【年収1000万稼げる職業】税金対策や手取り額についてもご紹介の画像

【年収1000万稼げる職業】税金対策や手取り額についてもご紹介

年収1000万を稼ぐのは難しいのでしょうか?稼げる職業・企業・資格などどのようなものが挙げられるのでしょうか?文系や理系によっても稼げる職業は変わります。また、女性や男性関係なく優良企業などは年収1000万以上稼げます。重要なのは、どのような企業に入社してどんな仕事をするかです。ただ、税金が掛かってしまう可能性があるため正社員の方だけでなく、個人事業主や自営の方なども税金対策は考えておく必要があります。今回は、年収1000万を稼げる企業などをご紹介して、その後の税金対策の方法など幅広くご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか?

1040

年齢別にみた年収1000万を稼げる職業や企業

近年の様々な経済の変動で、日本人の平均所得は年々減少してきています。

国税庁が2016年9月に発表した「民間給与実態調査」によると、会社員の1人当たりの平均給与は男性が521万、女性276万と調査されました。

こちらのグラフをご覧ください。

▲  東京商工リサーチより参照

この資料は上場企業の平均給与平均給与をランキング形式になっています。どのような企業や職種が年収1000万を稼ぎやすいのでしょうか?

また20代や30代では、上記のような大手企業に入社しても年収1000万を稼ぐのは難しいのでしょうか? 

年齢別に年収1000万を本当に稼げるのは、どんな職種で企業なのか見ていきましょう。
 

20代で年収1000万を稼ぐ企業や職種とは

20代で年収1000万を稼ぐことは可能なのでしょうか?

20代で年収1000万を稼いでいる割合は日本においてはかなり少なく、20代全体で0.2%の割合しかいません。日本の20代の人口数は約1200万人いるため、日本全体で約24000人ほどしか年収1000万以上を稼いでいないのです。 

では、どのような企業で働いて、どのような仕事をすると年収1000万を超えることが可能なのでしょうか? 

気になる方は、下記のQAを参考にしてみてはいかがでしょうか?

▶︎ ダイワハウスは20代で年収1000万を稼げますか?

▶︎ 25歳で1000万貯められるのはどのような職種ですか?



30代で年収1000万稼げる企業や職種とは

30代で年収1000万は稼げるのでしょうか? 結論、稼ぐことは可能です。時代や景気にも左右されますが、大手の広告代理店や総合商社、証券会社などは限りなく年収1000万に近づけることが可能なのではないでしょうか?

30代では、キャリアもある程度積んで、年収が上がり1000万に近付くことが可能です。では、どんな企業や職種が年収1000万越えできるのでしょうか?

気になる方は、以下をご覧ください。

▶︎ マイクロソフトの30代の年収は1000万越え?

▶︎ MRの年収は1000万越えの可能性がある?

 

40代で年収1000万稼げる企業や職種とは

40代と言えば、キャリアをかなり積んで、それなりに実績もあるビジネスパーソンの方や起業家の方などが一番稼げる年齢なのではないでしょうか? 

年収を大きく稼げるチャンスの多い方にとっては、どこの企業に務めるかが年収1000万以上稼ぐには非常に重要になります。

気になる方は以下をご覧ください

▶︎ 三菱地所は40代で年収1000万以上もらえる?

▶︎ パナソニックの年収は40代で1000万以上の方が大半?

関連相談

年収1000万を見込める職業や資格について

先ほどは年齢別に年収1000万以上稼げる企業等を見てきましたが、ここでは職業別に見ていきましょう。また文系や理系によっても変化するのでしょうか?
 

理系・文系で年収1000万以上稼ぎやすい職業や資格について

資格については、どのような職業で年収1000万以上稼ぐことが可能なのでしょうか?

ここでjobQ内に投稿された質問を見てみましょう。

年収1000万以上を稼ぐためには、どんな資格を取得すると良いと思いますか?

年収1000万を超えたかったらどんな資格が良いと思いますか?

教えてください!

資格ということであれば、弁護士、医師、公認会計士が可能性が高いです。

ちなみに私は公認会計士です。

資格はただの肩書きであって本人次第という意見は事実である一方、上記の資格取得者の平均年収が高いのもまた事実です。ちなみに士業は転職エージェントが発表している年収よりも実際の年収の方が高いです。なぜなら、優秀層の多くは転職や独立はヘッドハンティングや紹介経由であり、転職エージェントを使わないからです。

弁護士は供給過多ではありますが、4代弁護士事務所などは新卒初任給でも800万以上はいきますし、大半の現役弁護士は1,000万以上稼いでいます。

公認会計士は、大手4法人であれば5年程度で年収1,000万に届きます。また、独立している会計士は大半は年収1,000万以上です。会計士は歴史的に需給の波はあり、今後はAIなどにより仕事が失われていくというニュースもありますが、それはもともと低単価の業務または単純作業であって、今後も会計士にとって本質的な業務が失われることはないと考えます。

医師については言わずもがなですが、1,000万は難しくありません。大学病院、市立病院、勤務科などにより変動しますが、20代のうちに1,000万に到達する医者は多いです。

もう一つ、資格について考慮してほしいのが、取得するまでの時間的、金銭的コストです。上記に挙げたのはいずれも一般的には難関資格といわれ、特に弁護士と会計士は何年も浪人してチャレンジする受験生が大量にいます。受かる人は1、2年で合格し、そういう人たちは上記のようなモデルで高い年収を若いうちに獲得し、その後のキャリアも描きやすいです。

しかし、浪人期間が長ければ、当然コスト(金銭的だけでなく、普通に就職していたら彫られていたであろう経験分の機会損失も含む)が膨らみます。

その場合、たとえ合格しても中々良い就職先が得られず、弁護士でも生活に困るような人が出てくるのです。

ではどうすればそれが事前にわかるかといえば、いわゆる地頭の良さが参考になります。中学高校において、平均的な学校であればあまり勉強せずともテストでいい点が取れる、進学校であれば、それなりに努力していれば上位をキープできる人などは、比較的難関資格の合格が早いです。学校の試験とは教科が異なるという意見もありますが、勉強の本質は同じです。

これらをまとめますと、上記の難関資格は金銭的な意味のみならず、個人のキャリア形成には非常に心強い武器になります。これは今後も大きな変化はないでしょう。

ただし、そもそも取得すること自体が難しく、取得までの期間が長期化すれば、コストパフォーマンスが悪化しかねませんので、ご自身の適正と興味をキャリアを選択するといいでしょう。ちなみに、私は公認会計士の資格を取って心から良かったと思っています。


との事でした。

文系に人気の資格である「弁護士」や「公認会計士」や、理系に人気の「医師」など人気で難関の資格は年収1000万以上稼ぐ事は可能なようです。

関連相談

年収1000万以上稼いだ場合の税金対策

ここでは、年収1000マン以上稼いだ場合、税金対策が必要です。なぜ、税金対策が必要なのでしょうか?

理由として、大きく2つに分けられます。

見ていきましょう。

 

年収1000万以上で税金は高くなる

年収1000万以上稼ぐと、税金は高くなります。所得税や住民税を払う必要があります。所得税や住民税、また健康保険や厚生年金など合わせると年間で240万ほど年間で税金が掛かります。

所得税率が年収600万の方では10%であるのに対し、年収1000万に達すると20%も掛かり、金額にすると約3倍以上変わってしまいます。
 

手取り額が環境によって変わる

税金は様々な家庭環境から住んでいる地域によって納税額は変化します。 

つまり、年収1000万を稼いでも、実際の手取りは700万ほどになります。国の対策している児童手当や健康保険料の違いなど、様々な契約条件などよって納税額が変化します。 


では、どのように対策するべきなのでしょうか?

手取り額が少なくなる場合、対策としては夫婦で共働きするか、節約する必要があります。 

もしくは、副業で更なる収入を得ることも一つの手段として考えられます。 

また、ファイナンシャルプランナーの方や税理士の方などに相談して資産運用などを行うこともできます。

関連相談

年収1000万を稼いだ時の実際の手取り額とは

ここでjobQ内に投稿された質問を見てみましょう。
 

年収が1000万円超える人でも手取りは600万ほどになるって本当ですか?

近日、平均年収が約1000万ほどの企業に転職する予定です。

最初は次の転職先は年収1000万ほどで喜んでいたのですが、よくよく考えたら累進課税などで、差し引かれてしまうので、結局手取りは700万〜600万ほどだと言う事でした。

年収が990万でも、これは累進課税の対象となるのでしょうか?
一体いくらからが累進課税の対象になりますか?

お詳しい方いましたらご回答お願い致します。

新卒給与並みの税金と社会保険料で毎月引かれてますね。

結局手取りは変わらないかもです


との事でした。

税金と社会保険料で年収が1000万あっても天引きされてしまうようです。

年収1000万を稼ぐ方は、サラリーマンの方達だけではありません。他にも自営業で働いている方達がいます。
 

自営業で年収1000万の手取り額

自営業は一般のサラリーマンと、どれくらい手取り額が変化するのでしょうか?

年収1000万でみたとき、約70万ほどの差が出ます。自営業の手取り額は約670万ほどに対し、会社員の方の手取りは約740万ほどになります。 

関連相談

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は年収1000万円を越す見込みのある企業や職種、資格についてご紹介してきました。

大手企業に就職したとしても、この1000万の壁は非常に高いというのが少しわかった気がしますね。

年収が大事というわけではありませんが、モチベーションアップにも繋がる働く上での一つの大事な要因です。

 

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。そこでオススメするのがDODAです。
DODAは、国内転職者満足度1位を誇る人気転職サイトです。

サービス概要

  • 数ある企業からあなたに最適な企業を紹介
  • 転職のプロが1対1で転職活動をサポート

DODAに1分で無料登録する

本記事の初回公開日は2017年08月17日です。

この記事に関連する転職相談

業務委託として働いているのですが源泉徴収されないのは違法でしょうか?

ベンチャー企業で働いています。 業務委託として働いているのですが、源泉徴収が未だされていません。 これって違法でしょうか? 業務委託として働くのが初めてなので、色々検索をかけてみたのですが、よくわからない点が多いためこちらで質問さ...

転職後の住民税の支払いについて質問があります

転職後に住民税の通知が来ました。 4分割か1回で払って欲しいとの通知書でした。 今回支払う住民税というのは前職の1~12月の1年間の所得を元に計算されたものなのでしょうか? また、退職したため給料から天引きができないため普通徴収に切り替わ...

年収の手取りってどのように計算すれば良いのでしょうか?

年収の手取りの計算方法がよくわかりません。 年収は税金も含んだ支給額だと思っています。 ですので、もし含むとしたら年収の手取り額は 年収ー税金=手取り  上記のような計算方法で合ってますか?  何か他に保険料だったり含まなくて良い...

年収が1000万円超える人でも手取りは600万ほどになるって本当ですか?

近日、平均年収が約1000万ほどの企業に転職する予定です。 最初は次の転職先は年収1000万ほどで喜んでいたのですが、よくよく考えたら累進課税などで、差し引かれてしまうので、結局手取りは700万〜600万ほどだと言う事でした。 年収が990万でも、こ...

銀行から他の企業などに出向した場合、お給料は銀...

銀行から他の企業などに出向した場合、お給料は銀行と出向した企業どちらの基準の金額で支払われるのでしょうか? もしメガバンクから出向してお給料はそのメガバンク基準だった場合、メガバンクに比べればキツくない仕事でそこそこに良いお給料をもらう...

エンタメ系の会社って平均どれくらいの年収を貰うことができるのですか?

転職を考えています。 アイドルなどが好きということもあり、自分の好きな仕事がしたいという思いから、エンタメ業界への転職を考えています。 エンタメ系の会社へ行きたいと思っているのですが、年収水準はどれくらいなのでしょうか? 今、デザ...

広告デザイナーって年収が高い職業なのでしょうか?

専門でデザインを学んでいます 将来何かしらデザインに関わる仕事をしたいと考えているのですが、デザイナー関連の仕事が多すぎて何になろうか迷っています そんなこともあり、仕事を選ぶ1つの方法として年収が高いとこで絞っていこうと思い質問しま...

弁護士の年収の現実と本音についてお聞かせください

弁護士として働いている方に伺いたいのですが、 弁護士の仕事の年収の現実とその本音について伺いたいです。ネットで調査してみたりすると、年収が低い等の情報を聞きます。 自分は大学1年生で、弁護士の資格取得に向けて勉強をしているのですが、働...

グラフィックデザイナーとして年収1000万稼ぐにはフリーランスと大手企業どちらで働くのが良いですか?

30代前半でグラフィックデザイナーとして働いています。 20代の時からグラフィックデザイナーとして働いており、26~27歳の時に平均で年収400万くらい稼いでいました。ですが、今働いている企業の給与面の待遇が悪くなってきています。ですので、これを...

主婦ですが年収1000万円以上稼ぐ主人のお小遣いで悩んでいます

現在、専業主婦をしております。 夫と結婚してから5年が経ちましたが、今年から年収約1200万円をいただけるそうです。 住まいは都内で、年齢はお互いに31歳なのですが、主人のお小遣いについて悩んでいます。 現在、私のお腹には双子の子供がいま...

この記事に関連する記事

退職金の相場はどれくらい?税金対策から将来の運用プランまでご紹介

日本の年功序列制度では会社に定年まで勤める人が多いです。つまり退職金を1度しか受け取らない人もほとんどなので退職金につ...

【知ってる?】退職金にも税金がかかる!計算方法や節税対策教えます

退職金にも税金がかかることを知っていますか?勤続年数などにもよりますが退職金にも税金がかかってしまいます。そこで今回...

退職後に扶養に入るときの年金などの様々な手続きについてご紹介します

会社を退職した後、一定の条件を満たせば、夫や親の扶養に入ることができます。その他、年金、失業保険、健康保険、確定申告...

副業をしたら源泉徴収は必須!本業に支障が出ないための方法について

副業をしていると必要になってくる手続きがいくつかあります。その内の1つが源泉徴収です。源泉徴収は、税金を支払う制度です...

【株の配当金】アナリストが教える利回りが高いランキングなどご紹介

配当金とは、企業が利益を出した時、利益の一部を、株を保有している株主に還元するお金を配当金と言います。 企業が配当を実...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー