【業務委託の契約解除】契約を解除する場合の注意点についてご紹介

【業務委託の契約解除】契約を解除する場合の注意点についてご紹介

皆さんは、業務委託が期間途中で契約を解除されるというトラブルが増加していることをご存知でしょうか?原因として、技術不足やコミュニケーション不足などがあるようです。今回の記事で詳しくご紹介していきます。ぜひご一読ください。

29653

業務委託が期間途中で契約解除される理由

近年では、個人事業主やフリーランスの方が増えて、業委委託を行う会社も増えてきています。


しかし、業務委託が増える分だけ業務委託に関するトラブルも増えます。トラブルの中で多いのが期間途中による契約解除です。


この章では、業務委託が期間途中に契約解除になる理由について紹介します。

委託側が業務委託を期間途中で契約解除する理由の例

委託側が契約解除を行う理由は、委託する内容や契約書によって大きくことなります。


しかし、理由の1つとして、「成果報酬型」の委託だと

  • 成果物がイメージと違っていた
  • 求めているクオリティー以下になっている など


上記のように委託先の技術不足で契約を解除したいと感じる委託者が多いです。


他には、委託者・受託者両方に言えることですが、仕事はしっかりと行ってくれるが「コミュニケーションに問題がある」という場合も契約解除の理由になることがあります。

業務委託の契約解除いよる違約金について

業務委託の契約解除を行う場合は、違約金を払う必要もあります。


特に気をつけたいのが「成果報酬型の契約を受託した事業者」は違約金を払う可能性も高くなります。


成果報酬型は、成果物を提出することで報酬を貰うことになります。しかし、途中で契約解除を行う場合は、成果物がない状態なので、損害賠償などの違約金を請求されることが多いです。

業務委託の契約解除の違約金の相場とは

契約解除の違約金は、契約内容や作業内容によって、数万円から数千万円まで、かなり金額の幅が広いです。


そのため、「このような場合の相場」というものを明確にすることは難しいでしょう。


「違約金を請求する場合」や「万一支払う側」になった場合でも、弁護士などの専門家に相談して、違約金の金額は適正なのか判断してもらうことで、これ以上のトラブルを避けることができます。

業務委託の違約金や損害賠償金額に上限はあるのか

違約金や損害賠償は、契約内容や作業内容で大きく変わるため、明確な上限が設定されているわけではありません。


しかし、納期に間に合わなかったから「1000万円払ってください」など、作業内容や契約内容と比較して「常識的に見て高すぎる」といった場合は、提示されている違約金や損害賠償が無効になることもあります。


そのため、成果物が納期に間に合わず、委託側に機会損失を与えたなど、その時の状況に合わせて適切な損害賠償や違約金を請求しないといけません。

好条件の転職を目指すならリクルートエージェント


好条件で転職したい人におすすめのサービスがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントに依頼することで「年収」「条件」「入社日程」などの交渉をスムーズに行うことができます。


各業界・職種に特化したプロフェッショナルが多数在籍しているので、転職活動の心強い味方となります。

完全無料なので、まずは登録してみましょう。

一方的に業務委託の契約解除をされた場合の対処法

悪いクライアントや受託者の場合、こちらの意思は無視されて一方的に業務委託の契約解除を通知されることもあります。


こちら側に非がある場合は、謝罪を行い誠実に対応する必要がありますが、こちら側に非もなく、一方的に契約解除を行われた場合は、専門家に相談するなど適切な対応を行わないといけません。


この章では、一方的に契約解除をされた場合の対処方法について紹介します。

業務委託の契約書類がある場合にまず行うべき事とは

業務委託契約を一方的に解除通知を宣告された場合は、業務委託契約書の確認を行いましょう。


契約内容に「期間途中の契約解約」について定められているか確認する必要があります。

期間途中の契約解除について定めがある場合は、契約内容の従い契約解除の手続きを行わないといけません。


しかし、期間途中での契約解除について定めがない場合は、一方的な解除を行うことはできません。


また、一方的に業務委託の契約金の減額を行うこともできないので、漠然とした態度で相手側と話し合う必要があります。

業務委託の契約書類がない場合に行える事とは

口頭で契約を結び、手元に契約書がない場合は「言った言わないの水掛け論」になるので、弁護士など専門家に相談するのが、精神的負担も少なくて済みます。


また、時間の無駄にもならないので、契約書が手元になく一方的な契約解除を通知された場合は早急に専門家へ相談するのが効率的です。

業務委託の契約解除の書式の例

一方的な、業務委託契約解除を行うことはできませんが、やむを得ない事情で相手側に「契約解除を相談」することは可能です。


個人事業主の場合、病気や怪我で仕事ができずに、「契約解除をやむを得ない状況」
なる可能性があります。


しかし、業務委託の契約解除を行う場合、必要書類の作成を行わないといけません。
どんな内容を書くべきかわからず悩んだ経験がある方も多いのではないでしょうか。


ですが、契約解除の合意・通知書には雛形となるものが多数存在します。


この章では、業務委託の契約解除書類の雛形について紹介します。

業務委託の契約解除の合意書や通知書はテンプレートがある

業務委託の契約書類は、テンプレートを利用して作成するのがおすすめです。

テンプレートは、インターネット上にも豊富にありるので、必要な書類を簡単に作成することができます。


また、テンプレートはPDF・wordなどファイルごとで選べるものも多く、環境に合わせてダウンロードしてすぐ使えるようになっています。


もちろん契約解除の合意書・通知書以外にも業務委託の契約書などのテンプレートもあるので、状況に合わせて適切な書類を作成することが可能です。

業務委託の契約解除文書のケース別の文例

業務委託契約解除の文章は、基本的にはあまり書くことも多くはなく、同じような書き方になります。


業務委託契約解除を作成する場合、記載する内容は

  • 宛名・作成日
  • 契約解除日
  • 業務委託契約解除理由


上記のような内容を記載することになります。


業務委託契約解除の例文を用意しました。参考にして下さい。

 

○○殿

令和○年○月○日

 

【会社名】

【氏名】

業務委託契約解除通知書

 

【委託側】と【受託側】で令和○年○月○日に締結した業務委託契約書(以下 現契約)につき契約解除を行うことを下記の通り通知します。

 

・業務委託契約解除日

令和○年○月○年をもって現契約を解除

 

・業務委託契約解除理由

現契約第○条の解除理由に該当するため

 

以上


 

 

まとめ

今回の内容をまとめると

  • どちらかが一方的に業務委託の契約解除を行うことはできない
  • 一方的に業務委託の契約解除を通知された場合は、契約内容の確認をする
  • 業務委託契約解除で発生する違約金などの金額は状況に応じて大きく異なる
  • 業務委託契約に必要な書類は、テンプレートがある

上記4つです。


近年では、フリーランスと呼ばれる個人事業主が増えており、業務委託契約を行い仕事をする方が増えています。


大きなトラブルに巻き込まれないようにも、契約書の準備や万一に備えての冷静な対処方法をしっておく必要があります。


また、トラブルになった場合、当事者同士だけでは話し合いが難航することが多く解決まで時間が掛かってしまうことも多いです。


可能であれば弁護士などの専門家に相談をして指示を仰ぐようにしましょう。

登録しておきたい完全無料の転職サービス

おすすめの転職サービス

エージェント名 対象
第二新卒エージェントneo 第二新卒の方
リクルートエージェント 30代以上の方
ビズリーチ 年収600万円以上の方
レバテックキャリア IT業界経験者におすすめ
ハタラクティブ 完全に未経験でも正社員として就職を目指せる
JAIC フリーターの方におすすめ
dodaキャンパス 新卒の方におすすめ


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・第二新卒エージェントneo:
 https://www.daini-agent.jp/
・リクルートエージェント:
 https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:
 https://www.bizreach.jp
・レバテックキャリア:
 https://career.levtech.jp/
・ハタラクティブ:
 https://hataractive.jp/
・JAIC:
 https://www.jaic-college.jp/
・dodaキャンパス:
 https://campus.doda.jp/

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す