【評判の悪い転職エージェントはどこ?】口コミと一緒に徹底解説

【評判の悪い転職エージェントはどこ?】口コミと一緒に徹底解説

どの転職エージェントが評判が悪いのか気になりませんか。記事では、転職活動を絶対失敗したくない方向けに転職エージェントの評判や口コミをご紹介致します。また、評判が悪い転職エージェントが存在する背景や、信用できない転職エージェントの見極め方を解説致しますので、ぜひ参考にしてください。

3681

転職エージェントの評判について

ネット上には各転職エージェントの様々な評判が書かれていますが、正直なところ広告目的で書かれたものや信憑性の低い質の悪い口コミ情報が多いです。

「転職をしたことがなく、どのサービスを使ったら良いのかわからない」

「結局、どこが評判悪くて、どこが評判が良いのかわからない」

「良いエージェントを使って、納得のいく転職をしたい」


などといった悩みのある方は是非最後まで読んでみてください。
 

転職エージェントには2種類ある

前提として、転職エージェントは大きく分けて以下の2種類が存在します。

  • 総合型の転職エージェント
    全ての業界・職種の求人を取り扱っている
     
  • 専門型の転職エージェント
    特定の分野に特化している

よって、各転職エージェントの特徴を見ずに、ランキングの順位だけを見て利用するのは控えましょう。

転職エージェントを選ぶ際には、各転職エージェントの特徴をしっかり確認した上で自分に合う転職エージェントを選ぶ必要があると言えるでしょう。

詳しく「転職エージェント」について知りたい方は以下の関連記事を参考にしてみてください。
 

関連記事
▶︎ 転職エージェントの正しい使い方とおすすめランキング7選


転職エージェントは複数併用がおすすめ

転職エージェントを利用する際には、複数社に併用して登録することがおすすめです。

転職エージェントの利用を、1社に偏らせてしまうと、

  • 転職エージェントとの相性が悪い
  • 使えない転職エージェントの可能性がある

のように転職活動が失敗してしまう可能性があるからです。

そのため、転職エージェントを利用する際には、

業界大手2,3社+中小・特化型1社

を利用しましょう。

複数社登録しておくで、自分に合ったサポートの質が高いアドバイザーを比較検討できる様にしておきましょう。

さらに詳しく知りたい方は、以下の関連記事を参考にしてみてください。
 

関連記事
▶︎転職エージェントの正しい使い方とおすすめランキング7選

評判が悪いエージェントが存在する理由は?


そもそも評判の悪い転職エージェントが存在する理由は以下の3つが考えられます。
 

  1. ノルマがある
  2. 質の低い転職エージェントが担当になる
  3. ブラック企業を紹介される可能性がある


それでは、詳しくご紹介していこうと思います。


ノルマがある

転職エージェントも営利企業のため、ノルマが存在します。

そのため、転職エージェントは

  • 早く転職させるために急かす
  • 希望と違う求人を紹介する
  • 内定を確保するために勝手に応募する

という対応を行うことがあるようです。

このような対応をされたことが原因で

  • 転職エージェントは使えない
  • 転職エージェントはむかつく
  • 転職エージェントは信用できない

と、転職活動者が感じるようです。

このような、悪質なエージェントだった場合は、早い段階で「担当者の変更」もしくは「エージェント会社の変更」を行いましょう。

併せて読みたい記事
▶︎誰も知らない転職エージェントの裏事情とは?
▶︎転職エージェントにむかつく瞬間とは?
▶︎信用できない転職エージェントの特徴とは?

併せて読みたいQ&A
▶︎転職エージェントは勝手に応募することがあるのですか?


質の低い転職エージェントが担当になる

能力不足の転職エージェントが担当になると、転職活動の成功率が下がってしまい悪い評判が発生するようです。

能力不足の転職エージェントが担当に当たらないように、転職エージェントは複数社登録するのが良いでしょう。

さらにここでは、「転職エージェントに紹介される求人はブラック企業の可能性はあるのか?」という質問をいただいたので、ご紹介致します。

転職エージェントに紹介される会社がブラックだったりすることはありますか?

転職エージェントに紹介されて入った会社がブラックだったり掲載求人内容と全く違う条件だったりしますか?

エージェントはできるだけ短期で内定を取ってほしいと考えるため、転職者の職歴・ポテンシャルや求める仕事の条件が低ければ適当な会社を紹介してくるのはあり得る事だと思います。

できるだけ短期で決めて貰わないと、転職者のモチベーション低下や他のエージェントへ移ってしまう可能性が高くなってしまうためです。

そうなるとエージェントの業績にはなりません。

ただ、異なる求人情報を載せるのは、エージェントにとってもメリットがないため、企業側が勝手に異なる内容を記載しているのかもしれません。

質問者様の中で譲れない条件はしっかりエージェントに伝えて下さい。

内定後は改めて求人票の内容とオファーレターに差異がないかエージェントと一緒に確認しましょう。

選考時に聞きづらい給料や福利厚生などもエージェントに確認、もしくは内定後に採用担当者に確認です。
条件が異なれば突き返した方が貴方にとって幸せだと思います。

私も日本の外資系に新卒で採用されましたが、ブラックだと分かり、辞めざる(辞めさせられる)ことになりました。

1か月間以内に転職者が辞めるとその会社にもお金が発生するそうです。

エージェントはあくまで仲介役です。彼らは人が自分が進めた企業に入ればお金が発生しますので、自分の担当している企業を強く推すのです。

ですが、党考えてもおかしい場合は相談すると良いと思います。

普通の場所はちゃんと対応して頂けるはずです。私が関わったエーゼシーが異常だった可能性があります。

私は初めてがブラック企業でしたので、他の方々よりかなりつらかったです。
社会・会社での普通の雰囲気が分からなかったです。

内定を承諾しましたのち、会社で業務を回されました。

始めは実務一般だけかと思いましたが、だんだんデリバリーや営業の電話をかけさせられました。

会社規模もかなり小さくて正式な部署という堺もありませんでした。

しまいには冒頭で申しました通り、通知もなく1ヶ月後には解雇されました。

可能性としてはあると思います。

エージェントはあくまで仲介役でしかないため、企業側が嘘の求人を出している場合や、都合に合わせて入社後の人事を変更することまではわからないと思います。

内定承諾する前に条件面をしっかりと確認し、書面で配属部署などをもらった上で承諾するのが良いのですが、そこまでは面倒みてくれないこともあります。

ただ、どう考えてもおかしい場合は、エージェントに相談すると良いと思います。
良いエージェントなら相談にのって対応してくれると思います。


このような回答をいただきました。

転職エージェントを利用しても、ブラック企業の求人を紹介されることはあるようです。

ブラック企業を紹介されないための行動が気になる方は、以下の関連記事をご覧ください。
 

関連記事
▶︎【転職エージェント】ブラックばかりの求人を紹介されないために

信用できない転職エージェントの見極め方

ここでは、信用できない転職エージェントの特徴に関する質問がJobQに寄せられたのでご紹介致します。

信用できない転職エージェントの特徴とはなんですか?

いい転職エージェントなのかそうではないのか、見分ける方法としてどういうものが挙げられるのでしょうか。

1)先日、転職エージェント$氏とお会いした際に、$氏の以下の言動が見受けられたためです。

【言動】
・根拠もわからず、腑に落ちない状態にも関わらず、エンジニア職を嫌煙して営業職ばかりを勧めてきた。

・$氏発言
"今現在、エンジニア職は採用難易度が高く、大卒などの学歴を重視してきているため、採用難易度が高い。
ただ、未経験からエンジニアを目指すことはできないことではない"

・"ソフトバンク、ドコモなどの通信産業はまさに成長産業なので、.、大手キャリアの携帯販売スタッフはいいですよ"

↑に対する意見:
(1)いくらインフラ産業で有るにせよ、何を根拠に成長産業とおっしゃってるのかが分からない。

(2)(私自身がフェイクニュースを鵜呑みにしてるだけなのかもしれないが、)
それに次のような事案が発生してるにも関わらず果たしてそれがいいのかが分からない。

・総務省と大手キャリアと解約金や違約金などで拮抗してる。その上にMVNOも参入してる。

・ドワンゴ役員のb氏のTweetでドコモの代理店の店員がB氏の祖母に対して不要なオプションをつけて嫌な思いをさせていたことを吐露していたこと。

・実際にN氏がドコモの店舗のサービスに対して苛立ちを募らせていた旨のTweetをしていたこと。

・実際に携帯ショップ店員の業務が安給かつ激務で離職率が相次ぐのに、なぜが携帯ショップの販売店員がいいのか分からない。

良い悪いは人によって変わるので、自分が信用できない・いやだと思うなら変えてしまいましょう。

当たりハズレはあるので、数を打つしかないですね。

ただ、多くのエージェントに同じような微妙な対応をされる、ということでしたら、
あなたのキャリアや希望内容に問題があるかもしれませんね。
・理想が高すぎて実力と乖離している
・転職できても年収が低そう(エージェントの売上が少なそう)で優先度が下がっている

まあそのエージェントがエンジニアは得意じゃないんでしょうね。

未経験でエンジニアは年齢にもよりますが、実際に難易度高いです。

大口のキャリア販売員のノルマがあるから、そちらに回したいんでしょう。

私は転職回数が複数回あり、かなりの数の紹介会社・エージェントと会ってきましたので、ご参考になれば。

■そもそも論で
私も経験あるのでよくわかりますが、こんなつまらない事で感情的になってご質問者様は不快な気持ちになるべきではありません、勿体ないです、時間と感情の無駄。

相性が悪いポンコツ営業マン(エージェント)にあたって、買いたくもない商品売りつけられそになっちゃった、で終わりです。他方、「ああ、こういう変化球案件もおれって紹介されるんだ。」と情報収集できたことに意義があったのです。

何十というエージェントに会ってきましたが、人間なので合う合わないがそもそもありますし、彼ら全てが良い営業マンもでない、ましてや彼らも数字目標を持たされた営業マンなので、時には売りたい案件をごり押しする事もあるわけです。

■いい転職エージェントとは?
 一義的には、自分が望む・合う案件を紹介してくれて応援してくれる人、ですよね?中長期的に付き合えるエージェントがいい転職エージェントだと思います。

私も15年以上お付き合いするエージェントがいますが、彼女の紹介で転職したこともあれば、知人を紹介してその知人が転職したり、キャリア上の相談をしたり、と色々相乗効果がある仲です。

■善し悪しを見分ける方法
 ご本人の希望を無視してエージェントが決めたい・優先したい案件しか紹介しないエージェントは悪し、逆は良し、ですよね?私は若い頃に人材紹介会社に結構勘違いをしていました、求職に困る求人者の味方になってくれる心強い存在だと。

実際は、求人企業と求職者の橋渡しに介在するだけのディーラーなわけでして、家族でも友達でもない彼らから、いつもドンピシャな案件が来るはずもないのです。


本当に良い転職エージェントの見極め方は上記のようにあるようです。

より詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
 

関連記事
▶︎信用できない転職エージェントの見極め方

転職エージェントを利用するときの活用術


働きながら、転職活動を進めるのは効率的に進めないと困難だと言えます。
 

  1. 厳選して複数エージェントに登録する
  2. 同じ求人には応募しない
  3. 相性が合わない場合は担当の変更を依頼する
  4. 転職に対しての意欲を見せる
  5. 経歴やスキルを偽らない
  6. 企業の情報をそのまま鵜呑みにしない


限られた時間の中で、いかに成功の確率を高めて行ける方法を以下の4つご紹介します。


厳選して複数エージェントに登録する

まず、転職エージェントを複数利用するメリットには
 

  • 選考の添削をしてもらえる
  • 自分にあった求人に出会えやすくなる
  • 独占求人を見つけられる
  • 情報収集を多く取る事ができる


上記の4つが存在します。

情報量を多く取ることを目的として、複数のエージェントに登録しておきましょう。

複数登録する際のポイントとしては、3社程度の転職エージェントを利用すると良いでしょう。

さらに詳しく知りたい方は、以下の記事をぜひご覧ください。
 

関連記事
▶︎【転職エージェントの担当変更は可能?】変更時の電話方法などを紹介


同じ求人には応募できない

複数の転職エージェントを利用する際には、同じ求人に応募はできません。

2社以上の転職エージェントでバッティングしてしまうと、企業からの信用を失ってしまい、内定が取り消しになる可能性もあります。

そのため、転職エージェント経由で応募する場合は、同じ求人に応募しないように注意しましょう。
 



相性が合わない場合は担当の変更を依頼する

担当が合わない場合は、転職エージェントごと変更してしまうというのも良いでしょう。

利用する転職エージェントを変えることで、自分に合った求人に出会える可能性をあります。

また。他にも同じ転職エージェント内でも担当者を変更することが可能です。

さらに詳しく知りたい方は、以下の関連記事をぜひご覧ください。
 

関連記事
▶︎【転職エージェントの担当変更は可能?】変更時の電話方法などを紹介


転職に対しての意欲を見せる

転職エージェントには転職をしたいという意欲を積極的に見せていきましょう。

というのも、転職エージェントは企業側に求職者を採用してもらうことで報酬を得ることができ、転職への意欲の高い人ほど、紹介した企業に内定が得る可能性が高いと判断するためです。

そうすることで、さまざまな求人を紹介してもらえるようになる可能性が上がります。
 

経歴やスキルを偽らない

「経歴やスキルが良いほうが転職は成功するのではないか」と思い、経歴を偽ることはしてはいけません。

経歴詐称をすると、転職エージェントが紹介する案件と、あなたのスキルが合わない状態になってしまいます。

加えて、書類等で経歴を偽ると経歴詐称となり採用されたとしても、能力のミスマッチから、解雇や内定取り消しになる可能性があるの注意しましょう。

併せて読みたい記事
▶︎経歴詐称は罪になる?
▶︎経歴詐称がバレないって本当?

また、転職エージェントの正しい利用方法は以下の記事にまとまっていますので、ぜひ参考にしてください。
 

関連記事
▶︎【転職エージェントとは?】誰も知らない上手な利用方法を徹底解説

良くない転職エージェント特徴をご紹介

同じ転職エージェントであっても、評判の良し悪しが異なっていたり、担当する転職エージェントの能力やそのサービスを受ける利用者の感じ方によって、利用者の感じるサービスの質が異なることがあります。

転職エージェントの良い、悪いを決定づける要因は変数的で、評判の良い転職エージェントを利用したとしても、そのサービスの質が良くないと感じてしまうこともあるでしょう。

つまり、良くない転職エージェントには誰もが当たる可能性があるのです。

ここでは、良くない転職エージェントに当たった場合の対処法について、ケース別にご紹介します。


ケース①急かす転職エージェント

「担当になった転職エージェントが意思決定を急かしてくる」なんて経験をした方もいることでしょう。

サービスを受ける側からすると、気分は良くないものですが、ここで重要なのは、転職エージェントがなぜ急かしてくるのかということです。

転職エージェントが急かしてくるのには、サービスを利用する求職者のためである場合も多くあります。

転職エージェントが急かす場合は主に以下の通りです。
 

求職者のために急かす場合
募集企業が判断を急かしている
他の候補者がいる
転職市場の変化で求人が終わる可能性がある

転職エージェントの都合で急かす場合
ノルマ達成のため


転職エージェントの自己都合のために急かしてくる場合もありますが、サービスを利用する受け手のために急かす場合があることも把握しておきましょう。

募集を出した企業が判断を急かしているため、他の候補者がいるため、その求人が転職市場の変化で止まる可能性があるために急かす場合があります。

そのため、転職エージェントに急かされた場合には、以下の対処法が有効です。

  • 急かす理由を確認する
  • 自分のペースで転職活動を進めたい旨を伝える
  • 担当変更をする

まず、急かす理由を確認してみましょう。

求職者のために急かしているのであれば明確な理由を説明してくれるでしょう。

それでも自分のペースで進めたいと感じた場合はその旨を転職エージェントに伝えましょう。

あなたに合わせた転職活動を支援してくれるはずです。

以上2つの対処法を以ってしても納得がいかない場合は、担当変更を依頼してみましょう。


ケース②嘘つき転職エージェント

嘘をつく転職エージェントの特徴としては主に以下のものが挙げられます。

  • 特定の企業を激しく勧めてくる
  • 業界知識が乏しい
  • 幹部職をエサに不人気企業の応募させようとする


転職エージェントは、仕事や企業を紹介する人材業界のエキスパートであり、業界事情に詳しくあるべきですが、それが当てはまらない転職エージェントも中には存在することを把握しておきましょう。

転職エージェントは求職者を募集会社に入社させることで、報酬を受け取る仕組みとなっていることから、求職者の希望ではなく受かりやすい企業だけを勧めてくることがあります。

中には、1社しか紹介されないというケースもあるようなので、その場合は要注意です。

嘘をつく転職エージェントに対する対処法としては、

  • 複数の転職エージェントを利用する
  • 嘘をつかれたと感じたらすぐに担当を変える

が有効です。
 

関連Q&A
▶︎嘘つきな転職エージェントが担当だったことがありますか?
▶︎嘘つきな転職エージェントの特徴は何でしょうか?

評判の良い転職エージェント紹介

ここでは、転職エージェントをご紹介します。

  1. リクルートエージェントの評判
  2. dodaの評判
  3. マイナビの評判
  4. ビズリーチの評判
  5. パソナキャリアの評判
  6. JACリクルートメントの評判


1. リクルートエージェントの評判

リクルーエージェントは転職総合実績にNO.1です。

リクルートエージェントに登録しておくことで、好条件で転職を目指すことができます。
 

リクルートエージェント


リクルートエージェントの特徴は、以下の3点になります。

  • 国内最大の求人数(23,0000件超)
  • 転職実績NO.1

リクルートエージェントに登録して転職を成功させましょう。


2. dodaの評判

dodaは、利用者満足度NO.1の転職エージェントです。

dodaの求人数も豊富です。

そのため、幅広い選択肢を持っている方にオススメの転職エージェントです。
 

doda


dodaの特徴は、以下の2点になります。

  • 業界最大級の求人数(約10,0000件)
  • 完全無料

dodaに無料登録をして転職を成功させましょう。
 


3. マイナビの評判

マイナビエージェントは、20代からの信頼NO.1です。

第二新卒のための求人を多数保有しているのも、マイナビエージェントの特徴です。
 

マイナビエージェント紹介画像


マイナビエージェントの特徴は、以下の2点になります。

  • 20代・第二新卒の満足度No.1
  • 取引社数は15,000社以上

マイナビエージェントに登録して転職を成功させましょう。


4. ビズリーチの評判

転職を考えるときにはまず自分の市場価値を知ることか大切です。

ビズリーチでは登録者の70%以上が市場価値を知るために利用しています。

ビズリーチに登録しておくことで、スカウトを受けることができ年収UPする人が続出しています。


ビズリーチ転職後の平均年収

  • 35歳以上:850万円
  • 40歳以上:910万円

今すぐ登録してまずは市場価値を確かめましょう。


5. パソナキャリアの評判

パソナキャリアは求人・転職サイト3年連続お客様ランキンNO.1です。

パソナキャリアは女性にオススメの転職ージェントです。

パソナグループとしても『女性活躍推進』を打ち出しています。

パソナキャリア


パソナキャリアの特徴は、以下の2点になります。

  • 女性にオススメの転職エージェント
  • 求人件数50,000件以上 (非公開求人を含む)

まずは、無料の会員登録からスタートしましょう。


6. JACリクルートメントの評判

外資系企業やハイキャリアで1200万円以上を目指すならJACリクルートメントがオススメです。

日本での30年以上の歴史、約25,000の求人案件があり、1人1人にあった求人のご案内が可能です
 

JACリクルートメントの口コミ・評判


JACリクルートメントの転職後の年収例

  • 機械メーカー営業課長代理 900万円 
    ▶︎ 外資機械メーカー営業課長 1200万
     
  • ・コンサルティング会社M&Aアドバイザリー 1000万円
    ▶︎ 大手金融M&Aアドバイザリー1200万円

JACリクルートメントに登録して、転職を成功させましょう。

専門性が高い転職エージェント

ここでは、専門性が高い転職エージェントについてご紹介します。

  1. 介護職に特化した転職エージェント
  2. 未経験業界への転職に特化した転職エージェント



1. 介護職に特化した転職エージェント

かいご畑は、厚生労働省認可の介護就職サービスです。

働きながら介護の資格が、取ることが可能です。

かいご畑
かいご畑の特徴は、以下の2点になります。

  • 厚生労働省認可の介護就職サービス
  • 無資格・未経験OKの求人が多数

まずは、無料の会員登録からスタートしましょう。


未経験業界への転職に特化した転職エージェント

ハタラクティブは、フリーター、第二新卒に強い就職・転職エージェントです。

ハタラクティブ未経験でも利用すことで正社員就職が可能です。
 


ハタラクティブ公式HP


ハタラクティブの特徴は、以下の2点になります。

  • カウンセリング実績110,000人
  • 内定率80.4%

まずは、無料の会員登録からスタートしましょう。

転職エージェントの評判のまとめ


いかがでしたでしょうか?

自分に合った転職エージェントを見つけることは、転職成功への近道です。

転職エージェントにはそれぞれ特徴があり、それぞれ得意な分野が違います。

まずはここで紹介した情報を参考に、自分の年齢にあったエージェントからあたってみてはいかがでしょうか?

どれもいまいちであれば、エージェントの特徴や年齢層を意識して探してみてください。

自分に合ったエージェントを見つけやすくなると思います。
 

併せて見るのにおすすめ!

転職エージェントの選び方や使い方、業種・業界ごとのオススメ転職エージェントに関してはこちらの記事にまとめましたので、是非参考にしてみてください。

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

エージェント名 実績 対象
リクルート 5 30代以上 
ビズリーチ 4.7 ハイクラス層
パソナキャリア 4.5 全ての人
レバテックキャリア 4.4 IT系
dodaキャンパス 4.3 新卒


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:
https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:
https://www.bizreach.jp
・パソナキャリア:
https://www.pasonacareer.jp

・レバテックキャリア:
https://career.levtech.jp/

・dodaキャンパス:
https://campus.doda.jp/

この記事に関連する転職相談

転職エージェントが無能なのですが担当変更をした方がいいですか?

転職エージェントが推薦する企業に、書類選考だけで80社中9社しか書類通過しないとやばいですよね。 知り合いには転職エージェントが役に立たない無能だと言われたのですが、担当変更をするのが良い...

転職エージェントは面接のフィードバックをどこまでやってくれますか?

転職エージェントは面接のフィードバックをどこまで詳しくやってくれるのでしょうか。 転職エージェントのサポート内容に、面接対策をやってくれるということを知りました。 しかし、転職エージ...

転職先を決める時利用するサービスはなんですか?

転職したことがある方に質問します。 転職先は何で見つけているのでしょうか。 転職雑誌やハローワーク、またインターネットなど、様々な手段がありますが ベストなサービスはなんでしょうか?

あ、この転職エージェント危険だなと感じる特徴は何ですか?

転職活動を始めようと思っています。 転職エージェントを何名か登録しようと思うのですが、 転職エージェントを見分ける際に、 あ、このエージェント危険だな、やばそうだなとかいうのを見極...

転職エージェントとハローワークの併用をどう思いますか?

求職活動をするの転職エージェントハローワークを同時併用しようと思うのですが、皆さんはどう思いますか? 転職エージェントとハローワークのどっちかでいいと思いますかね。 また、 ・転職...

転職エージェントとの面談はどんな内容なのですか?

転職エージェントとの面談はどんな内容なのでしょうか。 また、転職エージェントとの面談ではどこまで相談できるのでしょうか。 前職の退職理由は精神的にあまり言いたくありません。 初...

転職しない人でも転職エージェントに登録することはできますか?

転職意欲は低いが、求人を見たい、キャリアに関して転職エージェントに相談だけしたい、人は転職エージェントを利用することはできないでしょうか。 やはり、転職しない人が転職エージェントを利用する...

直接応募するのと転職エージェントを利用するのとではどちらがいいですか?

私は在職中ではありますが、現在転職活動をしております。年齢は50歳です。気になる企業のホームページに求人募集がある場合、直接応募が良いかそれとも付き合いのあるエージェントからの応募が良いのか悩ん...

信用できない転職エージェントの特徴とはなんですか?

質問です。 いい転職エージェントなのかそうではないのか、見分ける方法としてどういうものが挙げられるのでしょうか。 1)先日、転職エージェント$氏とお会いした際に、$氏の以下の言動が見受け...

転職エージェントを利用する際に起こるありがちなトラブルって何ですか

転職エージェントの利用を検討していますが、みなさんが転職エージェントを利用した際はトラブルが起きたことがありますか? 転職エージェントを利用したときに起こるありがちなトラブルなどがあれば伺...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す