• HOME
  • 転職
  • これだけ読めば安心!転職エージェントの裏事情を徹底解説
これだけ読めば安心!転職エージェントの裏事情を徹底解説

これだけ読めば安心!転職エージェントの裏事情を徹底解説

転職エージェントの裏事情をご存知でしょうか。この記事では転職エージェントの裏事情や、裏事情の転職エージェントを利用すべきかということについて解説致します。また、転職エージェントの受付時の裏事情や、転職エージェントの面接時の裏事情なども紹介致しますので、ぜひ参考にしてください。

転職エージェントは、人材紹介サービスのひとつで、

  • キャリアアドバイス
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面談対策
  • 内定先の企業への年収、待遇交渉

を無料で行ってくれます。

今回は、そんな転職エージェントが、求職者に対して、なぜ無料でやってくれるのか、ということを転職エージェントが裏事情が本音で語るのでぜひ参考にしてください。

この記事では、

  • 転職エージェントのビジネスモデル
  • 登録時の裏事情
  • 登録から選考フォローに関する裏事情
  • 転職エージェントの仕組み
  • 転職エージェントの本音
  • 転職エージェントのメリット
  • 転職エージェントのデメリット

上記のような、転職エージェントの裏事情を詳しく解説していこうと思います。

転職エージェントビジネスモデル

この章では、

  • 転職エージェントのビジネスモデル
  • 転職エージェントが報酬を受け取るタイミング
  • 転職エージェントの費用が無料な訳

について、解説して行こうと思います。

転職エージェントの裏事情を知る上で、必ず知っておかなければならい点なので、ぜひご覧ください。



転職エージェントのビジネスモデル

転職エージェントのビジネスモデルは、求職者を企業に紹介して、年収の30%前後を成功報酬として受けっています。

そのため転職エージェントは、求職者と企業とのミスマッチをなるべく防ごために、キャリアアドバイスや待遇、年収交渉を行っていると言えます。

転職エージェントの仕組みが気になる方は、こちらをご覧ください。

転職エージェントのビジネスモデルに関しては、こちらもご覧ください。


転職エージェントが報酬を受け取るタイミング

転職エージェントが成功報酬として、年収の一部を受け取るタイミングは、求職者が内定した翌月に支払われるケースが多いようです。

転職エージェントが報酬を受け取るタイミングが詳しく気になる方は、こちらをご覧ください。


転職エージェントの費用が無料な訳

求職者が転職エージェントを利用する上で、費用が無料の理由は、企業側が転職エージェントに報酬を支払っているからです。

しかし、求職者の市場価値やキャリアの可能性を詳しく調査してくれるビズリーチは有料版のサービスがあるので、自分の今後のキャリアに合わせて利用する転職エージェントを変えてみましょう。

ビズリーチの公式HP:
https://www.bizreach.jp

ビズリーチが無料の理由:
ビズリーチ、なぜ有料?


転職エージェントの本音

転職エージェントも営利目的の企業なので、求職者が転職しなければ売上に直結しないという本音があります。

この記事では、そんな転職エージェントに関する裏事情ついて解説していこうと思います。

【登録時】転職エージェントの裏事情



先ほど、転職エージェントのビジネスモデルをご紹介致しました。

転職エージェントのビジネスモデル上どうしても起こってしまう裏事情をご紹介致します。

  • 転職成功の確率が低いと登録拒否される
  • 申し込まれる場所で熱心度が違う

上記について解説致しますので、ぜひ参考にしてください。


転職成功の確率が低いと登録拒否される

求職者の年齢や職歴などから転職できる可能性が低い場合は、登録を断られることがあります。

先ほど解説した通り、転職エージェントの報酬は、企業が求めている人材を紹介することで発生するので、保有している求人とマッチしない場合は、登録拒否される可能性があります。

しかし、マッチする求人を保有していないと言っても登録拒否の理由は

  • 希望職種、年齢がエージェントの対応範囲外
  • 経歴が特殊な場合
  • 希望する職種が特殊なとき
  • 転職回数が異常に多い
  • 前職からのブランクが長い

