コンサルティング業界に就職するために求められる要素についてご紹介の画像

コンサルティング業界に就職するために求められる要素についてご紹介

学生の就活から転職活動に至るまで、幅広い年代の男女から常に高い人気を誇っているのがコンサルティング業界です。この業界に就職するためには、一体どういった要素が求められるのでしょうか。様々な面から細かく解説していきますので、ぜひ就職に向けた参考として利用してみて下さい。

就職先はどのような企業になるのか

コンサルティング業界は決して広い世界とは言えず、専門企業は限られており、就職は容易いものではありません。

国内にもコンサルティングを専門とする企業は存在していますが、割合を見れば外資系企業が圧倒的に優位です。したがって、就職先は競争の激しい実力主義の企業となることが普通です。

能力さえあれば若くても役職が付き、高い賃金を得ることも可能ですが、終身雇用や年功序列といった日本企業ならではのシステムは一切取り入れられておらず、離職率が高い仕事であるという一面も持つ業界になっています。

コンサルタントは独立して自営業という立場を取る方が多いことも特徴の一つになっていますが、未経験のまま独り立ちできる世界ではありません。

まずは専門企業に就職し、実績と経験を重ねながら、独立に向けたコネクションを作ることが求められます。

面接で重視されるポイントとは?

コンサルティング業界が面接において最重要視するポイントが「社交性」です。

コンサルタントは仕事を通じて多くの人物と出会い、対話を重ねることによって企業の価値を向上させていくことが重大な仕事内容であるため、様々な人物と初対面からスムーズに会話ができ、なおかつクライアントに対して「信頼関係を築ける」と感じてもらえるような人物が求められているのです。

次に、アイデアや独創性、さらに行動力といった要素を持っていることもコンサルティング業界への就職に向けて大きなアドバンテージになります。

コンサルタントは、クライアントが想像も付かないようなアイデアを次々と示し、問題点を解決させることによって業績を向上させる仕事内容であることから、これらの要素を持ち、クライアントに積極的に発信していける能力を持つ人物ほど採用されやすくなります。

この業界への適性を持つ人物像とは?

問題の本質を見抜き、ズバリと指摘できる強さを持った人物ほどコンサルティング業界に適性があります。

コンサルタントとして、クライアントの立場に立つ優しさを持つことも重要ですが、この仕事はそれだけで成り立つものではありません。

時には指摘しにくいような厳しい話でも臆することなく持ち掛け、クライアントが成長するために必要な問題点を指摘する力強さや強引さといった要素が必要です。また、データを閲覧することや分析することが好きな人物も、この業界に就職すると仕事を楽しむことができるでしょう。

特に経営に関するコンサルティング業務においては、全ての判断基準をクライアントの企業データに置くことになります。

財務、あるいは雇用といった数字上のデータを読み解き、その会社に何が足りないのかを考える仕事であるため、数字に強く、分析力の優れた人物にも適性があります。

持っておくと有利な資格はある?

コンサルティング業界に就職する上で有利になる可能性が高い資格としては、第一にMBA(経営学修士)が挙げられます。

欧米諸国ではMBAの有無が経営関連職への就職の可否を左右するほどであり、コンサルティング業界においても非常に重要視されている資格です。

他社の経営を改善させるための仕事ですから、経営学に精通している人物ほど優先して採用されることは当然と言えるでしょう。

その他にも専門性の高い資格の保持者が就職において有利となります。具体的には中小企業診断士、公認会計士、あるいは税理士、弁護士といった資格です。

こういった資格を持つ人物は即戦力として見なされることが非常に多く、就職や転職の際に極めて有利になります。外資系企業においては英語力も重視されるため、TOEIC等の試験を受け、好成績を収めた人物も優遇されます。

最後に

いかがでしたでしょうか。

コンサルティング業界への就職に向けて必要となる要素や資格、そして適正について、少しでも理解を深めてもらうことが出来たのであれば幸いです。

コンサルティング業界が就職希望者に求めているのは、経営に関する専門的な知識を筆頭に、クライアントが抱える問題を見抜き、指摘し、解決策を与えられる能力やアイデアです。

それを裏付ける資格を取得し、なおかつそういった長所を持っていることを面接の場でアピールすることが出来れば、ライバルに競り勝って就職を有利なものにすることが出来るでしょう。就職先は実力主義の企業になることが普通であり、入社が決まったからと言って将来の安泰が約束される訳ではありません。

しかし、だからこそ日々の仕事にやりがいを感じられるとも言え、成功のために全力を尽くすことにより、人間的な成長を見込める業界でもあるのです。

この記事に関連する転職相談

皆さんの会社ではどのような怒り方をされる方が多いでしょうか?

皆さんの会社ではどのような怒り方をされる方が多いでしょうか? こんにちは。新卒からコンサルティング業界で働いています。 私の会社ではミス等で怒る際に周りの人たちがが聞いているところでつめる(何でできないの、今まで何してたの、センスない...

コンサル業界に就職するための勉強方法や対策はなんですか?

コンサルティング業界に興味があります。 日ごろから企業の抱える課題などを考えたりする特訓(MBAのケーススタディーみたいな)をするためには、 どのような勉強方法がおすすめでしょうか。 大学院で勉強するという以外にもなにか継続的にできる勉強の方...

人材業界の営業職から、広告業界または経営コンサルティング会社への転職は可能ですか?

人材業界の営業職から、広告業界または経営コンサルティング会社への転職は可能ですか? そのような転職事例はあるのでしょうか? よろしくお願い致します。

何もしない人がコンサルを名乗っているのですがどう対処すればよいですか?

コンサルについて教えて下さい。 何もしない人がコンサルを名乗っているのですが、どうやらうちの社長は信用しているようです。どう対処すればよいですか?

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー