【退職するなら要注意!】引き止めの対策方法と残留でのポイントの画像

【退職するなら要注意!】引き止めの対策方法と残留でのポイント

退職を決め上司に申告すると、引き止められる場合があります。もうすでに転職を決めている場合であってもしつこい引き止めをされる場合があるので今日はその対策と、残留するパターンでの注意点などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

3530

会社が引き止めを行う理由

どうして会社が引き止めを行うのか

会社が人手不足になってしまう

あなたが抜けることによって会社やその部署が請け負っている業務量に追いつけなくなる可能性がある場合、退職を申し出ても引き止められる可能性があります
 

既存社員が被害を被ってしまう

会社で働いているということは、あなたは何かしらの業務を抱えているということになります。

その業務をする、人が退職してしまうとなると、あなたの抱えている業務を他の部署の人に回ってしまいます。

そうなってしまうと、既存の社員がもともとの業務量に加えて、その業務までも抱え込むことになり業務過多に陥ってしまうため、退職の引き止められる可能性があります。

上司が部下を逃したという責任を負わされる

上司とは、部下の仕事や労働環境をマネジメントすることも業務内容の1つになります。

1人の部下が退職してしまうことになってしまうと、上司は会社に部下の管理責任を負わされてしまうかもしれません。

あなたが優秀な社員である

非常にわかりやすい理由ではありますが、あなたが優秀な社員であるのであれば会社はせっかく入社してもらった優秀な人材を手放したくはありません。

将来、キャリアアップしてもらうことで会社の将来を支えてもらおうと考えているかもしれません。

会社は、優秀な社員を逃したくないという場合にも退職を引き止めを行う可能性があります。

重要なポジションであれば尚更

あなたが重要なポジションについているのであれば、あなたは社内で一定の評価を受け優秀であると認められていることになります。

その場合、あなたの任されている仕事は特別なものであり、誰にでもできる仕事ではありません。

そのポジションが抜けてしまうことによって、会社が業務を回すことができない可能性がある場合、退職を引き止められる可能性があります。

関連相談

退職の際に引き止められない退職理由

退職の際に引き止めさせないために気を付けること

退職の引き止めを避けるにはタイミングと退職理由が肝心

会社にとって、社員が1人抜けてしまうことは非常に大きな損失になります。

上で述べた、会社が退職を引き止める理由を読めば、会社があなたを引き止めるのも当然の行動と言えるでしょう。

そのため、退職の引き止めを避けるためには、会社に退職の決意を伝えるタイミングと会社を納得させるだけの退職理由が重要になってきます。

就業規則に則って退職する

退職を伝える際には、当然のことではありますが、就業規則に則ることは会社に退職を引き止めさせないために重要になってきます。

就業規則に則っていない形で、退職を伝えてしまうと、会社側に「就業規則に則っていないため、対応しかねる」といった、あまりにもごもっともな理由で退職を断られる可能性があります。

会社への不満などを退職理由にするのは避ける

これは、多くの人が陥りがちなことですが、会社への不満を退職理由にするのはオススメできません。

なぜなら、会社はそのような理由に対応することによってあなたを退職から引き止めようとする可能性があります。

一見不満が改善されるのであれば何も問題が内容に思えます。

しかし、一度退職を伝えた職場で働くことは、周りの社員などに「一度、あいつは辞めようとした」といった視線などあなたの労働環境を働きづらくしてしまう可能性があります。

退職理由には前向きな理由がオススメ

退職を引き止めさせないためには、前向きな理由がオススメになります。

何故なら、今の会社には対応のしようがないためです。

  • 他にやりたいことが出来たのだがこの会社では実現できないため退職し、転職をしたいと考えている。
     
  • しっかりと、退職の意思が揺るがないことを伝えた上で、会社に感謝の意思を伝える。

前向きな退職理由の例として上記のような方法は有効でしょう。

関連相談

しつこい会社に退職を引き止められた場合の退職方法【実話】

会社に退職を引き止められた場合の退職方法【実話】

退職の意向を申告した際に「なんとか留まってくれないか?」と、引き止められるケースも珍しくはありません。

むしろ、会社で実績をあげている方こそ、自分のキャリア形成を実現するためにシミュレーションしておくべきことと言えます。

退職の意向を申告し、引き止められた場合の対策方法を身につけ、円満退職を実現できるよう心がけましょう。

JobQにもこんな相談が来ていましたのでご覧ください。

会社に引き止められているのですが、退職届けを出すにはどうしたらいいですか?

​​​​​​昨日、会社の上司に退職を申し出ました。

色々とこちらの事情を交えながら退職理由を説明しましたが、丸め込まれてしまいました。

自分の意志が貫き通せなかったことが要因としてもあると思います。

土日で家族と話し合って週明けに報告しますと伝えましたが、その報告の際に再度退職の意思は硬い。と伝えても大丈夫でしょうか…。

実際、面談中は前向きなお話も頂き気持ちが揺れたことも事実ですが、仕事事態続けていくことに不安がかなりあります。

家族は自分が決めたことについてきてくれると言ってくれています。

常に会社と個人は対等であるべきではありますが、辞めると口にしたのですから、特に会社に対してかなり強い立場にいることを自覚しましょう。

本来、退職の理由など「一身上の都合」以上を話すべきではありません。

話せば引き止めの交渉をするという意思表示をしてることになります。その原因がなければ辞めないということですから。

法的には辞める人を止めることはできません。辞めるのに会社の許可も納得も必要ありません。

2週間以降の退職日を指定して退職の意思を伝える以外のことはすべてやめましょう。

顧客に迷惑にならないように引継ぎのやりかたは話しても、引き止めの話になったら「そういう話をするなら帰ります」と席を立てばいいだけです。


やはり退職の申し出をすると上司に引き止められてしまうことが多いみたいですね。

もし引き止められたら、まずはしっかりと「退職する」という固い意志を持って接することが重要だと思われます。

関連相談

会社が人手不足で辞められない場合の対処法

会社が人手不足でやめられない場合の対処法

人員に余裕がない中小企業では、「人手不足を理由」に退職の申告を引き止めることも少なくありません。

上司への恩やこれまでお世話になったという気持ちが強い方ほど、無下にできないと考えてしまいがちですが、退職の申告を行う場合には具体的なスケジュールを打ち合わせることが、最善の対処法となります。

そのため、「人手が揃うまでいてくれないか?」という引き留めに「はい」と返答することも、「いいえ」と即答することも誤りとなります。

 

退職を引き止められた時の対応

退職の申告をした際に、「人手が揃うまでいてくれないか?」と引き留められた場合には、「具体的にはいつ頃まででしょう?」と大まかなスケジュールを確認するという柔軟な対応をしながら、退職日を決めるよう努めるという対処法がベターです。

その場で上司から回答が得られない場合は、退職に関する打ち合わせ自体をまた設けるようにしましょう。

退職希望者が柔軟に対応している分、上司にもそれなりをアクションを起こしてもらう働きかけが必要となります。

関連相談

引き止めの条件に給料アップする会社は辞めるべき?

引き止めの条件に給料アップする会社は辞めるべき?

特に、素晴らしい業績をあげている方が退職の申告をした場合は、「給料アップなどの条件変更」を理由に引き止められるケースも想定されます。

そのような場合には、上司の口から「具体的な金額」を聞き出す必要があります。

最近ではコンプライアンスへの注目度が高まっているという背景もあり、「口約束だけ」ということも減ってきてはいますが、上司の発言を鵜呑みにしないという意識は必要です。

 

引き止めの条件が給料アップの場合

そのため、退職を申告した際に、「給料をアップするからしばらくいてくれないか?」と引き止められた場合には、「どのくらいの給料アップをしていただけるのでしょうか?」と切り返すことがベターな選択となります。

おそらく、その場で「◯万円アップ」と即答されることはないと思いますが、「いつ頃からどのくらいの給料アップになるのか」が明確になってからでなければ、引き止めに応じられるかも分からないという姿勢はアピールしておきましょう。

また、そもそも給料面を理由に退職を申告しているわけではなく、自分のキャリア形成を優先したいという方はその場で断ってしまったほうが上司のためにも望ましい対処方法です。

関連相談

引き止められたら会社に残るという選択肢

引き止められたら会社に残るという選択肢

退職を申告した際に引き止められ、それを断ることが必ずしも正解というわけではありません。

上司が提示してくる引き止めの理由と自分の望むものがマッチする場合には、退職の申告自体をなかったことにするという選択肢もあります。

ただし、その決断のなかには自分の意志がなければならず、上司への恩やお世話になったという感謝の気持ちだけで、なし崩し的に了承してしまうことは避けるべきでしょう。

 

迷いをなくす決断のためのポイント

上司からの引き止めに対して、迷いが生じている場合には「スケジュール」と「自分のキャリア」という2つのポイントを指標に整理しましょう。

前述の通り、退職の申告に対する引き止めの理由が、「人手不足」だった場合には「いつ頃を目安とするか」。

また、退職の申告に対する引き止めの理由が、「給料アップなどの条件の変更」だった場合には、「自分のキャリア形成を進められるか」を吟味する必要があります。

 

残留説得に応じた場合のリスクとは

残留の説得に応じた場合も少なからずリスクが存在しますので、社内での振る舞いを決める要素として把握しておくことをおすすめします。

まず、社会人として守らなければならないマナーは、「引き止めの詳細を他言しないこと」です。

残念ながら、退職を申告しておきながら、引き止められ残留を決めたという経緯は、他の社員には面白くないこととして映ってしまいます。

そして、「給料アップのために退職の申告をダシに使った」といった曲解が生まれてしまうこともあります。

そのようなリスクをなくすために、どんなに仲の良い先輩や上司にも退職を申告しておきながら、引き止められ残留を決めたという経緯は伏せておくようにしましょう。

退職するための法律の知識を入れておこう

退職するための法律の知識を入れておこう

引き止められている理由が上司の本意のものであったり、よくわからないものであった場合には、退職の自由が法律によって保障されている権利であるという知識が力となるでしょう。

実は退職の自由は民法によって定められており、雇用期間が定められていない契約の場合には2週間前の申告で退職することができます。

 

引き止められた場合の違法性について

前述の通り、民法によって退職の自由が保障されているため、上司の引き止めは基本的に違法行為とも考えられます。

ただし、会社への影響を考慮して、退職スケジュールを打ち合わせるといった行動は、社会人としてのマナーといえ、円満退職を実現するために必須と考えられます。

そのため仮に退職の申告をし、さまざまな理由で引き止められたとしても、柔軟な対応を行う努力は表現すべきでしょう。

民法によって退職の自由が保障されているものの、上司との打ち合わせは必要であり、その場を設けても釈然としない理由で引き止められている場合には、労働基準監督署や他部署などの第三者の力を借りることもひとつの選択肢と言えます。

まとめ

退職を申告した際に引き止められ、それを断ることが必ずしも正解というわけではありません。

ただし、迷いが生じている場合には「スケジュール」と「自分のキャリア」という2つのポイントを指標に整理するといった行動は起こすべきでしょう。

また、民法によって退職の自由が保障されているため、上司の引き止めは基本的に違法行為とも考えられます。

釈然としない理由で引き止められている場合には、労働基準監督署や他部署などの第三者の力を借りることもひとつの選択肢として吟味し、自分の理想の形を実現できるよう努めましょう。

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。そこでオススメするのがdodaです。
dodaは、国内転職者満足度1位を誇る人気転職サイトです。

サービス概要

  • 数ある企業からあなたに最適な企業を紹介
  • 転職のプロが1対1で転職活動をサポート

dodaに1分で無料登録する

本記事の初回公開日は2018年05月29日です。

この記事に関連する転職相談

中小企業勤務ですが、離職票ってどうしたらもらうことができますか?

中小企業に勤務している25歳です。 新卒で入社した会社ですが、会社を退職することを検討しています。 はじめての退職となるのですが、離職票ってどうしたらもらうことができるのでしょうか。 大きな企業となると、人事の方等に話をするって聞い...

退職願を出すタイミングは上司に退職する事を伝える→後日退職願を渡すが正解ですか?

退職願を出すタイミング 先日上司に退職する事を伝えました。 その話し合いの場で準備していた退職願を渡しました。 しかしさっき何気なく退職願について色々とネットを見ていたら退職願とは、上司に退職する事を伝え、後日渡すものだと知りました...

退職したいと申し出たのに、退職できないどころか自然退職を狙われてる様で困ってます。

退職したいと申し出たのに、退職できないどころか自然退職を狙われてる様で困ってます。 現在うつ状態で休職をしていますが、診断書が今月で切れてしまいます。 とても復職できる状態ではなく、医師からは「再度診断書を出すから気にしなくていい」と...

退職後、お世話になった上司や同僚にお礼はしたほうがいいですか

退職後、1週間が経過しましたが、上司や同僚に対してお礼みたいなことをしていないことに気づきました。 やはり、お礼はするべきだという意見や別にそこまで気を使うほどでもないというような意見が複雑に交錯しており、どの意見を参考にしたらいいかわ...

転職して一ヶ月でやめた場合は履歴書に書かなくても良いですか?

今月転職して入社した会社を退職しようと考えています。 退職理由は、入社前の仕事内容と入社後の仕事内容が違ったからという理由なのですが、すでに今週から転職活動を始めています。 転職活動時にこのことについて説明するかしないかで悩んでいる...

Google社のセクハラ問題が起こるのは仕方ないのですか?

大手IT企業のGoogleが、過去2年間セクハラによって48人も解雇しているとのことですが、あるある何ですかね? しかも48人のうち、13人は幹部だったらしいです。 かなり好きな企業で株も持っているだけに残念なのですが、こういったセクハラ問題は無く...

セクハラ行為で処分された上司がその後どうなったのか気になります

少し前の話なのですが、上司がセクハラで処分されました。 年齢は40歳くらいで、小・中学生の子供が2人にお嫁さんもいました。 セクハラ行為をして、退職処分を受けたのですが、彼はその後どうやって暮らして行くのでしょうか? その後の人生が気...

退職理由について相談させてください。転職活動...

退職理由について相談させてください。 転職活動をして内定を頂くことが出来、そこに入社する意思も伝えました。ただ、現職へはまだ退職することを伝えておらずどんな理由でいったら引き留められずにすんなりと辞めさせて貰えるか悩んでいます。 今考え...

外資系医療機器メーカーではPIP・退職勧奨・リストラなどあるのでしょうか?

整形外科領域に強い、某外資系医療機器メーカーへの応募を検討しております。 外資系医療機器メーカーというと厳しいイメージがあるのですが、PIP・退職勧奨・リストラなどあるのでしょうか。 質問の内容的に具体名は挙げられませんが、業界全般的に...

退職後保険証が無い場合はどのように対応するべきなのでしょうか

すでに退職済で、転職先の入社がちょうど1ヶ月後になります。 この期間、自分は保険証がないのですがこの場合どのように対応するべきなのでしょうか。 どなたか、教えてください

この記事に関連する記事

【体調不良で退職はできる?】上手な伝え方を例文付きでご紹介

体調不良を理由にして退職はできるのでしょうか。この記事では退職理由が体調不良の場合の伝え方や、退職理由が体調不良の時...

【退職した場合の給料】未払い時や支給額少ない場合の対処方法を解説

退職する場合の給料についてどのように支給されるのかご存知でしょうか。この記事では退職後に給料はもらえるかと言うことに...

【退職する場合の正しい連絡】伝えるタイミングやマナーをご紹介

会社を辞めると決意した時は会社に退職の意志を伝えないといけません。また、退職を行う場合、退職者も忙しくなりますが、会...

【退職の最終日】やるべきことやマナーを詳しくご紹介致します

退職する最終日になにすればいいのかご存知でしょうか。この記事では転職最終日の挨拶ついてや、転職最終日の過ごし方につい...

【完全版】職場のあの人が退職してしまい寂しいという気持ちの対処法

部下や同僚、一緒に働く人の退職で寂しがっている方が周りにいらっしゃらないでしょうか。今回はそんな職場の人間関係による...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー