• HOME
  • 転職
  • 【転職の相談は誰にすべき?】同僚や先輩に相談しても大丈夫なのかを解説
【転職の相談は誰にすべき?】同僚や先輩に相談しても大丈夫なのかを解説

【転職の相談は誰にすべき?】同僚や先輩に相談しても大丈夫なのかを解説

転職は人生にとって重要な事項ですので、慎重に検討することが必要です。いろいろな人に相談することも大切ですが、転職の相談をする相手を間違うと、多大な不利益を被ることがあります。この記事では、転職の相談は誰にするのが良いのかを明らかにします。ぜひご一読ください。

332

一般的に仕事を辞めたい理由

転職の決断をするには、何らかの理由があるものです。ここでは、一般的に仕事を辞めたい理由をいくつか挙げてみます。

お金

仕事を辞めたい理由で最も多いのが、給料に不満があるなどのお金に関することです。業績悪化で給料をカットされたり、ボーナスが支給されないなどの理由で、転職の相談をする人はかなり多くいます。

人間関係

お金に次いで多いのは、職場の人間関係の悩みです。上司や同僚と性格が合わず、人間関係がギクシャクすると、転職を考えたり、転職の相談をしたいと思うようになります。

仕事内容

仕事の内容についての不満も仕事を辞めたい理由になり、もっとやりがいのある仕事をしたいと思って転職を考えたり、反社会的な業務を強要されると良心の呵責で、仕事を辞める決断をすることがあります。

労働時間

残業が多かったり、連日のように深夜まで仕事が及ぶなどの労働時間に関することも仕事を辞める理由として多いです。

労働時間が長くなると疲労が蓄積してモチベーションが低下しますし、法定労働時間を超えるような労働を強制する会社は労働基準法に違反していますので、転職を考える理由になります。

評価

仕事に対する評価が適正ではなく、いくらがんばって仕事をしても一向に評価されないようであれば、仕事を辞めたい理由になります。

実績に応じて年収アップや昇進につながらないと、転職を考えたり、誰かに転職の相談をしたくなります。

転職をしたいと思った時にすべきこと

転職をするということは人生の中でも重要な決断ですので、慎重に検討することが必要です。ここでは、転職をしたいと思った時にすべきことを説明します。

不満に思っているポイントを整理

転職の相談をする前に、まずは今の仕事で不満に思っているポイントを整理してみましょう。不満に思っている事項を書き出すことで仕事を辞めて転職をする理由が明確になり、頭の中を整理できます。

書き出した結果をもう一度じっくりと検討し、もし、不満に思っていることが時間の経過で解決できるのであれば、転職を考えるのは早計です。

今の会社に勤めている限り、不満に思っていることを解決できないのであれば、信頼できる人に転職の相談をしてみてもよいでしょう。

前向きな転職でも一度考えるべきこと

目標やビジョンの達成、夢を実現するために転職を考える場合も、冷静に考えてみることが必要です。転職をすると一瞬で夢が叶うようなことはなく、転職先でも相当な努力を重ねることが必要になります。

転職に失敗すると人生が台無しになるようなこともありますので、前向きな転職であっても一度立ち止まって、じっくりと考えてみることが大切です。

そのうえで、信頼できる人に相談してみるとよいでしょう。

転職で失敗する人の特徴

転職で失敗する人には特徴があります。転職の相談をする前に、自分を再度見つめ直してみましょう。

転職して職種を変えたい人

これまで営業の仕事をやっていた人が営業の仕事が嫌になり、まったく畑違いの職種に転職したいと考えることがあります。

職種を変えてしまうと、これまでのキャリアが全く活かせなくなることがあるため、職種を変える転職は慎重に検討することが必要です。今の職種が嫌だという理由で転職しても、失敗する可能性が圧倒的に高いです。

他責思考の人

他人に責任を押し付ける他責思考の人は転職に失敗する可能性が高く、転職しても新しい職場で同じことを繰り返すことになります。他責思考の人は転職の相談をする前に、他責思考の考え方を改めることが必要です。

目標やビジョンがない人

目標やビジョンがない人は仕事に対するモチベーションが低いので、転職をしてもうまくいかないことが多いです。目標やビジョンがあるとモチベーションが高まり、今の仕事でもやりがいを感じられるようになります。

今の会社での実績がない人

企業が中途採用をする理由は、即戦力の人材の確保が目的であることが多いです。今の会社で実績がなければ、職務経歴書や面接で自分をアピールすることができず、転職に失敗するリスクが高くなります。

まずは、今の仕事で実績をあげることを考えましょう。

転職で成功する人の特徴

転職で成功する人には共通する特徴があります。ここでは、転職で成功する人の特徴をいくつか挙げてみます。

転職する理由が明確な人

キャリアアップや年収アップなど、転職する理由が明確な人は転職に成功しやすいです。

ただし、年収アップを目的に転職をする際も、お金だけが理由では転職に失敗することがあるので注意を要します。夢や目標を実現するなどの前向きな理由があれば、転職に成功しやすくなります。

転職先の条件の優先順位づけが明確な人

給料や労働時間、勤務地、仕事の内容など、求人の条件はいろいろあります。

これらの条件を全て満たすことは難しく、ある程度の妥協は必要になってきます。妥協をするにしても絶対に譲れない条件はありますので、あらかじめ、転職先の条件の優先順位を決めておくことが大切です。

自分に足りない部分を素直に反省できている人

転職先の面接では、面接官から自分に足りない部分を指摘されることがあります。その際に腹を立てずに、自分に足りない部分を素直に反省できる人は転職に成功する可能性が高いです。

どのような人にも足りない部分はありますので、それを克服することによって人間的に大きく成長することができます。

転職相談すべき相手について

転職の相談は相手を選ぶことが大切です。相談する相手を間違えてしまうと、取り返しがつかない事態に発展することもあります。ここでは、転職相談すべき相手について説明します。

同僚や先輩への相談には注意が必要

転職の相談を同僚や先輩にするのは禁物で、よほど信頼できる人でなければおすすめできません。同僚や先輩に相談すると、相談した内容が口外される恐れがあり、上司や役員の耳に届くと会社に居づらくなってしまいます。

状況によっては、悪い噂を流されるなどの露骨な嫌がらせを受けることもありますので、同僚や先輩に転職の相談をするのは控えるのが賢明です。

転職エージェントに相談しよう

転職活動のサポートを無料でしてくれる転職エージェントには、キャリアコンサルタントが在籍しています。転職エージェントのキャリアコンサルタントは、転職活動を全面的に支援してくれ、転職に関する相談にも気軽に応じてくれます。

キャリアコンサルタントは転職の事情に精通していますので、転職の悩みの解決につながるアドバイスをしてくれます。

転職を考えたら、まずは転職エージェントに登録し、キャリアコンサルタントに相談することをおすすめします。

まとめ

転職の相談は同僚や先輩ではなく、転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談するのが一番です。

転職エージェントは転職の諸事情に精通していますので、適切なアドバイスをしてくれます。

なお、転職をするということは人生の中でも重大な決断ですので、慎重に検討することが必要です。今一度、考え直してみましょう。

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

  エージェント名 実績 対象
1位 リクルート 5 30代以上 
2位 ビズリーチ 4.5 ハイクラス層
3位 パソナキャリア 4.3 全ての人


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp
・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp

この記事に関連する転職相談

上司と合わないという理由で新卒1年目に転職をするのは間違っていますか?

新卒1年目の社会人です。 せっかく熱意を持って4月に入社したのですが、上司との感覚が合わず仕事へのモチベーションがなくなっています。 BtoCの営業職として、研修で学んだ知識を生かし...

新卒で就職した会社を3日目で辞めたいのですがどうしたらいい?

新卒でメーカーに就職しました。 しかし、同期で仲が良い人がいない。配属先の先輩(年齢が20くらい上)と話が合わない。仕事内容も工場勤務なので全くやる気がでない。出社する時に毎回辛い気持ちに...

ロレックスの時計を面接にをつけていったら落とされたのですがどう思いますか?

私は時計が大好きで時計を優先してほどです。 そんな私も社会人になってから頑張って貯金をしてロレックスの購入に成功して、常に肌身離さずつけています。 しかしいつもの癖で、転職活動の面接...

転職エージェントに転職後でも相談して大丈夫でしょうか?

転職エージェントには、転職活動終了後でも相談しても良いのでしょうか。 転職エージェントと継続的にコミュニケーションをとることで、キャリアに関する相談ができるのでメリットがあると考えておりま...

転職したいのですが怖くてできませんどうすればいいですか?

私は転職を1回したことがあります。 1回目の転職は新卒で入った会社がハードワークすぎて肉体的にも精神的もきつくなり転職しました。 その後資格を取得して現在の会社で勤めているのですが、...

40代の転職で30社以上不採用なのですがどうすればいいですか?

人件費削減のため、会社がリストラを行い、その対象に選ばれてしまいました。 40代の今まで、転職を1度も考えたことがなかったため、仕事を失いとても困っています。 貯金でなんとか生活はで...

焦って転職して失敗したのですがどうすればいいですか?

私は前の会社をすぐに辞めたくて、急いで転職活動をしました。 転職エージェントに登録して、転職できそうな企業を紹介してすぐ面接をして転職したという感じです。 しかし、転職したのはいいの...

失敗するかもしれないと思い転職できないのですがどうすべきですか?

30歳まじかになり、今の職場の年収と業務内容が割りに合わなく転職したいです。 しかし、求人を見つけてウェブ上の口コミを見るとブラックなどの口コミをよく見るので、転職活動が怖くなってしまって...

転職して年収が350万円ダウンしたのですがどうすればいいですか?

私は新卒で大手広告代理店から経験やキャリアを積むために、数人規模のベンチャー企業に転職しました。 ベンチャーに転職する前から年収が350万円ほどダウンすることはわかっていたのですが、将来の...

転職回数が多い人に特徴はありますか?

来年新卒のものなですが、転職をいっぱいする人に特徴はあるのでしょうか? 転職回数が多いと転職活動が不利になったりと聞くので、とても気になっています。 「飽き性」など、性格的なものと、...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す