キャリアコンサルタントの仕事とは?国家資格とその活躍の場についての画像

キャリアコンサルタントの仕事とは?国家資格とその活躍の場について

キャリアコンサルタントは、2016年4月より有資格者のみが「キャリアコンサルタント」という名称を用いることができる国家資格です。人材採用や人材育成の分野でも役に立つ資格ですが、キャリアコンサルタントという肩書きの人の具体的な仕事内容はどのようなものなのでしょうか。国家資格の取得からキャリアコンサルタントになる方法、またその活躍の場や年収の相場まで紹介していきます。

1265

キャリアコンサルタントとは

キャリアコンサルタントとは?キャリアカウンセラーとの違い

キャリアコンサルタントはキャリアコンサルティングを行う専門家で、相談者に合わせて自己決定の後押しをする仕事です。

相談者との面談を通して、適性や興味があるものを明確化することで、今後のスキルアップや意欲の向上を促します。

キャリアについて職業の選択から今後の展望に至るまでの話し合いをして、本人の希望を明らかにしていきます。この専門スキルは各方面で求めれるようになってきています。

2016年4月より「キャリアコンサルタント」が国家資格となったため、厳密に有資格者のみその肩書きが使われるようになりました。
似た職種の中にキャリアカウンセラーがあるでしょう。業務自体は重複する部分もありますが有資格者かそうでないかというのが違いと言えるでしょう。
 

キャリアコンサルタントの仕事内容

仕事内容は相談者が望んでいるキャリアを形成する手助けをすることなので、その過程を示すことも仕事の一つです。スキルアップのための方法を提示したり、研修があれば研修を受けるように促すこともあります。

相談者の人生の棚卸をして、その中で見つかる隠れた才能や適性を今後の就職や転職に生かすようにしていくのです。履歴者や職務経歴書には書くことができない長所を見つけて、その点を生かせる仕事を一緒に考えることも多いです。

希望に沿う仕事を探すばかりではなく、仕事を提案することもあります。

キャリアに沿っていなくても、適性が合う仕事もあるからです。仕事に関しての相談に乗るプロフェッショナルと考えておくと良いでしょう。

関連相談

キャリアコンサルタントになるには?国家資格について

キャリアコンサルタントは国家資格

キャリアコンサルタントになるには、国家試験であるキャリアコンサルタント試験に合格し、さらにキャリアコンサルタント名簿に登録する必要があります。

● キャリアコンサルタント試験の受験資格

そのキャリアコンサルタント試験ですが、受験するにもその資格が必要です。
厚生労働省の公式ページで、以下のようにキャリアコンサルタントの受験資格が紹介されています。

  1. 厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した者(講習カリキュラムは別表に記載)
  2. 労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談に関し3年以上の経験(5を参照)を有する者
  3. 技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験に合格した者
  4. 上記の項目と同等以上の能力を有する者

手っ取り早いのは、1.) の講習を受けてしまうことでしょう。
試験内容は、筆記試験と実技試験がありますが、講習を受けることで特に筆記試験の対策には有意義なものとなるでしょう。
 

● キャリアコンサルタントの講座とそれにかかる費用

厚生労働大臣が認定するキャリアコンサルタント講座は非営利活動法人や、民間企業などが提供しています。

世界16地域で採用されている国際キャリアカウンセラー資格であるGCDFのプログラムや、
人材領域で世界的に有名な民間企業であるマンパワーグループが提供しているプログラム
また資格スクールで国内随一の実績があるヒューマンアカデミーが提供する講座などがあります。

講座費用はプログラムによって前後しますが、30万円~40万円程度のものが多いです。


資格を取って登録すると、守秘義務や信頼失墜行為の禁止などの義務が課されます。
この義務があるので、相談者は安心して相談できるようになりました。
 

資格試験費用は4万円程度

前述したように、講座は30万円~40万円と多少高額ではありますが、資格試験自体は、

  • 学科試験 8,900円
  • 実技試験 29,900円

と約4万円程度で受験することが出来ます。
 

難易度は高い?国家資格の合格率は

国家資格を取得するステップを紹介してきましたが、難易度は高いのでしょうか。

厚生労働省より登録された登録試験機関である日本キャリア開発協会では、2017年12月現在までで過去5回のキャリアコンサルタント試験が開催されています。
直近3回の筆記試験と実技試験のそれぞれの合格率は以下のようになっています。

  学科 実技 同時 (合格数/受験数)
第三回 63.3% 61.9% 48.6% 571/1,175
第四回 19.7% 63.7% 17.1% 142/832
第五回 51.4% 65.7% 43.3% 449/1,038


第四回の学科試験の合格率だけ著しく低いですが、筆記、実技両方への合格率は例年40%~50%程度と思って良いでしょう。

関連相談

キャリアコンサルタントの仕事と活躍の場

キャリアコンサルタント資格を活かすには

国家資格となったキャリアコンサルタントですが、資格取得しても仕事がないなどとも言われていたりします。
具体的にどのような場所で活躍できるのでしょうか。

活躍の場には非常に広いフィールドがあります。

● 企業組織内で活かす

組織内での専門知識を生かす場合には、人事部で社内キャリアプランニングを作成したり、人材派遣会社や再就職支援会社などにいて人材コーディネイターとして活躍することも考えられます。

● 人材企業で活かす

人材を生かす職業ですので、人材を扱う会社では必須の能力と言えます。社内の人材を動かすことを考えると、管理職としても活躍できます。
適材適所に人材を配置するためにこの専門知識を生かすのです。経営資源である人材をどのように育て、どのように部署に配置するかというのは専門知識があればシナリオを作成できるでしょう。

● 人材領域や経営コンサルで独立する

企業外で活躍する人も増えてきています。
キャリアコンサルタントとして独立して仕事をしたり、企業から業務委託で仕事受けながらセミナー講師を専門にする人もいるのです。
独立しているキャリアコンサルタントと契約して、企業が従業員を相談に行かせるということも増えてきています。
外部から企業の問題点を指摘することもできますし、メンタルヘルスケアの相談役として一役買うこともあります。公立機関から講師や相談員として雇われることもありますので、今後も需要が伸びる職種です。

独立するときに強みになるものとして、Wライセンスという業務拡大の方法があります。
社会保険労務士、フィナンシャルプランナー、中小企業診断士などの資格を同時に持っているとできる仕事の幅が広がります。
キャリアコンサルタントとオーバークロスしている分野もあるので、その点を足掛かりに他の分野の仕事も請け負えるのです。

関連相談

キャリアコンサルタントの年収相場

キャリアコンサルタントの活躍の場は広がっているため、平均年収で見ると大きくばらつきがあるのが現実です。

企業の新卒採用や中途採用の面接代行といった形で、契約社員や業務委託などのパートタイムで働く人も多く、それらの年収も加味した平均をとってしまうと低く算出されてしまいます。

キャリアコンサルティングの仕事をしている人の年収相場としては、300万円~400万円程度が相場となっています。
(平成23年「キャリア・コンサルティングに関する実態調査結果」より)

一方で、人材紹介企業で活躍するキャリアコンサルタントや、独立して人材紹介業を営んでる人、また大企業の人事など1,000万円を超えている人も8.0%を占めているようです。

高年収を目指すのであれば、独立してセミナーを開催したり人材紹介業を営むなど、単純なキャリアコンサルティング業務だけでは難しいと言えるでしょう。

関連相談

最後に

キャリアコンサルタントは人材派遣会社のための資格だと思っている人も多いですが、今後の日本企業に求められる職業です。人材マネジメントに対して大きな役割を担えますし、人材育成の分野でも役に立つ資格です。

会社が求めているキャリア形成を促し、希望の人材を育てることができれば、会社は成長するからです。

キャリアコンサルタントという資格は活躍の場を広げることができる資格になっています。管理職を目指す、独立したいなどの希望があるときには、キャリアコンサルタントの資格を持っていると有利になることがこれからは出てくるでしょう。

登録しておきたい無料転職サービス

職場での悩みを解決できる1つの方法が「転職」です。
今回オススメするのは業界大手リクルートキャリアが運営するリクルートエージェントです。
業界随一の「キャリアアドバイザーのしっかりとしたフォロー・サポート体制」が特徴です。まず、登録しておいて損はないでしょう。

サービス概要

  • 30万人以上もの規模の転職者を転職成功に導いた業界最大級の実績
  • 業界事情に詳しいキャリアアドバイザーが豊富で、多くのベテランキャリアアドバイザーが活躍

リクルートエージェントに1分で無料登録する

本記事の初回公開日は2017年10月09日です。

この記事に関連する転職相談

自分のキャリアについて誰に相談するべきでしょうか?

自分のキャリアについて誰に相談するべきでしょうか? 両親は時代が違いすぎてあまり参考になりません。 誰に相談するのがいいのかわかりません 外部で仕事や自分のキャリアについて相談できるところはありますか?

キャリアコンサルタントになった方はどうやって経験を積んでいくのでしょうか?

キャリアコンサルタントになった方はどうやって経歴を積んでいくのでしょうか?学位などは関係あるのでしょうか?独立して実業している方はどういったサービスを展開しているのでしょうか?

未経験から 人材業界にキャリアチェンジする場合、RAやCA以外には、どのようなポジションがありますか?

初めて利用致します。会社員です。 人材業界に興味を持っております。未経験からキャリアチェンジする場合、RAやCA以外には、どのようなポジションがありますか?

ルート営業ってどんな仕事内容なのでしょうか?

ルート営業の仕事について教えてほしいです。 求人票を探していたら、行きたい企業の求人が見つかったのですが、職種にルート営業がありました。 もともと営業職志望だったので、ルート営業がどんな仕事なのかに興味あります。 ルート営業は営業の...

大手証券会社の営業職の仕事内容はどのようなことをしますか?

大手証券会社から内定をいただきました。 私は証券会社で顧客のニーズに合わせ、最適な商品提案をする事で顧客の満足度の高い営業をしたいと考えております。 しかし、ネットを見ると会社から売れと言われた商品を数字のために売らなければならない...

ベンチャーキャピタルとはどのような仕事内容なのでしょうか?

ベンチャーキャピタルとはどのような仕事内容なのでしょうか? 最近、投資について関心があるのですが、ベンチャーキャピタルの仕組みや、どうやって収益を設けているのかよく分かっていません。 会社に投資したぶん、その10~20%くらいの見返り料の...

常駐で仕事をする場合はデメリットが多くメリットが無いんですか?

常駐は、デメリットだけが多く、メリットがほとんどないのでしょうか? はじめまして、新入社員の者です。web制作会社(制作面もですが、デジタルマーケティングの戦略面にも携わっています)でwebディレクターをしております。現在仕事に取り組んでお...

内勤営業はカウンターセールスと同じ仕事内容と考えて良いですか?

内勤営業の職として採用されました。 今回、内勤営業の職で採用されたのですが、内勤営業の仕事がどのような仕事がわからなく質問です。 自分は、他の職種で応募していたのですが、志望度の高い企業から内勤営業としてなら、人手が足りないので、採...

イベント企画系の仕事は業績は安定し将来性もあるのでしょうか?

イベント企画系の仕事は、仕事の都合上、単発系の仕事が多くなると思います。 そのため、イベント企画のしごとを運営している会社の将来性は薄いように思うのですが、いかがでしょうか。 業績を維持していくことは難しいように思うのですが、実際の...

テレマーケティングとコールセンターの違いって何がありますか?

現在、転職活動をしています。 自分は過去、コールセンターでバイトをしたことがあり、このあいだとある会社でテレマーケティングとしてなら採用をしたいという話を頂きました。 自分は営業職として応募していたのですが、テレマーケティング職での...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー