非参考にしてみては、いかがでしょうか?

MSの仕事内容とは?

医薬品卸売会社の営業担当者のことをMS(Maketing Specialist)といいます。MSの主な仕事内容は製薬会社から仕入れた医薬品や医薬機材などの商品を医療機関や調剤薬局に「安定的に供給」することです。

もちろん販売するだけではありません。

薬の効能や医療制度について、季節性の疾患など業界にまつわる諸々の「情報を提供」し、彼らの業務を間接的にサポートします。

よって、MSにはメーカーごとの商品の特徴の破格、検討ができるだけの幅広い商品知識が必要になっていきます。

また、忘れてはならないのは、MSは医療機関、調剤薬局と価格交渉を行うため利益を確保するための意識が必要になってきます。

この記事を見ている人はこの質問を見ています:

MSの将来性と責任

現在、高齢化の進展に伴い、医薬品業界の需要はますます拡大の傾向を見せています。

MSは人々の命や健康に寄与する重要な業務内容であるだけにやりがいもあり、また重い責任も問われます。

この記事を見ている人はこの質問を見ています:

どんな人がMSにむいている?

自己管理能力が高い人

朝、会社に出勤せずに直で医療機関、調剤薬局などのクライアント先まで営業に向かいます。

比較的会社などに縛られず数字や結果で評価される仕事内容であるだけにきっちり自己管理できる人が求められます。

自己処理能力が高い人

仕事はほとんど個人に一任されますので、当然独立した個人能力が著しく問われます。

人付き合いの上手い人

日々の限られた時間の中でかなり多くの人々と付き合い、また折衝しなければなりません。

プレゼンテーション能力の高い人

ドクターや薬剤師、製薬会社社員といった方々と日々のように折衝し、また成果を上げなければなりません。

向上心の高い人

個人の独立性を高度に求められるだけでなく、業界の知識、技術、制度など、環境は日進月歩。日々たゆまぬ努力を続けていける人でないととてもついていけるものではありません。

重い使命と、責任感を忘れない人

人の命と健康を取り扱っている当事者だという自覚を絶対に忘れないようにしてください。

この記事を見ている人はこの質問を見ています:

MSになるには?

MSになるには特に資格もなければ試験もありません。そういった業界に営業職として入社すれば自動的にMSとなります。大概、入社するとその企業による研修を行って、基礎知識やビジネススキルを詰め込みます。

なお、高卒の方でもMSの現場で活躍されている方はいっぱいいらっしゃいます。ただなる前に自動車免許だけは取っておいた方がいいでしょう。車はMSの足です。

MSとMRの違いとは?

MSとよく近似した業種にMR(Medical Representative)というのもあります。

MSの雇用主が薬品卸業であるのと比べて、MRは製薬会社という違いです。なる難易度は一般的にMRの方が上で、比較的高い学歴が要求されます。

また、給料などの待遇もMRの方が良い傾向です。こういった業界に興味のある方はこの両者をあらかじめよく比較検討してから自己の目標を計画設定しましょう。

最後に

MSの仕事は一般的に激務だといわれています。勤務時間や休日もその業務内容による関係からやむを得ない部分があり、その点については目指す前から十分に覚悟はしておいたほうが良いとでしょう。

ただ、その一方でこの仕事にはしっかりとした業界の専門知識や、ビジネスマナー、スキルが身に着くといった利点があります。

さらに、割と「個人」というものに重きを置いた業種であり、一般的に日本社会では「組織プレー」というものが重く見られる場合が多いですから、そういった適性のある方々にはより有意義な未来を切り開く可能性を秘めています。そして、やはり何よりも人々の命、健康を預かる、その裾野にいるという重大な使命と責任です。

 

JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー