【元営業マンに聞く】営業職に将来性はある?就職・転職するときの4つの心構えの画像

【元営業マンに聞く】営業職に将来性はある?就職・転職するときの4つの心構え

営業職は他の業種とちょっと違った面があり、適正や向き不向きがあります。また、営業職としての将来のビジョンやキャリアパスはどのようなものがあるのでしょうか。営業マンとしての経験から感じ取った印象を披歴して、営業とはどういうものか、その将来性やどんな心構えが必要なのかを述べてみました。これから営業職になってみようと思っている方の参考にしていただければと思います。

502

営業職とはどんな仕事?

これから営業職に就職・転職しようとしている方は営業という職種をどのように捉えているのでしょうか。

会社の組織には、製造部門や仕入れ・出荷部門または研究部門或いは総合的に組織を動かす管理部門などがありますが、成果物やノウハウなどの自社製品を顧客に販売する営業部門はそれらと同等に、或いはそれ以上に重要な部門であることは周知の事実です。

とにかくモノを売らなければ会社の収入はない訳で、他の部署とは違った考え方や働き方があるはずです。
ときには、その責任の重さやノルマから辛い仕事というイメージを持たれる方もいるでしょう。


「会社を背負って立つ」気概はそれぞれの部門においてあるのは当然ですが、とりわけ営業部門はその感情が強く働く部署であると思います。

花形の営業マン(ウーマン)になりたいあなたへ、今回は自分の経験をもとに営業職とは、具体的にどのような仕事なのか、紹介します。

また、営業職にも法人営業や個人営業を初めとして様々な種類がありそれぞれ特徴はありますが、ここでは「営業職」というものを広く捉えて説明していきます。

こちらも参考:
営業職って沢山種類があると思うのですが、それぞれの特徴を教えてください!

関連相談

営業職経験者が語るスキルや心構え

建設業界で営業職を長く続けられていた方の話を聞くと、営業職を通してスキルや精神面でも成長できたそうです。

同業他社にも協力的な会社と敵対的な会社とがあって、それらとの普段の付き合い方にも工夫が要り、まさに権謀術数を織り交ぜた駆け引きを展開するなど、営業は、

「自分の腹で決める覚悟と度胸が必要で、精神的には随分と鍛えられます。」

これは建設業界に限らず、営業職として必要な心構えだと思います。

関連相談

営業職としての適正と心構え4点

一言で営業職といっても、業界によって様々だと思いますが、自社の製品或いはノウハウなどを顧客に売り込むという精神には変わりありません。

そして成績を上げるために必死でぶつかってゆくという前向きの気概も、ほとんどの営業職が持つべき心意気といえるでしょう。

そこで営業職として成果をあげられる人の適正や心構えとして、次の4つを挙げておきます。
 

① 顧客本位のスケジュールに合わせる必要性

自分の都合ばかりでのスケジュール管理はできず、顧客の都合に合わせて修正しなければなりません。
時間外の対応やアフタフォローも必要になるので、個人の時間が犠牲になることも覚悟しましょう。
 

② ノルマやクレームに負けない強靭な神経

会社によっては到達困難なノルマを要求されることがあるかもしれません。
また顧客からの理不尽とも思えるクレームに対しても丁寧に説明して理解・納得してもらえるよう努力することが必要です。
これらをきつい、辛いと捉えずに成果をあげていくための、体力・気力・持久力・粘着力と明るさが必要になります。
 

③ 知識・教養の習得

営業として自社製品の専門知識を習得するのはもちろん、時代の風潮・世間の流行などを敏感に身に付け、当意即妙な受け答えができる話術が上達するような日々の研鑽が望まれます。
 

④ 誠意を感じ取ってもらえること

顧客の要求を相手の立場に立って理解できる柔軟な発想力・提案力を養い、誠心誠意顧客のために良かれと努力している姿勢が相手に伝わり、頑張っている印象を持ってもらえることが、受注に結び付き、クレームにも対応できるようになるでしょう。
 

勿論、心構えとしては上記4項目に限ったことではないでしょうが、営業職になるためには必要な条件といえるのではないでしょうか。

こういう心構えができるか否かが、適正として自分が営業職に向いているかどうかを判断する材料になると思います。

関連相談

営業職に将来性はある?身につくスキルや経験について

営業職としてのキャリアを積んでいく上で、やはり気になるのはその職業としての将来性やキャリアプランについてです。
飛び込み営業やきついノルマのイメージが強い営業職ですが、40代や50代になってもきつい仕事が続くのは気が引けますよね。
 

専門性の高い仕事は将来性を感じやすい

営業職のキャリアプランとして、どうしても不安に思いがちなのはその専門性が低いというイメージでしょう。

マーケティングや財務系の仕事など、数値を用いて分析したりする仕事は専門性が高そうに見え、逆に飛び込み営業のような労働集約的な働き方のイメージがある営業職は専門性が低そうにみえるのではないでしょうか。
 

営業の仕事を通して仕事の幅が広がる

どうしても将来が不安になると、専門性を身につけて食いっぱぐれないように手に職を、、と考えがちですが、営業の仕事を通してこそ身につけられることも多くあります。
以下がその例です。

● ポータブルスキルの獲得

ビジネスマンとして必要な能力とはなんでしょうか。
企画力、コミュニケーション力、マーケティング力、分析力、計画実行力、マネジメント力など身に付けておきたい能力やスキルは山のようにあります。
これらのスキルはポータブルスキルと呼ばれ、どんな仕事をする上でも役に立つスキルと呼ばれています。
様々なことを足をつかってやる仕事だからこそ、これらのポータブルスキルが磨かれていくでしょう。

● 顧客の課題解決を通じて市場感覚が身につく

すべてのビジネスで、顧客の課題に上に市場ができあがっています。
エンドユーザーである顧客の課題をヒアリングし、自社製品を以ってそれを解決していくプロセスは、まさに市場と対話することそのものとも言えます。
より上位レイヤーの仕事をしていく上で、市場感覚が身についているかどうかは大きな差になるでしょう。

関連相談

営業職のキャリアプラン

それでは、営業職としてどんなキャリアプランがあるのでしょうか。代表的な例をいくつか挙げてみましょう。

管理職として営業部門単位での売上貢献

まず一番初めに想像できるのは管理職として昇格していくことでしょう。
営業チームのリーダー、マネージャーとステップアップしていくキャリアパスです。
プレイヤーとして営業成績をあげていくだけではなく、チームの成果を最大化することが求められます。
そのためには、営業計画はもちろんのこと、組織を統率する力や顧客開拓の戦略、CRMなどのマーケティング力も求められます。
責任の重い仕事ですが、やりがいは大きく年収などの報酬額も大きくなっていくでしょう。
 

営業マンとしてのスーパープレイヤー

前述した管理職とは逆に、スペシャル営業マンとしてより予算の大きい顧客を担当したり、単純な商材営業だけでなくより深い顧客課題に対したコンサルティングをおこなったりします。
管理職としてキャリアを積んでいくのと同様、プレイヤーとして仕事をする以上やはりきちんと個人の成果をあげることが重要でしょう。
特定領域における営業の磨きがかかっていけば、その領域では一生食いっぱぐれないようなスキルや経験、人脈が得られるのではないでしょうか。
 

経営企画へのステップアップ

営業経験を活かして、より企業の経営に近い仕事をしていくキャリアパスです。
現場の経験があり顧客ニーズを理解していることは経営をしていく上で非常に役に立つ場面が多いです。
経営数字にリアリティが出ることはもちろん、組織をマネジメントしていく上でも説得力が違います。

具体的には、営業企画のような管理職に近いポジションから、商品企画や事業企画を担当するポジション、また人事部として経営の重要な要素であるヒトの面を担当する仕事もあるでしょう。
また、新規事業開発などまるまるひとつの事業を任されることもあるでしょう。

関連相談

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は、営業職としての心構えからその将来性やキャリアパスについて考えてみました。

この心構えにマッチした人は、実際にどうすれば営業職に転職できるのか、志望動機や面接の受け方などを見て、事前に勉強してみましょう。

JobQ内にも営業職の経験者の方はたくさんいます。
そういった方の話を聞くために、是非皆さんもJobQで質問をしてみてはいかがでしょうか?

本記事の初回公開日は2017年09月12日です。

この記事に関連する転職相談

営業のコツとして心理学を学ぶことは有効手段だと思いますか?

営業1年目の新卒です。 保険会社で総合職ですが、個人営業を現在しています。どうしても仕事の成果が欲しいです。 そこで、営業のコツとして心理学を学ぼうと考えています。良く営業は恋愛と似ていると言われるので、恋愛も心理学的な表現が良く用い...

新人賞をいただいた営業マンですが、この経歴は転職に使えますか?

新卒で入社した会社で新人賞をいただけました。 一部上場企業のIT企業で働いています。自分の卒業大学は日東駒専レベルなのですが、同期は自分よりも学歴が何段階も高い方が多く、負けじと働いた結果、新人賞をいただけました。 業界も業界なので、...

IT業界未経験でも営業職として転職することは可能でしょうか

メーカー関連の会社で、営業事務として働いています。年齢は26歳の男です。 IT業界に未経験ながら転職を考えています。 希望職種は営業なのですが、IT業界は未経験でも転職することは可能なのでしょうか。 私は現在、医療系の会社で働いていまし...

金融業界の営業は辛いと聞きますが、どんな仕事内容なんですか?

金融業界での仕事を希望している者です。 特に金融業界の営業として働きたいのですが、仕事が辛いと聞きますが、どんな仕事内容なのでしょうか。 営業の仕事が辛いとよく聞くことが多い要因はなんでだと思いますか? 志望は金融業界の営業である...

営業事務になるには簿記やPCスキルは重要視されますか?

営業事務の募集も、簿記の資格があった方が選考に有利なのでしょうか。 やはりPCスキルを重視されやすいですか。

営業から事務への転職はキャリアダウンとなるのでしょうか?

20代女です。 現在、転職活動中で事務職を希望しています。 特に結婚とかがあるわけではないのですが、営業という仕事に疲れてしまい転職活動をする決心がつきました。 しかし、この話をすると事務への転職はもったいないということを言われます。 ...

生保や損保の営業で活躍している方の特徴は何ですか?

こんにちは。就活目前の三年生です。 私は営業がしたいため、生命保険や損害保険等の金融関係のお仕事に就きたいと考えているのですが、ノルマ等のお話を伺い方向性を変えるべきか迷っています。 そこで質問なのですが、生保や損保で活躍されてる方は...

ヤフー社員の仕事内容はどんなことをしているんですか?

ヤフーに興味を持っています。元々、インターネット業界には興味はなかったのですが、 ヤフーはどんな経歴の方でも募集していて、転職を検討してみたらいかがでしょうか。 という話をエージェントの方にされたのがきっかけなのですが、ヤフーのようなI...

生保の営業を担当していますが、仕事がきつすぎます

国内大手生保に入社しました。営業職です。 現在2年目なのですが、会社が昨年よりもまして、ノルマにうるさくなりました。 私も精一杯仕事をしているのですが、成果が付いてこず、会社に評価をされないでいます。 仕事も最近は非常につらく、会社に...

不動産営業職から別の異業種に転職する場合のオススメは何ですか?

現在、不動産営業を担当している28歳の男です。 不動産営業職を勤めて6年になります。 現在、自分の仕事の将来性に不安を感じ(キャリアアップが思うように出来ない)、 異業種への転職を希望しているのですが、自分のようなキャリアの人材が転職する時...

この記事に関連する記事

営業管理(マネージャー)の仕事内容【知られざる2つの機能とは】

営業管理職(マネージャーを含みます。)仕事内容は大きく分けて2つあります。1つ目は、マーケティング(営業活動の戦略立案...

営業職は辛い?離職率の高い営業職のスキルや適正・年収情報などご紹介

営業職は辛く離職率の高い職種だと考えている方も多いのではないでしょうか。残業などがキツくなり求人サイトなど利用して転...

不動産の仕事は大変?事務/営業など仕事の種類や特徴についてご紹介します

不動産の仕事は残業が多く「辛い」「大変」などの声をよく聞きます。不動産の仕事にも様々な種類や特徴があります。事務や営...

【外資系保険会社】営業で結果を出す方法や年収事情までご紹介

外資系保険会社の営業マンへの転職を考えたときに心配になるのが「結果を出す方法」。転職前や実際に転職活動をしている際に...

広告業界はきつくて激務なのか?激務と言われてしまう2つの理由

激務と言われてしまう広告業界ですが、いったい何が激務なのかよくわからない人も多いと思います。実広告業界全て激務という...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー