【ライターの年収はどのくらいなのか】1,000万円を超えることは可能?の画像

【ライターの年収はどのくらいなのか】1,000万円を超えることは可能?

ライターの給料のもらい方は大きく、編集プロダクションなどの会社勤めをしている人と、フリーランスで働いている人の2種類に分けることができます。こうしたことから、ライターの年収は人によってゼロ円に近い人もいれば、いくらでも稼いでしまう人もいます。そんなライターの年収を知りたい方に向けて、年収やその内容、住宅ライターの可能性、収入を上げる方法などをご紹介して行きたいと思います。是非参考にしてみて下さい。

ライターの年収はいくら?

フリーランスやプロを問わず、Web上で活躍する場面が広がりつつあるライターという職業ですが、はたしてその年収とはいくらなのでしょうか。

さまざまな局面において活動しているライターについて、平均的な年収やその内容を踏まえて、ライターとしての年収を上げる方法なども紹介していきます。

ライターの年収だけで生活はできるのか、もしもあなたがそんな疑問を感じているのであれば、この記事を読んでライターという職業の本質を判断して頂けたら幸いです。


ライター全体の平均年収

2015年の「はたらいく」の統計によると、フリーライターの平均年収は259万円となっており、日本の平均年収420万円(同2015年国税庁)比較した場合161万円ほど低いという結果になっています。

ライターの年収に関連して月収の平均は18万円となっており、そのうちの41%が20万円から25万円未満と、約4割のライターが平均月収よりも高い月収を得ているようです。

月収が15万円から20未満以下のライターが40%、15万円以下の月収のライターも15%ほどの割合を占めていることが、ライターの平均年収が全般的に低い理由の1つともいわれています。

https://www.hatalike.jp/h/r/H1ZZ280s.jsp?hp=%2Fresearch%2Fn0088%2Findex.html&noRedF=1:参考)

また、2018年の「マイナビ」の統計では、正社員として働くライターの平均年収は次のように発表さえています。

  • 正社員テクニカルライターの平均年収:563万円
  • 正社員コピーライターの平均年収:530万円
  • 正社員ライター/記者の平均年収:474万円


どれも日本の平均年収を上回る結果となっているので、ライターとしての活動は平均年収の面だけで考えると、正社員として会社勤務という状況の方が安定しているといえるでしょう。

https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/income/ranking/01/index2#ranking:参考)


ライターの年収はどうやって決まる?

 ライターの年収が決まる要因としては、次のような状況が関係しているようです。

  • 未開拓の分野で活躍しているという状況
  • 自身が高い知名度で影響力があるという状況
  • 編集プロダクションなどの会社勤務という状況
  • フリーランスでライターとして活動している状況
  • 自身が専門的な知識を持っていて必要とされている状況

これらの状況によって、ライターの年収が決まってしまう場合も多く、ライターとしての年収にも下記のような大きな格差が生まれてしまう可能性も存在します。


大きな格差

正社員としてのライターは、普通の会社員と同様に固定給として報酬を受け取ることができますが、一定の金額以上の給与にはあまり期待が持てないと考えられます。

フリーのライターとして活動した場合には、1つの案件に対してクライアントが定める金額を報酬として得るという形になりますので、案件によっては予想外の収入になることも期待できますが、その逆の場合も多く存在します。

現状を平均年収で比較した場合に、正社員のライターとフリーのライターでは平均年収面において、正社員として働いているライターの方が215万円ほど高いという、フリーのライターに対しての大きな格差が存在しているのは事実といえます。

また、正社員やフリーという状況を問わず、ライターとしての個々の能力や知名度によっても年収は大きく左右されてしまうようです。

ライターとしての活動スタンスの違いが、年収に直接的に影響してしまう可能性は充分に高いといえるでしょう。

関連相談

ライターの単価が高い案件


年収の高いライターは、基本的にクライアントから高い評価を得えている場合が多く、ライターとして単価が高いのも事実ですが、ライターの単価が高い案件として考えた場合には、このかぎりではありません。

ライターの単価が高い案件とは、ある程度に決められたライティングの相場に左右される可能性がとても高いのです。

次のような条件を満たしている案件は、ライターの得られる報酬が比較的に多く、ライティングの単価も高いため、おすすめできる案件といえるでしょう。


金融系の記事

ライターとしての年収を、素早く確実に挙げるための案件といわれているのが、金融系の記事で、単価の相場は1文字あたり最低でも2円以上と推定されます。

金融系の記事とは、おもにクレジットカードや消費者金融に関連する記事ですが、クライアントによって多少の差はあるものの、基本的にライターにとって高単価な案件が多いのは事実といってもよいでしょう。

理由としては、金融関係のアフィリエイト報酬自体が高額であるという点であり、金融系の案件を持つクライアントのアフィリエイトの収入も、この理由により同じく高額だからです。


出版社経由の案件

ライターの単価が高い案件の1つに、本1冊の原稿料をベースとして報酬を支払う出版社経由の案件依頼というのも存在しています。

最低でも一冊あたり30万円以上が相場とされており、さらに多くの場合はこの他にも印税契約を結ぶことができる可能性も高いようです。

また、インセンティブやロイヤリティには、すべての発行部数に適応される場合と、追加で重版された部数のみ適応される場合の2つの形式があると言われています。


Webライティングの単価は低い?

Webライティングの単価の相場は1文字につき平均0.2円となっており、金融系の記事の単価の相場と比較した場合には、じつに10倍以上の差が開いてしまうことも踏まえると、ライターの単価の高い案件とは言い難いのも事実です。

気軽にできる初心者ライターの在宅ワーク、そんなコンセプトで依頼が出されている場合も多いので、本格的にライターとしての活動を考えている場合には、おすすめできない案件ともいえるでしょう。

ただし、単価が低いという理由の1つに「納期や記事の質を問わない」という点も少なからず含まれる可能性もあるので、空き時間を使って気分転換に作成できる自由な案件として考えることもできます。

関連相談

在宅ライターは稼げないのか?


結論からして、在宅ライターが稼げないという理由は存在しません。

ライターとして高い年収や報酬を受け取るには、「実績と経験」や「資格などによるスキル」がもっとも重要だからです。

ただし、次のような場合や状況において、在宅ライターが稼げないと言われてしまう可能性までは否定できません。


働き方によって異なる

副業として在宅ライターの活動をしている場合は、本業の働き方によって作業時間が異なる場合があります。

在宅ライターとして、働き方が自由な状況のなかでは、ライターとしての収入が減少することもいささか否めないことでしょう。


生活に合わせた働き方

在宅ライターの年収は、基本的には労働時間と比例しない部分もありますが、ライターの活動として携われない時間が多いほど、やはり収入面において不利な部分も多く存在します。

空き時間を利用してライターの活動をしている場合などは、自身の生活面において本来の目的を優先する必要もありますので、ライターとしての活動時間に支障をきたすことにつながり、結果的に収入が減少するということも考えられるのです。

関連相談

ライターだけで年収1000万円を超えるには?


ライターという職業は、おもに2つの種類分けることができます。

正社員として、編集プロダクションや出版社に会社勤務している場合と、雇用契約を結ばずにフリーランスとして活動している場合です。

はたして、どちらの場合であってもライターという活動だけで、年収が1,000万円を超えることはできるのでしょうか。


年収1000万円を超えることは可能か?

ライターとしての活動だけで、年収1,000万円を超えることは可能とされています。

理由としては、実際にライターとしての活動だけで、年収が1,000万円に達しているライターが少なからず存在しているからです。

年収1,000万円を超えるライターが、他のライターとは違って明らかに特化している部分を説明していきましょう。


専門性を持っている

ライターとして年収1,000万円を超えるためには、「実績と経験」や「資格などによるスキル」などの他にも、次のような「ある一定の分野における専門性を持つ」ことが重要です。

  • 衣類やブランドなどに対する専門性
  • 食品全般やグルメに対する専門性
  • 金融関係や銀行に対する専門性
  • 医療や法律に対するする専門性
  • 住宅や不動産に対する専門性

上記の他にも、さまざまな分野に対する専門性を1つでも身につけることで、その分野に特化した知識や経験、スキルなどを高く評価される可能性があるのです。

また、評価されることを積み上げていく過程で、特定の分野における知名度も確実に上がり、多方面から執筆依頼や取材依頼が殺到するようになるだけでなく、コンサルタント業務を行うまでに展開することができれば、年収1,000万円も夢ではないと考えられます。

関連相談

ライターが高収入を目指すには?


ライターとして年収1,000万円クラスの高収入を目指すには、次のような3つの条件を最低限の必須課題として、自身のライターとしての活動に取り入れることが重要です。

  • 受注案件の種類を見極める
  • どんどん実績を作る努力を怠らない
  • ライティング+αを重視する

それでは、この3つの必須条件を順番に詳しく説明していきましょう。


受注案件の種類

ライターとして高収入を得たい場合は、収入に直結する単価の高い受注案件の内容や、相場的に考えて高い収入を得られる受注案件などを、自身で想定して見極める必要があります。

実際に高収入に期待が持てる案件には次のようなものが存在します。

  • 金融関係や医療関係、法律関係などの高い専門的な知識を必須とした案件
  • 知識人が少ない革新的な技術やサービスなどを紹介する案件
  • 24時間以内に納品される必要があるような急ぎの案件
  • ある特定の専門性や知識、スキルが必要な案件
  • セールスライティングやSEO対策の案件

上記のような案件は、基本的に難易度が高く、クライアントが納得できる記事を完成させるにはかなりの経験やスキルと労力を必要としますが、相場的に考えても1文字3円以上の案件が多いのは事実なので、努力した以上の価値があることはいうまでもありません。


どんどん実績を作る

フリーライターの経験と実績は、クライアントに対して最大の武器として活用することができます。

自身のライターとしての経験と実績を、スマートにわかりやすくしたものを「ポートフォリオ」(自己アピール資料)としてクライアントに開示することで、案件を受注できる可能性は飛躍して高まることでしょう。

ポートフォリオを利用して高めた信頼性を受注に生かすことができれば、どんどん実績を積み重ねることができるようになります。

こうして積み重ねられた実績のうえで、ライターとしての高収入への道は開かれていくのです。


ライティング+α

ライターとして、ライティングの技術が高いというだけでは、高収入への道は開かれないため、次のようなライティング+αの部分を、重点的に身につけていくことが必要となってきます。

  • 専門分野を1つ以上確実に身につけること
  • 表現力、語彙力、全体の構成力を高めること
  • 作業における処理能力や信憑性の高い情報収集能力を極めること
  • クライアントには常に礼儀を尽くし、絶対に感謝の気持ちを忘れないこと

これらの+αの部分を、怠らないことが高収入につながる最短のルートともいえるでしょう。

関連相談

まとめ

フリーランスやプロを問わず、ライターとしての活動で得られる平均年収は、日本の平均年収を大きく下回っていますが、それは十把一絡げにして考えた場合の結果というだけであり、実際には年収として1,000万円以上の報酬を得ているライター少なからず存在しています。

ライターが年収を高めるために必要なのは経験と実績だけでなく、案件の種類を見極めることや、自分にしかできない専門分野を身につける努力を怠らないことが重要なのです。

いかがでしたでしょうか。

この記事を読んだ後に「ライターになりたい」と、あなたに思って頂けたら幸いです。

この記事に関連する転職相談

面接で希望年収はいくらですか?と聞かれたらなんて答えればいいですか?

希望年収はいくらですか?と企業に聞かれた時の正解が分かりません。正直な希望年収は高ければ高いほど嬉しいですが、今の年収よりもいくら程高く設定しておいた方が良いでしょうか?

年収は経歴によって決まると書いてあったのですがどのくらいに決まりますか?

社歴14年です。 年収欄の○○万円〜○○万円 ※経歴により決定します。 の表記、実際には面接後どの様に決定するのでしょうか?

休職者が転職する際はいつの年収を記載すればいいのですか?

転職しようと考えていますが、休職経験有りの際の年収の記載について相談させて下さい。 昨年(2018年)の年収を記載しようと思っていますが、2018年に2ヶ月程休職しています。 休職をしていない想定で記載した方が良いのでしょうか?

転職して年収が350万円ダウンしたのですがどうすればいいですか?

私は新卒で大手広告代理店から経験やキャリアを積むために、数人規模のベンチャー企業に転職しました。 ベンチャーに転職する前から年収が350万円ほどダウンすることはわかっていたのですが、将来のためだから仕方ないと覚悟していました。 しかし現...

ユニクロの地域限定社員の給料や賞与はどれくらいですか?

ユニクロの地域限定社員の給料や賞与はどれくらいでしょうか? 有給取得率や残業時間なども詳しい方がいらっしゃいましたらお伺いしたいです。

昔の友人と年収が250万も差があるとショックになりませんか?

先日学生時代の友人とあったら、生活水準との差にショックを受けました。 同じ職種で、社会人歴も同じなのに、年収がかけ離れていてビックリしました。 私は休日出勤や残業までしているのに、友人は定時退社で土日はしっかり休みで待遇も違く、自分...

転職先に給与明細と源泉徴収票を提出するのはなぜですか?

転職先に内定した場合、直近の給与明細と源泉徴収票を要求されると思うのですかこれらは何の為に利用されるのでしょうか? 私は、休職歴がありそれが内定に悪影響が出ないか心配です。

給料が6年間上がらない会社は今すぐ転職した方が良いですか?

新卒で入社した食品系の会社に勤めているのですが6年間で数千円しか上がっていません。 経済的な理由で友人も減ってしまい、色々なものを犠牲にしてなんとか生活していました。 転職活動をしようか迷っているのですが、やはり転職した方が良いでしょ...

Webデザイナーで年収や福利厚生の良い企業はどこですか?

ジェネラリストなwebデザイナーを募集していて待遇がいい企業 スキルはUI/UX、情報設計、ビジュアル作成、ページデザイン、HTML、sass、vue.js、gulpなどです。 ツールも色々使っていました 現在新卒2年目で、年収500万程度(月残業45時間程度)で、...

日本にある会社で働くなら給与の5~10倍稼がないけないですか?

日本にある会社で会社員として働く場合、給与の5~10倍以上稼がないと話しにならないのでしょうか。

この記事に関連する記事

【能美防災へ就職するためには】気になる情報を詳しくご紹介

能美防災への就職を考えている方にとって、募集要項や採用プロセスは気になる情報です。企業によって募集要項や採用プロセス...

【キリンホールディングスへ就職するためには】気になる情報を詳しくご紹介

キリンへの就職を考えている方にとって、募集要項や採用プロセスは気になる情報です。企業によって募集要項や採用プロセスは...

【東急不動産へ就職するためには】気になる情報を詳しくご紹介

東急不動産への就職を考えている方にとって、募集要項や採用プロセスは気になる情報です。企業によって募集要項や採用プロセ...

【乃村工藝社へ就職するためには】気になる情報を詳しくご紹介

乃村工藝社への就職を考えている方にとって、募集要項や採用プロセスは気になる情報です。企業によって募集要項や採用プロセ...

【塩野義製薬へ就職するためには】気になる情報を詳しくご紹介

塩野義製薬への就職を考えている方にとって、募集要項や採用プロセスは気になる情報です。企業によって募集要項や採用プロセ...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー