• HOME
  • 職種
  • ITエンジニアに英語力は必要?資格は取っておいたほうがいいの?
ITエンジニアに英語力は必要?資格は取っておいたほうがいいの?

ITエンジニアに英語力は必要?資格は取っておいたほうがいいの?

IT企業に就職したいと考えているけれど自分の英語力が低くて不安だ、あるいはIT関連の資格を持っていないので心配だ、と悩んでいる方が多いのではないでしょうか。そこで、そもそもITエンジニアには英語力や資格は必要なのか、またその理由を詳しく見ていきたいと思います。

912

IT業界で英語力が必須な3つの理由

まずはIT業界における英語力についてですが、これは必須と言えます。

実際JobQへの質問でもこのようなものがありました。
 

ITエンジニアに英語力はどのくらい必要になるでしょうか?


プログラミング言語は英語なので、ITエンジニアには英語力が必要になると思うのですが、どれくらいの英語力が必要なのでしょうか?

また、プログラミング言語を習得する以外に英語力が必要になる場合について教えてください。

喋る以外の事は確実にできればできるほど良いです。IT系上位はほぼ外資系なので、できないと普通に働けません。少なくとも社内文書や日報など読み書きは全部英語ですからね。

# 読む
ほぼ全ての一次情報が英語です。
二次情報しかみない時点で確実に先頭集団から遥か後ろにしかいられませんし、生き残れるかどうかも分かりません。誰かが必要な情報を翻訳してくれるとも限らないので、情報の早さや正確さだけでなく量でも圧倒的な差がつきます。できれば英語の技術書がそのまま読めるぐらいの英語力が欲しいです。

# 書く
プログラミングに書くコメントや、オープンソース関連のやり取りなどで英語を書けないと仕事にならないことも多いと思います。

# 聞く
それなりな会社に入れば海外のカンファレンスに参加することもたくさんあると思います。聞き取れなければ何もわかりませんし、そもそも外国に行けません。

# 話す
最近は日本人でないエンジニアを雇う会社も多いです。そういう会社に勤める場合にはコミュニケーションがとれずに困るでしょう。

やはりITエンジニアは英語ができる必要がありそうですね。

これらのうち以下の3点について、詳しくまとめていきます。

  • 海外文献からの知識吸収
  • 市場は国内外
  • 職場環境の変化


海外文献からの知識吸収

新しい技術を使って新しいものを生み出していくITエンジニアにとって、最新の情報や知識を取得することは必要不可欠です。

IT業界では、英語を公用語とする国のエンジニアが圧倒的に多く、技術書や専門書は英語で書かれることが多くなります。

そのため最新の技術を取り入れるにはそれらが翻訳される前に原書で読み込む必要があります。


市場は国内外

IT業界のサービスは、インターネットを通じて世界中に提供されます。

そのため市場は国内に限られず、IT企業の多くは自社の海外展開も視野に入れた企業戦略を練っています。

その戦略を遂行していく上で必要とされるのはもちろん英語力を持った人材でしょう。


職場環境の変化

上述したようにIT業界は海外に進出することも多く、職場に突然外国人がやってきたり、上司が突然外国人になったりする可能性も否定できません。

そこで柔軟に対応できるのはやはり、英語力を持った人材となってくるのは間違いありません。


ITエンジニアには英語力が必要なことがわかりました。

しかし、実際にはどのようにしてどのようなレベルの英語を身につければいいのかよくわからないと思います。

次項にて、ITエンジニアがどのようにして英語の能力をあげるのか、いくつか紹介したいと思います。

ITエンジニアの英語力の上げ方

ITエンジニアが英語力をあげる方法について、

  • TOEICの受験勉強
  • 工業英検の取得
  • 技術書の原書を読む
  • 海外渡航

といった、ITエンジニアを目指しているからこその勉強法についてまとめました。


TOEICの受験勉強

ITエンジニアが最も用いる英語の技能は、技術書やドキュメントを素早く読み込んで自分の技術へと落とし込むためのリーディング力です。

英語の民間試験の中でもTOEICはリーディングスキルの試験に重点を置いています。

それに向けての勉強はもちろんリーディング力の向上につながり、また、TOEICのスコアを所持していること自体が企業へのアピールポイントともなります。


工業英検の取得

文部科学省が後援している民間資格で、工業英語能力試験というものがあります。

これは英語能力試験の中でも工業関連の英語能力を測る試験で、単に工業分野の専門用語の知識を検定するわけではなくそれに加えて工業分野で求められる、3C(Clear, Correct, Concise)と呼ばれる相手に事実を正確かつ簡潔に伝える能力が問われます。

1級から4級まで存在しますが、一般の英語能力検定試験に比べてITエンジニアとしての実務に直結する技能なので、準2級から3級を有しているだけでもITエンジニアへの就職に有利になります。

参考:日本工業英語協会


技術書の原書を読む

今までに読んだ日本語訳された技術書を、今度は原書で読んでみるというのもリーディング力の向上につながります。

普通の英語の本を読むよりも、すでに内容を知っている本であるので意味も頭に入ってきやすく、また技術書ならではの専門用語や言い回しを学ぶこともできるため、今後まだ翻訳されていない最新の技術書を読むときの助けともなります。


海外渡航

すこし荒っぽくはありますが、海外に渡航して自分を英語に慣らさせてしまうという方法もあります。

この方法の利点は単に英語力が向上することだけではなく、就職の際にアピールポイントとして海外渡航歴を加えることができることです。

実務経験の優先されやすい世界であるIT業界では、ただ英語試験のスコアがあるというよりも、実地で英語に触れたことがあるという経験が重宝されます。

ITエンジニアにとって英語力は必須だがあくまで手段

ここまでITエンジニアに英語力が必要な理由、また英語の勉強方法を書き連ねましたが、あくまで英語を使えるというのは最新技術を取り入れたり他の技術者とのコミュニケーションを取ったりするための手段にすぎません。

まずはエンジニアになるための勉強を行って自分の技術者としての技量が認められてから、英語力という付加価値をつけましょう。

ITエンジニアにおすすめの資格

英語力と比べ、資格はIT業界では必須項目ではありません。

実務能力の問われるITエンジニアにはどのような資格を持っているかよりもどれだけ経験を積んでいるかが求められるからです。

しかし、異業種からITエンジニアへの転職をしようとしている人や20代前半の若手等、まだ経験を積んでいない人あるいは経験の浅い人にとっては、資格を持っているということは個人の能力を証明する指標となって、仕事の幅が広がって就職先の候補も増える可能性が上がります。

今回は主に

  • 基本情報技術者
  • ネットワークスペシャリスト
  • システムアーキテクト
  • Oracleマスター
  • LPIC (Linux技術者認定)

という5の資格について、それぞれの説明と所有していた時のメリットについて解説していきます。


基本情報技術者

情報技術に関して基本的な知識・技能を持ち、システム・プログラムの設計、開発を行い、信頼性・生産性の高いシステムの構築を行うことができる資格です。

ITエンジニアの仕事を行うにあたって、この資格に求められている知識は必須なので、資格を取る取らないにかかわらず、どのみちこの資格に向けての勉強はする事になります。

また、資格全体に関しても言えることですが、企業の規定によって資格取得の有無が指定されていない場合は取得する必要はありません。

参考:IPA 情報処理推進機構


ネットワークスペシャリスト

IT人材の中でも、ネットワーク関連の技術支援を行う、ネットワークに関する専門性の高さを持つ人が取得できる資格です。

ネットワーク関連の技術資格であるので、ネットワークエンジニアに就職しようとしている場合にはとても有利となりますが、高難易度の試験であるので、そうでない場合は無理をして取得する必要がある資格ではありません。

参考:IPA 情報処理推進機構


システムアーキテクト

アーキテクトとはプログラマー、システムエンジニアの上級職として定義されていて、システムの設計・構築を行い、業務や情報技術に関する高度な知識を求められる資格です。

ITエンジニアへの就職よりは、ITエンジニアからキャリアアップしていく際に必要になる資格です。

この資格も合格率12%前後と高難易度の試験であるので、就職の際に無理に取得する必要はありません。

参考:IPA 情報処理推進機構


Oracleマスター

Oracleマスターは、「日本オラクル社」が運営する「Oracle Datebase」シリーズを扱う技術力を認定する資格です。

Oracle Datebaseは日本国内のリレーショナルデータベース管理ソフトウェア市場においてトップのシェアを占めているため、この資格を取得していることは国内のトップシェアのデータベースを扱うことができる技術の裏付けとなります。

参考:Oracle University


LinuC(Linux技術者認定)

LPIC(Linux技術者認定)は、Linux技術者としての技術力を認定するIT資格です。

Linuxも日本企業では多く導入されており、インターネットサーバでも高いシェアを占めています。Linux担当者が求められているだけでなく、問題が発生したときに自分でも対処・解決できる能力も重宝されるでしょう。

参考:LPI-JAPAN

まとめ

以上が、ITエンジニアに英語力が必須な理由、そして資格がかならずしも必要ではない理由です。

ITエンジニアに限らず、現代ではあらゆる企業がグローバル化の一途をたどっているため、これから英語の力はどんな職業でも必須のスキルとなるのは間違いないのではないでしょうか。

この記事に関連する転職相談

Fラン大学の学生が、大手に就職するにはどうしたらいいのでしょうか?

現在大学三年生です。 年齢は22歳で、去年休学して、留学と世界一周を経験しました。 トイックは850点を超えています。その他は特にありません。 Fラン大学の学生が、大手に就職するにはど...

社会人になってからやっておくべき勉強はありますか?

今年の春から社会人になったのですが、大学を卒業してから会社のこと以外に何も勉強していないことに気がつきました。 このまま仕事に慣れてきて、仕事ができるようになることも大事だとは思うのですが...

TOEICが何点あれば今後の転職活動に活かせることができますか?

現在私は、フリーターなのですがまた改めて転職活動をするかどうか考えるのに時間がかかってしまう状態です。それはなぜかというと大学を卒業してから新卒で入った会社を1年くらいで退職し、その後にまた転職...

英語を大学で学んだ後にITエンジニアとして就職することは可能なんですか?

文系高校2年です。 進路を決めるにあたって、元々情報系と英語のふたつに興味があり、2年生の時点では理系を選択していました。 しかし途中から、大学では英語を学びたいという気持ちが強くなったのと...

ITエンジニアに英語力はどのくらい必要になるでしょうか?

プログラミング言語は英語なので、ITエンジニアには英語力が必要になると思うのですが、どれくらいの英語力が必要なのでしょうか? また、プログラミング言語を習得する以外に英語力が必要になる場合...

TOIECの点数が300点ほどしかないのですが就活は大丈夫でしょうか?

大学3年生です。 先日受けたTOIECで点数が300点ほどしかありませんでした。初めて受けたのですが、平均で聞く点数に比べてあまりにも低く、自分でも焦っています。 また、外資系以外はTO...

これから女性が活躍することが出来る職種は何でしょうか?

これから女性が活躍することが出来る職種は何でしょうか。 今は海外で留学を2年してい年23歳の女なのですが、日本帰国後にどんな職種で働こうか悩んでいます。 実際に、多くの女性が活躍すること...

英語学習についての質問です。たまに「近い将...

英語学習についての質問です。 たまに「近い将来、精度の高い翻訳機が発明されるはずだから英語学習は無駄だ」という意見を聞きます。 この意見についてどう思いますか?

26歳新卒で英語を活かせるゲーム関係の会社はどこですか?

来年の6月に卒業する大学生です。 卒業する年齢は27歳です。その理由としては精神的に弱まっていたことがあり、大学を一度退学しました。 退学後、一年間事務職のアルバイトをしており、また大学に入...

TOEICの点数は転職活動時に使えることはありますか?

転職を検討している第二新卒の者です。 現在社会人二年目ですが、TOEIC800点以上のスコアを持っています。 これを活かして転職活動をすることは出来ないのかち考えたのですが、いかがで...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す