【転職エージェントはいらない場合とは】利用する前に確認しようの画像

【転職エージェントはいらない場合とは】利用する前に確認しよう

転職活動を進めるにあたり、転職エージェントを活用することで有利に進めることができます。リクルートエージェントやdodaなど数多くの転職エージェントが存在しますが、中には転職エージェントがいらない場合があります。転職エージェントがいらない場合とはどのような場合なのか、また、転職エージェントが必要な人の特徴はどのようなものなのでしょうか。今回は転職エージェントがいらない場合について解説します。

転職エージェントとは

転職エージェントの仕事

転職エージェントを利用したことのある人は少なくないのではないでしょうか。

しかし、初めて利用する人にとって、どのようなサービスを受けることができるのか、本当に無料なのかなど、不安なことも多くあるかと思います。

今回はそんな転職エージェントの仕事内容や利用するメリット・デメリットをまとめってみました。

まず、転職エージェントとは企業と転職者の仲介役をする仕事のことです。

転職を希望する人と人材を確保したい企業との間に立ってそれぞれの希望に沿った案件を紹介するのです。

一般的にパーソナルキャリアやリクルートと呼ばれている総合人材エージェントでは転職者の担当をするキャリアコンサルタントと企業の担当をする営業担当がいます。

キャリアコンサルタントは、転職したいという人と面談をして職歴や希望を把握し、入社決定までのサポートを行います。

サポートの内容としては案件の紹介はもちろん履歴書や職務履歴書の書き方の指導や修正、面接の練習や入社後のケアまで幅広く行います。

※参考:転職エージェントとは


転職エージェントを使うメリット

転職エージェントには大きく分けて以下のメリットがあります。
 

  • 面倒な手続きを代行してくれる
  • PRポイントを整理することができる
  • 過去のデータを利用して面接対策をしてくれる
  • 非公開求人を紹介してくれる
  • 求職者のことを営業してくれるので他の候補者よりも有利になれる
  • 年収交渉を引き受けてくれる
  • 退職の際のトラブルの相談に乗ってくれる


面倒な手続きとは履歴書や職務経歴書の作成、求人の応募手続き、面接の日程調整、配属先の交渉や給与の交渉、雇用契約の確認まで多くの手続きです。

これらのことをスムーズに行ってくれますので、仕事をしながらの転職活動も行うことができます。

また、自分では気づけないあPRポイントを見出してくれたり、過去のデータを参考に面接の対応までしてくれますので、自信を持って面接に臨むことができます。

さらに、非公開求人を紹介してくれるので、あまり表に出ない求人やレアな求人に会える可能性が上がります。

他にも自分ではなかなかできない年収の交渉や配属先の交渉まで、憂鬱に感じる作業のほとんどを代行してくれるのです。


転職エージェントを使うデメリット

メリットもありますが、人によってはデメリットと感じることもあるようです。

例えば以下の理由です。
 

  • 営業トークに乗せられて望んだものとは違う転職をしてしまう可能性がある
  • 案件を紹介してもらえない可能性がある
  • 連絡手段が電話や面談なので、転職に時間がかかる
  • エージェントによってはかえって足手まといになる


転職エージェントは求職者が企業に内定・転職成功すると企業から報酬を受け取る仕組みになっています。

ですので、ことば巧みに転職へ誘導していくのです。

ノルマがある場合もあるので、どうしても転職を成功させたいという気持ちゆえに求職者の希望とはことなく転職を勧めてくるかもしれません。

また、転職市場価値が低い場合には案件を紹介してもらえない場合があります。

さらにエージェントとのコミュニケーションや面談によってある程度転職に時間がかかったり、下手なエージェントに当たってしまうとかえって足手まといになります。

関連相談

こん場合は転職エージェントを使わないのもあり

転職エージェントの連絡が遅い

転職エージェントからの連絡が遅いということには理由があります。

それは、紹介する案件が見つからないからということです。

転職エージェントは企業を紹介・内定までのサポートし、転職が成功したら報酬がもらえる仕組みなので、受かる希望のない人を世話することは避けたいと感じるはずです。

ですので、連絡が遅い場合、転職エージェントが「紹介する案件がない」「転職を成功させることができない」と感じている場合が多いようです。


転職エージェントが合わない

転職エージェント自体が合わないということもあります。

言動や考え方、行動にイライラしたり、自分の要望や希望を受け止めてくれない、話を全然聞いてくれないなど、社会人としてのレベルが低いエージェントに当たってしまう可能性もあります。

しかし、転職エージェントはこうチアしてもらいることが多いので、その場合は理由と共に相談してみることをお勧めします。


転職サイトで十分

転職サイトで十分転職ができるという人もいます。

実際に転職エージェントを利用するのは転職サイトに登録してからでも問題ありません。

転職に慣れている、手続きを自分でする余裕があるという人にとっては転職エージェントとの面談や連絡が手間に感じられることもあるかと思いますので、その場合は転職サイトで十分かと思います。

関連相談

転職エージェントがいらない人の特徴とは

受けたい企業が決まっている人

受けたい企業が決まっている人の場合や、受かる確率が高い場合は篆書kぅえージェントを利用する必要はありません。

例えば何社か行きたいと考えている企業があってどこかしらに受かる自信があるときにはホームページ上で応募してしまうことをお勧めします。

特に大手企業は自社のホームページからでも採用募集していることがあるので、転職エージェントにお願いする前にホームページを確認してみましょう。


リファラル採用をを狙う人

リファラル採用とは知人からの紹介で採用してもらうということです。

この場合ももちろん転職エージェントを利用する必要がありません。

意外とリファラル採用を意識していないという人が多いようですが、多くの企業でリファラル採用をしているので、例えば知人の会社が良い企業だった場合には一声かけてみるのも良いかもしれません。

しかし、リファラル採用だからと言って必ず受かるとは限らないので、失敗してしまった場合には転職エージェントを利用することをお勧めします。

関連相談

こんな人は転職エージェントを使うべき!

面接に自信がない人

もちろん転職エージェントを効率よく使ってスムーズに転職を行える人もいます。

転職エージェントは今までに転職を支援してきた転職社から面接時の質問事項を集めています。

ですので、転職エージェントは企業側が面接時にどのような質問をしてくるのかをだいたい把握しているのです。

さらに、大手のエージェントにもなるとその情報は多く、質問の傾向や聞き方などたくさんの情報を手に入れることができます。

このように事前にある程度面接の内容や雰囲気などを把握したいという人にとって転職エージェントを使わない理由はないのです。


適正年収を知りたい人

転職活動を転職エージェントとする際には学歴、経歴、資格などを照らし合わせることで年収を想定してもらうことができます。

ですので、自分の能力にあった年収の企業を目指すことができたり、自分の実力よりも少し高いところを狙ってキャリアアップに望んでみたりと戦略的に転職活動をすることができるのです。

自分ひとりではなかなかすることのできないサービスです。


非公開求人を知りたい人

企業側が募集しているということを公にしたくない場合、それは非公開求人として扱われます。

例えば新規の開発を内密に行い場合や、エージェントが一次面接の役割を負う場合などです。

ですので、転職エージェントを利用することでしか出会うことのできない求人が多く存在しているのです。

少しでもレアな求人案件に出会う確率を高くするためにも転職エージェントに登録することをお勧めします。

関連相談

総括

転職エージェントを利用しない転職活動ももちろん存在します。

ある程度就職先が固まっていたり行きたい企業が決まっている、知人の紹介や面接に自信があるなど、場合によっては利用しないほうが時間を短縮して転職活動を行うことができます。

しかし、初めての転職や自信がなかったり知識がない場合には自分ひとりで転職活動をすることはなかなか難しいです。

助言してくれたり知識の豊富な転職の専門家を頼りにすることも1つの手段だと思います。

この記事に関連する転職相談

神奈川で事務・人事・総務への転職に強い転職エージェントはどこですか?

神奈川で面談可能な 事務、人事・総務案件に 強い転職エージェント教えて下さい 出来れば実体験も 未経験ですが、法人営業から バックオフィス目指しています

転職エージェントは転職希望者を見捨てることはありますか?

転職エージェントに不安があります。既に転職活動中の方へお聞きします。 現在初めての転職活動中で、希望企業へ応募したい旨エージェントへ連絡しました。 すると、早速企業へ書類を送付しておきましたと返信がありました。普通は添削や、面談といった下...

転職エージェントからの会社に納得いかない場合どうすれば良いですか?

複数の転職エージェントに転職の相談したら全て施工管理の仕事を勧められます。 エージェントからの押し売り感が感じられて不信感も募る一方です。

転職活動でエージェント以外で良い案件に巡り合う方法はありますか?

前回からの続きです。まだ現職に耐えてます。家族的には給料も前職よりもアップしているため、辞めないで続けて欲しいのが願いといった感じです。 今、ひとつエージェントを使って、転職活動してますが、内定1社もらいましたが、条件が合わなくて断りまし...

大学を中退しても第二新卒として転職エージェントを利用できますか?

2018年4月から2019年4月までで実際に大学中退が決まったとします。 その場合、第二新卒として転職活動についてdoda,パソナキャリア、マイナビエージェントなどの転職エージェントサービスの利用そのものの利用はできたのでしょうか。

転職エージェントからの転職先を辞退すると他を紹介してもらえないですか?

歳が歳なので、自力で転職難しくて、エージェントを使ってます。1社内定出そうですが、他にも、行けそうな所があるそうで、そちらに興味が行き、内定もらえそうな会社とのタイミングが合わないような気がします。 もし、万が一、その1社を辞退したとす...

IT業界に転職するなら転職エージェントを使うべきですか?

IT業界を中心に転職活動をしています。 エージェントに詳しい方教えてください。 同じ求人に応募するのにどちらから応募した方が受かりやすいでしょうか。 エージェントを併用するのが基本と良くネットに書いてあるので併用した方が良いのでしょうか。 ...

転職エージェントを利用すると企業への書類選考が厳しくなりますか?

転職エージェントを通すと、書類の通過しません。 転職エージェントを使用すると、書類選考が厳しくなるのでしょうか。直接応募したら、3社面接に行けました。

転職活動中の入社前辞退の理由を転職エージェントに正直に話しますか?

入社前辞退の理由はエージェントに正直に話しますか? それとも建前を言いますか? 本当の理由は入社手続きの中で違和感を感じたからです。 人事担当者が異動で交代したのに、後任の人から連絡ひとつなく、丁寧に扱われていないと感じてます。 私も...

転職エージェントを利用した転職でも内定辞退はできますか?

受諾後の内定辞退 エージェント経由で応募したのですが、辞退したいと思います きわめて非常識かつ無礼であることは承知していますが、いろいろ調べた結果、入社の意向はありません エージェントに辞退とお詫びをしなければなりませんが、どのよう...

この記事に関連する記事

【全く知られていない】ニートにおすすめ転職エージェントを徹底解説

普通の人が知られていないニートの転職エージェントをご存知ですか。この記事では、ニートが転職エージェントを使うべき理由や、よくあるニートが転職する際に起こる疑問について詳しくご紹...

【絶対知るべき】高卒の転職に強い転職エージェントを詳しくご紹介

転職活動をする際に、学歴が少々気になってしまう方も多いのではないでしょうか?現段階での日本では、最終学歴が高卒ですと、多少なりとも学歴で判断されるため、本当に採用されるかどうか...

【転職エージェントが使えない場合】利用する前に知っておこう

転職活動を進める際、転職エージェントを利用することで転職活動を有利に進めることができます。転職エージェントには、リクルートエージェントやdodaなどありますが、これらの大手の転職エ...

【リクルートエージェントの再登録】知っておくべき情報を徹底解説

今回はリクルートエージェントの再登録について解説します。転職エージェントは一般的に再登録が可能であるという認識が広まっているようですが、リクルートエージェントでも再登録は可能な...

【2019年9月更新】マイナビ薬剤師の評判を口コミ共にご紹介

2019年の9月のマイナビ薬剤師の評判の最新情報を詳しく知りたくはないでしょうか。マイナビ薬剤師は大手人材会社のマイナビが手掛ける薬剤師特化の転職エージェントで、丁寧なサポートに定評...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー