【未経験でも可能?】マーケティング職へ転職するために必要な情報の画像

【未経験でも可能?】マーケティング職へ転職するために必要な情報

マーケティング職は年々人気を高めている職種です。今回は未経験者でもマーケティング職へ転職することが出来るのかということについて簡単に見ていただきたいと思います。未経験転職の場合に準備しておくと有利な志望動機や、あると有利なスキル等をご紹介します。

4304

マーケティングの仕事への転職を希望する場合、どのようなことに気をつける必要があるのでしょうか。

マーケティングの仕事に転職するには業務の特徴について知っておく必要があります。

同業種からの転職であれば十分に業務内容は知っていると思いますが、未経験や異業種からの転職であれば、まずはこのマーケティングの業務についてじっくりと調べておくことが大切です。

書店に行けば専門書があるのでそれを読んだり、ネットサーフィンで調べたり、日経新聞で業界の動向などを日々リサーチしておいてもよいでしょう。

とにかくマーケティングの転職を目指すのであれば、常にアンテナを張り巡らせておく必要があるお仕事ですから、情報収集能力を身に着けるように日々訓練が必要となります。

関連相談

マーケティングとは

マーケティングは非常に人気が高い職種であり、そのため転職の倍率も非常に高い職種になります。

そんなマーケティングの仕事内容を明らかにしておくことで、自分が本当に転職したい職種なのかを明らかにしておく必要があるでしょう。
 

マーケティングの仕事内容

マーケティングの仕事は、主に2つになります。

  • 顧客のニーズや関心が高いものを調査
  • 調査を商品開発に役立てる
  • 商品のプロモーションをする

以上のように、調査をし商品が売れるような仕組みを作るという仕事がマーケティングの仕事内容となります。

ですので、競合他社について詳しく調べたり、業界の動向を把握したりなど広い視野で世の中の流れを見ていく必要があります。
 

マーケティングに必要な仕事のスキル

マーケティングの主な仕事内容は調査になります。

世の中ではどのようなものが売れているのか、顧客はどのような商品を買う傾向にあるのかなど数字での調査が必要になります。

その調査した数字を基に仮説を立て、実証していくのもマーケティングの仕事内容となります。ですので、数字に対して抵抗がない方がマーケティングに向いていると言えるでしょう。

また数字に強く、仮設の制度が高くても、なぜそうなのか?という説明をする必要もあります。その際に、資料作りやプレゼンテーションを行いますので、そのような人に伝えるスキルも重要になってくるでしょう。

関連相談

未経験でもマーケティング職へ転職できるの?

未経験者がマーケティングに転職する場合、書類選考や面接において、実績でのアピールが弱くなってしまいます。

ですから、いっそのこと今までの実績のアピールにウエイトを置くのではなく、これからどんなことをやってみたいのか、自分が出来る今後の展望をアピールするとよいでしょう。

しかし、異業種であっても転職に役立つ経験もあります。

例えば接客販売の経験があれば、日々、接客をしながら収集した色々なお客様からの要望をデータとして纏め、そのデータをもとにして商品の陳列方法や商品構成に工夫をしたら、売り上げが10%アップした。

これはまさにマーケティングの業務に役立つ経験のひとつです。マーケティングの業務は、市場の動向やトレンド、一般ユーザーの欲しているものを調べ、売れる商品、商材を企画することです。

未経験者がマーケティング業務へ転職する場合は上記のような経験があればそこを強調してアピールすると良いでしょう。

また営業や戦略コンサルティング、プロモーションやプランニングなどを経験した事ある方は比較的マーケティングに転職しやすいでしょう。

例えば、営業ではどうやったら売れるのか、という仮説を立てたり、戦略コンサルティングならどうすれば事業は伸びるのかということを考えたりします。このような考えはマーケティングの考え方と近いものがあり、未経験で転職したとしてもマーケティングで活かすことができるでしょう。

関連相談

外資系企業のマーケティング職へ転職する

外資系企業のマーケティングの転職ですが、通常のマーケティングと違い、柔軟な発想力が求められる傾向が強いです。

これはマーケティングのお仕事に限らず外資系企業全般に言えることです。

なぜなら外資の場合は既存の自社商品を日本の市場で流通させなければならない為、ほかの人が気づかないような着眼点、発想を持って市場のマーケティングが出来る人材が求められます。

よって外資系企業のマーケティング業務に転職する場合は様々な視点から物事を捉えることが出来る能力をアピールしましょう。

関連相談

マーケティンへの転職に必要な資格とは

マーケティングの仕事は多岐にわたります。それに応じて必要なスキルや資格が変わってきますが、どれにでも当てはまるスキルが解析能力でしょう。

集めたデータを分析・解析するスキルですが、これを磨けば集めたデータを有効に利用し、それにあった販売戦略を考えることが出来るようになります。

またデータを解析することにより、不可視だったことも見えてくるようになりますから、今まで誰も気にも留めていなかったデータにスポットを当てて、斬新なプロモーションなどの企画を考えることが出来るようになるかもしません。

この解析能力を磨くには日ごろから様々な情報を習得し、興味を持つことから始まります。幅広く知識を習得することを日々心がけるようにしましょう。

以下のような資格を取ることも非常に転職を有利にすることができるでしょう。

  • マーケティング・ビジネス検定
  • ネットマーケティング検定
  • マーケティング検定

マーケティング・ビジネス検定

マーケティング・ビジネス検定では、特定の職種に捉われない共通のマーケティングの知識習得を目的に行われている検定になります。

またマーケティング・ビジネス検定は、A・B・C級の3つにわかれており、B・Cに関しては初級者向けのレベルとなっています。

C級に関しては、勉強時間が約30時間あれば取得できると言われているので難易度はあまり高くないと言えるでしょう。


ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定は、Webマーケティングを志望している方にオススメの資格になります。

主にSEOやSEMに関する知識を問われる検定となり、インターネットマーケティングに関する基礎知識が身に付きます。

また合格率も70%と言われており、勉強時間も20時間程度で合格できるとされている検定です。ですので、難易度は高くないと言えるのでしょう。


マーケティング検定

マーケティング検定は、マーケティングの知識を活かし転職したい方にオススメの検定となります。

マーケティング検定ではマーケティングの幅広い知識が問われ、マーケティングの基本的な概念やスキルを身に付けることができます。

関連相談

マーケティングの転職で有利になることとは

マーケティングの転職で一番有利なことはなんと言っても実務経験でしょう。

このマーケティングの仕事は経験値の差が圧倒的なアドバンテージになってしまいます。

では実務経験がない人はこの仕事が出来ないのかというと、答えはNOです。

未経験の人はとにかく知識の習得をし、今までの職歴を振り返りマーケティングに関係することは何かしていなかったかどうかを思い出すようにしましょう。

特にこの知識の習得については、採用された後でも継続して行う必要があります。

マーケティングの転職において、有利になることは豊富な知識量と多彩な経験値が大きなウェイトを占めているといって過言では出ないしょう。

ということで、一つJobQにありますQAを確認しましょう。

IT企業が求めるマーケティング職の採用基準は何でしょうか?

転職活動を検討中のマーケティング職担当の者です。

転職活動をするのが初めてで、現在はメーカー関連の企業でマーケティングを担当しています。

特にIT関連の企業でのマーケティング職を希望しているのですが、自分の場合、どのようなポイントがアピールポイントとなることが多いのでしょうか。

自分は広告メインのIT企業にいましたが、商材に対しての分析力など論理的に行う作業が得意かを見られました。

なので、現職での成果はなぜ残せたのか、など経歴含めて論理構成力を見られていると考えておいた方が良いと思います。


ということで、現職でどのような経験をしてきたのか。

業界が変わったとしてもこれまでのキャリアでどのよな仕事が出来てきたかを準備しておくことが必要となるでしょう。

そんなマーケティングの転職の志望動機について

志望動機は、転職をする上で避けては通れない項目です。

履歴書を書く上でも一番頭を悩ませるのはこれではないでしょうか。

私が推奨する志望動機の書き方はとにかく素直に書く。

これだけです。志望動機を書く際には別紙に志望した理由を箇条書きにして、それから志望動機の構成を考えるとまとめやすくなり、しかも読みやすくなりますから企業の担当者にもよく響く内容になるはずです。

本当にマーケティングの仕事がしたい、この会社で働きたいと思っているなら志望動機の2,3個はスラスラとかけるはずです。

それを纏めて志望動機とするとよいでしょう。
 

マーケティング職へ転職をするためには

マーケティング職へ転職するためには、転職エージェントを利用するとよいでしょう。

好待遇や自分に合った職場の求人を見つけるためには、以下の転職エージェントを利用することがおすすめとなります。

好待遇の求人を見つける

自分に合った職場を見つける

マーケティング転職の総括

マーケティングのお仕事の転職は正直に申し上げますと、業務経験者が圧倒的に有利な世界です。

しかし、未経験者でもチャンスはあります。未経験者が転職戦線を勝ち抜く為には素直さと元気の良さで勝負するのが一番良いです。

なぜなら嘘をついたり、知ったかぶりをするとすぐに面接官にはバレてしまうからです。

最近では、業務経験者よりも余計なクセがない新卒や未経験者を優先して採用しようとする企業もあるようです。

マーケティングや企画の仕事は企業の花形であり、売り上げに直結するとても重要なセクションです。

プレッシャーも感じますがとてもやりがいのあるお仕事です。未経験者もどんどんチャンレンジしてもらいたいお仕事のひとつだと私は思います。

最後に未経験者でも経験者でも、転職エージェントを使ってみるものよいと思います。

いろんなサポートが受けれますので、いままで見えなかった自分の新しい魅力や能力が発見でき、転職活動を有利にすすめることが出来るようになるかもしれません。

転職をサポートしてくれるサービスを紹介

おすすめの転職エージェント

エージェント 求人数 提案力 評判 おすすめ
1位:リクルートエージェント 全ての人
2位:ビズリーチ ミドル層
3位:doda 第二新卒
4位:マイナビエージェント 20代の方
5位:パソナ 女性の方向け

 

以上の転職エージェントがおすすめとなります。まずは登録してみると良いでしょう。

本記事の初回公開日は2018年02月13日です。

この記事に関連する転職相談

修得単位が少ない場合はどんな理由を説明すると印象が良いですか?

慢性疾患により修得単位が少ない場合、「疾患を正直に明かす」「事故があった等別の理由を用意する」どちらの方が印象が良いでしょうか? 現在大学3年生で、地方の私立大学に在籍しております。希望職種はマーケティングリサーチャーで、企業の規模につ...

マーケティングから事務職に転職することは可能でしょうか?

30代からの職探し。 お付き合いしてる方との結婚話が出たので、結婚後のキャリア形成を考え忙しい前職(マーケティング)から妊娠・出産後も復帰しやすい事務職に職種変更の選択をしました。 しかし、 ・請求書対応などの細かい計算が苦手 ・女性...

外資IT業界でサポートプログラムマネージャーからマーケティングにキャリアチェンジしたいですのですがどのようなアプローチが良いでしょうか?

外資IT業界でサポートプログラムマネージャーからマーケティングにキャリアチェンジしたいですのですがどのようなアプローチが良いでしょうか?

コンサルタントにおけるマーケティングと戦略は紙一重ですか?

コンサルタントにおけるマーケティングと戦略は紙一重ですか?戦略はM&Aにも関わる機会はありますか?

公認会計士を挫折し、メーカーの企画・マーケティング職に就きたいと考えています。これは面接官から不審がられますか?

公認会計士を挫折し、休学留年して民間就活に切り替えた者です。 進路について再考した結果、メーカーの企画・マーケティング職に就きたいと考えています。これは面接官から不審がられますか…?やっぱり経理財務志望であるべきでしょうか。 ちなみに、マ...

PayPayのマーケティング戦略すごくないですか?

PayPayを使ってみて思ったんですけど、あの戦略はまさにヤフーとソフトバンクにしかできないことだなと思いました。 もちろん100億円というインパクトもあるのですが、それ以上に20%還元&10万円まで無料になる可能性があるというのは魅力的ですし、...

小さな会社でマーケティングをしています。予算も少なくできることが限られていて...

小さな会社でマーケティングをしています。予算も少なくできることが限られていてもっと戦略とか立てられるようになりたいんですけどキャリアアップするには何から手をつけたらいいですか?

CGM UGCの違いを教えてください!!

新い職場でCGM UGCという言葉を初めて聞きました。 自分で調べて見たのですが何が違うのかわかりません。 わかる人教えてください。

IT広告業界からデジタルマーケティングなどへ転職できますか?

IT広告業界とその転職について2点質問です。 ①IT広告業界から事業会社のデジタルマーケティング部門もしくはマーケティング部門への転職事情を知りたいです。 ②IT広告業界での市場価値の高い職種があれば知りたいです (営業、プランナー、広告運用...

市場調査のやり方について教えてください

来週から、神奈川県の方に市場調査をしに出張に行きます。 自分の目で見て独自調査をして欲しいと上司に頼まれたのですが、現地の「市場調査」について何から手をつけて良いのか全く分かりません。 報告書を作成しなくてはいけないのですが、それも0...

この記事に関連する記事

【キヤノンマーケティングの面接は?】転職前に知っておくべき情報をご紹介

今回は、キヤノンマーケティングの面接について詳しくご紹介いたします。キヤノンマーケティングの面接について、どのような...

【採用マーケティング】事例や手法について詳しくご紹介いたします

採用マーケティングという言葉を聞いたことはあるでしょうか。現在、有能な人材を採用しづらい「難採用時代」に突入していま...

【マーケティングの転職エージェント】おすすめできるサービスをご紹介

マーケティングへの転職を検討している方は多いでしょう。今回は、マーケティングへの転職にオススメの転職エージェントをご...

【SNSマーケティングとは?】成功事例と失敗事例共にご紹介

SNSマーケティングという用語を皆さんはご存知でしょうか?現代ではSNSが主流になり、若者から年配の方までまで幅広く活用さ...

CGM?UGC?あいまいな状態で理解して使ったりしていませんか?

皆さんはCGMとUGCの違いについてしっかり理解できていますか。Webマーケティングの担当者になると知っていて当たり前の言葉で...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー