システムエンジニアの就職は難しい?簡単?【資格や面接対策も紹介】の画像

システムエンジニアの就職は難しい?簡単?【資格や面接対策も紹介】

システムエンジニアとして就職したいと思っている方は多いのではないでしょうか。今回はシステムエンジニアとして就職するうえで、どうしたら就職できるのか、就職するにはどうすれば良いのか、システムエンジニアの就職でおすすめの資格一覧、システムエンジニアの就職面接で問われていることをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

471

システムエンジニアに就職するには

システムエンジニアは顧客の望むITシステムを理解し、プログラマーと共にできうる限りの予算と時間で顧客の希望に沿ったものを作り上げていく、システム制作の上流工程を担うポジションです。

システムエンジニアになるためには、どのような点がアピールポイントとなりうるのでしょうか。
 

プログラミングなどのスキル・資格を習得して面接でアピールする

システムエンジニアは、プログラミングが理解できていないと非常に難しい職業です。プログラミングをするのはプログラマーの仕事ですが、システムエンジニアはプログラマーの仕事の元となる「設計仕様書」を作成します。

プログラミングのスキルによって設計仕様書の質も変化しますので、プログラミングの経験や資格などがあると、面接でアピールしやすいのです。
 

システムエンジニアに大切な理解力・伝達力を鍛える

顧客はプログラミングの専門家ではありませんから、専門用語はわかりませんし知識もありません。プログラマー側からすると、顧客が何を言いたいのかわからないこともあるでしょう。

その仲立ちをするのがシステムエンジニアです。顧客の言いたいことややりたいことを理解し、プログラマーにその意図を伝達し納得を得ることは、システムエンジニアにとって重要な業務です。
 

システムエンジニアにはポテンシャル採用もある

システムエンジニアを募集している企業の中には「未経験でも意欲や熱意があれば採用する可能性がある」というポテンシャル採用をしているか企業があります。

本当に意欲や熱意がある人であれば、採用して仕事をしていくときの伸びしろが期待できるであろうという考え方です。経歴やスキルに自信がないという場合には、ポテンシャル採用をしている企業を探してみるというのもよいでしょう。
 

関連相談

システムエンジニアへの就職でおすすめの資格ランキング

エンジニアとして就職した男性イメージ

システムエンジニアへの就職・転職において、資格を取得しているというのは一種のステータスになります。

異業種からの転職を考えている人は特に、関連資格があれば計画的にシステムエンジニアへの転職を考えていたのだと印象付けることもできます。どの様な資格があれば就職や転職に有利に働くのでしょうか。
 

情報技術者試験

情報処理技術者試験の一部である情報技術者試験は、IT系資格としては有名どころであり、4月と10月の年に二回実施されています。

「高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた者を対象とする」を目的としており、「システムやソフトウェアの設計・開発・運用」「情報戦略に関する予測・分析・評価」などに関する知識を問われる、ITエンジニアの登竜門ともいわれる「情報技術者試験」です。基本情報技術者試験(合格率22.1%)と応用情報技術者試験(21.0%)の2つに分かれています。

参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/fe.html
 

システムアーキテクト試験

情報処理技術者試験の中でも「上級」とされる資格試験で、合格率は12.7%とかなり難易度が高いものです。年に一度、10月に実施されています。

情報システム及び組込みシステムに関する知識の有無を判断する資格で、情報システムでは「情報システム戦略を具体化するための情報システムの構造の設計や、開発に必要となる要件の定義、システム方式の設計及び情報システムの開発に関するもの、組込みシステムでは「組込みシステムの要件を調査・分析し、機能仕様を決定し、ハードウェアとソフトウェアの要求仕様を取りまとめるための知識」を問われます。

システムの上流を管理するシステムエンジニア業務には必ず役立つものです。

参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/sa.html
 

情報セキュリティマネジメント

情報セキュリティマネジメントを担う人材の育成を目的として平成28年から年に2回(4月と10月)実施されている資格試験です。

セキュリティーの目的やサイバー攻撃、不正アクセス禁止法などの法律系の知識について、プロジェクトマネジメントなど、情報セキュリティーを守るのに必要な知識を問われます。合格率は27%程度と、難易度は中程度です。

参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/1_13download/syllabus_sg_ver2_0.pdf
参照:https://www.jitec.ipa.go.jp/sg/about.html
 

関連相談

システムエンジニアの就職面接で問われていること

システムエンジニアのイメージ

システムエンジニアの面接では、スキルと共に職業への適性を見られています。

具体的にどのような点を確認されているのか、見ていきましょう。


同僚・顧客と円滑なコミュニケーションをとれるか

システムエンジニアの仕事は顧客と同僚であるプログラマーとの橋渡しです。両者度良好な関係を築かなければ、システムエンジニアの仕事は成り立ちません。

受け答えから、コミュニケーション能力の有無を確認されています。
 

プログラミングなどのスキル・経験

プログラマーとしてのキャリアを積んでいれば、その経験をアピールするのが良いでしょう。システムエンジニアの仕事は顧客とプログラマーの橋渡し。

プログラマーとしての経験をシステムエンジニアの必須要件と考えている企業も多く、アピール度は抜群です。
 

関連相談

文系がシステムエンジニアに就職することは不可能なのか?

システムエンジニアの仕事と言えば「理系」というイメージが強いかもしれません。

「自分は文系だから、書類審査で落とされてしまうのでは」と不安になっていませんか?
 

文系がシステムエンジニアに就職することは不可能ではない

文系だからシステムエンジニアになれないということではありません。文系であってもシステムエンジニアとして活躍している人はいるのですが、プログラミングに関する知識を習得するのが苦ではないという点が、分岐点となります。
 

時間が取れる文系はスキル向上できる点では有利

理系の学生は授業を受ける以外に「研究を進めなければならない時間」があり、文系の学生よりも自由度が少ないといわれています。

文系の学生はその自由度を生かして、就職するまでにスキルアップできる可能性があります。資格を取ったりプログラミングの勉強をしているということは、面接でのアピールポイントとなります。
 

数学が苦手な文系は勉強することをおすすめ 

もし「数学が苦手だ」と感じているのであれば、一度中学や高校の数学を勉強しなおしてみましょう。プログラミングの理解を深めるためには指数関数や線形代数の知識が必要になります。

高校を卒業するとなかなか使わない分野ですから、一度参考書を開いてみることをお勧めします。

参照:https://www.goethekyodai.xyz/entry/programming-math-need-reason
 

関連相談

未経験からのシステムエンジニアへの就職ですべきことは? 

未経験からシステムエンジニアになった人イメージ

未経験歓迎と応募要項に書いてあったとしても、全く知識のない素人を雇ってくれる企業を見つけることは難しいでしょう。

未経験であってもシステムエンジニア職に応募する際にやっておくべきことをご紹介します。
 

プログラミング言語をひとつでも習得しておくこと

プログラミング言語が理解できるということは、アピールポイントの一つです。

JavaやC言語、PHPなど、メジャーな言語の1つでも理解しておくと、未経験であっても意欲やポテンシャルがあると考えてくれるようです。
 

プログラマーのインターンでシステムエンジニアの仕事を見ておく

大学生や新社会人の場合、インターンに参加している人も多いはずです。プログラマー職のインターンは非常に多く、すでに参加している人もいるかもしれませんね。

インターンに参加した際に、実際のシステムエンジニアの仕事も観察してみてください。実際の業務の様子を知っていると、面接でも役に立つでしょう。
 

高い数理力でポテンシャルをアピールする

数理的な思考力の高さでポテンシャルをアピールすることもできます。選考の際に適性検査を行う企業があり、その際にあなたの数理力が数値データとして算出されます。

費用は掛かりますが自分自身が申し込んで、自主的に適性検査を行うこともできますから、検査結果を利用するという方法もあります。
 

関連相談

システムエンジニアの就職 まとめ

システムエンジニア職は、多くの場合プログラマーを経験した人の中から選ばれています。その人たちと同等の知識や経験、あるいはポテンシャルの高さをアピールできるかどうかがカギになります。

ぜひ応募する前に自分の経験や能力を整理し、未経験の場合には少しでも熱意が見えるような実績を残すよう心がけましょう。
 

この記事に関連する転職相談

SESのインターンからでもWeb系の機械学習エンジニアになれますか?

文系大学3年生の者です。プログラミングを独学で1年ほど勉強しています(特に機械学習を中心に)機械学習エンジニアとしてweb系企業、もしくはSierに新卒で企業に入社したいのですが、実務経験を積み上記の企業に入社するには、インターンはSESでもいいから...

大手ゲーム会社とベンチャー企業ならどちらに就職するのがいいですか?

会社選びで非常に迷っています。大手ゲーム会社のゲームプログラマーとミドルベンチャー企業のエンジニアで内定を頂きました。ゲーム会社の方が大きいので安定していそうなのですが、ずっとゲームプログラマーとしてやっていけるか不安になってしまいまし...

プログラミングスクールに通って学ぶことに意味があるのでしょうか?

結局日本でプログラミングスクールに通って学ぶことに意味があると思いますか。 あれ自体経験がなくてもGoogle検索の仕方が分ければ、スクールに通う必要がないのでは?と感じてしまいます。

未経験でエンジニアになるにはどうすればいいですか?

未経験からエンジニアになった方がいればどういう経緯(何を勉強して、どのくらいから転職活動始めてetc)を経たか知りたいです!

エンジニアなら自社開発と受託開発ならどちらが成長できますか?

自社開発か受託開発か 現在就職活動中でエンジニア志望の学生です。今の所自社開発を行っている会社と受託開発を行っている会社の両方から内定を頂いております。 両社ともモダンな技術を採用していて、在籍するエンジニアも優秀であると感じました...

エンジニアとしてキャリアアップするには派遣社員でも良いですか?

正社員から登録の派遣として働こうか考えています。 私は未経験の新卒で、客先常駐の派遣会社に入りました。ですが、派遣先は受付コールセンターになりそうで、やりたい仕事、SQLやLinux、などができません。 一般的にエンジニアは実務経験が重視さ...

憧れの海外のエンジニアの年収が全然高くないのですがどうすればいいですか?

私はエンジニアとして、日本で数年外資系の企業で働いていました。 その人脈もあり、アメリカの企業を紹介してもらい、エンジニアとして2年ほど働きその後フリーランスに転向しました。 しかしフリーランスになると思っていたより年収を上げることが...

新卒エンジニアならDeNAとメルカリのどちらに就職しますか?

DeNAとメルカリならエンジニア新卒ではどちらに就職しますか? 双方、本質に向かう、スピード感を持つというところは同じでありますが、落ち気味だが故にふるいにかけられてるDeNA、勢いがあるがこれから空中分解もありえるメルカリと悩んでいます。 み...

転職を検討しているのですがインターネット専門職はプログラマーなども含まれますか?

インターネット専門職にセキュリティエンジニア、ネットワークエンジニア、クラウドエンジニアなどは含まれすか? プログラマーもインターネット専門職ですか?

新卒エンジニアならヤフーとDeNAではどちらがいいですか?

ヤフーとDeNAにエンジニアとして新卒で内定をいただており、悩んでいます。 AI系や、データサイエンス系のエンジニアではありません。 みなさんの意見を参考にさせてください。

この記事に関連する記事

【レバテックフリーランスの評判とは?】利用するメリット・デメリットについてご紹介

レバテックフリーランスの評判とは一体どのようなものなのでしょうか。レバテックフリーランスはフリーランスエンジニア向け...

【レバテックエキスパートの評判とは?】利用するメリット・デメリットをご紹介

レバテックエキスパートの評判とはどのようなものなのでしょうか?レバテックエキスパートはIT業界に特化した転職エージェン...

【ワークポートの評判とは?】利用するメリット・デメリットをご紹介

ワークポートの評判とは一体どのようなものなのでしょうか。ワークポートとはITやWEB、ゲーム業界に特化した求人を紹介してい...

【マイナビエージェントITの評判とは?】利用するメリット・デメリットをご紹介

マイナビエージェントITの評判とは一体どういったものなのでしょうか。マイナビエージェントITとは大手転職エージェントマイ...

【複業でエンジニア】オススメな理由と働き方のポイントについて

複業でエンジニアを考えている方も多いのではないでしょうか。エンジニアは、フリーランスとしての働き方も主流ですが、複業...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー