• HOME
  • 転職
  • 面接
  • 【面接での退職理由の答え方】実際に使える例文をどこよりも詳しくご紹介
【面接での退職理由の答え方】実際に使える例文をどこよりも詳しくご紹介

【面接での退職理由の答え方】実際に使える例文をどこよりも詳しくご紹介

転職面接の際には、退職理由をポジティブに話す必要性があります。しかし、退職理由をポジティブにと言われても具体的にどのように話せば良いかわからない方も多いのではないでしょうか。転職面接の際には、避けることの出来ないこの退職理由の質問。今回は、転職活動の際の実体験や回答例を踏まえ、転職面接での退職理由の話し方をまとめてきました。是非、参考にしてみてはいかがでしょうか?

11679


転職活動中に必ずぶつかる壁が「退職理由をいかに返答するか」です。

特に「自分のやりたい仕事を探している」「短期間の就業が続いている」という方にとっては、自分の主張を踏まえ、退職理由をポジティブに伝えるスキルは必要不可欠でしょう。

今回紹介するような返答例を把握してさえいれば、さほど難しいものではありません。

面接の場をシミュレーションすればするほど、ネガティブな転職理由の返答しか浮かばないという負のサイクルに陥りがちです。

まずはこの記事を参考に、様々なシチュエーションでの返答例を習得してしまいましょう。

企業が退職理由を聞く2つの意味


なぜ企業は退職理由を聞くのでしょうか。退職理由を聞く理由は

  • 人柄やモチベーションを知るため
  • 同じ理由で退職するのではないか判断するため

以上の2つになります。ここではこの2点について解説致します。


人柄やモチベーションを知るため

企業が退職理由から聞きだしたいことは「どんな仕事観をしているのか」「仕事のモチベーションはなにか」といったことがあります。

退職理由を聞くことによって前職では仕事をどのようなものとしてとらえていたのか、仕事をする中で何を重要視しているのかは、ミスマッチを防ぐ意味でも企業が知りたい情報のひとつでしょう。

また仕事に対するモチベーションに関しても、これからしっかりと仕事をやっていけるのかの判断をするために、退職理由を尋ねるのではないでしょうか。

加えて、責任感を持って社内の仕事に取り組むことができるのかを企業は知りたいはずです。

前の職場の不満を被害者気分で話し、他責にしていないか。
その不満にどう対処し、なぜ退職という結果をとったのか。


何が目的で入社を希望するのか、この職場で得られる経験なのかなど、その人の本質を深掘りし、本当にうちの職場に適しているのかを判断し、入社後に活躍してくれる人材かどうかを見極めているのです。
 

同じ理由で退職するのではないか判断するため

企業としては、入社後すぐに退職されてしまうと非常に痛手となります。ですので、企業側としてはなるべく長く活躍してくれる人材を探しています。

退職理由を確認することによって、同じ状況になった時にどう対処しようとするのか、今後この会社についていくことができるかなどの判断を企業側はすることができます。

退職理由が曖昧であったり、職場の環境が退職理由であれば、自分で考え行動もせず、ただ状況が改善されるのを待っていただけであったりすると、企業側は「問題が生じた時に、すぐに逃げてしまう人」として考える可能性が高いです。

以上の2つによって退職理由は聞かれると考えられます。中途採用面接を受ける方は以上のことを頭に入れて面接を受けるようにしましょう。

退職理由と転職理由の違いには気を付けよう


転職理由と退職理由は異なりますので、面接を受ける際に気を付けるべきポイントとなります。

しっかり自分で転職理由と退職理由を言語化しておくと、整理しやすいでしょう。

(例)
転職理由

  • もっと多様な働き方をしたい
  • 今後やっていきたいことがある
  • 将来のビジョンがある

退職理由

  • 作業が決まっていて特に成長を感じられなかった
  • 今後やっていきたいと思うものがなかった
  • 将来のビジョンに沿った企業ではなかった

以上のように、転職理由は「こんなことをしたいから転職をした」となり、退職理由は「こんな不満があったから退職をした」となります。

転職理由と退職理由を整理し、話を繋げることによって、志望動機や自己PRがブレずに一貫性を持たせることができるでしょう。

どうして転職したいのか、どうして退職したのかをしっかりまとめることが非常に重要となります。

退職理由で最も利用されているフレーズ


退職理由に多いのが、

  • 給与が低い
  • 評価や制度への不満
  • 残業や休日出勤が多い

以上の3つと言われています。転職がうまく行く方も、そうでない方も転職理由には大きな違いはありません。

ただし、言わずもがなではありますが、いかに転職理由を伝えるかによって結果が左右されてしまいます。
 

退職理由の本音と建前を分けるのが決め手

転職を成功させている方は、本音と建前を区別しています。

転職理由を考え、面接の場をシミュレーションしているなかで、うまく本音を建前に変換し、前向きな印象を与えることに成功しているのです。また、もともとの仕事へのスタンスも大切になります。

すべて周りの責任と考えている場合には、どんなに取り繕っても、面接官に見抜かれてしまうでしょう。

一度、自分に改善できる部分はなかったかという客観的な目線で振り返ることで、退職理由にも主体性が生まれてきます。

では、JobQに寄せられた退職理由についてのQAも見ていきましょう。

退職理由について相談させてください。転職活動...

退職理由について相談させてください。
転職活動をして内定を頂くことが出来、そこに入社する意思も伝えました。ただ、現職へはまだ退職することを伝えておらずどんな理由でいったら引き留められずにすんなりと辞めさせて貰えるか悩んでいます。
今考えているのは下記の二点です。
①親の介護が必要になったため
→ただ、これまでそのような素振りも見せてなかったのに急に言ったら怪しまれないか不安です。
②友達と起業するため。
→30歳手前の男なのでまだ誤魔化せれるかなと思ってますが、何をやるのか?と聞かれたときに答えれないので悩んでます。

これ以外にもっといいアイディアとかあれば教えてください。
また、現職では上司が4~5名もいて全員に伝えないといけないみたいです。なので、上司のタイプとしては結構幅広いタイプになります。

長くなりましたが、皆様のご意見お待ちしてます。

転職おめでとうございます!
まず、転職先は現職と同業界または、関わりある業界でしょうか?
上記の場合...続きを読む


とのことでした。

転職先が同業界の場合だと、退職理由が露呈する可能性はかなり高いようです。

退職理由でうっかり使うと失敗するフレーズ

退職理由という、ネガティブに思われがちなことを伝える際、少しでもポジティブに伝えるつもりでも、あるフレーズを使うことで思わぬ落とし穴に陥ってしまう場合があります。


「スキルアップ」「ステップアップ」

「スキルアップやステップアップのために志望した。」

一見すると、退職理由としてふさわしいように感じますが、違う視点からみると、自分のために会社を志望したというニュアンスになりかねません。

「スキルアップ」や「ステップアップ」など、自己実現はもちろん大切なことですが、退職理由として使う場合には、その先に会社や社会に貢献するというビジョンがあることを伝えるようにしましょう。


「キャリアチェンジ」

退職理由として、よく使われがちな「キャリアチェンジ」ですが、こちらも使用には注意が必要です。

今の職種や会社で十分な成果や実績を残し、これ以上のステップアップが望めないので、新しいキャリアを積みたいとして、「キャリアチェンジ」というフレーズを使うのであれば良いでしょう。

しかし、中途半端なキャリアチェンジは「挫折」や「諦めグセがある」という印象を与えかねません。

その場合は、キャリアチェンジというフレーズは使わず、「新たな職種で今までの経験やキャリアを活かす」旨の理由を伝えるようにしましょう。

【口コミ】面接で退職理由を聞かれた実体験


ではここで、JobQに投稿された実際に転職面接の場で、退職理由を聞かれたというQAを見ていきましょう。

転職活動での面接では、退社理由をなんて答えたらいいんですか?

前職でミスをしてしまい、退社をすることになりました。

一応自己都合退職になるので、詳細は経歴に載せなくて良いように配慮してもらったのですが、転職の面接の時に退社した理由を聞かれるとどう答えて良いか分からなくなってしまいます。

前回面接に行った企業では『自分のスキルをもっと仕事に役立てたくて』という説明をしたのですが、『転職って事は飽きたんだろう!綺麗事じゃ無くてぶっちゃけた理由をしりたいんだよ!』とぶった切られて怒られてしまいました。

前職の内容自体は凄く好きで、正直未練もあるのですが、そうも言ってられないので、『御社の〇〇に感銘を受け自分も御社で働きたいと思った』というような説明をしたいのですが、それはダメなのでしょうか?

辞めたネガティヴな理由をききたいんでしょうか?

ミスしたから辞めなければというか、おそらく会社は前々から辞めて欲しくてきっかけを探していて、やっと見つかったのがそのミスなのだと思います。

質問者様はその仕事が好きだったかもしれませんが、会社は質問者様にはその仕事に適性があると考えて無かったのだと思います。

振り返ってみると、色々と思い当たる事があると思い...続きを読む


とのことです。

退職理由をただポジティブに話しているだけでは不信に思う面接官もいるようですね。

そのような、場合にはしっかりと自分の中で退職理由となった原因を突き止め、そのうえで前職の夢中になったこと、自分の活躍できたことなどを織り交ぜることで退職理由をポジティブに変えていくことが重要なようです。

では、次にシチュエーション別の退職理由の返答例を見ていきましょう。

【例文】人間関係が理由で退職した場合


人間関係に悩み、退職を決意したという方も珍しくはないのではないでしょうか。

社会人のなかには「自分が変わっていくしかない」という厳しい意見をもつ方もいますが、自分にあった環境を探すという選択も間違いではありません。

下記のような退職理由の表現で、前向きに転職活動をしていることをアピールしましょう。
 

人間関係で退職した時の面接での返答例

「私はもともとチームで成果をあげる仕事を望み、現在の職場に就業することを決めました。

しかし、個人での成果が評価される慣習があり、仲間同士の協力やチームワークを活かす働き方ができず、転職を決意致しました。

御社の社是にあるチームワークを重視するという考え方に惹かれ第一志望とさせていただきました。」


退職理由が人間関係にあり、転職を決意した場合は、チームワークの重要性という言葉に置き換えるというテクニックが有効です。

さらに「成果という最終目標を達成するために」という表現を用いることで、仕事に前向きな印象を感じてもらえるでしょう。

下記にQAも記載しておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

▶︎人間関係がうまくいかないのですが転職のきっかけはなんですか?

【例文】病気や体調不良で退職した場合


退職理由が職場にある場合は、自分の取り組み方を前向きに伝えることでポジティブな印象に変えることができますが、病気や体調不良が退職理由の場合には「もう一度活躍したい」という意欲を伝えなければなりません。

下記のような退職理由の伝え方が理想的ではありますが、退職理由が病気や体調不良にある場合には無理に取り繕う必要はありません。

病気や体調不良で退職した時の面接での返答例

「長時間の勤務や休日出勤が続いた時期に、体調を崩してしまったことが理由で退職を決意致しました。

その後療養を行ない、現在では働ける体力も回復致しました。

営業の経験を活かしながら、御社で事務を行うことでサポートを行わせて頂きたいと考え、御社にエントリーさせて頂きました。」


仮に営業という仕事を行っていた最中で体調を崩してしまった場合には、間を開けずに営業として活躍することは難しいでしょう。

その場合には、あえてネガティブな部分をそのまま退職理由として伝えてしまうのもひとつのテクニックです。

体調を崩してしまったことで、同じような長時間勤務はできないという自分の考えがあれば、退職理由もポジティブに伝わるはずです。

【例文】残業が多く退職した場合


残業時間の多さが退職理由となっている場合には、周りの社員の働き方を冷静に分析する力をアピールしましょう。

昨今では働き方改革の影響もあり、自分で残業時間をコントロールできる人材はそれだけで高評価を得られます。また、周りへの働きかけなどの具体的なエピソードがあれば、説得力をさらにアップさせられます。
 

残業が多さで退職した時の面接での返答例

「あまり仕事の効率が重視されず、楽しく残業することが当たり前の職場であったことが退職理由です。

私は残業することにさして抵抗はないのですが、効率的に仕事を進めることが会社の利益になるのではと考え、残業時間を削減する取り組みを行って参りました。

しかし、会社の慣習ということもあり成果を残せず、思い切って御社のような成果を重視する企業で働きたいと考え、転職を決意致しました。」


この場合は、残業そのものに対して不満を持っていたのではなく、その会社の効率の面に不満を持っていたというテクニックが有効です。

このように話すことで、仕事に対して効率的に取り組む優秀な印象を与え、なおかつ仕事量に対してもしっかりとこなしてくれそうな印象を面接官に与えることが出来るでしょう。

【例文】給料が安いことが理由の場合


「正直、納得できる給料ではない」ということが退職理由となる方も少なくありません。しかし、残念ながらその気持ちを「給料が安かった」と表現してしまうことは、社会人のマナー違反となります。

自身のモチベーションや成長といった言葉に置き換える努力をしましょう。
 

給料が安いことが理由での面接での返答例

「現在の会社に4年勤務し、なかなか成長を実感する機会がないことを実感したことが退職理由です。

そして、その理由をさらに探っていた時に、目標以上の成果をあげた時期も給与に反映されていないことに気づきました。

もちろん、給料がすべてではありませんが、成果が給料に反映されない会社に将来の不安を抱いたことで、私にも会社にもメリットがないと感じ、

御社のような実力主義の企業で、経験やスキルを発揮したいと考え、第一志望としてエントリーさせて頂きました。」


このように話すことで、仕事への意欲を示すこともできるため非常に有効な手段になるでしょう。

転職・退職理由のまとめ

最後に、全ての転職活動が上手くいくわけではないことも併せてお伝えいたします。
下記にQAも記載しておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

▶︎転職で失敗した人はいますか?


面接は自分をアピールする場ではありますが、本音と建前を区別し、すべてをポジティブに伝えることはできません。

そのため、まずは今回紹介したような返答例を、テンプレートとして活用することをおすすめします。

面接官も人間であることを考えると、退職理由に少しもネガティブな要素がない場合は、「人間味を掴めない」という逆の印象を与えてしまうこともあるでしょう。

ある程度、転職理由に本音を組み込みながら、転職のどんな環境を期待して、エントリーしているのかという志望動機に繋げていきましょう。

JobQでは、転職・キャリアについてのQAも掲載しておりますので、ぜひ下記リンクもご覧ください!

▶︎転職に関するキャリア・転職の相談

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

  エージェント名 実績 対象
1位 リクルート 5 30代以上 
2位 ビズリーチ 4.5 ハイクラス層
3位 パソナキャリア 4.3 全ての人


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp
・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp

この記事に関連する転職相談

仕事が合わないからと入社して3日で辞める新入社員をどう思いますか?

新入社員の受け入れを担当しているものです。 先日、私のところに会社を辞めたいと言ってくる新入社員がいました。 事情を聞くと、仕事が合わないからと言うのです。 しかし3日では合う...

女性ばかりの陰湿な職場で今すぐ辞めたいのですがどうすればいいですか?

私の職場はほとんどが女性です。 職場の人はコソコソ話して私を避けているようです。 しかし給料も安く貯金がないため、今の仕事を辞めることもできません。 転職活動をしようにも、普段...

退職の旨を会社に伝えるタイミングって?

転職活動をしており、 いくつかの会社で面接が進んでいます。 転職経験者の方に質問です。 退職の旨をどのタイミングで会社に伝えましたか?また、どのタイミングで伝えるのが適切ですか?

新卒ですが会社を辞めたいと思っています、甘えだと思いますか?

今年の4月に入社したばかりの新卒です。 既に退職を検討しています。昨日から会社も休んでいます。 無断欠勤で、自分の上司に当たる方からも連絡は来ているのですが、それにも出ていないという...

中途入社二ヶ月でやめても、次の転職先は見つけれますか?

転職したが、転職先の会社の風土が合わず、退職を検討している知り合いがいます。 彼の場合は、IT企業に新卒で入社して、3年後に他のIT企業に転職したのですが、 4月入社してから早二ヶ月が経...

前職の退職理由を面接で聞かれた時、どう伝えればいいですか?

現在仕事を辞めてから転職活動をしています。 前職が残業100時間を超えることが当たり前で、 体調を崩したことから、まず会社を辞めました。 仕事をしたい気持ちや、責任感は人一倍強く、 仕事をこ...

人間関係で退社する際の退職理由はどうすればいいですか?

新卒で入社した会社を10ヶ月で退社する予定です。 転職の面接では、退職理由を何と言えばいいのか分かりません。 何卒、お力添えをお願い致します。 【退社理由】 ●先輩から受ける軽度のセ...

会社をやめたい理由がつまらないからというのは退社理由になりますか?

新卒で入社して3年目の20代です。 会社を辞めたいと考えているのですが、その理由が毎日の仕事がつまらないからです。 これって退社理由として考えても良いのでしょうか。 自分の大学...

転職を決意した理由はなんでしたか?

現在、大手金融企業で働く3年目の営業です。 転職を考えているのですが、一歩を踏み出せずにいます。 転職をする理由として弱いからではないかと考えているのですが、転職を決意した理由はなんでしたか?

退職理由として、社風が合わないと言っていいのですか?

私は現在退職願を申し出ようと考えています。 大きな理由の一つに、業務が合わず、仕事に対して向上心が持てないことがありますが、 他にも、社風が合わない、一緒の業務をやっている人と合わない、収入...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す