など、さまざまです。

そのため、自分の希望する業界や職種に特化した転職エージェントと、実績と転職ノウハウが豊富の総合型転職エージェントの併用がおすすめです。

転職エージェントの一覧を比較したい方は「転職エージェントおすすめランキング」の記事を参考にしてください。

転職エージェントを複数併用しようと思っている方は、こちらをご覧ください。


申し込まれる面談の場所で熱心度が違う

登録した時に行うキャリア面談は、原則の社内部屋で行ないますが、ホテルのラウンジやカフェに誘われたら本気度はさらに高いと言えます。

転職成功の確率が高い求職者は、他の転職エージェントに取られたくないので、なるべく早く、良い印象を持って面談を実施できるようにこのような対応を取ることがあるようです。

転職エージェントが忙しい場合などもあるので、一概には言えませんが、電話面談のみの場合は、ホテルのラウンジやカフェで面談を行う休職より本気度が低い可能性があります。

【キャリア面談時】転職エージェントの裏事情



ここでは、登録した後に実際されるキャリア面談時の裏事情をご紹介したいと思います。

  • 転職可能な人材か見極めている
  • 誘惑をして転職させようとしてくる
  • 求人票の裏条件とマッチするかチェックする

上記の3つについてご紹介致しますので、ぜひ参考にしてください。


転職可能な人材か見極めている

キャリア面談時に紹介できる企業があるか見極めています。

転職エージェントの本音として、なんとか求職者を転職させていので、求職者とのヒアリングを兼ねることで、どの求人なら転職可能な判断しています。

大手企業に転職可能なのか、それとも中小企業なら転職できる人材なのかなど、求職者のことを見定めています。


誘惑をして転職させようとしてくる

転職エージェントは、企業に人材を紹介しないと報酬が発生しない仕組みになっているので、「年収が〇万円くらい上がりますよ」などと、誘惑してくる場合があります。

転職意欲が高ければそれほど強引には言ってくることはないでしょうが、転職するか迷っている方には最後の一押しとして、誘惑してくる場合があります。

また、転職エージェント自身が内定者数を営業ノルマとしている場合は、なんとかして転職させようとしてくる可能性があるので、キャリア面談を受けるときは、どんなことを聞くのかはっきりさせて、甘い誘惑に乗らないようにしましょう。

合わせて読みたい
強引に転職させようとしてくる転職エージェントへの対処方法


求人票の裏条件とマッチするかチェックする

転職エージェントは、企業が求める人材をヒアリング等を行っているので、詳しく知っています。

そのため、「○歳以下の人」「女性希望」などの法的に理由により、求人票に記載できない条件が存在する場合があります。

本来はこのようなことをやっていけませんが、採用条件に細かくフィルターをかけている企業とマッチした人材かどうかもチェックしているようです。

参考
法的に禁止されている年齢制限
男女均等な採用選考ルール

【求人紹介時】転職エージェントの裏事情



今回は、転職エージェントから紹介される求人案件の裏事情について上記の解説致します。


希望とかけ離れた求人案件を紹介してくる

求職者の希望とかけ離れた求人を紹介する理由は

  • 求職者が希望を叶えられる経歴ではない
  • 希望の求人を保有していない
  • 求職者の希望が高すぎる

など理由はさまざまですが、転職意欲の高い人は売上につながるので、希望と違くても転職させようとする転職エージェントが存在するようです。

【選考途中】転職エージェントの裏事情



ここでは、求人に応募した後の

  • 書類添削時
  • 面接対策時

の2つに関する裏事情を解説していこうと思います。

  • 転職エージェント経由でも書類選考で落ちる
  • 面接のフィードバックをする理由
  • 面接後のフォローは担当者によって差がある

上記の3つについて解説致しますので、転職エージェントの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。


転職エージェント経由でも書類選考で落ちる

転職エージェント経由でも書類選考の通過率は、35%前後と言われています。

ちなみに、転職エージェント経由での内定率は60%前後と言われているので、転職活動に不安がある方は、転職エージェントの利用はおすすめです。


転職エージェントがフィードバックをする理由

転職エージェントがフィードバックをする理由は、

  • より確実に転職活動を成功してもらうため
  • よりマッチした求人を紹介するため
  • 求職者の相談に乗るため

上記の3つが存在します。

転職エージェントがフィードバックをする理由は、売上向上のためと、売上には直結しないが、会社の信用を獲得できる行動があります。

面接のフィードバックを実施することで、自然とコミュニケーションの回数を多くなります。

その中で、将来の売上に繋がる関係を築く意図もあるようです。

合わせて読みたい
面接のフィードバックをどこまでやってくれるのか?


面接後のフォローの質は担当者によって差がある

転職エージェントは、面接が終了した後に、企業の人材担当者とコンタクトを取ることが可能です。

そのため、求職者が面接で不採用の場合は、改善点を聞き出してもらうことができます。

しかし、転職エージェントが面接時の情報をうまく企業に問い合わせてくれなかったり、元々関係が深くない間柄だと、行った面接が次に繋がりません。

ですから、あらかじめ転職エージェントにその旨を伝えおくと面接自体が意味のある時間に繋がるでしょう。

合わせて読みたい
転職エージェントが行ってくれる面接後のフォローについて

【内定時】転職エージェントの裏事情



内定時に関する転職エージェントの裏事情をご紹介致します。

  • 年収交渉をしても大幅には上がらない
  • 内定が出たら内定承諾を急かすことがある
  • 入社前や入社後も念入りにフォローしてくる

上記の3つについてご紹介致します。


年収交渉をしても大幅には上がらない

転職エージェントが企業から受け取る報酬は、求職者の年収なので、積極的に年収交渉を行ってくれます。

しかし、当初の金額よりも大幅な上昇は当てにしないようにしましょう。

採用段階で、企業側もギリギリの条件で応募をかけている場合が多いからです。

また、年収アップに関するおすすめの交渉方法は、キャリア面談時に伝えることです。

そうすることで、最初から希望する年収の求人を紹介してもらえるからです。

詳しく読みたい
職エージェントに年収交渉を頼むコツ
転職エージェントを利用すると年収アップできるの?


内定が出たら内定承諾を急かすことがある

転職エージェント側からすると、求職者に内定が出ると、売上獲得まで後一歩です。

そのため、内定が出た企業に転職するように内定承諾を急かすことがあるようです。

合わせて読みたい
転職エージェント経由での転職活動は内定辞退できるの?
転職エージェントは内定辞退をするとしつこく連絡してくる?


入社前や入社後も念入りにフォローしてくる

転職エージェントは、企業に人材を入社させることで報酬を受け取りますが、一定期間以内(1ヶ月や3ヶ月)に退職した場合は、企業に返金しなければならないのです。

そのため、入社前の不安に親身になったり、入社後もアドバイスをくれたりします。

求職者が思う転職エージェントへの疑問



ここでは、実際に転職エージェントを利用した方が、JobQで質問をしてくださったので、ご紹介したいと思います。
 

転職エージェントは転職希望者を見捨てることはありますか?

転職エージェントに不安があります。既に転職活動中の方へお聞きします。

現在初めての転職活動中で、希望企業へ応募したい旨エージェントへ連絡しました。

すると、早速企業へ書類を送付しておきましたと返信がありました。普通は添削や、面談といった下準備があっての応募、と認識していたので少し驚いています。

見込みがないなどと見捨てられた感じがしてなりません。

私は2回転職経験があり、それぞれ別のエージェントを利用しました。

1社目のエージェント(IT特化)はとても丁寧で、書類の添削はもちろん、面接の練習までしたもらいました。

2社目のエージェント(最大手)はあまり丁寧ではなく、希望と的外れな案件を紹介してきたり、書類の細かい添削はなく、もちろん面接の練習などもなかったです。

企業側への質問をお送りしたにもかかわらず、何回かスルーされたり、結構ひどかったです。

担当者の当たり外れもあると思うので、担当者を変えてもらったり、別のエージェントを探しても良いと思いますが、なるべく早く動いた方が良いと思います。

元転職エージェントです。

添削は出来が良ければしません。

ですが面談は最低でも電話では必ずします。

エージェントが企業へ候補者を応募するというのは「この人こういう人で御社で即戦力になると思うので推薦します」ということなのです。

もし候補者がすごく高圧的な人や、コミュニケーション能力が著しく低い、清潔感がなさすぎる、最低限のビジネスマナーも知らないという方だった場合、「こんなん推薦してくんなよ!」と企業からは非常に怒られる契約中止になる可能性もあります。

企業は候補者を紹介してくれた分のフィーをエージェントに支払うのですから、紹介するなら良い人だけ推薦してこいよというのが本音です。

ですので書類だけでは判断せずやばい人じゃないかというのを必ず面談で確認します。


転職エージェントはこのような対応を取ることがあるようです。

転職エージェントは求職者を見捨てるのか気になる方は、こちらもお読みください。

また、このような質問をいただいたのでご紹介致します。
 

むかつく転職エージェントが担当なのですがどうすればいいですか?

私の担当の転職エージェントは気分が良い時と悪い時で対応に差があったり、決断を急かそうとしてきたりして正直むかつきます。

転職エージェントからこのような対応される場合は、他の転職エージェントにするべきなのでしょうか。

この転職エージェントは、登録してまだ間もないので辞めるなら今かな?と思うのですが、このような転職エージェントが担当の場合はどのようにすれば良いでしょうか?

担当さんを変えることも可能かと思いますけど、他の方も仰られている通り、エージェントもボランティアではなく商売なので内定を出すのに必死、さして求職者自身の志望度が高く無いところでも平気で推してくる事が多いかと思います。

ご自分のペースで進められたいのであれば、その旨伝えるとほぼほぼ連絡も無くなります。

非公開求人検索用だと思って割り切るのもいいかもしれませんね。


やはり転職エージェントの質はまちまちのようです。

転職エージェントの利用方法は市場価値を知りたい、求人を探したいなど多岐にわたるので、あまり期待すぎに方が良いかもしれません。

転職エージェントは相談だけの利用も可能なので、気になる方はこちらをご覧ください。

また、このような疑問もご紹介したいと思います。
 

転職エージェントは勝手に応募することがあるのですか?

転職エージェントが勝手に応募することはあるのでしょうか。

転職エージェントを利用した人の口コミに、求人に応募していないのに書類選考の連絡がきたというものがありました。

実際にこのようなことはあるのでしょうか?

あると言えばあります。

ただ、厳密には応募しているわけではなく、転職エージェント側がWeb上で個人情報を隠した状態で企業に履歴書が見れるようにしていることがあり、企業側が面接に来てほしいと思ったら、書類選考無しで面接に行けるというものです。

そして、大抵は、事前に履歴書を企業に見せてよいかの確認があるのが普通です。(その確認は口頭かもしれませんし、Webに登録する時のチェックボタンかもしれません)

応募しているわけではないですし、企業側に個人情報は割れていませんので大丈夫です。



転職エージェントは勝手に応募する可能性があるようですが、そこまで大きな問題には発展しないようなので、落ち着いて対応すれば良さそうです。
 

信用できない転職エージェントの特徴とはなんですか?

いい転職エージェントなのかそうではないのか、見分ける方法としてどういうものが挙げられるのでしょうか。

1)先日、転職エージェント$氏とお会いした際に、$氏の以下の言動が見受けられたためです。

【言動】
・根拠もわからず、腑に落ちない状態にも関わらず、エンジニア職を嫌煙して営業職ばかりを勧めてきた。

・$氏発言
"今現在、エンジニア職は採用難易度が高く、大卒などの学歴を重視してきているため、採用難易度が高い。
ただ、未経験からエンジニアを目指すことはできないことではない"

・"ソフトバンク、ドコモなどの通信産業はまさに成長産業なので、.、大手キャリアの携帯販売スタッフはいいですよ"

↑に対する意見:
(1)いくらインフラ産業で有るにせよ、何を根拠に成長産業とおっしゃってるのかが分からない。
(2)(私自身がフェイクニュースを鵜呑みにしてるだけなのかもしれないが、)
それに次のような事案が発生してるにも関わらず果たしてそれがいいのかが分からない。

・総務省と大手キャリアと解約金や違約金などで拮抗してる。その上にMVNOも参入してる。

・ドワンゴ役員のb氏のTweetでドコモの代理店の店員がB氏の祖母に対して不要なオプションをつけて嫌な思いをさせていたことを吐露していたこと。

・実際にN氏がドコモの店舗のサービスに対して苛立ちを募らせていた旨のTweetをしていたこと。

・実際に携帯ショップ店員の業務が安給かつ激務で離職率が相次ぐのに、なぜが携帯ショップの販売店員がいいのか分からない

私は転職回数が複数回あり、かなりの数の紹介会社・エージェントと会ってきましたので、ご参考になれば。ご質問者様の言動・マナーに非が無い、という前提で書きます。

■そもそも論で
私も経験あるのでよくわかりますが、こんなつまらない事で感情的になってご質問者様は不快な気持ちになるべきではありません、勿体ないです、時間と感情の無駄。

相性が悪いポンコツ営業マン(エージェント)にあたって、買いたくもない商品売りつけられそになっちゃった、で終わりです。他方、「ああ、こういう変化球案件もおれって紹介されるんだ。」と情報収集できたことに意義があったのです。

何十というエージェントに会ってきましたが、人間なので合う合わないがそもそもありますし、彼ら全てが良い営業マンもでない、ましてや彼らも数字目標を持たされた営業マンなので、時には売りたい案件をごり押しする事もあるわけです。

■いい転職エージェントとは?
 一義的には、自分が望む・合う案件を紹介してくれて応援してくれる人、ですよね?中長期的に付き合えるエージェントがいい転職エージェントだと思います。私も15年以上お付き合いするエージェントがいますが、彼女の紹介で転職したこともあれば、知人を紹介してその知人が転職したり、キャリア上の相談をしたり、と色々相乗効果がある仲です。

■善し悪しを見分ける方法
 ご本人の希望を無視してエージェントが決めたい・優先したい案件しか紹介しないエージェントは悪し、逆は良し、ですよね?私は若い頃に人材紹介会社に結構勘違いをしていました、求職に困る求人者の味方になってくれる心強い存在だと。実際は、求人企業と求職者の橋渡しに介在するだけのディーラーなわけでして、家族でも友達でもない彼らから、いつもドンピシャな案件が来るはずもないのです。

合わなければほかのエージェントと会って、視野も案件も広げればいいのです。

繰り返しですが、イライラすんのもったいないですよ!


信用できない転職エージェントは利用しない方が良いかもしれません。

さらに詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

また、このような転職エージェントに出会ってしまった時の対処方法として、複数の転職エージェントの利用をおすすめします。

 

転職エージェントは複数利用するべき



ここでは、

  • 転職エージェントを複数登録すべき理由
  • 優秀な転職エージェントの特徴

をご紹介したいと思いますので、ぜひ参考にしてください。


転職エージェントを複数登録すべき理由

転職エージェントを利用しても、思った通りの転職活動を行える訳ではありません。

転職エージェントと合わなかったり、希望の求人がなかったりして、焦って転職してしまい、転職活動自体が失敗に終わってしまうケースは多々あります。

そのため、転職エージェントは複数登録するべきです。

転職エージェントを複数登録するメリット

  • 多くの求人情報を得られる
  • エージェントによって得意分野が違う
  • 自分と合うコンサルタントを選べる

上記のように、複数利用することで失敗の可能性を下げて転職活動を行うことが可能です。

1つ転職エージェントに偏っては知ることのできない情報を入手することもできるので、複数登録して転職活動を成功させましょう。

転職エージェントを複数登録するデメリット

  • 転職エージェントに悪い印象を持たれることがある
  • 日程調整など、管理が大変

上記のようなデメリットはありますが、転職活動を成功させるために、より確実な決断をするようにしましょう。

ここからは、優秀な転職エージェントの特徴を解説したいと思います。

JobQに転職エージェントの利用で迷った方から質問が来ているのでご紹介致します。

優秀な転職エージェントの特徴はなんでしょうか?

転職エージェントを利用して転職活動をする上で、担当者はとても重要だと思っております。

しかし、どの転職エージェントにも悪質な嘘をついたり、自分に合った良い求人を紹介してくれないことがあるようです。

さらに、面接対策や書類添削が雑な転職エージェントがいると言うことも聞きました。

そこで質問なのですが、優秀な転職エージェントの特徴はなんでしょうか?

優秀な転職エージェントの特徴は
▪︎相談者の話を最後まで受け止めてくれる
▪︎自分の意見ではなく、世の中の事実から提案をくれる
▪︎面接対策など先回りで行動してくれる
▪︎定期的に連絡をくれる
▪︎押し付けるのではなく、勧める根拠を提示してくれる

こんな所でしょうか。ただ大事なのは担当者を上手に使うのはユーザー側である、ということです。

エージェントサービスが個人側が無料であり、サービス自体は営利目的であるという事は、ユーザー側にやる気や誠意がなければ、サービス提供側に心理的変化が起こってもおかしくはありません。

【お客様は神様論】と一緒ですね。

お客様の定義をちゃんと考えてサービスは使いこなされた方が賢いです。


優秀な転職エージェントの特徴は上記のようです。

利用するべき優秀な転職エージェントに出会うためには、転職エージェントの複数登録は必須と言えるでしょう。

転職エージェントを複数登録するメリットやデメリットがきになる方は、こちらをご覧ください。

転職活動におすすめの転職エージェント

リクルートエージェントの評判と口コミ

リクルートエージェント

リクルートエージェント」は転職総合実績No.1を誇る、実力ある転職エージェントです。

アナタに専属のキャリアアドバイザーが、転職を成功までサポートしてくれます。複数の非公開求人を抱えているのも、リクルートエージェントの特徴であるため、まずは面接をして話を聞くことから始めると良いかもしれないです。

あらゆる職種や業界への転職のチャンスが大いにあると言えるでしょう。

ここで実際にリクルートエージェントを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。
 

私が実際に転職活動をした際にリクルートエージェントを利用した際の感想です。

リクルートエージェントの特徴としては、まず幅広い求人が特徴です。

業種、職種も非常に豊富で、様々なタイプの仕事を探している人にも対応できる印象がありました。求人数に関しても他社と比較してかなり多いと思います。

キャリアカウンセラーの質自体も悪くないと思います。

 こちら側の話しをまず、しっかり聞いてくれるような受け身の体制が整っており、コミュニケーションの取り方も上手でした。


こちらの利用者の方は、リクルートエージェントのさまざまな業種・職種を網羅した幅広い求人、豊富な求人数に魅力を感じたようです。

リクルートは求人数や実績が高く総合的に評価の高い転職エージェントなので、転職に強いこだわりがない方は向いているでしょう。

より詳しい情報が気になる方は「リクルートエージェントの評判・口コミ」をご覧ください。

リクルートの公式HP
https://www.r-agent.com


dodaの評判と口コミ

doda」は、国内でトップレベルの知名度と質の高い求人が揃っている評判の高い転職エージェントです。

転職者満足度No.1を誇るほど、サービスが充実している転職エージェントだと言えます。40代の方も親身に対応してくれるエージェントの方も在籍しているようです。

たくさんの求人を紹介してくれるようですので、転職への選択肢も広がりそうですね。

ここで実際にdodaを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。
 

転職が初めてだったので、とても緊張していましたが、エージェントの方がほがらかな方だった事もあり、すぐ打ち解けて大変スムーズに転職活動を進めることができました。

面接対策や履歴書の添削など、私の良さを引き出そうと親身に対応してくれたため、おかげで行きたかった企業へも内定をいただくことができました。


との事でした。

dodaは転職者満足度No.1を誇る転職エージェントなので、年齢問わずたくさんの求人を保有しているので、転職を検討している方はぜひ利用してみはいかがでしょうか。

より詳しい情報が気になる方は「dodaの評判・口コミ」をご覧ください。

dodaの公式HP
http://doda.jp


マイナビの評判と口コミ

マイナビエージェント紹介画像


新卒の分野では業界1位となった「マイナビ」ですが、転職エージェントの分野では比較的新しく、まだ他の転職エージェントの実績には及ばないこともあります。

しかし、マイナビエージェントは第二新卒向けの求人が多く、比較的若い第二新卒の方が転職を考えた時に、新卒の時によく利用していたマイナビのサービスであるマイナビエージェントを利用するという特徴があります。

ここで実際にマイナビを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。
 

マイナビエージェントに登録して驚いたことは、登録後すぐに担当のコンサルタントから連絡があった事です。

ネット情報からでは、わからないことを尋ねると詳しく説明してくださりました。ハローワークよりも親切なイメージを受け、マイナビエージェントだったら転職も希望通りにかなうような印象を受けました。

また、今まで自分独自の書き方をしていた履歴書を丁寧に添削し、こうしたら良い、こういう事を付け加えた方が良いというアドバイスはかなり参考になりました。

また、希望する求人の紹介も豊富で自分に合うような会社を紹介していただき、こういう所で働きたいと言う気持ちが高ぶりました。


面接や職務経歴書等を添削していただけるサービスがあるとの事です。1人だと難しい転職対策もサポートしてくれるため、転職者にとっては助かるサービス内容ではないでしょうか。

マイナビエージェントは第二新卒向けの求人が多く、比較的若い方や経歴・実績があまりない方の利用をオススメします。

より詳しい情報が気になる方は「マイナビの評判・口コミ」をご覧ください。

マイナビの公式HP
https://mynavi-agent.jp


ビズリーチの評判と口コミ

ビズリーチ
転職サイト「ビズリーチ」は、株式会社ビズリーチが運営しているハイクラス層向けの転職サイトです。

テレビCMで積極的に広告を行っているので知っている方も多い有名なエージェントといえるのではないでしょうか。

ハイクラス層向けの転職エージェントですので、求人もハイクラス層向けの内容となっており、ハイクラス層の転職の際にはまず登録すべきエージェントといえるでしょう。

ここで実際にビズリーチを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。
 

ビズリーチを利用していた者です。ビズリーチの特徴は、ハイクラス層向けのサービスであること、有料会員が設けられていることでしょう。

ハイクラス層向けのサービスだからといって、登録するにあたり年収の条件があるわけではないのですが、年収750万円以上のハイクラス会員とそれ未満のタレント会員に分けられます。

自分はハイクラス会員の有料会員だったのですが、厚いサポートを受けることができ、転職で年収アップもできたのでビズリーチを利用して良かったと思っています。

このような口コミが寄せられました。

ビズリーチは、ハイクラス層の転職サポートに力を入れているサービスなので、すでに年収がある程度高く、スキルを持っている利用者の方が、より多くのスカウト、厚いサポートを受けることができる可能性は高いでしょう。

より詳しい情報が気になる方は「ビズリーチの評判・口コミ」をご覧ください。

ビズリーチの公式HP
https://www.bizreach.jp


エン転職の評判と口コミ


エン転職」は、エン・ジャパン株式会社が運営する転職サイトです。

国内外で転職メディアや人材紹介を行うだけでなく、研修サービス、評価制度構築支援なども展開しておりお笑い芸人バカリズムさんを使った広告や国内外での買収など、リクルートと並び、人材業界の中でも積極的に次の一手を仕掛けている会社の1つです。

ここで実際にエン転職を利用した方の口コミ情報を見てみましょう。
 

私は初めての転職活動でエン転職を利用しました。

エン転職に登録して数日でスカウトやオファーが届き、私の希望通りの職種だったのですぐ面談を入れることができました。

面接なども手厚くサポートしてもらえたので、とても助かりました。


このような口コミをいただきました。

エン転職は数日でスカウトやオファーが届くようなので転職を意欲的にやりたいと考えている方におすすめの転職エージェントと言えるかもしれません。

エン転職はエージェントの方が親身になって対応してくれることが有名で、自分にマッチした求人や企業を探したい方にオススメできます。

エン転職の公式HP
https://employment.en-japan.com

転職エージェントの評判を詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。
評判の良い転職エージェントと口コミ

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

エージェント名 実績 対象
リクルート 5 30代以上 
ビズリーチ 4.7 ハイクラス層
パソナキャリア 4.5 全ての人
レバテックキャリア 4.4 IT系
dodaキャンパス 4.3 新卒


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:
https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:
https://www.bizreach.jp
・パソナキャリア:
https://www.pasonacareer.jp

・レバテックキャリア:
https://career.levtech.jp/

・dodaキャンパス:
https://campus.doda.jp/

この記事に関連する転職相談

上司と合わないという理由で新卒1年目に転職をするのは間違っていますか?

新卒1年目の社会人です。 せっかく熱意を持って4月に入社したのですが、上司との感覚が合わず仕事へのモチベーションがなくなっています。 BtoCの営業職として、研修で学んだ知識を生かし...

新卒で就職した会社を3日目で辞めたいのですがどうしたらいい?

新卒でメーカーに就職しました。 しかし、同期で仲が良い人がいない。配属先の先輩(年齢が20くらい上)と話が合わない。仕事内容も工場勤務なので全くやる気がでない。出社する時に毎回辛い気持ちに...

ロレックスの時計を面接にをつけていったら落とされたのですがどう思いますか?

私は時計が大好きで時計を優先してほどです。 そんな私も社会人になってから頑張って貯金をしてロレックスの購入に成功して、常に肌身離さずつけています。 しかしいつもの癖で、転職活動の面接...

転職エージェントに転職後でも相談して大丈夫でしょうか?

転職エージェントには、転職活動終了後でも相談しても良いのでしょうか。 転職エージェントと継続的にコミュニケーションをとることで、キャリアに関する相談ができるのでメリットがあると考えておりま...

転職したいのですが怖くてできませんどうすればいいですか?

私は転職を1回したことがあります。 1回目の転職は新卒で入った会社がハードワークすぎて肉体的にも精神的もきつくなり転職しました。 その後資格を取得して現在の会社で勤めているのですが、...

40代の転職で30社以上不採用なのですがどうすればいいですか?

人件費削減のため、会社がリストラを行い、その対象に選ばれてしまいました。 40代の今まで、転職を1度も考えたことがなかったため、仕事を失いとても困っています。 貯金でなんとか生活はで...

焦って転職して失敗したのですがどうすればいいですか?

私は前の会社をすぐに辞めたくて、急いで転職活動をしました。 転職エージェントに登録して、転職できそうな企業を紹介してすぐ面接をして転職したという感じです。 しかし、転職したのはいいの...

失敗するかもしれないと思い転職できないのですがどうすべきですか?

30歳まじかになり、今の職場の年収と業務内容が割りに合わなく転職したいです。 しかし、求人を見つけてウェブ上の口コミを見るとブラックなどの口コミをよく見るので、転職活動が怖くなってしまって...

転職して年収が350万円ダウンしたのですがどうすればいいですか?

私は新卒で大手広告代理店から経験やキャリアを積むために、数人規模のベンチャー企業に転職しました。 ベンチャーに転職する前から年収が350万円ほどダウンすることはわかっていたのですが、将来の...

未経験で転職した仕事がきついのですがどうすればいいでしょうか?

33歳、SES企業でエンジニアとして働いています。 元々は異業種で働いておりましたが立ち行かなくなることを懸念し、未経験からこの業界に入ってきました。 それから4年程が経ちましたが働いていて...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す