【例付き】5年後の30代に向けたSEの7つのキャリアパスの画像

【例付き】5年後の30代に向けたSEの7つのキャリアパス

数年前までは毎日の業務に追われていた自分も、今では後輩を指導する立場にある。身近な先輩はPMとしてプロジェクトを回しているのをみながら、ふと自分には他にもキャリアパスがあるのか、気になってきたのではないでしょうか。今回はSEとして5年後の30代のキャリアパスを例を踏まえて解説したいと思います。

2076

「30代SE」はキャリアの曲がり角

Fintech、シェアリングエコノミー、IoT、AR/VR...2000年前後に広く普及したインターネットのように、2018年以降の人々のライフスタイルに大きな影響を与える産業が急成長を見せています。そうした中、システム設計やプログラミングへの理解が深く、チームで働く経験にも長けているSEへの需要が高まっています。

一方で、プログラミングに関してはパッチ処理が多い、仕様調査や詳細設計、テストといった技術面以外のことに従事してしまい、30代を迎えたSEが今後のキャリアパスに悩むことも少なくありません。

今の現場ではスキルアップにならない単調な作業しか出来ていないと感じていても、今後自分はどういうキャリアパスを描きたいのか、そのイメージがなくては、新しい技術を身につけることや付加価値を高めることもできません。

今回は一般的にSEのキャリアパスとしてあげられる4つの職種の他に、5年後以内に急成長が予想される産業3つを加えた7つのキャリアパスをご紹介いたします。

関連相談

SEとしてのキャリアパスはどんな例があるのか

スペシャリストSE

必要とあれば何でも調べて技術の幅を広げ、他のSEにが苦戦してしまう課題やトラブルを解決していく。そんな、現場の開発と指導に責任を持つのがスペシャリストSEです。

システムが動くプラットフォームや関連するミドルウェアなどの仕組みにまで理解があることや、前職などの経験を活かした特定業界への深い理解があることが求められます。近年ではマネジメント職での出世を嫌って、優秀な人材が外に出ることを防ぐため、会社が制度を設けるなど活躍の場が広がっている例もあります。

 

向いている適正や資格

  • 常に最先端の技術を追い続けられる好奇心
  • 特定分野や業界への深い理解
  • チームやクライアントとの交渉や調整ができるコミュニケーション

キャリアパス例

  • 20代前半ではプログラマとして開発経験を積みつつも他の言語や仕組みについて理解を深める
  • 20代後半ではSEとして上流工程に関わる傍ら、プライベートでは別業界のプロジェクトに関わり広い業界知識を身につける
  • 30代では技術的な課題を解決する立場として、他のメンバーへの指導も業務領域に含めていく

 

プロジェクトマネージャー

プロジェクトを成功に導くため、プロジェクト案件の内容や納期、予算の交渉や調整を担当し、必要なエンジニアを手配して開発におけるマネジメントを担います。

手配するエンジニアは自社スタッフだけではなく、Slerやコンサルティングファームなどから動員されることもあるため、リーダーシップとコミュニケーション能力が求められます。また、お客様との納期や予算の調整では、交渉能力や粘り強さといったことも求められるでしょう。

求められる能力が高い反面、計画がスムーズにいった時の達成感が高いことや、給与水準が高いといったメリットがあります。

 

向いている適正や資格

  • お客様やチームを取りまとめられるコミュニケーション能力
  • 開発経験やIT技術を元に予算や人員管理など適切な計画策定やプレゼンができる
  • PMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)などの資格の取得をする

キャリアパス例

  • 20代前半ではPG・PLとしてプログラムやシステムに対する理解を深める
  • 20代後半ではSEとしてシステム全体の設計に携わる。PMPなどの資格の取得をマイルストーンとする。
  • 30代ではPMとしてシステムはプロジェクトの一部として、プロジェクトの成功に責任を追う。

 

ITコンサルタント

ITコンサルタントは「企業の経営課題を解決する」ことを目的として、ITを活かした課題解決の手法の提案・実現をする仕事です。お客様の理想の業務モデルの構築に向け、ゼロから考え、業務変革をもたらすことを成果とするため、ITに関する知識以外にもお客様の業務に対する理解やビジネスを構築する知識が求められます。

 

向いている適正や資格

  • 中小企業診断士、ITコーディネータなどの資格
  • 問題解決に必要な論理的思考力
  • 複数の関係者との交渉や調整にに必要なコミュニケーション能力

キャリアパス例

  • 20代前半はPG・PLとしてIT領域への理解を深めるとともにチームをマネジメントする経験を積む
  • 20代後半はSEとしてお客様との直接の折衝や交渉を現場を経験するとともに関わっているプロジェクトの業界知識についての理解も深める
  • 30代ではこれまでのシステム開発のマネジメントスキルやお客様との折衝経験、特定の業界への理解などを元にITコンサル職での転職を行う



セールスエンジニア

セールスエンジニアはお客様に対して自社製品を活用して課題解決ができるよう、導入提案や導入後のサポートを行うことです。主に営業担当者とともに商談に出向くことが多いです。

具体的な仕事内容としては、パッケージソフトをお客様の業態に合わせて機能を設計したり、製品説明のセミナーを開催することや、お客様の声を元に新製品の開発に携わることもあります。技術的な説明を含めて目の前のお客様の疑問を納得に変えられることがやりがいでもあります。

 

向いている適正や資格

  • 新しい機能や技術について相手にわかりやすく伝える能力
  • システムが顧客の課題解決につながることを説明する論理的思考力
  • セールスとして顧客の立場に立って考えられる力

キャリアパス例

  • 20代前半はSEとして顧客との折衝経験や技術に対する理解を深める
  • 20代後半ではプロジェクトを完遂させた経験や顧客とのコミュニケーションの経験を元にセールスエンジニア職として転職する
関連相談

今後急成長が予想される産業に挑戦する

日々業務を行なっていて「このまま会社にいて得られるものは何だろう」と不安に感じることはないでしょうか。

自分がより成長できる環境を求めていたり、経験を活かして社会へのインパクトの高いことをしたいと感じているなら、今後急成長の予想される産業に挑戦することも選択肢の一つです。

10年後の常識になるような技術は、まだ社会に広まりきっていないだけに、他の人に先駆けて参入することが自分の成長や希少性を高めることにつながります。今後、急成長が予想される3つの産業やそこで求められる技術などをご紹介します。

 

IoTエンジニア

IoTとは「Internet of Things」の略で、パソコンやスマホに関わらず全てのモノがセンサーを通じて自動的にデータを収集・出力することを指します。

具体的に今後の導入が予想される分野は車両、農業・家畜、公共設備やエネルギー設備のモニタリングなど非常に多岐に渡ります。

現在4850億円の国内市場規模は2020年には1兆3800億円にものぼると予想されており、非常に期待の高まっている産業です。

向いている適正や資格

  • 組込みソフトウェアを含むハードウェアの知識
  • 情報漏洩を防ぐセキュリティの理解
  • TCP/IPなどのネットワークの知識
  • 全てを実務レベルというよりは関係各所とコミュニケーションが取れるレベルでの理解が求められる

 

AR/VR

ARとはAugmented Realityの略で「拡張現実」、つまり人間が生活する空間上に人工物を表示させる技術のことです。

またVRとはVirtual Realityの略で「仮想現実」とよばれ、Oculus Riftのようなゴーグル型のディスプレイをつけた360°の仮想世界をつくりだす技術です。

AR/VRともにゲームやポルノなどのエンタメ業界、製造・小売領域、教育や研修領域、での利用が期待されています。それぞれ5年後には数千億以上の規模への成長が予想されている領域です。

向いている適正や資格

  • ARではスマホアプリを作成できることやサーバーの理解以外にもCG技術についての理解
  • VRではゲームエンジンのスキルや開発ロジック、ネットワークの知識など

仮想通貨・暗号通貨

仮想通貨とはインターネットさえあれば世界中どこでも利用可能であり、物品やサービスの対価として使用できる通貨のことであり、ビットコインなどが有名です。

従来は銀行などが設けていた送金手数料が、極めて安く利用できる、営業時間という概念がなく送金や利用が可能といった利点があります。

仮想通貨の市場規模は2017年10月時点で約17兆円といわれており、前年度より10倍以上も成長するという驚異の市場拡大を遂げています。

 

向いている適正や資格

  • ブロックチェーン技術や開発言語であるSolidityやGo言語への理解
  • FIntechなど最先端の金融領域に対する関心
関連相談

新しいことに挑戦するには「拠り所」が重要

SEとしてのキャリアパスを考えるときに、何か新しいことにチャレンジしてみたいと思うのであれば、拠り所をつくることが有効です。

異業種へのキャリアパスを考えても最初に休日の1日を使って仕事を受けてみたり、先端ベンチャーへの参画も、まずは週に2日、業務後の時間を使って仕事をさせてもらえないか頼んだりすることです。

日本では全てを投げ出して挑戦することが美学とされる風潮がありますが、大きな覚悟が固まるまで待っていては自分の「やってみたい」という気持ちを風化させることにも繋がりかねません。

環境を変えることがリスクだと感じるのであれば、自分自身の拠り所となる職場を持ちつつ、最初はできる範囲で挑戦するのはいかがでしょう。

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。
今回オススメするのは業界大手リクルートキャリアが運営するリクルートエージェントです。
業界随一の「キャリアアドバイザーのしっかりとしたフォロー・サポート体制」が特徴です。まず、登録しておいて損はないでしょう。

サービス概要

  • 30万人以上もの規模の転職者を転職成功に導いた業界最大級の実績
  • 業界事情に詳しいキャリアアドバイザーが豊富で、多くのベテランキャリアアドバイザーが活躍

リクルートエージェントに1分で無料登録する

本記事の初回公開日は2017年08月31日です。

この記事に関連する転職相談

アカウント管理を含むヘルプデスクの仕事をしてますが、この仕事はSEの仕事でしょうか?

アカウント管理を含むヘルプデスクの仕事をしてますが、この仕事はSEの仕事でしょうか。 たまにユーザーとの電話で操作方法を案内したり、問い合わせがあります。長期的に働いたら仕事がなくなりますか。

インフラSEはどのような仕事のスキルが身につく職ですか?

インフラSE の部署に配属になりました。以下の点が疑問で、誰か答えていただけないでしょうか? ・新人のうちは業務でどのような事をするのが多いのでしょうか? ・インフラSEは潰しがきかないと言うのは本当でしょうか? ・夜勤、シフト制で故障があ...

システム関連の一次窓口ヘルプデスクは未経験でも目指せますか?

システム関連の一次窓口のヘルプデスクと二次窓口のヘルプデスクどちらがスキルを求められますか。 一次窓口のヘルプデスクは、未経験でもなれますか?

客先常駐のSEの社内ヘルプデスクのしごとは将来性ありますか?

客先常駐のSEで、一般的なツールに関する社内のヘルプデスクの仕事をしてますが、仕事がなくならないか心配です。 ヘルプデスクの経験は、あまり評価されない仕事でしょうか。将来的に仕事がなくならないか心配です。

文系女子でITスキルゼロでもSIerでSEの仕事をすることはどう思いますか?

文系女子でITスキルゼロです。sierの会社でSE職で3社から内定を頂きました。金融専門のNTTデータの子会社と、独立系の会社から2社もらっています。福利厚生、給与などを考えると、データの子会社かなと思うのですが金融システム開発はつらいからやめとけと...

SEですが一つの派遣先に長く就業したほうが評価されますか?

SEですが、数カ月単位のプロジェクトを転々とするよりは、一つの派遣先に長く就業した方が、評価が高くなりますか。 派遣期間は、派遣の職場見学でどれだけ重要視されますか。

文系学部卒社会人5年目のシステムエンジニアです。転職先のアドバイスお願いします。

文系学部卒社会人5年目のシステムエンジニアです。 現在、転職活動をしており、内定を2社から頂きました。 どちらも魅力的な企業でどちらを承諾すべきか悩んでおります。 アドバイスお願いします。 A社 ・ITコンサル会社 ・大手メーカー子会社 ・...

未経験ながらコンサルタントへ転職することはできますか?

現在転職活動中です。 システムエンジニアとして働いていたのですが、コンサルタントへ転職をすることを希望しています。 実際に、未経験でも転職が出来るのかを伺いたく相談しました。自分は年齢が24歳で、主に保守系の仕事をしていました。 ど...

SierとSEは仕事内容やスキルにどのような違いがあるのでしょうか

IT業界への就職を検討している学生です。 大変初歩的な質問で申し訳ないのですが、SierとSEって具体的にどのような違いがあるのでしょうか。 仕事の内容や必要とされるスキルなどに違いがあるように思うのですが、SierとSEの違いについて伺いたいで...

システムエンジニアに向いている人の特徴は何ですか?

システムエンジニアに向いている人の特徴は何がありますか? 就職先にシステムエンジニアへ就職したいと考えているのですが、システムエンジニアはどんな人に向いている職なのでしょうか。 文系でシステムエンジニアを希望しているのですが、理系関...

この記事に関連する記事

制御設計とはどんな仕事内容なの?【調査しました】

制御設計(機械)は、機械に組み込まれている制御系の部品を扱うものづくり系のエンジニアです。一般的にはシステムエンジニ...

【SEにオススメの転職エージェント比較】それぞれ詳しくご紹介

SEへの転職を考えている方も多いのではないでしょうか?現在、エンジニア界隈ではリファラル採用なども流行っていますが、そ...

【ITエンジニアの将来性】ITエンジニアとして今後成功するには

IT業界は今後も成長していくことが予想されますが、ITエンジニアの将来性はどうなのでしょうか。今回は、プログラマーやWebエ...

【システムエンジニアのやりがい】楽しさや達成感など魅力をご紹介

システムエンジニアを目指そうか迷っている方も多いのではないでしょうか?もしかしたら、システムエンジニアの仕事は大変か...

【システムエンジニア(SE)とは?】なるために必要な情報まとめ

システムエンジニア(SE)を目指している方は多いのではないでしょうか?システムエンジニア(SE)になるためには、資格取得や大...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー