日本企業の古い体質とはどのようなものなのがありますか?

223

日本企業の古い体質とはどのようなものなのでしょうか?

社風雑談

ユーザー名非公開

回答 4件   応援 1

一般的には日本的経営は終身雇用・年功序列・企業別組合と学校で習ったかと思いますけど、こういった商慣行はこの20年ぐらいで大きくは崩壊しているわけですけど、いまだに、それを前提条件として制度や経営の考え方が色濃く残っている企業・組織もあり、「古い体質」と言われているかと思います。

もう少し一般化すると、ビジネスは「社会はこうなってるはずだ」ということを前提として作られているのですが、時代の変遷とともに前提条件が社会と合わなくなっているのに、会社の経営は古いままになってるようなものを指すかと思います。

例えば、もう現在では共働きのほうが普通なわけですけど、専業主婦の存在を前提として、およそ女性が子育てをしながら勤めることができないようになっているとか、会議のたびに大量の紙の資料が配られるだとか、喫煙者のほうが多いだとか、やたらにたくさんのハンコがないと何も決まらないだとか、そんなことがあると、「古いな・・」という感じがするかと思います。

ユーザー名非公開(質問者)

ご回答ありがとうございます。
本質的に必要無いものが慣例として残っており、時代に合わせて必要なものを取り入れていく柔らかい発想が欠けているようですね。
日本を代表する企業には、常に新しいものを世界に提供していく土壌があるはずなのに、未だそのようなスマートさが備わっていない企業が多いことが不思議です。

年功序列です。

年功序列と男尊女卑と残業時間自慢ですかね

何十ページにも渡るビジネスプラン、5年間の収益予測、業界の外を見ない市場分析

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー