• HOME
  • 転職
  • 年代
  • 【転職のおすすめな時期はいつ】年代別から税金の関係性まで徹底解説
【転職のおすすめな時期はいつ】年代別から税金の関係性まで徹底解説

【転職のおすすめな時期はいつ】年代別から税金の関係性まで徹底解説

転職のベストな時期はいつ頃なのでしょうか?それは求人が多い時期です。求人数が豊富なほど、会社の人手不足が深刻化しているため転職者は入社しやすいのです。転職をしたいと考えている方は、できる限り有利なタイミングを確認しておく必要があるでしょう。また、ボーナスの時期や様々な転職のパターンに合わせて転職活動をしましょう。今回は転職の時期についてご紹介します。是非、参考にしてみてはいかがでしょうか?

17873

転職のベストな時期は何月?

転職成功者

転職をする方にとって、いつの時点で転職に踏み切るかは大きな悩みどころです。

転職のタイミングですが、自分が入りたいと思う企業が募集していて、人材価値が高く評価される時期に移りたいですよね。

しかし、転職のタイミングというのは、前職を退社するタイミングもありますが、できる限り有利なタイミングを確認していきたいと思います。

 

転職がしやすい月とは

求人数が多いのは1~3月、9、10月倍率は年間通してそれほど変わりません。

そのため、転職しやすい月はあまり変わらないです。

当然求人数が多い方が選べる企業は多くなりますがその時期を待つより自分の希望に叶う企業があればどんどん応募するのが得策です。

時期を待つのではなく自分から動いて自分の生きたい会社を見つけるのが大切です。

転職で今まで持っていた不満が解消された方も多く、キャリアアップによる年収アップも望めます、今かなり売り手市場であり成功率はかなり高いです。

年代別の転職しやすい時期

20代

未経験の業界や職種を志望するケースが、20代の転職者には多いようです。

しかし、20代のようなキャリアの浅い応募者は、第二新卒かどうかや前職の勤続期間が選考に影響しやすいようです。
なので、ある程度の勤続実績を積むまで待つほうが有利になる可能性もあります。

また、20代の転職者は、転職費用の負担も考え、
賞与支給のタイミングにも合わせて、求人が増加する数か月前から転職活動をスタートさせるのがおすすめです。
 

30代

30代の求職者には、即戦力を求めていることが多いです。
そのため、求人が増加する3~4月、9~10月を狙うのがおすすめです。
また、このどちらかというよりも、年間を通してめどを立てることが重要になります。

特に、多くの企業は3月と9月に決算を迎えます。
そのタイミングで退社をする人が多く存在するため、即戦力が求められる30代は、こういったタイミングを狙うのもいいと思います。
 

40代

40代の転職は、退職手続きなどにも手間がかかる場合があるため、
転職活動は長期的にみることが重要になります。
特に自己都合退職の場合、雇用保険の加入期間によっては、失業手当をもらえる期間に30日間の格差が生じます。

また、仕事上の引き継ぎや取引先との関係なども含めて、転職のスケジュールを考えなければなりません。
さらには、退職の手続きにも手間がかかるうえ、40代の中途採用は企業としてもリスクが高いです。

そういったことも含めて、特に4月~5月の求人を狙って、
転職エージェントなどを活用して長期的に準備していくことをお勧めします。

求人の多い時期はいつ?

転職時期の選び方に成功した人


転職求人の多い時期

求人件数が多い時期について過去のデータから確認しますと

2〜3月、9〜10月頃に新しい求人件数が増える傾向

が見られます。

しかし、極端に件数が増えるわけでないのでご注意ください。

また、データによると、求人数が増えると転職者が増える傾向があります。

そのため、必ずしも求人件数が多いからといって転職しやすいとは限りません。

自分のペースでキャリア採用に臨むことが必要です。

転職活動の準備をして、求人情報をチェックを怠らず、積極的にご応募をしましょう。

また転職を考えている方は、リクルートエージェントなどの業界最大手の転職エージェントから利用することをおすすめします。

企業の採用事情と応募者の転職事情

なぜ、求人量は上記の2つの時期に増えていくのでしょうか。

理由としては、企業側の事情と応募者の事情が関係しています。

詳しく解説していきましょう。

企業側が抱える採用事情について

企業側から見ると、採用活動には以下の事情があります。

  • 4〜7月頃は新卒の採用に力を入れているため、中途採用への意識が弱い
  • 12月は年末のため、単純に仕事量が増える企業が多く、忙しい
  • 年末年始は長期休暇を挟むため、選考が途切れてしまう可能性がある
  • 8月もお盆の休暇があり、選考が途切れてしまう可能性がある

応募者が抱える転職事情について

応募者側から見ると、採用活動には以下の事情があります。

  • 7月や12月はボーナスが出ないことをきっかけに転職を始める人が多い
  • 7月や12月は最後にボーナスを貰ってから辞める人がいる
  • 8月のお盆休みや年末年始の長期休暇を消化してから転職活動を始める人が多い


以上の理由で、企業側と転職者側の事情が合致して2〜3月と9〜10月の求人が増えています。

好条件の転職を目指すならリクルートエージェント


好条件で転職したい人におすすめのサービスがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントに依頼することで「年収」「条件」「入社日程」などの交渉をスムーズに行うことができます。


各業界・職種に特化したプロフェッショナルが多数在籍しているので、転職活動の心強い味方となります。

完全無料なので、まずは登録してみましょう。

求人数の増加が転職に与える影響とは

2〜3月と9〜10月に求人が増加する傾向があると紹介しました。

ここでは、求人が増加すると転職にどのような影響を与えるのかについてご紹介していきます。

メリット:キャリアプランを広げるチャンスが多い

求人数が多いことのメリットとして、大きく2つご紹介します。

  1. 応募条件に合った企業が増えて、転職の機会が増える
  2. 多くの求人を比較して考えることで、自分の視野が広がる

まず一つ目に、単純に募集企業が増えることで、転職のチャンスが増えます。

未経験の業種へ転職を考えている方や、30代後半からの転職を考えている方などは、通常の転職活動ではどうしても不利になりがちです。

しかし、求人の多い時期での転職活動であれば、転職が成功する可能性は飛躍的に上がります。

二つ目には、転職活動においての自分の視野が広がるということが上げられます。

転職においての条件として、現職と近い環境での転職を望んでいる方は多いと思います。

中途採用では、即戦力となることが基本のため、仕方のないことかもしれません。

しかし、実際にはさらに視野を広げた転職も多いです。

一見接点がないように見えても、募集企業の求めている人物像と応募者の適性が合致していれば、転職を成功させることは可能です。

視野を広げていけば、自分のキャリアプランも広がるということです。

デメリット:ライバルが多い

次はデメリットについてご紹介します。

求人数が増える、ということは、自分のライバルも増えるということになります。

特に、条件の良い求人には多くの転職希望者が集まります。

倍率が上がると採用は難しくなり、結果転職時期が遅れてしまう可能性があるのです。

2〜3月の求人は、4〜5月の入社を目標としているため、選考にスピード感があり、募集もすぐに打ち切りになってしまいます。

9〜10月は、下半期の経営計画に基づいて採用を行う企業が多いです。

そのため、採用期間を長めに見積もっています。

つまり、採用へのハードルも高くなるということです。

ボーナスをゲットするための転職スケジュール

転職スケジュールに詳しい人イメージ

サラリーマンが期待をする年2回のボーナス。

ボーナスは固定給とは別の支給されるため、単なる楽しみではなく生活設計に必要なものになっています。転職をする時も、ボーナスをもらってから転職したいですよね。転職時に損をしないために、ボーナスをもらう方法をお知らせします。
 

ボーナス支給規定をチェックしよう

まず、現職の支給規定をチェックしましょう。

賞与算定期間・賞与支給時期など確認します。一般的に賞与算定期間は、賞与支給前の半年間が対象になりますが、企業によっては年2回のボーナスではなく、3カ月ごとに査定を行う企業もあります。

また、賞与支給時期は夏が6月末〜7月上旬、冬は12月上旬の企業が多いですね。支払日在籍条項を確認して、転職スケジュールを立てましょう。
 

いつ退職を申し出るべき?

法律では退職の意思表示から2週間を過ぎれば、いつでも辞められることになっています。

しかし会社には、就業規則が存在します。「2カ月前に申し出ること」等の規定が設けられている場合、その際は基本的に就業規則を尊重しましょう。

また有給休暇を消化して退職するのであれば、引き継ぎに十分な時間を設定することが必要です。有給休暇の消化は当然の権利ですが、円満退社を目指すならやるべきことはしっかりやってから有給休暇を取るようにしましょう。
 

円満退社をする場合について

またボーナスをもらってから退職するなど円満退社する場合引き継ぎを確実にするのが必須です。ただし雇用期間が定められている契約社員の場合、正社員と少し事情が異なります。

満了するまでは原則として企業側は解雇できない代わりに、法律では、「2週間前までに意思表示すれば退職できる」という条項も適用されません。

もしそれを無視して退職した場合には最悪、会社側から損害賠償を求められることもあるので、契約満了まで我慢するのが得策です。

円満退社も重要ですが、やはりこれから働く企業に好印象を与えることが必要ですので最低限必要な引き継ぎを済まし、あまり円満退社は意識せず就業規則に準じた退職をしましょう。

ボーナスを多く手に入れるための転職スケジュールをご紹介してきましたが、最適な転職スケジュールは、業種・職種によっても様々でしょう。

知っておくべき転職と税金の関係

転職と税金の関係を知りたい人

退職金にも税金がかかるのか、もらえる時に慌てないためにも基本事項を押さえておきましょう。

高額となる退職金を受け取ったときに行う手続きについて知識をぜひ知っておいてください。

また、退職金からさらに税金が還付されることもありますので参考にしてください。

一般的な場合では、退職金は既に源泉徴収が完了した金額が支払われることとなります。つまり原則として確定申告の必要はないのです。

しかし退職金を受け取る際に大切な申告書類を勤務先の会社などへ提出していない場合には確定申告を行わなければいけません。
 

課税される税率の退職金について

課税される税率は退職金に対して一律20.42%となります。

この高い税金には扶養家族や「復行特別所得税」さらに「保険料控除」などをは加味されていないので確定申告のときは一つ一つを申告して適正な税金が戻るよう自分で対応する必要があります。

さらに「配偶者特別控除」についても注意しなければならないんです。

「配偶者特別控除」は所得が1000万円以下の場合が対象となっています。

よって退職金を含めた所得が1000万円を超えてしまうと、「配偶者特別控除」は適用外となるので確定申告によって控除された金額にかけられる税金を支払う必要が生じてしまいます。

また、年の途中が退職月となる方などは所得が少なくなることが多いので退職金の確定申告を行うことで税金の還付対象となることもあります。
 

所得税の手続き

退職金には、所得税や住民税といった税金も支払います。

所得税の場合には「超過累進税率」が用いられてます。

課税される所得金額が1800万円超の場合は40パーセントの税率がかかります。

また、900万円を超え1800万円以下の所得金額なら33パーセントもの税率がかかります。

ここでの「所得金額」は、退職金から退職所得控除額を差し引いた金額の事を指しているので多くのサラリーマンの場合はこれほど高額な税率を負担するケースは稀です。

また、住民税は退職所得控除額に退位して一律10パーセントが課税されることとなる。

ただ、退職金に課せられる税金も増税の対象となる場合があるので自分がもらう年度が対象となる法改正などにも注意を向けていきましょう。平成25年から平成49年の間は「復行特別所得税」の増税期間とされているので従来の所得税額にさらに2.1%加算されることとなっています。

また、退職金に課税される税金は勤続年数で「退職所得控除額」の計算方法が変ります。
 

退職所得控除額の計算方法

勤続年数が20年未満の場合は「退職所得控除額」の計算式は【退職金総額(40万円×勤続年数〔80万円未満の場合は80万円とする〕)×0.5】となります。

この計算式で算出された部分が課税対象となります。 対して勤続年数が20年を超える場合の退職所得控除額は【{800万円+70万円×(勤続年数20)}×0.5】で算出されます。

ここでの注意点は病気や怪我により、障がい状態となったことが退職の起因となる場合には退職所得控除額は100万円加算した金額となります。

また、前年よりも前に退職所得を受け取った人や同年に2ヶ所以上から退職金を受け取ったときなどは、控除額の計算方法が違ってくる場合があります。
 

税金のトラブルが少ない時期とは

税金の視点から、転職時確認することがあります。

特に要注意なのは、年末に無職であるケース。年末調整は、12月31日に在籍している会社で行います。その時点で無職の場合は、年末調整が行われません。

このときは、自営業者と同じく、自分自身で確定申告を行います。

なお、年末調整や確定申告で申告を忘れがちなものに、無職期間に支払った国民年金や健康保険料があります。

領収証は必ず保管しておいて転職先での年末調整や確定申告で申告するようにしてください。
 

留学等で転職する場合について

留学などで海外に転出する場合は、確定申告を済ませてから出国するなどしてください。

1月1日に住民票が日本国内にあると、そのあと海外で生活を始めたとしても前年の所得に応じて、その年の住民税の納税義務が生じてしまいます。

転職やスキルアップのために離職期間が発生してしまうのであれば、タイミングをはかり、税金面で煩雑な手続きや大きな負担の発生しない時期を選ぶのが賢明です。

転職するタイミングでおすすめの時期とは

ここではJobQに寄せられた質問をご紹介致します。

転職に踏み切る時期やタイミングはいつが良いのでしょうか。  

転職に踏み切るタイミングについての質問です。

私は新卒なのですが、既に他職種へ転職したいと考えています。

キャリアアップしたい、人間的に成長したいというのが主な理由です。

ですが、まだ働いて1ヶ月程度ですし、最低でも3年は働いた方がいいというような事をよく聞きます。

実際のところ、時期だったり、タイミングだったりというのはいつが良いのでしょうか。  

転職の決断をされる前に、そもそもその会社で働くと決断し、今の状況を作ってしまったご自身の原因を追究できているか、また、次の会社でその原因がきちんと潰せるのか、ということを明確にする必要があろうかと思いますよ。

そして、キャリアアップや人間的に成長というのも非常に抽象的です。

具体的にどういう方向に進みたいのか、そのための努力が本当にできるのか、というようなことが問われるのではないかと思います。


このような回答をいただきました。

転職をするのにおすすめなタイミングは、求人が多く出る時期ではなく自分自身の中で準備ができてからなのかもしれません。

転職をするにあたって、考えるべきことや準備すべきことがあるので相談するなどして、失敗しないようにしましょう。

ボーナスの手取り額の計算方法

サラリーマンの多くが楽しみにしているボーナスですが、企業によって、その支給回数はさまざまです。

夏と冬の2回に支給されることが多いですが、企業によっては、期末ボーナスが支給されることもあります。

ただ、自身が実際にいくら受け取れるかは、会社の規模、業績に加えて、自身の年齢、勤続年数や成績によりますので、実際に明細を受け取るまでわかりません。

ここでは、明細を受け取る前に、ある程度、手取り額を想定する方法をご紹介していきたいと思います。

 

額面金額を確認しよう

まず、手取り額を事前に確認したい場合は、額面金額すなわち総支給額を計算してみましょう。

多くの企業では、春先に会社側と労働組合が団体交渉を行います。

その中で労働組合は、賃上げや一時金の要望を会社に行いますが、そこで夏と冬のボーナスの金額が決定することとなります。

決定すれば、夏のボーナス月数が発表されますので、自分の基本給にその月数を乗じれば、おおよその額面金額を予想することができます。
 

社会保険料と源泉徴収を準備しよう

額面金額の確認方法はお分かりいただけたと思いますが、皆さんもご存知の通り、額面金額がそのまま振り込まれるわけではありません。

賞与から控除されるものとしては、社会保険料(雇用保険料・健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料・雇用保険料)、所得税が挙げられます。

ちなみに社会保険料は、下記の計算式で算出されます。
 

◯雇用保険料  額面金額×3/1000
◯健康保険料  額面金額×50.85/1000
◯介護保険料  額面金額×7.85/1000
◯厚生年金保険料 額面金額×91.50/1000


また、所得税については、額面金額から社会保険料を差し引いた金額に、前月の課税対象額と扶養家族の人数から算出された税率を乗じて算出します。

つまり、額面金額から社会保険料と所得税を差し引いたものが、実際の手取り額となります。

この計算式を理解していれば、ある程度の手取り額を想定することができます。

この図のような感じです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は転職のベストな時期についてご紹介しました。

退職金は大きな資産です。人生の次に進むための重要なものです。

必要な情報を踏まえてしっかりと受け取るべきものです。また、確定申告などの手続きを怠らずに適切な納税をし、そのうえで利用できる還付制度は充分活用して還付してもらいましょう。

わかりにくいことは勤務先のほか、税務署や金融機関の窓口などその分野のプロに相談して納得がいくように準備しておくのも一つの方法です。

登録しておきたい完全無料の転職サービス

おすすめの転職サービス

エージェント名 対象
第二新卒エージェントneo 第二新卒の方
リクルートエージェント 30代以上の方
ビズリーチ 年収600万円以上の方
レバテックキャリア IT業界経験者におすすめ
ハタラクティブ 完全に未経験でも正社員として就職を目指せる
JAIC フリーターの方におすすめ
dodaキャンパス 新卒の方におすすめ


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・第二新卒エージェントneo:
 https://www.daini-agent.jp/
・リクルートエージェント:
 https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:
 https://www.bizreach.jp
・レバテックキャリア:
 https://career.levtech.jp/
・ハタラクティブ:
 https://hataractive.jp/
・JAIC:
 https://www.jaic-college.jp/
・dodaキャンパス:
 https://campus.doda.jp/

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す