フィージビリティ ビジネス用語 意味

【フィージビリティとは?】ビジネス場面で使われる言葉を覚えよう

フィージビリティとはどのような意味なのでしょうか。一般的にビジネスの場面で、特に就職や転職の場面で使われることの多い言葉が、フィージビリティです。今回は、そんなフィージビリティの意味や使い方、フィージビリティの進め方についてご紹介したいと思います。

96806

フィージビリティとは

フィージビリティとは、「実現性」「実現可用性」としてビジネス用語として使われています。

一般的には、事業化の可能性、採算性などを調査することを指します。

調査内容は、事業の環境要因であるマクロ環境、たとえば、法制度、規制、経済環境、技術動向、自然環境、社会環境であり、業界動向、市場動向、競合状況も対象となります。

 

IT業界での使い方は?

IT業界では、システムを構築する上で、システムで実現するべきことと、システムを運用で対応するべきことに区分して、その実現性を検討するときに使われる言葉です。

また、フィージビリティに限らず、ビジネス用語は企業や業界の特色によって様々な使い方があり、間違った使い方をすると恥ずかしい思いをするので、注意しましょう。


ただ、一度覚えてしまえば、意志疎通が早い場合もあるので、無駄に多用しない限り覚えておくぶんには良いと思います。

フィージビリティの意味

 

フィージビリティの意味は主に調査

新規事業やプロジェクトを成功させるために重要な戦略を検討する場合、実現可能性を多面的視点から検証を行います。

このような、事業計画やプロジェクトの実現可能性を多面的に検証することを「フィージビリティ」(Feasibility)と呼びます。

具体的には、「実行できること」「実現の可能性」の意味になります。システムでは、POC(Proof Of Concept)と言われることもあります。

この場合は、もう少し狭い意味で機能などの実現可能性になります。

 

最近では、意味も変化している?

最近ではフィージビリティでは、時間もかかり結論がでないことから実験的プロジェクトを行い、調査、課題検証、仮説検証を行う場合に使われることもあります。

またビジネス用語ではフィージビリティだけではなく、「フィージビリティスタディ」という言葉もよく使われます。

フィージビリティスタディとは、

「実行可能性調査」「事業化調査」「採算性調査」

の意味で、頭文字をとって「F/S」や「FS」と省略されることがあります。

また後ろを省略し、フィージビリティといった言い方もされます。

ビジネスやIT業界、技術開発・研究、行政など幅広い分野で使われることが多い用語と言えるでしょう。

【無料】次の転職で年収20%上げたい方へ!土日休み・残業なし

マイナビエージェント」が無料で転職面談を実施中です。
 

マイナビエージェント」はこんな人におすすめ!

・20代〜30代で転職をお考えの全ての方
・無料で手厚いサポートを受けたい方
・営業、金融、メーカー、IT系、エンジニア系で転職をお考えの方

マイナビエージェント_転職エージェント

 

マイナビエージェントの公式サイトはこちら
https://mynavi-agent.jp/

 

フィージビリティの使い方と具体例

使い方と具体例

社運を賭けた新規事業の参入計画、新商品プロモーション戦略、つまり計画やプランと言われるもの対する実現を検討する際、そもそも実現可能なのかどうか、いろいろな視点から検証する、というのがフィージビリティです。

調査となると期限をきらないと結論がだせないという欠点から、使い方にも変化が出てきています。

誰かがマターとなって新しく企画する際に、

具体的なプランの具体性を確認したり、示したりするときに使います。

<使われ方の具体例>
弊社が新たな市場へ進出するには、コストがかかっても充分なフィージビリティが必要不可欠である。

 

ここで、に寄せられたフィージビリティについての口コミを紹介いたします。

Q. プライベートでもビジネス用語を多用する方はいらっしゃいますか?

新卒一年目です。

大学を卒業してから久しぶりに、大学時代の友人にあったのですが、普通に遊んでいるだけなのにビジネス用語を連発していてうざかったです。

そもそもの業界の風土が違うのかもしれないのですが、これが普通なのでしょうか。

小さな会社を経営しております。プログラマーです。

ビジネス用語って何かしらの問題意識やその解決方法を表しています。…続きを読む

とのことでした。

ビジネス用語を使用する際は、TPOを大事にしていきたいところですね。

フィージビリティと検証の仕方について

フィージビリティの対象となる5つの調査範囲

フィージビリティでは、実現性の検証が重要です。

検証とは、仮説に基づく広範囲な調査を行うことです。

事業計画や、プロジェクトの内容によって、検証における調査範囲は変わります。

フィージビリティの対象となる調査範囲は、

  • 「企業ポリシーと事業計画が一致している」
  • 「市場規模や市場動向、競合状況についての詳細調査」
  • 「政治的または法律的な計画を妨げる規制や届け出などの事前認可や申請が必要の有無」
  • 「計画を実現するための技術や人、資金の規模」
  • 「計画を実現する上での、メリット・デメリット、リスクヘッジ」

など課題の洗い出しになります。

フィージビリティの結果、事業計画の修正や変更を迫られたり、計画自体を中止することになります。

また、上記であげられた「リスクヘッジ」というビジネス用語について、このような口コミが寄せられています。

日常会話でリスクヘッジを使う男性についてどのように思いますか?

現在、絶賛婚活中の者です。

この間お会いした男性が会話でリスクヘッジという言葉をよく使っていました。

たまたま自分もIT企業で働いていますので、リスクヘッジという言葉については理解していますし、ときよりミーティングでもこの言葉が出てきますが、ここまでリスクヘッジという言葉をよく使う男性にお会いしたのは初めてでした。

好印象だったのですが、とりあえずカタカナコトバを使うこの男性は地雷だと思いますか?

仕事でなければ使う必要性を感じませんし、クライアントによっても使わない方がいい相手もいます。

私はWebコンサルですが、一度も…続きを読む

とのことでした。

フィージビリティだけでなく他のビジネス用語も、使った相手にどう伝わるか、などを考えて発言してきたいですね。

【ビジネス用語のオポチュニティとは】正しい意味や使い方について

フィージビリティスタディの進め方とは

「フィージビリティ」は、正確には実現性可能性調査という意から「フィージビリティ・スタディ」(Feasibility Study)と言われることが多いです。
 

フィージビリティスタディとは

フィージビリティ・スタディとは、事業計画やプロジェクトの実現可能性を検討することです。

ビジネスにおいてプロジェクトを成功に導くために必要な考え方と課題に対する解決、潜在的な課題を健在的な課題にまで具現化し、その課題について、成功するための実現可能性を検証していくことが、フィージビリティスタディの進め方です。

 

フィージビリティスタディの進め方とは

具体的に進め方で重要なことは事前にフィージビリティスタディの評価項目を定義しておくことです。

評価項目は、戦略の影響度、競争優位性の持続力とその限界、経営資源の充足度と不足度、事業損失のリスクとリスクを取るメリットが代表的なものです。

フィージビリティのまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はフィージビリティとはどのような意味なのかについて確認をしていただきました。フィージビリティは、ビジネスの場面のみならず様々な場面で登場する言葉です。

しかし、ビジネスの場面でもよく使われる言葉ですので、是非この際に覚えておきましょう。

【必見】登録しておきたい完全無料の転職エージェント

人気の転職エージェント

転職エージェント 対象
マイナビエージェント 転職を目指す全ての20〜30代におすすめ
レバテックキャリア IT業界・Web業界に特化
リクルートエージェント 業界総合実績・求人数No.1
第二新卒エージェントneo 20代の第二新卒・フリーターに強い
JAIC 就職成功率81.1%以上
ビズリーチ 年収1,000万円を超える求人が1/3以上
dodaキャンパス 国内最大規模の新卒向けサービス


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/
・レバテックキャリア:

 https://career.levtech.jp/
・第二新卒エージェントneo:
 https://www.daini-agent.jp/
・リクルートエージェント:
 https://www.r-agent.com
・JAIC:
 https://www.jaic-college.jp/
・ビズリーチ:
 https://www.bizreach.jp
・JAIC:
 https://www.jaic-college.jp/
・dodaキャンパス:
 https://campus.doda.jp/

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す