【IT営業は難しい?】未経験で挑戦したい方へ仕事内容やスキルをご紹介の画像

【IT営業は難しい?】未経験で挑戦したい方へ仕事内容やスキルをご紹介

IT営業職に就きたいと考えている方も多いのではないでしょうか?しかし、ITの営業職は難しそうだったり、どんなスキルを身につければ良いのか考えている方も多いと思います。かなり激務な仕事ですので、今回はIT営業の基礎知識についてご紹介します。GoogleやMicrosoft、日本では楽天やLINEなど新卒採用においても人気業界となったIT業界に転職を考える方にも営業職の仕事内容、待遇、将来性など、魅力を探っていきます。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか?

8540

IT業界とは

ITとは「Information Technology」のことをいいます。

細かく分けると

  • ソフトウェア系
  • ハードウェア系
  • 情報処理系


上記3つの業務に分ける事が可能です。

 


JobQには、そんなIT業界に関する転職/就職相談が100件以上寄せられており、多くの業界経験者の方が回答してくれていますので、是非見てみて下さい。

 

ソフトウェアとは

コンピュータ上でさまざまな処理を行うプログラムのことです。

企業でいえば「Oracle」や「Microsoft」などが挙げられます。

 

ハードウェアとは

コンピュータや周辺機器の開発・製造を主に行っています。

企業でいえば「HP」や「Lenovo」などが挙げられます。

 

情報処理系とは

これは、通称でSlerと呼ばれ、主に顧客に対してシステムの企画や提案・開発まで行っています。

企業でいえば「NTTデータ」や「野村総合研究所」などが挙げられます。

Slerに関しては、大手といわれる企業でグループとして会社を設立していることも多く、雇用の安定性や待遇の良さから就職人気の高いものとなっております。

関連相談

IT営業の仕事内容について

IT営業の仕事内容は主として、IT製品やITサービスを求める顧客に、IT製品やITサービスの内容や特徴、導入することのメリットやデメリットなどを説明し、契約へとつなげていくことになります。

また、IT製品やITサービスを提供していくにあたり、システムエンジニアやプログラマーなど、社内の他部署との連携を図ることもITの営業の仕事です。

営業だからといって、必ずしもIT製品やITサービスを売りつけるだけが仕事ではありません。

ITの営業で大切なのは、顧客にバリューを提供することです。

関連相談

IT業界の年収はいくら


IT業界の平均年収は500~600万円前後で推移しています。

▶ IT業界の平均年収はいくら?職種によっては1000万超えも可能?

しかし、IT業界では営業職よりエンジニアの方が多いことや、営業職全体として成果が賞与や昇給に反映されやすいことから実際の営業職の年収は、この金額より高めだと言われています。

ここでJobQ内に投稿された質問を見てみましょう

ITベンチャー企業の営業職の年収や待遇はいかがですか?

ITベンチャー企業より内定をいただくことができました。職種は営業職です。

一番気になるのは、この会社では年収はどれくらいいただくことができるのかということなのですが……

ITベンチャー企業の営業職の年収はどれくらいなのかを知りたいです。

聞いた話だと、ITベンチャーとなると30代でも年収400万円代で、土日出勤があるという話を聞いたことがあります。

実際、そんな感じなのでしょうか?

私が内定を頂いたのは、某大手企業の小会社で社員は100名に満たないくらいです。

参考にしたいので回答お願いします。

そういう会社もあります。

売上がないと払えるものも払えないので売上規模と人数によります。

ただしベンチャーの場合サービスが売れると化ける可能性があります。

サイバーエージェント」や「DeNA」はベンチャー企業ですが今や大企業ですね。

「サイゲーム」はサイバーエージェントの子会社ですが、社員も1000人を超えてゲームも大ヒットしてるので待遇は良いです。

しかし、土日出勤はあります。

IT企業の場合、営業が土日出勤はほぼありませんよ。

待遇は会社によりますがベンチャーの場合早くから権限を渡されたり大きな仕事をする機会が多いです。

私の会社もITベンチャーですが、1年目で大規模取引を取って来た新卒がいたり、3年目から新規ビジネスの部長職として活躍してる人がいます。

こうして早くから実績上げることができた場合、年功序列ではないので待遇はどんどん上がります。

上がらないなら評価してもらえる企業に転職すれば良いです。

同じIT企業なら実績のある営業とか欲しくてたまらないですよ。


会社の規模によりけりというところでしょうか?

特にアプリ開発をしている企業は、サービスが当たればかなりの売上が予想されますので、かなりの高待遇を受けることが出来るのではないかと思います。

回答にもあるように、IT業界の営業職は土日出勤がない企業が多いようです。

また、サイバーエージェントDeNAの名前が出ていましたが、この2社はメガベンチャーとして有名ですね。

昇給制度も古株の大手企業のような年功序列ではなく成果主義のため、多くの若い人が活躍している印象です。

▶︎ サイバーエージェントの年収はいくら?
▶︎ DeNAの年収はいくら?

会社のサービスやクライアントにもよるのでしょうが、比較的待遇が整っている企業が多いのかもしれません。

関連相談

IT営業職の今後は

 

IT営業職の需要は右肩上がり?

先日、孫正義社長率いるソフトバンクがソフトバンク・ビジョン・ファンドという投資会社を設立しました。

今後の情報革命に際し、伸びる技術に投資していこうというのが投資コンセプトになっています。

なんと、投資規模は10.4兆円です。

すべてのモノがネットに繋がるといわれる“IoT”やメールやPOSシステム、GPS情報に用いられる“ビッグデータ”などすべての産業にとってIT技術は今後益々重要になってきます。

また、LINEFacebook、Instagramをはじめ人々の生活に溶け込むアプリの開発も今後進んでいくといわれています。

 LINEはFacebookに勝てますか?

こういった進展に伴い、営業職への需要の高まりや求められるスキルは右肩上がりで伸びていくといわれています。

関連相談

ITの営業職への転職で必要な能力は

 

特別採用に関わるスキルや資格はない

ITと聞くと特殊なスキルが求められるように思われますが、実際は他業界への転職と同じく法人営業経験や提案営業経験が問われることが多いです。

Slerやアプリ等の会社への転職の場合はプログラミングスキルや基本情報技術者などの資格が問われることも稀になりますが、あくまで有利になるという点でありそれによって合否に関わるようなことはないようです。

つまり、実績のある営業経験とIT業界への大いなる興味があれば門戸は開かれているということです。

関連相談

IT企業の営業職からエンジニアへ転職は可能なのか

 

では、次はIT営業職のキャリアプランについても考えてみましょう。

IT系の知識を活かして、Webエンジニアへと転職を希望されている方も実は多いようで、今回はその関連の質問を紹介したいと思います。

IT系の営業職ですが未経験でWebエンジニアに転職できますか?

現在、IT系の会社で営業職を担当しているものです、

まだ、営業担当してから2年目なのですが、Webエンジニアに転職したいと思っています。

元々、情報系の学科卒ですので、プログラミング等の知識は触り程度ですがあるので抵抗は無いと思っています。

実際に、このような経験の方はいらっしゃいますですでしょうか?

いらっしゃいましたら、どのように転職活動をしたのかなどなどおきかせください!

そういう経験の方は、自分の勤める会社でも結構います。

ポテンシャル採用、的な求人をしてるところを狙うのが良さそうです。

意外かもしれませんが、技術職の人でも営業職視点(見せ方とかコスト感覚とか)があるといい評価を取りやすかったりするので、思い切って踏み出してみるのがいいかもしれませんね。


というように、IT系の営業職から実際にプログラミングを使うエンジニアへ転職をされる方も多いようですね。

未経験でWebエンジニアへの就職を検討されている方は他にもいるようですね。

▶︎ Webエンジニアに向いている人は具体的にどんな性格の人ですか?

 

 

他にも回答がありますので、そちらも確認してみましょう。

自分はそのような転職経験は無いですが採用する側の人間です。

できるかできないかで言うと、全然できます。

未経験で雇ってもらえるところを探しつつ、自分の作品作りも行って企業へ見せられるようにしましょう。

エンジニアやデザイナーなどのクリエイターは作ってなんぼです。

質問者さんがどれくらいのスキルをお持ちかわかりませんが、もし「何も作れない」というレベルの未経験でしたら、転職までにスクールに通うのも有りです。


今はプログラミングを短期集中で学べる環境は色々とあります。

他にも参考になるQAがありましたので、こちらもご覧になってください。

営業職からIT業界のエンジニアへ転職は可能なのでしょうか?

実際に、エンジニアへ転職を希望されている方は年々増加しているようです。

IT業界の営業は激務なのか

 

IT業界の営業職というと、ブラックな職場が多いと考える方も一定数いるのは確かでしょう。

実際に、JobQにもこのような質問が来ていました。

ITベンチャーの営業職ですが、平均労働300時間は当たり前ですか?

新卒でITベンチャー企業で営業職をしています。

月の平均労働時間が300時間、休日返上当たり前で、残業手当もありません。

また、月給も新卒と比べてほとんど変わらないです。

あとは、契約をいくら取ってきてもインセンティブもなく、やる気もあまり向上しません。

有給もあるらしいですが、何日間あるのかさえわかりません。

初めて勤めている会社なのですが、これって普通ですか?

もっと大変な状況で働いている人もいること承知してますが、それでもこんな状況は普通なのか知りたいです。

月140時間の残業は、私は自分がやってて周囲もこなしてましたからそんなものかと思っていましたが、昨今は厚生省の過労死ラインが残業80時間程度ですから、完全にオーバーでして、やはり働きすぎなのだろうと思います。

起業してからは、XPの「週40時間」のプラクティスに則って、残業はないのですが、なくても回ります。

働きたいだけ働くのは役員だけです。それでも時間外に本番のソースは触りません。

というか、日本を含む世界のほとんどの部分はそれで動いています。

バブル期には高田純次が「5時から男」なんてCMをやっていたわけですが、普通に18時の電車は混んでいますし、19時ぐらいには飲食店でみんな飲みはじめてます。

残業はやはり例外であり、年に2ヵ月か3ヵ月の繁忙期を除いて残業が常態化しているのはマネジメントが無能だと思うべきです。


ITだからといって残業が常習化しているとは限らないようですね。

質問者さんのお勤め先のようなベンチャー企業の場合、少人数で回していることがほとんどなので、そもそも人手が足りないというものあるかもしれません。

また、別の質問の回答によると、大きいIT企業の場合でも、ITの長年の歴史として沢山働いて成果を出してきた経緯があるようなので、「自分の時はこれぐらい普通だった」というような価値観が残ってしまっているのかもしれません。

▶︎ IT業界がブラックというイメージが強いのはなんでですか? 

それ以外ですと、IT業界のビジネスモデルがそうさせているというのもあるみたいですね。

将来性◎フィンテックって何?

 

フィンテック革命とは

先日、三菱東京UFJ銀行が1万人規模での退職を検討しているとのニュースが出ました。

銀行業界は安定しているとのイメージが根強く、新卒時の就職人気も非常に高いものとなっております。

そのような中でのこのニュースは各方面に対して衝撃を与えました。

理由としては、人員削減による店舗のスリム化、コンパクト化だと噂されていますがそこで出てくるのがフィンテックです。

企業としてはマネーフォワードfreeeが有名ですが、一言でいえばIT技術を使い銀行が担っていた業務を簡素化・効率化するということです。

これまで窓口で行っていた預金や送金をスマートフォンやPCで行えるようにしたり、AIを導入することで電話応答や不正調査、さらには資産運用まで行うことができるようになります。

金融業界ではフィンテック革命とも言われており、今後フィンテックに関わる雇用は拡大傾向になります。

最後に

一言でIT業界といっても幅が広く、企業数も年々増加傾向になります。

また、それと同時に営業も多種多様な働き方、待遇、将来性にはなってきますが、ITの可能性や潜在性を考えるに今後益々面白い営業ができることは確かです。

世の中を変える仕事をしてみませんか?

登録しておきたい無料転職サービス

おすすめの転職エージェント

エージェント名 おすすめ度 特徴
リクルートエージェント 5

国内最大級の求人数

ビズリーチ 4.8

年収の高いハイクラス層が対象

doda 4.2

利用満足度が業界1位


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら

・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com/
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp/
・doda:https://doda.jp/

本記事の初回公開日は2017年07月29日です。

この記事に関連する転職相談

営業から転職するとしたらどんな職種がキャリアアップになりますか?

現在入社3年目、転職先が決まり転職しようか迷っています。 今年から営業の部署に配属されたのですが、営業に移るとわかったタイミングで転職活動をはじめ、思ったより長引いてしまいましたが、事務職で転職先が見つかりました。 しかしいざ転職しようと...

ルート営業のコツや大変なことはなんですか?

ルート営業って、難しいですか? 最近ルート営業職に転職したました。 年齢は今年で32歳 前職は設備点検をしながら営業も兼務するサービスマンで、セールスエンジニアに近い職種で勤務していました。 前職は9年ほど勤めていました。 今回、転職...

経営企画職は営業や事業部の社員よりも年収が低くなりますか?

経営企画職の年収について質問です。 新卒で経営企画職に配属されることになったのですが、 スタッフ職ということで、当然お金を生み出さない部門ということになると思います。 その場合、お金を生み出す営業や事業部の社員よりも給料は低くなるこ...

営業職から製造オペレーター関連業種への転職は難易度が高いですか?

営業職から製造オペレーター関連業種への転職は難しんでしょうか? 企業側は営業職から来た人をどう受け取るのでしょうか?

野村総合研究所とNTTデータならどちらに就職する方がいいですか?

NRI(AE)とNTTデータ(営業・SE)の二択で非常に迷ってます。 NRIは社員が全員優秀そうで成長出来そうな環境が魅力的でしたが、ワークライフバランスが皆無とも噂で聞くので心配です。 NTTデータはホワイトな感じがあるのと業界最大手という点が魅力的です...

積水ハウスは営業不振者には車を取り上げると聞いた事があるのですが本当ですか?

積水ハウスは営業不振者には車を取り上げると聞いた事があるのですが本当ですか?

NTT関信越のコンサルティング営業の年収どのくらいですか?

某専門学校2年目就活生です。 NTT関信越のコンサルティング営業を受けるのですが、平均年収どのくらいですか?給料の上がり幅も教えていただきたいです。

入社半年後に営業職に転職しましたが再度転職するのは難しいですか?

2018年新卒で入社半年後、転職を経験しましたが、転職先の仕事が向いておらずまた転職を考えてしまっています。もう社会人として復帰するのは厳しいでしょうか。 大学卒業後は三年勤めたアルバイトにはまりそのまま入社。しかし、入社後すぐに副店長に...

生保営業で枕営業する方は、本当に多いのでしょうか・・?

生保営業への転職を考えています。私の知人に枕営業をする生保レディの恩恵を受けている方がおられるのですが、そういった方は多いのでしょうか?

世間の半分以上は営業職で転勤の頻度も多いのに単身赴任の割合がさほど多くないのはなぜですか?

世間の半分以上は営業職で、転勤の頻度も多いと思います。なのに、単身赴任の割合がさほど多くないのはなぜですか?

この記事に関連する記事

ルート営業はきついという評判は本当なのか|メリットや種類も解説

ルート営業は営業職の中でもつらいという評判や、同じところを回るだけだから楽という評判があるもので、個人の向き不向きや...

ルート営業のコツとは|知れば得するルート営業の成果の出し方

ルート営業やソリューション営業に関することでお困りのことはないでしょうか。ルート営業やソリューション営業は再現性の高...

ルート営業はなぜ楽すぎる職業といわれているのか理由をご紹介

”ルート営業は楽すぎる”という話を皆さんは聞いたことがありますでしょうか。本当に楽なのか、楽な分、給料が少...

どんな志望動機を伝えたらルート営業の仕事に就けるのか

ルート営業は営業業務のなかでも特殊なものなので、志望動機やエントリーシートを書くのに困ることが多々あるかもしれません...

ルート営業と一般営業の違いについて|営業をよりよく理解するために

ルート営業についてどのような印象を持たれていますでしょうか。一般的なイメージとしては給料が少ない、きつい仕事といった...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー