• HOME
  • 職種
  • 【研究者の年収ランキング】年収が高い研究分野は?アメリカとの比較も解説!
【研究者の年収ランキング】年収が高い研究分野は?アメリカとの比較も解説!

【研究者の年収ランキング】年収が高い研究分野は?アメリカとの比較も解説!

厚生労働省の調査の結果、研究者の平均年収は635万円です。研究者は、医学・科学・生物・ロボット・薬学といった様々な分野でそれぞれが活躍し、年収も異なります。今回は、業種・企業別の研究者の年収や、海外との比較も解説してるので、ぜひご覧ください。

15687

研究者の平均年収は660万円

令和2年に実施された厚生労働省の調査によると、研究者の平均年収は660万円です。

研究職の分野や種類によって年収に差はあるようですが、研究者の年収相場は約550〜650万円とされています。

また研究職という職種は、2010年頃から理系を中心に人気が上がり続けているようです。
 

研究者の平均年収は660万円



 

研究者の平均年収 660万円
研究者の平均年収(手取り額) 476~540万円
研究者の平均月収 25.7万円
研究者の平均月収(手取り額) 19.2~21.8万円
日本の平均年収 461万円


参照
職業情報サイト
民間給与実態調査
doda 手取り

研究者の平均年収を参考に、研究者の給料詳細を算出しました。

国税庁が公表している日本の平均年収461万円と比較すると、研究者の平均年収は日本の平均年収より200万円近く高いです。

続いて、研究者の初任給や年収が他の産業と比較して高いのかどうか、見ていきましょう。
 

研究者の初任給・年収は高い?低い?

研究者の年収が高いのか低いのかを知るために、研究者の初任給と全産業の平均とを比較してみましょう。

【大学卒の初任給】

  • 研究者:21万1,336円(推定年収:306万4,372円)
  • 平均:約20万6,700円(推定年収:299万7,150円)

【大学院修士課程修了の初任給】

  • 研究者:23万2,418円(推定年収:3,370,061円)
  • 平均:約23万8,700円(推定年収:3,461,150円)

上記から、研究者の初任給は概ね平均的であることがわかります。

※推定年収はボーナス込み。
ボーナスは基本給の2.5ヶ月分と想定して算出。

参照
人事院 民間給与の実態調査(令和3年)
 

研究者の年収|収入源・副業とは?

次に、研究者の年収の内訳を見てみましょう。

収入源として、所属する研究所の給与以外に次のものがあります。

・講演料
・特許料
・コンサルティング料
・原稿料・印税
・役職手当

これらはいずれも研究者として実績がないと得られない収入です。

特許収入は特許権の存続間中(出願から20年間)であれば、特許を使用する個人・法人から支払われるので、研究者にとっては魅力的な収入だと思われます。

関連記事
【研究職】の年収は?企業別ランキングをご紹介
【研究者】になるには
【研究者】の4つのやりがいは?

研究者の平均年収ランキング【企業別】

【企業別】研究者の平均年収

 

順位 企業 平均年収
1位 SONY(ソニー) 1,044万円
2位 富士フィルム 1,002万円
3位 住友化学 885万円
4位 JAXA 868万円
5位 NEC 815万円
6位 ライオン 692万円

参照 : 各企業の有価証券報告書

今回紹介している企業は、研究職の人気が高いと言われる企業の平均年収ランキングです。

企業に就職した場合は、研究分野によっては高給取りの研究者になることができます。

またJobQ には、研究者の年収に関する口コミが集まっているので、一部ご紹介します。
 


ソニーグループ株式会社
★★★★
一般的に年収は高いと思いますがボーナスの比率が大きいです。
なので、業績が落ち込んだときには•••口コミをもっと見る
研究開発/正社員/2018年入社
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
★★★★★
仕事の割に給料は相当低いと言わざるを得ない。
独法は人事院勧告等とも独立して給料を設定できるが•••口コミをもっと見る
技術部門/正社員/2014年入社
日本電気株式会社
★★★★
年功序列なので、普通に業務を行っていれば少しずつ年収は上がります。
他社だったらもっと年収が少ないだろうと思うので、ある意味では•••口コミをもっと見る
研究開発/正社員/2014年入社

さらに、各企業について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

関連記事
▶︎【JAXAの年収】学歴・職種別の給料を紹介!
▶︎【社員に聞いた】日本電気(NEC)の年収
▶︎【ライオンの平均年収は692万円】年収は低い?

【無料】次の転職で年収20%上げたい方へ!土日休み・残業なし

マイナビエージェント」が無料で転職面談を実施中です。

マイナビエージェントに登録して、思いがけない企業に好条件で転職したが続出しています。
 

こんな人におすすめ
・20代〜30代で転職をお考えの全ての方
・無料で手厚いサポートを受けたい方
・営業、金融、メーカー、IT系、エンジニア系で転職をお考えの方

マイナビエージェント_転職エージェント

 

マイナビエージェントの公式サイトはこちら
https://mynavi-agent.jp/

 

研究者の平均年収【アメリカ・海外】

日本の研究者の初年度の年収は以下のように推定されています。

  • 大卒   :306万円
  • 大学院修士:337万円

これは海外の研究者と比べると、どの程度の水準なのでしょうか。
 

アメリカの研究者との年収比較

まず、アメリカと日本の研究者の年収を比較してみたいと思います。

参考となるのは、ポスドク(博士研究員)と呼ばれる、博士号取得後に大学などの研究機関で研究活動を続ける研究員の年収データです。

アメリカのポスドクは実力主義で、報酬は研究成果にもよるため、年収400~800万円以上と幅があります。

これに対して日本のポスドクは年功序列制で、基本的に教授の研究・論文の手伝いや雑用を行うことが多く、30代でも年収300万円未満の研究者が多いと言われています。
 

他の国との年収比較

順位 研究所(国) 年収
1位 ロスアラモス国立研究所(アメリカ) 約1,200万円
2位 スイス連邦工科大学チューリッヒ校(スイス) 約1,000万円
3位 宇宙航空研究開発機構(JAXA)(日本) 約900万円
4位 Australian Institute of Physics(オーストラリア) 約800万円
5位 北京大学カブリ天文学天体物理研究所(研究所) 約800万
6位 カブリ数物連携宇宙研究機構(日本) 約700万円
7位 Miller Research Fellowship(アメリカ) 約700万円
8位 マサチューセッツ工科大学 (アメリカ) 約600万円
9位 日本学術振興会 海外特別研究員(日本) 約600万円
10位 海洋研究開発機構(JAMSTEC)(日本) 約600万円

日本と世界各国の研究者の年収を比較するうえで、世界中のポスドクの年俸を独自に調査した結果、日本の一般的なポスドクと言われる日本学術振興会の特別研究員-PDは、18位で400万円という結果でした。
 

研究者の平均年収【業種別】

【業種別】研究者の平均年収

 

研究者の種類 平均年収 月収
医学研究者 661万円 26万円
土木建築工学研究者 661万円 26万円
バイオテクノロジー研究者 661万円 26万円
薬学研究者 661万円 26万円
情報工学研究者 661万円 26万円
ロボット研究者 583万円 27万円
植物研究者 508万円 22万円
エコノミスト 661万円 26万円
化学捜査 661万円 26万円

参照
厚生労働省 職業情報サイト

厚生労働省が公表している研究者(業種別)の平均年収は以上の通りです。

研究者との就職先は大学だけではなく、国や民間の研究機関で働くため、就業先によって年収は異なります。

また、企業に属している研究者であれば安定した給料を得ることができるようですが、その分上限も決まってしまうことがデメリットとしてあげられるようです。
 

研究者の平均年収【就職先別】

大学卒業後、あるいは大学院修士・博士課程修了後の研究者の就職先には、主に大学・企業・研究所があります。

各就職先の年収についてみていきましょう。
 

大学の研究者の年収

大学の研究者は、先ほどもご紹介したポスドク(博士研究員)例に挙げてみます。

2015年の研究者の平均月収は41万円で、推定される平均年収はボーナス込みで600万円となりました。

統計データのある2008年から2015年までの8年間、600万円前後を推移しています。

(年収ラボ調べ)ポスドクのままでいた場合、生涯年収は平均的なサラリーマンを大幅に下回るとされています。

ただ、大学で研究を続ける場合は昇進を重ねれば、助教授で年収500~700万円教授に就任すれば1,000万円以上も可能といわれているようです。
 

研究所の研究者の年収

研究機関で就職先として人気が高いのは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)理研(理化学研究所)などですが、これらの研究所は年収も高いことで有名です。

厚生労働省が実施した賃金構造基本統計調査をもとに、自然科学系研究者(研究機関で医学・薬学・食品化学・電気工学などの研究を行う研究員)の平均年収を割り出したところ、2017年の平均年収は673万円でした。
 

研究者の平均年収【役職別】

役職別研究者の年収

 

役職 平均年収 平均年齢
領域長等(部長) 1,286万円 53.9歳
上席研究官等 1,293万円 53.2歳
主席研究官
主任研究員
947万円 45.5歳
研究員 574万円 33.4歳

参照
独立行政法人国立環境研究所の役職員の報酬・給与等について

独立行政法人国立環境研究所によると、役職別の研究者の平均年収は以上の通りです。

表の通り年齢に比例して役職や平均年収が上がっていて、このことから研究所も年功序列制度を採用していると考えられます。
 

研究者の最高年収

【JAXA】

  • 最高年収:1,426万円

JAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)が公表している職員の年収調査によると、研究職の本部部長の最高年収は約1,426万円です。

また、本部部長の年収相場は約1,138万円~となっており、水準としてはかなり高いことがわかります。

JAXAの詳しい年収について詳しく知りたい方は、以下の記事からご覧ください。
 

関連記事
【JAXA】の年収

研究者が年収を上げるには?

ポイント

学歴

研究実績

語学力

研究者として高い年収を得るためには、「学歴」・「研究実績」・「語学力」が鍵になると言われています。

上記でも解説した通り、研究者は卒業した区分「学士卒」と「修士卒」で、初任給が2~4万円程異なるようです。

特に研究者は年功序列制度を採用している研究所もあるため、最終学歴は年収を上げるためにかなり重要度が高いことが考えられます。

しかし、研究者として大きな研究実績を残すことができれば、役職や年収を上げることできるかもしれません。

また、語学力のある研究者は、海外での論文発表会にも参加できるので活躍の場が広がります。
 

研究者に関するよくある質問

研究者になるには?

研究者になるには、大学卒以上の学歴が求められます

  • 大学院卒業後に大学の研究所で研究を続ける
  • 大学院卒として研究職に就職する

方法は、以上の2つが挙げられます。

大学に残る場合は、准教授や教授になることで年収が大幅にアップしますが、非常勤講師から常勤講師、講師から准教授、准教授から教授になるなど、長い時間をかけてキャリアアップをしていくことになるそうです。
 

研究者の仕事内容とは?

研究者は特定の専門分野で調査・実験を行い、新たな発見を行うための研究活動を行います。

また、研究結果を論文にまとめたり、学会や講演会で発表したりすることもあります。

研究者というと理系のイメージが強いかもしれませんが、文系の分野でも研究者は活躍しています。

例えば、経済学者・社会学者・考古学者など「○○学者」と呼ばれる専門家も研究者に分類されるようです。

勤務先は、大学・研究機関・メーカー(医療・製薬・食品・化学・バイオ・化粧品・自動車)などが挙げられます。

また、美術・考古学・科学技術・動植物の分野では、博物館の学芸員の進路という選択肢もあります。
 

研究者の年収まとめ

日本の研究者は20代・30代ではあまり高年収を見込めないかもしれませんが、キャリア次第では年収1,000万円以上稼ぐことも可能です。

国内で研究職としてかなり高い報酬を得ている例として、JAXAの職員の最高年収が1,400万円を超えることもご紹介しました。

研究者として年収を上げていくためには、学歴・実績・語学力の3つを柱として自身の強みを活かしていく必要があります。

国内の研究機関で働き続ける上で年収を上げることも可能ですが、英語圏での生活・研究に問題がないのであれば、日本と比べて研究者の平均年収が高いアメリカで働くことも視野に入れてみるとよいかもしれません。
 

【必見】登録しておきたい完全無料の転職エージェント

人気の転職エージェント

転職エージェント 対象
マイナビエージェント 転職を目指す全ての20〜30代におすすめ
レバテックキャリア IT業界・Web業界に特化
リクルートエージェント 業界総合実績・求人数No.1
第二新卒エージェントneo 20代の第二新卒・フリーターに強い
JAIC 就職成功率81.1%以上
ビズリーチ 年収1,000万円を超える求人が1/3以上
dodaキャンパス 国内最大規模の新卒向けサービス


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・マイナビエージェント
 https://mynavi-agent.jp/
・レバテックキャリア:

 https://career.levtech.jp/
・第二新卒エージェントneo:
 https://www.daini-agent.jp/
・リクルートエージェント:
 https://www.r-agent.com
・JAIC:
 https://www.jaic-college.jp/
・ビズリーチ:
 https://www.bizreach.jp
・JAIC:
 https://www.jaic-college.jp/
・dodaキャンパス:
 https://campus.doda.jp/

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す