【部下の退職】辞めてほしくない社員の引き止め方法を徹底解説の画像

【部下の退職】辞めてほしくない社員の引き止め方法を徹底解説

部下から退職を申しだされたとき、「どのように対応するのが正解なの?」「そもそもなんで辞めようとしてるの?」「辞める兆候はあった?」など様々な疑問が浮かんでくると思います。このように焦らないためには、退職を申し出る部下の行動やその時の対応について知っておく必要があります。今回は、部下からの退職願いについて気になる情報についてまとめてきました。

770

部下からの退職願いはどう対応すべき?

部下からの退職願い。どう対応すべき?

部下から退職したいと言われました。どんなにショックであっても、まずは冷静に対処することが必要です。
 

まずは退職理由をしっかり聞いてあげよう

なぜ退職をしたいのか、部下から理由を聞きましょう。

傾聴に徹するようにし、部下の話を最後まで真剣に聞くのです。話の途中で、口を挟むのはNGです。
 

今後のために、部下の退職理由の責任はどこにあるか考える

退職理由はいろいろあるでしょう。

やりたい仕事が別にできたとか、家庭や健康上の理由など、当たり障りのないことを言って、部下が100%本音を言わないかもしれないですが、会社の方針が受け入れられないとか同僚と合わない、上司の自分と合わないなどの人間関係が退職理由であることが実は多いのです。

親身になって話を聞き、本音を聞くことができたならそれを真摯に受け止め、反省するところは反省し、今後同じ理由で退職者を出さないためにも、改善策を考えなければいけません。
 

部下の退職まできちんと仕事をさせてあげる

部下の退職理由を聞き、引き止めることが難しいと判断したのであれば、仕方ありません。

退職を受け入れます。

部下が退職を正式に発表した後、職場にいづらくなることがないように、同時に残る部下の負担にならないよう、余裕を持った業務の引き継ぎを考えます。

部下の最後の出社日まで、きちんと仕事ができるように心を配りましょう。

関連相談

部下の退職の兆候でこんなことありませんか?

部下の退職の兆候。こんなことありませんか?

どんな人でも退職を決意すると、多少なりとも挙動不審になるものです。

勘が良い上司ならば、ちょっとした部下の所作の変化に、違和感を感じるものですが、自分は鈍感だという方のため、部下の退職の兆候に気がつくための、ヒントをお教えましょう。
 

勤務状況に変化が現れる

それまでいきいき働いて、残業も厭わず、会社の飲み会には必ず参加だった部下が、定時退社するようになったり、急に付き合いが悪くなったら、赤信号です。退職をするつもりなのかもしれません。
 

身だしなみも大人しくなる

いつだって遊びに行くような服装で出社してた部下が、急にきちんとし始めたときも注意です。

就職活動を始めたサインかもしれません。

関連相談

部下の退職を引き留めるには?

部下の退職を引き留めるには?

部下から退職を切り出された時、ショックで頭の中が真っ白になるのはわかりますが、部下に辞めて欲しくないのであれば、冷静さを失わず、退職を撤回させるべく説得を試みましょう。
 

冷静に親身になって話を聞き、部下の話を否定しない

部下が退職理由を話し始めたら、ともかく傾聴です。最後まで口を挟まずに聞くことです。

その上で自分の意見をいうのは構いませんが、部下の気持ちになることを忘れないでください。

そしてくれぐれも部下の話を否定しないように気をつけましょう。

否定されたと少しでも感じたら、部下は話をするのをやめてしまうかもしれません。
 

会社や自分の都合で話さない

今辞められたら会社も自分も困るというのが本心であっても、それをダイレクトに言うべきではありません。

上司は自分の都合しか考えない人だと思われてしまい、一度そう思われたらどんな説得にも応じてくれないでしょう。
 

改善策を提示する

退職理由が、上司である自分であれば解決できるか、あるいは改善できることであるならば、その具体的な策を提案してみましょう。

退職する理由が他にないなら、解決さえすれば踏みとどまってくれるかもしれません。

まずは部下がどのくらい重要な人物かを伝え、自分が計画していた、今後の部下のキャリアプランを伝えてみてはどうでしょうか?

関連相談

そもそも部下が退職を考える原因は?

そもそも部下が退職を考える原因は?

部下が退職を考えるのには、いろいろ理由があると思います。
 

業務負担量が多すぎる

それが通常だと思っていた部下が、なぜ自分だけ仕事量が多いのだろうと考え始めたところから、退職を考えてしまうものです。

本当にアサインしている仕事量が他の部下より多いのかもしれないし、もしかしたらその部下が要領が悪く、
仕事を仕上げるのが遅いせいなのかもしれませんが、一度考えてしまったらもうダメなものです。

普段から部下と定期的に面談をして、仕事量はどうか、人間関係はどうかなど聞き、問題があればすぐに対応することが必要です。
 

人事評価が正当ではなく不公平

一生懸命会社のために働いているつもりなのに、自分に対する評価が同僚より低いと感じると、不公平感からこんな会社退職してやると、最初は半ばやけになっていたのが、本気になったかもしれません。

たとえ人事評価の基準に沿っていて、公平であるとしても、本人が納得しなければ不公平のままなんです。

人事評価のあり方は、日常的に部下に伝えるべきですね。
 

責任だけ押し付けられ、権限委譲が十分でない

権限がないのに責任だけ押し付けられたと部下が感じたら、アウトですね。

責任者に任命するなら、十分な権限委譲は必須です。

何か事情があるのなら、上司から事前に説明をすべきで、責任は自分にあるということを明確にすべきです。

関連相談

部下が退職を申し出た時に言ってはいけない言葉

部下が退職を申し出た時に言ってはいけない言葉

部下が退職したいと言ってきた時に、上司として言うべきではない言葉があります。
 

どこの会社に行っても通用しない

部下に退職したいと言われて、上司としてはショックとともに、ちょっと怒りモードが入りますよね。

そう言う時勢いで、「どこの会社に行っても、XXさん(部下の名前)では通用しない」とつい言ってしまいそうになりますが、能力否定も絶対にNGです。説得の余地がなくなりますよ。
 

何回も辞めたいと思ったけど続けることに意味が有る

自分の体験談ちっくな話をしても、退職したい部下には響きません。

自慢話に聞こえてしまう恐れもあるので、「何回も辞めたいと思ったけど、続けることに意味が有るんだ」なんて部下にとって意味不明なことは言わないことです。
 

今は忙しい時期だから辞められたら困る

会社や自分の都合でしか話をしていないと、退職を申し出た部下に一番思われてしまうフレーズは「忙しい時期なんだから、今XXさんに辞められたら困るんだよね」です。

優秀な人材を失いたくないという思いからなら、それをちゃんと伝えるべきでしょう。

関連相談

部下に退職したいと言われた時まとめ

「上司に話したところで解決しない」と思っていたことに対し、親身な態度で水を向けられたら、部下が退職の本当の理由を話してくれる可能性も高いし、そこから退職自体を翻意する可能性もあります。

決意は固いとしても「上司はやはりわかってくれていた、良い上司と働けてよかった」と、よい感情を持って退職してくれることと思います。

この記事に関連する転職相談

中小のIT企業であまり重労働にならないような所はありますか?

中小のIT企業であまり重労働にならないような所はありますか? 30代の年収がITの平均ぐらいになる会社を教えていただきたいです。 また、そのような会社も競争率は高いでしょうか……

人材業界の中途入社で成長できる職場環境はどの企業でしょうか?

人材業界の中途入社難易度を教えてください リクルートキャリア、ジョブズ、indeedJapan、キャリアデザインセンター、マイナビ、エン・ジャパン、パーソルキャリア 成長できる環境という視点でみるとどこにいくべきでしょう。そしてその難易度をしり...

労働基準法違反をしている会社に訴えた場合、訴えた雇用者はどうなりますか?

自分の会社の労働環境は労働基準法の違反しています。 しかし、このことを労基に報告したとして、訴えた側はそれからどのような境遇を受けるのでしょうか。 予め、転職活動をしておいて、その上で訴えるほうが良いのでしょうか。 自分の職場環境...

サービス残業当たり前の部署を変える方法は何かありますか?

転職先の会社がサービズ残業が当たり前の会社でした。 面接時は、至ってホワイトな印象を受ける会社で、待遇についても客観的に見てかなり優良な会社であったのですが…。 今まで残業代等はある程度きっちりと払っていただける会社だったので、自分は...

生保の販売の勧誘を受けているのですが、労動環境はいかがですか?

現在、とある中小企業で働いています。 退職を検討しているのですが、知り合いから生保の訪問販売の勧誘を受けています。 話を聞く感じですと、かなり働きやすいような労動環境だと思っているのですが、 実際は違うのでしょうか。 土日休みがな...

企業の1日の平均労働時間は何時間くらいなのでしょうか?

会社員として働き始めて8ヶ月経ちました。 毎日労働時間が10時間あります。 休憩は1時間ほどあるため、実質9時間の労働です。 他の友達の話を聞くと、労働時間は7時間だそうです。 それぞれ企業によって労働時間は違うのでしょうか? 労働基準...

社内で女性が活躍しやすい環境はどのように作ればいいでしょうか

私はとある企業の管理部に努めています。 今まで女性の採用に積極性を見せてこなかったのですが、 今年から方針が変わり、女性の採用割合を増やし、性別問わず活躍が出来る会社を作るという方針になりました。 とは言っても、今までの古いしきたりが...

自分の部署がサービス残業当たり前なのですが、労基に相談すべきですか?

自分の部署はサービス残業が当間です。 だいたい月に20時間のサービス残業を強要されています。一応、みなし残業のようです。 何度か上長にも相談したのですが、会社の予算の都合上難しいようです。 残業問題が厳しく取り締まられる昨今、自分の部署...

女性社員が働きやすい部署を作るためにしていることはありますか?

自分の部署は女性社員の割合が少ない部署です。 そもそも、会社自体が女性の割合が少なく、近年採用を徐々に強化しはじめたという感じです。 そのため、女性への理解が少ない方が多いのですが、 女性社員がより働きやすくなるように環境を作っている...

企業に入社して試用期間中にも関わらず一方的に解雇される事ってありますか?

現在プログラマとして、ある大企業の方に勤めています。 ただミスが多く、バグの修正やその他事務資料作成も上手くいきません。 試用期間が再来月でラストなので、このままではマズイと思っています。 またこの調子だと、試用期間中に解雇されそう...

この記事に関連する記事

長時間労働が起きてしまう原因とは【減らすにはどうしたらいいか考えよう】

長時間労働が原因で過労死が起きる等、日本では様々な問題が生じています。今回は長時間労働の原因と対策、長時間労働をへら...

長時間労働の対策と原因とは【現状とその背景を確認しよう】

長時間労働はどのような基準で決まるのでしょうか。今回は長時間労働の原因と対策、是正の仕方等様々な長時間労働に関する情...

【ブルーカラーの労働者】ホワイトカラーとの違いや年収をご紹介

ブルーカラー労働者について詳しくご存知でしょうか。のさまざまなワークスタイルが広がるなか、従来のイメージが大きく変わ...

労働環境を改善するには|成功体験や事例を交えてご紹介

労働環境を改善してくださいと言われピンとくる人は少ないのではないでしょうか。自分の会社をどうすればいいかがわかる人は...

【労働組合はいらない?】必要性や問題点を詳しくご紹介致します

労働組合はいらないのでしょうか。この記事では、労働組合の必要性や、労働組合の役割などを詳しくご紹介致します。また、公...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー