• HOME
  • 転職
  • 退職・入社
  • 退職届・退職願の書き方を徹底解説!辞表との違いや提出のタイミングも解説
退職届・退職願の書き方を徹底解説!辞表との違いや提出のタイミングも解説

退職届・退職願の書き方を徹底解説!辞表との違いや提出のタイミングも解説

退職届の正しい書き方を知りたい方も多いのではないでしょうか。この記事では、退職届、退職願、辞表のそれぞれ意味や、退職届を提出するタイミングについて紹介します。正しく退職届を作成して、退職手続きを進めてみてください。

退職届・退職願・辞表の違い

まずは、退職届・退職願・辞表の違いを確認していきましょう。

それぞれどのような違いがあるのでしょうか。
 

退職届

退職届は、退職が正式に決まったあとに会社へ提出する書類です。

また退職届は、退職日を明記する点が特徴と言えます。

基本的に退職届を提出した場合は、退職の撤回はできません。

退職届の提出先や、退職届の形式に関しては就業規則に記載されていることが多いため、事前に確認しておきましょう。

もし就業規則に記載がないときは、直属の上司の相談するのがおすすめです。
 

退職願

退職願は、退職したいことを伝えるときに使う書類です。

退職相談を上司とするときに、退職願を提出するパターンが多くあります。

退職願は必ずしも用意するものではありません。

退職相談の際に、口頭で「退職したい」旨を伝えるだけでも問題がないからです。

しかし退職の意思が強いことをアピールするためや、転職先がすでに決定しており必ず辞めなければいけないときなどは、退職願を作成するのがおすすめです。

また、口頭のみでの退職相談では後から「言った言わない」のトラブルになる可能性もあります。

そのため退職願を作成する方も多いです。

辞表

辞表は会社や法人の場合「代表取締役」、「社長」など雇用関係がない人が、就いている役職を辞める時に使う書類です。

あくまで「役職」を辞める意味合いで使用されることが多くあります。

他にも、公務員が仕事を辞める際にも辞表を使います。

一般的な企業の会社員の方は、辞表は不要です。

退職届・退職願作成前にやるべきこと

退職届・退職願を作成する前にやるべきことを確認していきましょう。

主に、以下の3つがやるべきこととなります。

  • 就業規則を確認する
  • 上司へ退職意思を話す
  • 必要なものを準備する

順番に見ていきます。
 

就業規則を確認する

今の会社を退職したい、退職届を作成したい、と思った場合まずは就業規則を確認しましょう。

就業規則には、退職に関する項目が明記されています。

例えば「退職希望日の1ヶ月前までに退職届を提出する」など、重要な内容が書かれています。

そのため、就業規則を守らずに退職届を提出しても受理される可能性は低いでしょう。

就業規則に合わせて、退職手続きを進めてください。

なお法律上では、退職の2週間前に伝えれば退職できると決まっています。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。
この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:民法 | e-Gov法令検索

しかしいくら法律で決まっているとはいえ、就業規則に従うのが基本です。

自分の会社のルールを事前に把握して、スムーズに退職しましょう。
 

上司へ退職意思を話す

退職することを決めたら、直属の上司に退職相談のアポイントを取りましょう。

何の前触れもなしに、いきなり退職願や退職届を提出するのは、自分勝手な行動となります。

退職する=欠員が出る状況になるため、今後の引き継ぎなども上司は考えなければなりません。

また突然、会社を辞めたいので退職届を渡す行為はビジネスマナーとしてNGです。

マナーが守れない人として認識されてしまうと、今後会社にいるのも気まずくなってしまうかもしれません。

そのためいきなり退職願や退職届を渡すのは避けてください。

なお直属の上司が話しにくい人だったとしても、上司より先に上司以外の人に退職相談話をするのも避けましょう。
 

必要なものを準備する

上司から退職の承諾をもらったら、退職届を準備しましょう。

退職届は、手書きでもパソコンでもどちらで作成しても問題ありません。

自分が慣れているほうで作成を進めてみてください。

なお、手書き・パソコンに関係なく、退職届には封筒が必要です。

退職届では、以下の封筒を利用しましょう。

  • 郵便番号枠がないもの
  • 白色
  • 長形封筒(用紙のサイズに合わせること)


退職届を入れる封筒は、当たり障りのない無難なものを使用してください。
 

手書きの場合

手書きで退職届を作成する際は、A4もしくはB5サイズの白の無地の用紙で、ペンは黒のボールペンが一般的です。

忘れずに、郵便番号枠がない封筒も用意してください。

なお手書きで書く際、縦書きでも横書きでも問題ありません。罫線がもともと入っているものだと、きれいに書きやすいでしょう。

退職届を書くときにおすすめのサイズは、B5(182×257mm)かA4(210×297mm)です。
 

パソコンで作成する場合

退職届をパソコンで作成するのは、マナー違反ではありません。

横書きでも縦書きでも退職届は成立します。

なおパソコンで退職届を作成する場合、テンプレートやフォーマットを利用するのが便利です。

もしテンプレートに迷っている場合は、以下を参考にしてみてください。

退職届・退職願の見本と書き方

ここでは、退職届・退職願の見本と書き方について紹介します。

実際に何を書けば良いのかしっかり確認していきましょう。
 

1.書き出し

書き出しは、本文の1行目に「私儀」と書きます。

「私儀」は、個人的やわたくしごとではありますが、の意味です。

まずは「私儀」と書きましょう。
 

2.退職理由・退職日・文末

次に、退職理由を書きます。書く場所は本文です。

例えば、「このたび一身上の都合により」などの文言を使うと良いでしょう。自己都合の場合はこの文言を利用します。

なお会社都合での退職であれば、「退職勧奨に伴い」など本当の理由を記載してください。

そのあとは、退職日を書きます。

退職届の場合は、「△△年△月△△日をもって退職いたします。」とつなげて書けば問題ありません。

退職届は、すでに退職が決まった状態で提出する書類のため具体的な退職日を書きます。

しかし退職願の場合は、退職日が決まっているわけではないので退職希望日として日付を書きましょう。

そのため文言としては、「△△年△月△△日をもって退職いたしたくここにお願い申し上げます。」と文末を変更して書いてください。

退職日は、西暦でも和暦でもどちらでも構いません。
 

3.提出年月日

前の文章と一行あけて、提出年月日を書きましょう。

書き方は西暦でも和暦でもどちらでも問題ありませんが、退職日で使用したものと統一させるようにしてください。

シンプルに「△△年△月△△日」と書きます。
 

4.所属部署・氏名・押印

宛名より下に、所属部署・氏名を記入します。

氏名の下には押印をしましょう。氏名のすぐ下に押印して問題ありません。
 

5.宛名

自分の名前よりも上の位置に、会社の代表取締役社長などの最高執行責任者の役職と名前を書きます。

敬称は「殿」もしくは「様」です。

退職届・退職願封筒の書き方と入れ方

ここでは、作成した退職届・退職願をいれる封筒について解説していきます。

退職届・退職願は封筒に入れて渡す必要があります。

準備すべき封筒の種類はどのような物なのか確認していきましょう。
 

封筒の書き方

まず、郵便番号枠が記載されていない白地で無地の封筒を用意します。

茶封筒(クラフト紙が原料になっている薄茶色の封筒)を使用して提出するのは、マナー違反と言われています。

サイズに関しては、退職届がA4サイズである場合は、封筒は「長形3号」。

退職届がB5サイズの場合は、「長形4号」を選びましょう。

封筒表面と裏面の書き方は、以下です。

退職届用の封筒の書き方のポイント
封筒表面には、「退職届」もしくは「退職願」と、やや上に書きます。退職届・退職願を提出する際は、宛名は不要です。

封筒裏面は、「所属」「氏名」を左下に書きます。

書く位置は、右側に所属、左側に氏名の順で書きましょう。

最後に、退職届の封を閉じる際は、「〆」を書きます。
 

封筒の入れ方

退職届の折り
退職届・退職願を封筒に入れる際は、三つ折りにします。

中身が見えない折り方をするのが基本です。

封筒へ入れる際は、画像の丸の部分が封筒の右端に来る形で入れるようにしましょう。

退職届・退職願の提出するタイミング

続いて、退職届・退職願を提出するタイミングを見ていきましょう。

退職するフローに合わせて確認していきます。
 

STEP.1 退職することを決める
STEP.2 退職願を作成
STEP.3 上司に退職の意向を伝えた後、退職願を提出
STEP.4 退職届を作成
STEP.5 退職が正式に決まったら退職届を提出
STEP.6 退職


STEP.5の退職を提出する場所は、就業規則に沿って正しい部署・人物に提出してください。

また、STEP.3で上司に退職の相談をする際はいきなり退職願を渡すのは避けましょう。

事前にアポをとってから、退職を切り出すのがマナーです。

なお退職相談をする際は、会議室など一対一で話ができる静かな場所を確保しましょう。

退職届・退職願の渡し方

次に、作成した退職届と退職願の渡し方を解説します。

渡し方もしっかり把握して、スムーズに退職を進めていきましょう。
 

手渡しする

退職届と退職願は、手渡しで提出するのが一般的です。

提出先は、就業規則を元に正しい人物へ渡しにいきましょう。

もし分からない時は、直属の上司に相談してみるのがおすすめです。

タイミングとしては、退職届は退職が認められたらなるべく早く作成します。「お世話になりました」と一言添えて提出しましょう。

退職願は、退職したいことを伝えたらすぐに渡してください。
 

郵送する

退職届を手渡しできない環境の方もいるのではないでしょうか。

例えば、パワハラが横行している会社では、出社することは難しいでしょう。やむを得ない場合は、退職届を郵送して提出しましょう。

退職届を郵送する際は、退職届を入れた無地の封筒よりも大きい封筒を用意します。

そして、大きい封筒の中に無地の封筒に入れた退職届を入れます。最終的に、封筒の中に封筒(退職届)が入っている状態です。

郵送する際は、大きい封筒の左下に赤いペンで「親展」と書くのも忘れないでください。

退職届の書き方でよくある質問

最後に、退職届の書き方でよくある質問を見ていきましょう。

今回は、以下2つの質問に回答していきます。

  • パートの退職届の書き方は?
  • 退職届をパソコンで作成するときのおすすめのフォントは?

順番に見ていきます。
 

パートの退職届の書き方は?

パートの場合、退職届は不要です。基本的に口頭で説明を行えば問題ありません。

しかしトラブルになる可能性がある場合は、退職届を作成しましょう。

例えば、退職の引き止めをされていて、辞める時期を先延ばしにされている状況が続いているときなどです。

退職時のトラブルを避けたいパートの方は、退職届を準備してみてください。
 

退職届をパソコンで作成するときのおすすめのフォントは?

フォーマットを使わず、自分で退職届を作成したい方もいるのではないでしょうか。

退職届では、明朝体のフォントを使って作成しましょう。明朝体は、ビジネスシーンでよく使われるフォントとなります。

またフォントサイズは、12〜20ポイントがベストです。

まとめ

今回は退職届の書き方を紹介しました。

退職届には、記載すべき項目が決まっています。

正しい退職届を作成して、円滑に退職を進めていきましょう。
 

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す