【定年退職後の失業保険】支給額はいくら?計算方法や貰い方についての画像

【定年退職後の失業保険】支給額はいくら?計算方法や貰い方について

定年退職後に、失業保険の支給を考えている方も少なくないでしょう。しかしながら、失業保険を貰うには様々な手続きや条件があります。1から調べるのは、労力が掛かってしまうでしょう。そこで今回は定年退職後の失業保険の貰い方や給付額などについてご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか?

1789

定年退職後の失業保険の待期期間や給付日数

定年退職後に失業保険を受け取る場合、待期期間や給付日数はどうなるのでしょうか。
 

定年退職後の失業保険の待期期間

失業保険の申し込みを行ってから支給されるまでの期間を待期期間といいます。定年退職の場合にも待期期間があるかどうかですが、この点に関しては倒産や解雇による失業の場合と同様です。

すなわち、待期期間は受給資格決定日から通算して7日間になります。
 

定年退職後の失業保険の給付日数

これに対して、定年退職者(=高年齢被保険者)の給付日数に関しては一般の被保険者と異なります。すなわち、被保険者であった期間に応じ基本手当日額の30日分又は50日分に相当する高年齢求職者給付が支給されることになるのです。

具体的には、被保険者であった期間が1年以上の場合50日分、1年未満の場合30日分になります。

関連相談

定年退職後の失業保険はいくら?いつから支給?

では、定年退職後の失業保険は、いくらもらえるのでしょうか。また、いつからもらうことができるのでしょうか。
 

定年退職後の失業保険の計算方法

定年退職後の失業保険(高年齢求職者給付金)の受取金額は、上記の給付日数に基本手当日額を掛けることによって、算出することができます。

基本手当日額は、一部の例外を除き、離職日から遡って6ヶ月分の給与総額を180で割ったもの(これを賃金日額といいます)に給付率を掛けたものです。給付率は50~80%で、賃金日額によって変わります。賃金日額ごとの基本手当日額計算式は、基本手当の30歳未満の受給資格者と同様で、以下の通りです。

賃金日額が、

2,480円以上4970円未満の場合、賃金日額×80%
4,970円以上12,210円以下の場合、0.8×賃金日額-0.3×{(賃金日額-4,970)÷7,240}×賃金日額
12210円以上13,500円以下の場合、賃金日額×50%
13,500円を超える場合、6,750円(上限額)

 

定年退職後の失業保険はいつからもらえるの?

支給日は、自己都合退職の場合と会社都合退職の場合で異なります。自己都合の場合、3ヶ月間の給付制限の後の最初の失業認定日から約5日前後、会社都合の場合、最初の失業認定日後、約5日前後です。

なお、いずれも前述の待期期間の後ですのでご注意ください。

関連相談

定年退職後の失業保険のもらい方

失業保険の基本手当は、通常、数ヶ月に分けて支給されます。

これに対し、定年退職後の失業保険(高年齢求職者給付金)は、通常と異なり、一括支給されるという違いがあります。

そのため、ハローワークで失業認定を受けるのも1度だけです。
 

定年退職後は職業訓練の活用方法

実は、定年退職後に職業訓練を利用すると、多くのメリットがあります。そこで、ここでは定年退職後の職業訓練の活用方法をご紹介します。
 

定年退職後の職業訓練校を活用しよう

職業訓練校は、ハローワークで求職申込をした人に、再就職に役立つ知識や技能を無料で習得することをサポートしてくれる国の学校制度です。理論や知識、技術を習得できるほか、実はさまざまなメリットがあります。

まず、退職理由が自己都合であっても失業給付をすぐに受け取れるというメリットがあります。自己都合退職の場合、前述したように、3ヶ月の給付制限がありますが、これが解除されるということです。

また、一定の条件を満たした場合、入会金や受講料などの一部を負担してくれる教育訓練給付金の支給も受けられます。これは、高年齢求職者給付金とは別に受け取ることができるので、利用できる場合には利用しておきたいところです。
 

職業訓練は60歳以上?

職業訓練のコースには、ほとんどのものに年齢制限はついていません。したがって、60歳を超えていても受講することができます。むしろ、昨今の高齢社会に対応して、各都道府県で高年齢者向けのコースが設定されているくらいです。

退職後もまだまだ働きたいが、できれば新しい挑戦をしたい、という方は、積極的に挑戦してみることをおすすめします。

コースの開始2~3ヶ月前から、ハローワークで募集がかけられますので、締め切りをすぎないよう応募しましょう。また、職業訓練は上記のようにお得な制度でもあるので、選考はかなり激戦です。ほとんどのコースで選考試験があり、入校の意欲や就職の必要性も重視されますので、事前にしっかりと準備して臨みましょう。

関連相談

年金と失業保険を同時にもらう方法とは?

老齢厚生年金と失業保険は同時に受け取ることはできるのでしょうか。
 

年金と失業保険を両方もらう方法

まず、失業保険の基本手当は、65歳未満の場合に受け取ることができますが、これを受け取る場合には、老齢厚生年金は全額支給停止になるので、年金の受給はできないことになります。

また、65歳以上の場合、高年齢求職者給付金を受け取れるのは前述した通りですが、この場合も、老齢厚生年金が受け取れないことは同様です。しかし、65歳の誕生日の直前に退職することにより、失業保険の基本手当の受給資格を取得しつつ、65歳になった後に失業手当を受け取ることで、老齢厚生年金も受け取ることが可能になります。

具体的には、65歳未満として認められるのは65歳になる前の2日前までですので、このタイミングで退職し、65歳になった後、各種の書類をハローワークに持っていきます。

そうすると、失業保険の基本手当を受け取れる資格を持ちながら、65歳未満で基本手当を受給するわけではないので、老齢厚生年金との併給調整をされずに年金も受給できるというわけです。65歳以上で退職すると、失業保険の給付としては高年齢求職者給付金を一時金として受け取れますが、前述したように給付日数は最大でも50日分しかもらえません。

これに対し、基本手当では、加入期間に応じて給付日数は最大150日となるので、その点でもこの方法はメリットがあります。

関連相談

最後に

今回は、定年退職と失業保険について解説してきました。

退職日によって給付金の受取額が全く異なることがご理解いただけたと思います。退職が決まると、何かとバタバタしがちですが、しっかり日程を調整して、給付金をうまく利用しましょう。

登録しておきたい完全無料の転職サービス

おすすめの転職サービス

  サービス名 対象
1 リクルートエージェント
※上場企業が運営
転職成功実績No1
2 パソナキャリア
※大手企業が運営
顧客満足度No1
3 ビズリーチ
※有名企業が運営
高年収求人が多数


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com/
・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp/
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp/

この記事に関連する転職相談

都内の企業の1年目の手取りはどのように計算すれば良いですか?

19卒で4月から都内に就職なのですが、 1年目の手取りはどのように計算すればよろしいですか? 基本給と家賃補助を合算して29.7万円です。 1年目は住民税が非課税と伺ったのですが、 8~9割が手取りと考えても大丈夫ですか?

年収の手取りってどのように計算すれば良いのでしょうか?

年収の手取りの計算方法がよくわかりません。 年収は税金も含んだ支給額だと思っています。 ですので、もし含むとしたら年収の手取り額は 年収ー税金=手取り  上記のような計算方法で合ってますか?  何か他に保険料だったり含まなくて良い...

転職をしたい30代男ですがこ事務職は定年まで働くことができますか?

事務職に転職を考えている30代男です。 この職種で定年まで働く方はいるのでしょうか。

エンジニア35歳定年説って本当ですか?

情報系の学部に進学した学生です。 最近エンジニア35歳定年説というワードをネットで見ました。 エンジニアは35歳までしか働けないのでしょうか? 将来エンジニアを視野に入れているので実態を知りたいです。 ここで生の声を聞きたいと思い質問しまし...

IT系のエンジニアは定年までどういうキャリアを築くべきですか?

主にIT系でエンジニアをしています。 エンジニアの生産性はできる人とできない人で何十倍、何百倍違うなんて話はよく出ますが、定年まで働くにあたってどういうキャリアを築くべきなのかわからなくなりました。 最近web系、SIer系、メーカー系、ゲーム系...

一般事務や営業事務は定年まで同じ職場で働きつづけることが出来る職ですか?

29歳の女です。転職経験を一度経験しています。 昨年に営業事務から一般事務へと転職しました。正社員採用です。 そこで、質問なのですが…。 皆さんから見て一般事務や営業事務などの職は 50代、60代、定年までと同じ職場で働き続けることができる...

人材業界の年収は他業界と比べて低いのでしょうか? また、定年退職まで働くことは不可能なのでしょうか?

人材業界の年収は他業界と比べて、そんなにも低いのでしょうか? また、人材業界では定年退職まで働くことは不可能なことなのでしょうか?

この記事に関連する記事

【社会保険と失業保険】受給している場合は扶養に入れないの?

失業保険とは、社会保険制度のひとつです。では、どのような制度なのでしょうか。また、なんために作られたものなのでしょうか。今回は失業保険の給付条件や扶養に入っている場合は受給する...

これだけ読めば誰でも分かる!再就職手当を最短で受け取る方法を徹底解説

再就職手当は早く就職すればするほど高い金額を受け取れることをご存知でしょうか。とはいえ、再就職手当について詳しく理解されていない方もいらっしゃると思います。そこでこの記事では、...

【ハローワークでの失業保険について】受給手続きの流れや期限・もらえ...

皆さんは「失業保険」という制度をご存知でしょうか?ハローワークでは、失業保険や失業手当とよばれる基本手当の受給手続きをすることができます。この記事では、基本手当の受給手続きの流...

失業保険とは?失業しても安心して求職活動に臨むために

失業保険について知っていますか?失業保険とは雇用保険でまかなわれる失業給付金のことで、これによって失業中も安心して求職活動に臨めます。しかし、受給資格や手続き等があるのであらか...

【知って得する!】失業保険の金額やもらえる期間とは

失業保険の金額やもらえる期間等、様々な失業保険にまうわる事情を確認していきましょう。失業保険の情報を知って、得する情報を確認しましょう。知らないと損する情報だらけですので、失業...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー