最近の20代はビジネスの場でも俺が主語の人が多いと思いませんか?

たまに男子大学生・専門学生で、目上に対してでも、自分の事を「俺が~」と言う人いますが、基本的にはダメだと思うのですが、いかが思いますか?

言われても何とも思わない人いますが…。
例として、「これは俺がやっておきます」、「俺ですか?」。こんなこといつも言っていたら、癖でつい言ってしまうのではないでしょうか?
就活なら面接官から「こいつは面接の場でも俺なんて言葉つかうのか!!」と思われたり、
社会人なってからだったら上司・先輩だけでなく、顧客に対してでもそんな言葉使っていたら「この会社の社員は言葉遣いも知らないのか!?」
と思われる可能性があるのではないでしょうか?

みなさんそういう若者が増えてきているなと実感しませんでしょうか?

雑談

ユーザー名非公開

回答 1件   応援 0

小さな会社を経営しております。プログラマーです。

言葉遣いがどの程度重要かは業界や状況によりますので、何とも言えないです。結局お金と自身の評価にかかわる話ですから、生き残りのために言葉遣いは変えるものです。そんなに他人をご心配になることもないかと思います。

年配の地位のある人だと一人称は「オレ」で豪快な気質をアピールすることも多いかと思います。

今や年功序列は存在しません。目上だとか年下だとか、そういうことではなくて、よっぽど親しい友人でない限りは、誰でも最低限「さん」づけで、敬語で距離を保っておかないと、あとあと大変ですよね。

上になっても下になっても同じ話し方を維持できるようにしておくと、組織を離れたり立場が変わっても、また困ったときでも「常に人として同じように接してくれる人なのだ」という信用が生まれますので、役立つかと思います。

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー