不動産の仕事は大変?事務/営業など仕事の種類や特徴についてご紹介しますの画像

不動産の仕事は大変?事務/営業など仕事の種類や特徴についてご紹介します

不動産の仕事は残業が多く「辛い」「大変」などの声をよく聞きます。不動産の仕事にも様々な種類や特徴があります。事務や営業職にとどまらず不動産専門職のような仕事まであります。資格などの取得も必要なため専門的知識を持った状態でないと仕事をするのは困難です。今回は不動産の様々な仕事内容についてご紹介します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか?

1916

事務や営業の仕事は大変?

また不動産には事務や営業の仕事もあります。 

不動産の事務の仕事はクレームの処理などで心身ともに辛い作業を行わなければなりません。
ですが、お客様との関わりがある仕事ですので注意するところもあります。 

また営業もお客様との関わりもあると同時に売上を出さなくてはいけません。 
ノルマを達成するために仕事をこなさなければならないため大変な仕事の1つと言えます。

またどんな仕事内容なのでしょうか?

ここでjobQ内に投稿された質問を見てみましょう。

不動産系の会社の事務の仕事で注意しておくべきことはありますか?

不動産系の会社の求人に気になるものがあり、就職を検討しています。
現在、32歳で子供が生まれてから3年間程職場から離れていました。

前職も事務関係の仕事をしていたのですが、不動産関連の仕事ではありません。
不動産業界特有の事務の仕事等があるのでしたら事前に知っておきたいと思っています。

他の業界と変わりない仕事内容となるのでしょうか。
それとも、不動産業界特有の注意しておくべきことはあるのでしょうか?

総務や経理は他の会社と同じような仕事内容だと思います。

営業事務は宅建の知識が必要になってくる部分もあると思いますので、そちらの方も勉強されると仕事に役立つと思います。
不動産特有の注意しておくべきことは、スピードが求められます。電話でも不動産業界の人はほとんどが早口な人が多いです。また、男社会であることや、体育会系の社風の会社が多いことと、中小ベンチャーだと社長がワンマン、残業が多いことですかね。シフトの場合、不動産定休日が基本的に水曜日になります。

以前の会社では、月の残業が60時間を超えることが当たり前でした。(会社によると思いますが)

みなし残業代30〜40時間と記載されているところはそれ以上の残業があると思ってください。

との事でした。
不動産会社の社内事情がよく分かりましたね。 

スピード感が重要だったり残業が多かったりで、仕事はストイックにこなさなければならないようです。

他の質問も見てみましょう。

不動産業界は、営業の中でも最も離職率が高く厳しいのでしょうか?

不動産業界は、営業の中でも最も離職率が高く厳しいのでしょうか?

現在新卒で、どのような業界に行こうか考えていろいろ調べています。
あるサイトでは、住友不動産販売の勤続年数は7年であり、会社の平均年齢は34歳でした。
これを見ると、勤続年数も短くて長く働くには難しい環境で、志望するには不安に感じられます。
利益を出せない人はどんどん辞めていく、もしくはできる人は独立していくのでしょうか?

新卒で入社するからには、長く勤める環境ではない場所では働きたくないと思っています。
財閥系のところでガツガツ働く自分も考えますが、やはり福利厚生、年収、将来性を重視して考えたいなと思っています。

不動産業界で気になるところは、「ノルマが厳しい」「休みがなく、年収もそんなに良くない」「離職率が高い」ことであり、
今後この業界が大丈夫かも心配です。
生の声を聞きたいので、小さなことでも教えてください。

不動産業界の営業と言ってもいろいろありますが、住友不動産販売の名前が出てきているので、不動産売買仲介営業に絞った話をします。

まず仲介営業におけるキャリアアップの最終地点はほぼ独立であるとお考え下さい。
仲介営業からデベロッパー等における都市開発関係の営業や企画にはほぼ行くことはありません。(マンションデベロッパーには行けます)
ほぼほぼ転職しても勤め上げても、店長かエリアマネージャークラスが関の山であることは厳然たる事実ですし、財閥系であれば、学歴、学閥、派閥、出身店舗による部分があるので、どうしても行けない人はそれ以上行けません。
某財閥系は、プロパーじゃない場合、どんなに売上げても、店長が最上段らしいです。

営業における離職率という点では、先物取引や証券会社の営業とどっこいどっこいだと思います。さしたる差はありません。

ただ、この不動産売買仲介営業の業界は、同業他社とのつながりが非常にビジネス上大事で、同業他社とつながっているからこそ、うちにこないか?みたいな話によくなります。
そういう同業他社とつながったり、同業他社と協業したりすることで不動産売買仲介営業におけるキャリアを積み上げていきますので、それに伴い、もっと楽なところ、もっと挑戦できるところ、もっと厳しいところ、など次のキャリアプランに向けて転職ができる。
そういうところが他業界の転職が多いところとは違います。

ちなみに、ノルマが厳しいかどうかでいったら、僕は自爆営業が無いだけマシだなとは思いますけどね。
小売営業だと自爆買いデキちゃいますので、社として自分で買い上げしなさいという話になりますが、不動産は自分で買って売上げ立てるって不可能ですからね。
だからこその厳しさはあります。数字から逃げられませんし、裏技も無いですから。

ちなみに休みは少なくなりがちで、残業は多くなりがちです。
これは、そもそもリテール営業では逃れられない問題です。
リテール営業では、お客様が帰宅後にお話することが多いので、お客様の仕事の都合に左右されてアポが遅れる、電話する時間が遅れる。これ自体は避けられません。

それが嫌なら、クライアントがホワイト企業で固められている法人営業がよろしいかと思います。(「クライアントがホワイト企業で固められている」を分かる方法がないですが)

最後にキレイにまとめますが
一応私は、売買仲介、賃貸仲介、管理、PM、AMなど多数やってきた結果、不動産売買仲介営業会社にいます。
なんでやってるかというと、一生に一回の買物で、買ったあと銀行で喜んで泣いているご主人や、鍵の引渡しで物件の中でキャッキャしているお子様とか見まくってきて、それが一番やっててよかったなと思うことだったから、今も続いています。

まぁ不動産はいい仕事ですが、仲介営業に限らずいろいろありますので、好みに応じて考えてみて下さい。

との事でした。

実際働いてみないと不動産営業はキツイのかキツくないのかは個人差ですので分かりません。

残業が多く一見厳しい仕事に見えますが、最後にはクライアントの喜ぶ顔だったりが、やりがいを感じられる瞬間であり仕事を続けている要因だと回答者の方は言っています。

事務や営業の仕事は残業や業務量など多く大変そうに見えます。
ただ、その中でもやりがいを見出すことで続けられる方もいました。 

興味などがある方は一度チャレンジしてみるのも勉強になるかもしれません。

関連相談

不動産専門職の仕事とは

不動産は、一般の人でも人生最大の買い物と言われるように、
多くのお金が動く世界です。

不動産業界には様々な業態があり、
仕事内容も多岐にわたります。

不動産業は、大きく分けて3つに分離できます。

  • 不動産取引業
  • 不動産賃貸業
  • 不動産管理業

で、どれかひとつを専門に扱う会社もあれば、
3つとも扱っている会社もあります。

いずれにしても不動産所有者に代わり、
不動産の資産価値を維持・向上させることが目的で、
専門職と呼ばれる人には不動産運用についての高度なスキルや経験が要求されます。

関連相談

「不動産取引業」とは

不動産取引業は、不動産の売買や仲介を行うのが仕事です。

土地や建物を直接的に売買したり交換したりするケースと、
売主から販売の代理を任された不動産会社が、
土地や建物の売買・交換などのやり取りをするケースがあります。

直接売買を行う場合は、まず用地購入から始まります。

マンションや建売住宅用の土地、中古住宅など、
不動産ビジネスの根幹となる土地や建物を仕入れます。

関連相談

「不動産賃貸業」とは

不動産賃貸業は、土地や建物などの不動産を貸し出して、
賃料を得るビジネスで、不動産業界の約7割を占めています。

不動産賃貸業をさらに分類すると、

  • 土地や商業施設、オフィスビルなどを貸す「不動産賃貸業」と
  • 住宅や個別の部屋を貸す「貸家業・貸間業」
  • そして自動車を止めるための場所を貸す「駐車場業」

の3つに分けられます。

関連相談

「不動産管理業」とは

不動産管理業とは、
ビルやマンションなどの所有者から委託を受けて、
不動産を管理する仕事です。

具体的には、賃貸物件では、

  • 賃貸回収や催促などの入居者対応
  • 契約更新手続き
  • 退去時の精算

などの作業をさします。

分譲マンションの場合は、
管理人さんの仕事や管理組合の仕事が当てはまります。

しかし、これは不動産管理業の狭義的な業務の一例で、
広義では不動産投資に関わる、
管理・運用業務も含まれます。

関連相談

不動産専門職の資格

不動産関連の資格として有名なのが、
「宅地建設取扱士(宅建)」「不動産鑑定士」があります。

このほかにも不動産業界で活かせる資格として、

  • 認定ファンシリティマネージャー
  • 土地家屋調査士
  • 管理業務責任者
  • マンション管理士

などがあります。

関連相談

不動産投資に関わる管理・運用業務

不動産投資に関わる管理・運用業務を担当するのは、

  • 大手不動産の管理部門や鑑定部門
  • 銀行の担保評価部門や信託部門

で、大企業が行っているのがほとんどです。

これらの部門では、

顧客から委託された不動産の運用やコンサルティング

  • 不動産の投資判断材料となるデューデリジェンスの作成
  • IFRS(国際財務報告基準)向けの企業不動産の時価評価

といった業務も行います。

これらの業務は、不動産の経済価値に関する、
高度なスキルを有する専門家が行います。

関連相談

その他マネジメント業務

ファンシリティマネジメント

企業などが保有する資産の利便性を高めることが主な業務で、
土地や建物などの施設をメンテナンスしたり、
維持コストを抑えるために効率化を図ったりしています。


 

アセットマネジメント

不動産の所有者や投資家から、不動資産の運用を委託され、
そのビルの経営を代行する業務が主です。

しかし不動産だけでなく、
株式、債券、その他金融資産などの
管理を行うことも含まれます。

昨今では、道路や橋などの、
公共資産の運用も任されるケースが増えています。


 

プロパティマネジメント

不動産の物理的な維持・管理業務を行います。

不動産の資産価値をあげるのが目的で、

  • メンテナンス
  • 修理・修繕
  • 賃貸住宅の入居者募集
  • 商業施設のテナント誘致

なども行います。

テナント募集は、物件の稼働率を上げるだけでなく、
物件の集客効果やイメージアップ効果があり、
まさに不動産の価値を高めることに直接的に関連します。

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。今回オススメするのはリクナビNEXTです。
リクナビNEXTは、転職決定数No.1(楽天リサーチ2015年の転職調査)という実績と、常時1万件前後の求人数を誇る、安定感のある転職サービスです。

サービス概要

  • 幅広い職種、業種、地域を網羅し、新規求人が毎週1,000件以上更新
  • 転職サイトと転職エージェントの併用が可能

リクナビNEXTに1分で無料登録する

本記事の初回公開日は2017年10月14日です。

この記事に関連する転職相談

営業から経理に異動希望なのですが、やっておくと良いことや、異動に有利になる資格を教えてください。

営業から経理に異動希望なのですが、やっておくと良いことや、異動に有利になる資格を教えてください。 営業職4年目のものです。会社の成り立つ仕組みやお金回りに興味があるため、将来経理職への異動を希望しています。 学生時代は会計とは無縁の学...

ヤフーのポテンシャル採用のビジネス部門の採用フローは?

ポテンシャル採用(第二新卒)のビジネス部門について質問です! 現職はIT業界とは無縁の会社で営業として働いておりますが、もともとITには興味が素人程度の知識ですがあり、受験を考えています。 そこで数点質問です。わかることだけでも教えていた...

自動車ディーラーの営業職はノルマが厳しいんでしょうか?

自動車ディーラーの営業職はノルマが厳しいんでしょうか? 自動車業界は激務なイメージがありますが、女性が働いていける業界でしょうか?

30代、飲食店長が一般企業の営業職へ転職出来ると思いますか?

現在、30代でとある飲食店で店長を勤めています。 これから40代、50代と迎えるに当たって今までの働き方をしていては体がついていかないと考え、転職を検討しています。 一般企業の営業や事務職などへの転職を検討しているのですが、自分のようなキ...

ルート営業に転職希望していますが、今まではずっと事務職で営業の経験がありま...

ルート営業に転職希望していますが、今まではずっと事務職で営業の経験がありません。 年齢も37歳(女性)と若くないです。 やはり営業での転職は厳しいでしょうか?

人材派遣会社の営業の勤務時間やワークライフバランスは?

23歳女性 人材派遣会社に入社して2年目になります。職種は営業で、製造業中心の法人ルート営業と派遣スタッフの管理をしています。 今の会社では、6:00-18:00と9:00-19:00のどちらかが定時時間となっており、始めに交わした契約書の勤務時間帯と異なっ...

あなたの職場で営業では男性と女性どちらが活躍していますか?

あなたの職場で営業では男性と女性どちらが活躍していますか? 基本的に営業は女性に向いている気がします。

営業は女性が有利なんでしょうか?

営業は女性が有利なんでしょうか? トップセールスは男女どちらが多いですか?

営業のコツとして心理学を学ぶことは有効手段だと思いますか?

営業1年目の新卒です。 保険会社で総合職ですが、個人営業を現在しています。どうしても仕事の成果が欲しいです。 そこで、営業のコツとして心理学を学ぼうと考えています。良く営業は恋愛と似ていると言われるので、恋愛も心理学的な表現が良く用い...

IT業界未経験でも営業職として転職することは可能でしょうか

メーカー関連の会社で、営業事務として働いています。年齢は26歳の男です。 IT業界に未経験ながら転職を考えています。 希望職種は営業なのですが、IT業界は未経験でも転職することは可能なのでしょうか。 私は現在、医療系の会社で働いていまし...

この記事に関連する記事

営業研修がオススメ?初めての営業で苦手意識を克服しよう!

研修制度が整った企業も多くなっていますが、営業スキルは自分で磨くものです。営業が苦手な方は、自ら積極的に営業研修に参...

営業職は志望動機で決まる?新卒や転職者にオススメの作成方法をご紹介

営業をやりたい、営業マンを目指す方は、志望動機をしっかりと考えましょう。内定が出る志望動機を見ても、あくまでもシンプ...

【使える】営業メールの書き方を状況別でまとめました

会社で営業を実施していく上で、客先へのコンタクトツール、社内への連絡ツールとしてメールは、ビジネスマンの必須のツール...

【住友林業への転職】年収や面接、評判、難易度など役立つ情報を公開

住友林業への転職・中途採用を考えた際に面接方法や求めている人材、その会社の評判というのは非常に重要な情報だと言えます...

【営業職とは】残業が多く離職率の高い仕事って本当?

営業職は離職率が高く一般的にはノルマ達成が難しい辛く大変な仕事というイメージがあります。実際に営業職に与えられている...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー