• HOME
  • 業界・業種
  • ゲーム業界へ転職を成功させるには?【経験者に聞いてみた】
ゲーム業界へ転職を成功させるには?【経験者に聞いてみた】

ゲーム業界へ転職を成功させるには?【経験者に聞いてみた】

ゲーム業界への転職を希望している方は年々増えています。業界経験者はもちろん、最近はゲーム業界未経験者でも多数の転職があり、転職市場を賑わせていますが、そんなゲーム業界へ未経験でも転職活動をする場合のポートフォリオや志望動機等、転職活動に欠かせない準備ノウハウについてお伝えします。

908

ゲーム業界での仕事の魅力ややりがいとは

ゲーム業界に転職をするのは、様々な魅力があります。その1つは、仕事のやりがいです。
 

ゲーム業界で働くやりがいとは

会社勤めをしている方々は、必ずしも仕事にやりがいを感じているとは限りません。というのも仕事によっては、なかなか自分の成果を実感しづらい事もあるからです。

日々頑張っているものの、それを自分の目で確認できる訳でもないので、仕事にやりがいを感じられないと悩んでいる方々も多いです。

しかしゲーム業界は、やりがいを感じられる事も多いのです。自分が作ったゲームは、もちろん市場にリリースされます。それに関する評判が、口コミやレビューなどで確認できるのです。

自分の頑張りに関する反応を、直ちに確認できますから、やりがいを感じている方々も多いです。それと、クリエイティブな要素も軽視できません。

上司から指示された仕事を遂行するのではなく、自分の頭で考えて仕事できるのです。

他の職種では、あくまでも指示通りに仕事をする事もあり、あまり面白くないと感じられる事もあります。

しかしゲーム業界でしたら、クリエイティブに仕事を進められるので、とても楽しく働ける訳です。総じて仕事にやりがいが感
じられるのが、ゲーム業界に転職する魅力の1つと言えるでしょう。

未経験でもゲーム業界へ転職出来るの?

ゲーム業界への転職を検討しますと、業界経験が気になってしまう事もあります。

というのも転職を考えている方々は、必ずしも業界経験者ではありません。

今までその業界で働いた事がなければ、現場で活躍できるか不安になってしまう事もあるでしょう。
 

未経験でもゲーム業界へ転職出来る理由

ですがゲーム業界の場合は、基本的には未経験者でも問題ありません。まず、人材確保が難しいからです。

確かにゲーム会社としては、経験者を採用できるに越した事はありません。経験者の方が、現場で活躍してくれると見込まれるからです。

しかし現実には、そのような人材を確保するのは難しい傾向があります。

ですから多くのゲーム会社は、たとえ未経験者でも問題ないと考えている訳です。

現にゲーム業界の求人広告を見てみますと、未経験者歓迎などと言及されている事も多々あります。その業界で働いた事がなくても、採用される可能性がある点は、ゲーム業界の魅力の1つとも言えるのです。

ただし未経験者の場合は、最初の内はデバッグなどの作業を担当するケースが殆どです。

まずは、あまりスキルが求められない仕事を割り振られる傾向があります。

ゲーム業界への転職で有利となるスキル

ゲーム業界で活躍できるか否かは、スキルに左右される一面は確かにあります。

ですからゲーム会社の人事担当者としても、スキルを確認する傾向はあります。やはり高いスキルがある人材の方が、採用される確率も高いのです。
 

ゲーム業界の転職に役立つスキルとは

具体的にはどのスキルがポイントになるかというと、アプリに関する言語です。スマホのアプリには、様々な言語があります。

JavaやPHPなど様々な言語がある訳ですが、それを習得できているか否かは、合否に関わってきます。

やはり言語を習得している人材の方が、転職では有利な傾向があります。それと、何らかのアプリを作った経験があるか否かです。

覚えていた知識を、アプリという形で作った事がある方々は、総じて有利な傾向があります。

というのもアプリを作った経験があれば、求められる要素も理解しやすいからです。

ユーザーに求められる要素を把握している人材でしたら、ゲーム作りの現場でも活躍してくれると見込まれるので、採用されやすい傾向はあります。

このようにゲームに関する知識や、アプリ制作のスキルがあれば、ゲーム業界の転職で有利になるでしょう。

ゲーム業界の転職とポートフォリオとは

ゲーム業界での転職を希望するなら、ポートフォリオを作っておくのは有効です。ポートフォリオは自分のスキルをアピールできる材料になるからです。

ポートフォリオとは

ポートフォリオとは、いわゆる作品集です。自分なりにゲームに関する作品を作って、応募先企業に提出する事になります。

そもそもゲーム業界の場合は、ポートフォリオの提出が必須になっている事さえあります。その理由の1つが、スキルの判断材料になるからです。
 

ポートフォリオがあれば転職がスムーズに

人事担当者としては、ゲーム業界で活躍できる人材なのかを確認したいと考えています。

ただ面接や職務経歴書だけでは、果たして活躍できるかどうかを見極めるのは、少々難しい訳です。

それに対してポートフォリオですと、応募者のスキルを視覚的に分かりやすく確認できます。

ですからゲーム業界の各企業は、ポートフォリオの提出を求めてくる訳です。

具体的にどのようなポートフォリオが必要かは、職種によって異なります。

プログラマーでしたら、自作のゲームを提出しますし、イラストレーターなら絵を提出するからです。

そのポートフォリオを作るのは、若干手間を要する傾向はあります。しかし転職での合否に関わってきますし、頑張って作るべきといえるでしょう。

ゲーム業界への転職と年齢の関連性とは

ゲーム業界に関する転職は、年齢との関連性は大いにあります。
 

ゲーム業界へ転職する際に年齢はどこまで見られるか

基本的には、30代が1つの節目になるのです。

ゲーム業界に限らず言える事ですが、年齢が高めな方々は、内定率も低くなる傾向はあります。

職場の年齢調整などの理由で、基本的には若い年代層の方々を採用している企業も多いです。

ゲーム業界に対しても、同じ事は言えます。この業界の場合は、30代までに応募するのが望ましい傾向はあるのです。

年齢が高めになりますと、採用は若干厳しくなる一面は、確かにあります。

ただし年齢が高いからと言って、ゲーム業界への転職が不可能になるという意味ではありません。他の要素によって、カバーできる事もあるからです。

そもそも年齢が高ければ、それに応じたスキルを習得している方々も多いです。

特定のゲーム会社で長く働いていて、高度なスキルを習得している人材でしたら、たとえ年齢が高めでも採用される事はあります。

つまり内定に関する合否は、年齢だけで判断される訳でもないのです。しかしゲーム業界では、年齢が若い方が有利ではあります。

ですから確実に転職したいなら、年齢が若い内に応募するのが望ましいでしょう。

ゲーム業界への転職志望動機の書き方とは

ゲーム業界に転職をする為には、もちろん職務経歴書や履歴書を書く事になります。

書く項目の中で重視されるのは、志望動機です。なぜその会社を選んだのかを、具体的にアピールする事になります。
 

ゲーム業界の志望動機のポイントとは

志望動機を書くポイントですが、例えば自分が好きなゲームに関する思いを盛り込んで見るのは、有効です。

どのようなゲームが好きかを書く訳ですが、その「理由」も盛り込むべきでしょう。

また自分が作りたいと思っているゲームを、志望動機に盛り込んでみるのも有効です。その思いを応募先企業に関連づけて、志望動機を書いてみるのが有効です。

応募先企業のゲームは、自分の目指しているゲームのイメージに合致しているので、応募したと書くやり方もあります。

また志望動機は、できる限り具体的に書くのが望ましいです。漠然と感情的に志望動機を書くよりは、より具体的な要素を盛り込んおく方が、内定になる確率も高まる傾向はあります。

ちなみにゲーム業界に関する志望動機をまとめるのが難しく感じられる時には、転職エージェントなどに相談してみるのも一法です。

エージェントの担当者は、志望動機に関するアドバイスも行ってくれるからです。

ゲーム業界の面接に使える志望動機については、他の記事でもまとめています。

ゲーム業界の面接で使える志望動機とは?

ということで、志望動機について悩んでいる方がいらっしゃいましたらこちらも確認してください。

最後に

ゲーム業界の場合は、未経験者でも採用される可能性があるのは特徴的です。

他の業界の場合は、やや難しい事もあるからです。

しかしその業界で活躍できるか否かも、やはりスキルに左右される傾向はあります。ですから転職での人事選考でも、スキルがあるかどうかを確認される事も多いのです。

何らかの手段で、自分のスキルをアピールする方が、採用される確率も高まるでしょう。

そのための手段として、ポートフォリオなどは有効なのです。

自分が作った完成物があるなら、やはり応募先企業に提出する方が、効果的にスキルもアピールできるでしょう。

ですから、ポートフォリオの出来栄えは大切なポイントになります。それを作るのは、かなりの手間を要するのは確かです。

しかし合否には関わってきますし、頑張って制作する方が良いでしょう。

ただしスキルがあると言っても、やはり年齢が1つのポイントになるのは確かです。上記の通り、ゲーム業界の転職は30歳が1つの節目になります。

あまり年齢が高いと、内定のハードルも高まってしまいますし、やはり20代の内に応募するのが無難です。

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

エージェント名 対象
第二新卒エージェントneo スピーディーに内定を取りたい方
リクルートエージェント 30代以上の方
ビズリーチ 年収600万円以上の方
レバテックキャリア IT業界経験者におすすめ
ハタラクティブ 完全に未経験でも正社員として就職を目指せる
JAIC フリーターの方におすすめ
dodaキャンパス 新卒の方におすすめ


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・第二新卒エージェントneo:
 https://www.daini-agent.jp/
・リクルートエージェント:
 https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:
 https://www.bizreach.jp
・レバテックキャリア:
 https://career.levtech.jp/
・ハタラクティブ:
 https://hataractive.jp/
・JAIC:
 https://www.jaic-college.jp/
・dodaキャンパス:
 https://campus.doda.jp/

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談

上司と合わないという理由で新卒1年目に転職をするのは間違っていますか?

新卒1年目の社会人です。 せっかく熱意を持って4月に入社したのですが、上司との感覚が合わず仕事へのモチベーションがなくなっています。 BtoCの営業職として、研修で学んだ知識を生かし...

新卒で就職した会社を3日目で辞めたいのですがどうしたらいい?

新卒でメーカーに就職しました。 しかし、同期で仲が良い人がいない。配属先の先輩(年齢が20くらい上)と話が合わない。仕事内容も工場勤務なので全くやる気がでない。出社する時に毎回辛い気持ちに...

ロレックスの時計を面接にをつけていったら落とされたのですがどう思いますか?

私は時計が大好きで時計を優先してほどです。 そんな私も社会人になってから頑張って貯金をしてロレックスの購入に成功して、常に肌身離さずつけています。 しかしいつもの癖で、転職活動の面接...

転職エージェントに転職後でも相談して大丈夫でしょうか?

転職エージェントには、転職活動終了後でも相談しても良いのでしょうか。 転職エージェントと継続的にコミュニケーションをとることで、キャリアに関する相談ができるのでメリットがあると考えておりま...

40代の転職で30社以上不採用なのですがどうすればいいですか?

人件費削減のため、会社がリストラを行い、その対象に選ばれてしまいました。 40代の今まで、転職を1度も考えたことがなかったため、仕事を失いとても困っています。 貯金でなんとか生活はで...

転職したいのですが怖くてできませんどうすればいいですか?

私は転職を1回したことがあります。 1回目の転職は新卒で入った会社がハードワークすぎて肉体的にも精神的もきつくなり転職しました。 その後資格を取得して現在の会社で勤めているのですが、...

20代で転職するのと10年近く勤めるのならどちらキャリア的に良いですか?

20代で転職しているのと10年近く勤めているのはどちらがいいのでしょうか? 10年正社員として勤めてきました。この度諸々の理由から転職を考えているのですがタイミングが良くないのは分かってい...

焦って転職して失敗したのですがどうすればいいですか?

私は前の会社をすぐに辞めたくて、急いで転職活動をしました。 転職エージェントに登録して、転職できそうな企業を紹介してすぐ面接をして転職したという感じです。 しかし、転職したのはいいの...

転職回数が多い人に特徴はありますか?

来年新卒のものなですが、転職をいっぱいする人に特徴はあるのでしょうか? 転職回数が多いと転職活動が不利になったりと聞くので、とても気になっています。 「飽き性」など、性格的なものと、...

派遣社員になってでも今後のキャリアのために転職することをどう思いますか?

現在転職活動中のアラサー女性です。 私は直近は正社員としてメディア広告の企業で働いていましたが、それ以前は同業種で派遣社員をしていました。 派遣から正社員へ転職する時はかなり苦労しましたが、...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す