• HOME
  • 転職
  • 【2021年最新版】おすすめ転職エージェント比較ランキング5選
【2021年最新版】おすすめ転職エージェント比較ランキング5選

【2021年最新版】おすすめ転職エージェント比較ランキング5選

【2021年最新シリーズ】転職エージェントを比較する際は何で比較すれば良いのか、また、客観的なデータや口コミによる比較の結果おすすめのエージェントはどこか。お悩みの方は多いでしょう。この記事では転職エージェントの総合的な比較、年齢や職種別での比較を行い2020年最新版のランキングをお届けします。また、記事の最後には転職エージェントの活用方法や選び方もご紹介しているためぜひご覧ください。

453

転職エージェントの総合ランキング1位はリクルート

今回の転職エージェントの比較では

  • 求人数
  • サポートの手厚さ
  • 実績

の3つを比較基準とし、各エージェントを評価しました。

それでは、総合的に見たおすすめの転職エージェントを5つをご紹介します。
 

転職エージェントおすすめランキング|比較表

  エージェント 求人数 サポート 実績
1位 リクルート 4 4 5
2位 doda 3 4 4
3位 マイナビ 3 4 4
4位 ビズリーチ 3 3 3
5位 エン転職 4 3 3

 
以下、ランキング上位から順に各エージェントの特徴について詳しくご紹介します。
 

【1位】リクルートエージェント

リクルートエージェント

公開求人数 約12万件
非公開求人数 約17万件
登録者数 約4万人


リクルートエージェント」は転職総合実績No.1を誇る、実力ある転職エージェントです。

アナタに専属のキャリアアドバイザーが、転職を成功までサポートしてくれます。

複数の非公開求人を抱えているのもリクルートエージェントの特徴であるため、まずは面接をして話を聞くことから始めると良いでしょう。

JobQに寄せられた転職エージェントの口コミからは、

  • 求人の幅広さと質の高さ
  • 充実した面接の対策

以上のことが伺えます。

ここで実際にリクルートエージェントを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。

リクルートエージェントは、まず幅広い求人が特徴です。

一般事務しか経験がなかったのですが、他の転職エージェントでは断られるような案件希望で、30件以上もの案件を提示して頂けました。

カウンセラーの方の姿勢も素晴らしく、聞く体制が整っていて親身に相談に乗って下さいました。 
以前転職エージェントで転職活動を行った際に利用させていただきました。

大手のリクルートさんのエージェントサービスだけあってサービスが非常に豊富で、無料でこんなに尽くしていただいていいのかと思うほどです。

外資系などの少し特殊な面接をする業界への対応力も高く、過去の質問例などを用いて実際に面接の練習に付き合ってくれました。

担当者と、他の分野に突出しているコンサルタントとの連携も素晴らしかったです。
20代後半 男性
リクルートエージェントは、転職をトータルでプロデュースしてくれる転職エージェントだと感じました。

当初希望していた企業の面接に落ちたり、給与条件のすり合わせがうまくいかなかったりした時も担当コンサルタントが間に入って交渉してくれました。

結果、希望していた企業の別部署に再度面接を行っていただき、内定を頂きました。

給与面での話し合いも、スムーズにいきました。

転職エージェントを利用するならば、リクルートエージェントは絶対に抑えた方が良いです。30代後半 男性


リクルートエージェントは求人数が豊富なだけでなく、それら求人が様々な業種・職種、20代・30代・40代といった幅広い年齢を網羅しています。

加えて、リクルートエージェントは実績も高く総合的に評価の高い転職エージェントであるため、まだ進むべき道が決まっていない方や業種や職種にこだわりがない方におすすめでしょう。

続いてJob-Qに寄せられたリクルートに関するQAをご紹介します。

リクルートエージェントに登録するメリットやデメリットは何ですか?

転職活動をしています。

転職エージェントへの登録を検討していて、大手であるリクルートエージェントへの登録を検討しているのですが、良いことや悪いことなど様々な情報があり、リクルートエージェントの登録するメリット・デメリットを聞きたく、相談しました。

とりあえず30分くらい前に、登録はしてみたものの他のエージェントにも登録するべきかなどで悩んでいます。 

私も過去にリクルートエージェントさん経由で転職したことがあります!

担当者の方の質はとても良く、希望通りの転職をすることが出来ました。

ただ、後から聞いた話では...続きを読む


より詳しい情報が気になる方は「リクルートエージェントの評判・口コミ」をご覧ください。

リクルートエージェントの公式HP:https://www.r-agent.com
 

【2位】 doda

doda

公開求人数 約6万件
非公開求人数 約14万件
登録者数 約3万人


doda」は、国内でトップレベルの知名度と質の高い求人が揃っている評判の高い転職エージェントであり、転職者満足度No.1を誇るほどサービスも充実しています。

加えて、40代の方も親身に対応してくれるエージェントの方も在籍しているようです。

たくさんの求人を紹介してくれるようですので、転職への選択肢も広がりそうですね。

Job-Qに寄せられた転職エージェントの口コミからは

  • 求人数が多く、幅広い選択肢
  • 面接対策や職務経歴書の書き方といった実用的なアドバイス

以上のことがわかりました。

ここで実際にdodaを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。

メールで常に求人情報が流れていたり、大企業だけでなく中小優良企業の掲載も豊富です。

他転職エージェントにはない独自のシステムやノウハウで転職後までフォローしていただけたことも印象的でした。

幅広く視野を広げて転職先を見つけたい方に非常にオススメの転職エージェントです。
以前転職エージェントで転職活動を行っていた時に利用しておりました。

dodaでは、とにかく実践的な面接のテクニックを教えていただきました。

何度も電話で面接の練習に付き合ってくれたり、職務経歴書を使ったテクニックなんていうのも勉強になりました。

最後までしっかり尽力してくれ、感謝しかありません。
30代  女性
登録するとすぐに電話が掛かってきて、あれよあれよという間に面談が設定されます。

もともと、ネットの転職エージェントの口コミ評価が高かったことから、dodaを利用し始めましたが、実際に非常に満足いたしました。

特にキャリアコンサルタントの対応がとにかく迅速・丁寧で、一人一人のクライアントとしっかり向き合ってサポートするという意識が伺えました。
20代  男性


dodaは転職者満足度No.1を誇る転職エージェントであり年齢問わず多くの求人を保有しています。

一方で、求人数は多いものの求人の質は以下口コミからもわかるように良いものも悪いものも混じっているため、気をつけるべきでしょう。

この転職エージェントは大量の求人を見つけることができるので求人数で困ることはないのですが、求人の質が怪しいものが多々ありました

聞いたことのない名前の求人が多く、他年収や福利厚生が充実していないものも多かったので求人選びは慎重にやるべきだと思います。

非公開求人を紹介してもらうのが良いかもしれません。

 

より詳しい情報が気になる方は「dodaの評判・口コミ」をご覧ください。

dodaの公式HP:https://doda.jp
 

【3位】マイナビエージェント

マイナビエージェント紹介画像

公開求人数 約2万件
非公開求人数 約2万件
登録者数 約2万人


新卒の分野では業界1位となった「マイナビ」ですが、転職の分野ではリクルートエージェントやdodaに次ぐ実力です。

JobQに寄せられた転職エージェントの口コミからは

  • サポートが手厚い
  • 中小企業を中心に求人数が充実
  • 第二新卒に強い

以上のことが伺えました。

ここで実際にマイナビを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。

マイナビエージェントに登録して驚いたことは、登録後すぐに担当のコンサルタントから連絡があった事です。

話もしっかりと聞いてくれ、希望に沿った提案をしてくれました。

不安だった履歴書、職務経歴書も丁寧に添削やアドバイスをしていただき、書類で落とされることがなくなったほどでした。
とにかく自分にあった求人を用意してくれた転職エージェントでした。

中小志望だったが、他の転職エージェントでは反応の悪かった希望もマイナビでは真摯に対応してくれた。

求人数も多い。

連絡も早く、安心して転職活動に臨めた。

 
私は実際にマイナビエージェントを利用して転職する事が出来ました。

会社に1年しか在籍がなく、とても不安のある転職活動だったのですが、非常に親身になって相談に乗っていただき安心しました。

第二新卒のための求人が多数ある転職エージェントとして、想像以上の選択肢から選べたことも驚きました。

 

マイナビエージェントの他に劣らない一番の魅力はサービスの手厚さです。

そのため、転職活動が初めての第二新卒や結婚や子育てとの両立に悩む女性には特におすすめのエージェントと言えるでしょう。

また、求人数は中小企業を中心とすれば多いと言えますが、リクルートエージェントやdodaには及びません。

Job-Qに寄せられたマイナビエージェントに関するQAもご紹介します。

未経験職種で転職する時のオススメの転職エージェントはどこですか?

20代でキャリアがあまりなく未経験職種への転職でオススメの転職エージェントはどこですか?

とりあえずのマイナビエージェント!
業界が決まっていないなら大手で......続きを読む


より詳しい情報が気になる方は「マイナビの評判・口コミ」をご覧ください。

マイナビエージェントの公式HP:https://mynavi-agent.jp
 

【4位】ビズリーチ

ビズリーチ

公開求人数 約12万件
非公開求人数 非公開
登録者数 約91万人(無料有料会員)


転職サイト「ビズリーチ」は、株式会社ビズリーチが運営しているハイクラス層向けの転職エージェントです。

ハイクラス層向けの転職エージェントのため求人もハイクラス層向けの内容となっています。

ここで実際にビズリーチを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。

管理職に転職して年収も上げたいと考えて、ビズリーチを利用しました。

希望条件にぴったりのヘッドハンターがいらっしゃり、話を聞いていただきました。

的確なアドバイスや今後の方向性のアドバイスをビズリーチからいただけたおかげで、非常に転職がうまくいきました。


ビズリーチはハイクラス層の転職サポートに力を入れている転職エージェントであるため、すでに年収がある程度高くスキルに自身のある利用者の方がより多くのスカウトや厚いサポートを受けることができる可能性は高いでしょう。

Job-Qに寄せられたQAもご紹介します。

ビズリーチはどのような職種があるのでしょうか?

ビズリーチで働いています。
転職Webサービス(企業向け中途採用サービス)の運営がメインとなるので......続きを読む

ビズリーチの特徴、利用した感想をおしえてください。

ビズリーチを利用したことのある方に、ビズリーチのサービスの特徴と利用した感想を教えていただきたいです。

ビズリーチを利用していた者です。
ビズリーチの特徴は、ハイクラス層向けのサービスであること、有料会員が設けられていることでしょう。......続きを読む

より詳しい情報が気になる方は「ビズリーチの評判・口コミ」をご覧ください。

ビズリーチの公式HP:https://www.bizreach.jp
 

【5位】エン転職

公開求人数 約5000件
非公開求人数 非公開
登録者数 非公開


エン転職」は、エン・ジャパン株式会社が運営する転職エージェントサイトです。

エン・ジャパン株式会社は国内外で転職メディアや人材紹介を行うだけでなく研修サービスや評価制度構築支援なども展開しており、広告や国内外での買収などリクルートと並び人材業界の中でも積極的に次の一手を仕掛けている企業です。

そんなエン転職はJobQに寄せられた転職エージェントの口コミから

  • 初めての転職者には特におすすめ
  • 面談前に性格診断テストができる

ことが伺えます。

ここで実際にエン転職を利用した方の口コミ情報を見てみましょう。

私は初めての転職活動でエン転職を利用しました。

何がやりたいかも決まってない状態で始めたのですが、エージェントの担当がとても親身になってくれました。

実際のエージェントさんの転職体験のお話などもしていただき、不安なく転職に臨むことができました。

初めての方に自信を持っておすすめできる転職エージェントです。
自分の性格を踏まえてアドバイスをしてくれます。

性格テストを行ってくれ、それを元にアドバイスしていると思われます。

おかげで自分の新しい可能性に気づくことができました。

また、登録後数日でオファーがくるスピード感にも驚かされました。

エン転職は数日でスカウトやオファーが届くようなので転職を意欲的にやりたいと考えている方におすすめの転職エージェントと言えるかもしれません。

また、エージェントの方が親身になってくれるため自分にマッチした求人や企業を探したい方にオススメできます。

第二新卒におすすめのエージェントはハタラクティブ

第二新卒の転職は、ハタラクティブ

ハタラクティブ公式HP
ハタラクティブ」とは、レバレジーズという会社が運営をしている転職エージェントです。

第二新卒や既卒者などの若年層を対象にしています。もちろん利用は無料です。

インターネットで検索をすると悪い評判も載っていますが、ニートやフリーターなども含めて高い評価をしている人もたくさんいます。

ここで実際にハタラクティブを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。
 

私は未経験業界に転職をした際にハタラクティブを利用しました。学歴は高卒なので、正社員は諦めつつありましたが、20件以上もの案件を紹介してもらえました。

アルバイトと派遣社員しか職歴のない状態からサポートしていただき感謝しています。
履歴書の作り方や面接の自己紹介、転職理由など、全て丁寧に対応いただきました。

質問リストを作ってくれたり、履歴書を採点してくれたり、任せっきりで転職を進められる転職エージェントです。

面接にもコツがあるので、20代など経験値の低い人にはおすすめです。

履歴書や職務経歴書の書き方の指導、そして面接の練習などサポートが手厚く、内定率も高い確率を維持しています。

20代でも正社員経験がないという人や、高卒者の方、他の転職エージェントで利用を断られたという方にはぜひ利用していただきたい転職エージェントです。

より詳しい情報が気になる方はハタラクティブの評判・口コミをご覧ください。

ハタラクティブの公式HP:https://hataractive.jp

20代におすすめのエージェントはマイナビジョブ20's

第二新卒・20代の転職は、マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20'sは20代の若手社会人に特化した転職支援を行う転職エージェントです。

具体的には専任のエージェントがついて履歴書や職務経歴書、面接対策まで様々なサポートをしてくれます。

ここで実際にマイナビジョブ20'sを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。


キャリアアップをするために転職を決めました。

20代での初めての転職活動で不安でしたが、コンサルタントが様々な希望に合致する求人を勧めてくれました。

連絡方法は電話とメールでした。

しっかりと私のことを考えてくれているなといった印象でした。

好条件の求人を吟味し、希望に沿った企業を発見しました。

コンサルタントの方に、手続きのサポートや面接時の対応シミュレーションを電話で行っていただき、見事合格できました。

私のような転職初心者でも手厚いサポートの中仕事を探せる転職エージェントだったので、非常に助かりました。
マイナビさん主催の女性向け転職セミナーで、マイナビジョブ20'sを知りました。

いざ転職、と思っても勤務3年にも満たない若造には難しいだろうと考えていました。

だけどセミナーへの参加条件が「社会人経験が半年以上」だったので、これなら大丈夫かも、と思って参加を決めました。

セミナーでは女性の転職の現状、実際に企業が女性社員に求めていることなどを教えていただき、考えさせられました。

セミナー後には簡単に面談していただき、営業の提案をしていただきました。

いろいろ具体的な求人を見せてもらいながら面談をし、相談に乗ってもらいながら転職活動を進められました。

求人数も申し分なく、希望に沿った求人を紹介していただけることに魅力を感じました。

担当の方も、親身に相談に乗っていただける素晴らしい方と、素晴らしい転職エージェントでした。

職務経歴書の書き方など初めて転職する方にとってはネックとなる箇所をマイナビジョブ20'sが丁寧に対応してくれるため、スムーズに転職活動を進める事が可能になります。

こんな質問も寄せられています。

マイナビジョブ20'sという転職エージェントを利用してみたいのですが、評判は高いのでしょうか?

第二新卒で他の会社に入社したいと考えています。

1人で転職活動の準備をするのが中々辛いので、転職エージェントに色々任せたいと思っています。しかしながら、どのエージェントが良いのか全然分かりません。

マイナビジョブ20'sという転職エージェントを見つけたのですが、これは評判はどうなのでしょうか?

実際に利用してみた方はいらっしゃいますか?

もし、マイナビジョブ20'sについてお詳しい方がいたらお聞きしたいです。ご回答お願い致します。 

初めての転職でしょうか。そうでしたら、まだノウハウがわからないと思いますので、転職エージェントを使うのはよい選択ですね。

20代に特化した…続きを読む


より詳しい情報が気になる方は「マイナビジョブ20'sの評判・口コミ」をご覧ください。

マイナビジョブ20'sの公式HP:https://mynavi-job20s.jp

30代と外資系企業向けのおすすめはJACリクルートメント

30代〜と外資系企業への転職は、JACリクルートメント

JACリクルートメント」は、30代から50代の管理職・技術職・専門職と外資系企業に特化した転職エージェントです。

そのため、ハイキャリアであれば難易度の高い企業求人にも応募することが可能です。

ただし、求人の公開・非公開に関係なく「企業に紹介が可能か」を判断するのはエージェント側であり、提案は個別で送られます。

ここで、実際にJACリクルートメントを利用した方の口コミを見てみましょう。
 

親身な対応で、すべての条件を満たす案件を提案していただいた上、企業から満足のいくオファーをいただくことができました。

自分では見つけることができなかった案件で、大変感謝しています。友人にも、ぜひ勧めたいですし、また次の機会があれば利用させていただきます。
私の職務経歴や、「強み」に合わせた適切な求人を紹介していただきました。

他のエージェントに比べ、紹介してくださった案件のほぼすべてにフィット感があると感じました。


こちらの方々は、JACリクルートメントを利用して、自分の希望に沿った転職ができたようです。

転職者がマイナスな理由で転職を繰り返さない為にも、企業とミスマッチがないことは重要ですよね。

30第以上の方や外資系企業の転職希望者の方はJACリクルートメントを使ってみるとよいでしょう。

JACリクルートメントの公式HP:https://www.jac-recruitment.jp

40代とハイクラス向けのおすすめはビズリーチ

40代とハイクラス向けの転職はビズリーチ

ビズリーチ

転職サイト「ビズリーチ」は、株式会社ビズリーチが運営している40代やハイクラス層向けの転職サービスです。

転職エージェントではなくヘッドハンティング型の転職サイトではありますが、一般的には公開されていない求人に応募できるという点では転職エージェントとして比較も可能でしょう。

一方で、転職サイトであることから転職エージェントのように転職活動におけるサポートは手厚くないとされるためその辺は事前に理解しておきましょう。

より詳しい情報が気になる方は「ビズリーチの評判・口コミ」をご覧ください。

ビズリーチの公式HP:https://www.bizreach.jp

IT業界におすすめのエージェントはワークポート

IT業界への転職は、ワークポート

ワークポート公式HP

ワークポート」はITやWeb関連の求人を多数保有している転職エージェントです。

ITやインターネット業界だけでも約2,000社との取引実績もあり、15,000件以上の求人案件も保有しています。

競合他社には負けないほどの求人案件を取り揃えているため、SEを目指す方には登録必須の転職エージェントになります。

ここで実際にワークポートを利用した方の口コミ情報を見てみましょう。


ワークポートを利用していたものです。

私は、ITエンジニアとしての転職を考えていたので、転職エージェントでもIT業界の転職に強いとうたっているワークポートに決めました。

担当者の業界知識は他社と比べても圧倒的でした。

また、ベンチャーから大手まで、数多くの独占求人を持っているようです。

他社では取り扱っていない案件や、金融系から財閥系などの老舗企業でのIT専門職を取り扱っていて、案件の質もよかったです。
とても対応が早い転職エージェントです。

初回面談をした日のうちに20件弱、翌日には50件以上の案件が送られてきました。

また、メールの返信も早く、ほぼ即日中に対応頂けました。

こちらの方たちは、ワークポートのIT系求人の豊富さに魅力を感じたようです。

また、キャリアアドバイザーがIT用語・知識を知っていることは、快適かつ円滑に転職活動を進めるにあたって非常に大きなことですよね。

IT系の転職希望者の方はワークポートを使ってみるとよいでしょう。

より詳しい情報が気になる方は「ワークポートの評判・口コミ」をご覧ください。

ワークポートの公式HP:https://www.workport.co.jp/

薬剤師におすすめのエージェントはマイナビ薬剤師

薬剤師の転職はマイナビ薬剤師

 

マイナビ薬剤師公式HP

マイナビ薬剤師」はマイナビの運営する薬剤師に特化した転職エージェントです。

薬剤師や介護士といった資格を必要とする職種は「リクルートエージェント」のような総合転職エージェントを用いるのも良いですが、その職種や業界に特化した転職エージェントの利用がベストでしょう。

マイナビ薬剤師」のような特化型の転職エージェントはキャリアアドバイザーに薬剤師経験のある方や薬剤師の業界に精通している方も多いため、他のエージェントよりもあなたの仕事について理解を示してくれるはずです。

加えて、「マイナビ薬剤師」は厚生労働大臣認可の転職支援サービスであるため、費用が一切かからないのも魅力です。

マイナビ薬剤師の公式HP:https://pharma.mynavi.jp

看護師におすすめのエージェントは看護のお仕事

看護師の転職は「看護のお仕事」

看護のお仕事

看護のお仕事」は、月間利用者数が20万人を超える看護師に特化した転職エージェントです。

看護のお仕事」を多くの人が利用する理由には

  • 求人数が豊富
  • サイトが使いやすい
  • キャリアドバイザーの​​​​​アドバイスが的確

が挙げられます。

求人数の豊富さに関しては「看護のお仕事」が2017年設立の比較的新しい転職エージェントにも関わらず、16,000件近くの求人を保有しています。

加えて、サイトは使いやすくキャリアアドバイザーのアドバイスも的確であるため多くの看護師の方が信頼して利用していると言えるでしょう。

▶ 看護のお仕事公式サイト:https://kango-oshigoto.jp/

転職エージェントの成功報酬と活用法について

転職エージェントの仕組みと成功報酬

そもそも転職エージェントとは転職活動をサポートし、求人を紹介してくれる無料の転職サービスです。

転職エージェントを無料で利用できる背景には、エージェントは紹介する企業から成功報酬をもらっていることがあります。

転職エージェントのビジネスモデル

そして、成功報酬の相場はその企業の年収の30〜35%ほどであり、年収が500〜600万円ほどであるとすると150〜180万円ほどでしょう。
 

ハローワークと転職エージェントの比較

転職エージェントと似たサービスにハローワークでの求人紹介があります。

両者の違いは以下になります。

  • 紹介求人の質
  • サポート内容の質

ハローワークは転職エージェントと異なり厚生労働省管轄の施設であるため企業からの成功報酬なく無料で求人紹介のサービスを提供しています。

そのため、紹介求人がブラック企業のものであることや求人内容と実際の仕事内容が異なることがあります。

また、サポート内容も転職エージェントのように求人紹介から入社までと丁寧に細かくサポートしてくれることもありません。

一方で、ハローワークは厚生労働省管轄であることから転職エージェントではスキル不足等で断られるフリーターやニートの方でも就職はしやすいでしょう。

転職エージェントの登録までの流れ

続いて、転職エージェントの登録から面談までの流れを紹介します。
 


転職エージェントを最大限に活用するために、この流れの中で気をつけたいポイントがあります。

1つずつ詳しくご紹介していきます。

step1】web上で仮登録


Step1で抑えるポイントは、「総合型と特化型のどちらが合っているか確認する」ことです。

転職エージェントは大きく以下の2つに分かれます。

  • 総合転職エージェント
  • 特化型転職エージェント

まずは、その違いを確認していきましょう。

  メリット デメリット
総合転職エージェント
  • 業界を横断しての大量案件がある
  • 今いる業界外の可能性を提示してくれる
  • 業界に特化した知識は少ない
特化型転職エージェント
  • 業界出身のコンサルタントが多く、知識量が豊富
  • 業界に特化した面接対策がある
  • 案件数が少ない
  • 手持ちの案件を押し付けられる可能性がある

 

転職を希望している業界が一つでない場合は、総合転職エージェントが向いていると言えます。

総合転職エージェントは、担当エージェントとの相性や質が非常に大切です。

そのため複数登録する事をオススメします。複数登録することのメリットは、

  • 多くの求人に触れられる事
  • 様々なエージェントの方が担当に当たる

の2点です。

転職エージェントに多数登録しておく事により、より多くの求人に触れられるため、機会損失が少なくなります。

また、エージェントの質が低い可能性もあるため、様々な媒体のエージェントの方とお会いする事で、そのリスクを下げる事ができることもメリットです。
 

エージェント おすすめ度 特徴
JACリクルートメント 5 国内最大級の求人数
ビズリーチ 4.8 年収の高いハイクラス層が対象
doda 4.5 利用満足度が業界1位
マイナビエージェント 4.0 第二新卒におすすめ
パソナキャリア 3.7 女性の転職サポートNo.1


複数登録を考えている場合は、コチラも参考にしてみてはいかがでしょうか。

▶︎転職エージェントの複数利用は常識なのか?伝えた方が良い理由とは

▶︎転職エージェントは掛け持ちしても問題ない?注意点も紹介します


逆に、希望する業界が1つに絞られておりそれ以外考えていないのなら、特化型転職エージェントの方が効率的に転職活動を行えるでしょう。

特化型転職エージェントは 業界の専門知識が深いため、業界や職種を予め決めて転職活動をされる方にオススメです。

それぞれの業界・職種での選び方を紹介します。

■第二新卒

  • 面接の対策やSPIの対策等ができる
  • 非公開求人を複数所持している
  • 未経験からでも挑戦できる求人を保有している

詳しくはコチラ

▶︎第二新卒の転職活動の成功と失敗とは【事例から確認しよう!】


■医療業界

  • 医療に関する求人案件をどれくらい掲載しているかどうか
  • その転職エージェントが医療業界にどれほど精通しているか

詳しくはコチラ

▶︎【医療業界の転職エージェント】おすすめできるサービスをご紹介


■総合商社

  • 商社に関する求人案件を多く掲載しているかどうか
  • その転職エージェントが商社に精通しているか

詳しくはコチラ

▶︎【2019年度最新版!】総合商社や専門商社の転職エージェント


■経理職

  • 経理や会計などの職種に特化しているエージェントかどうか
  • 経理職に関する求人案件をどれくらい掲載しているかどうか

詳しくはコチラ

▶︎【経理希望者必見】転職エージェントを徹底比較致します!


■営業職

  • 未経験からでも挑戦できる求人を保有しているかどうか
  • 条件の良い求人を保有しているかどうか

詳しくはコチラ

▶︎営業職に強い転職エージェントを徹底比較します【保存版3選】


【step2】面接日程の調整


面接日程の調整は、初めて転職エージェントと直接やりとりをする機会です。

やりとりはールや電話で行われると思いますが、転職エージェントからの連絡はこまめに確認するようにして下さい。

返信が遅いと「時間にルーズ」「本気で転職を考えているのか分からない」といった印象がついてしまいます。

転職エージェントでの転職はキャリアアドバイザーとの信頼関係が不可欠ですので「サポートしてもらっている」立場を忘れず、連絡はこまめに確認しましょう。

step3】担当者と面談


大前提として、転職に前向きな態度で臨むことが重要です。

転職エージェントは転職希望者がクライアント企業に採用され入社することにより報酬を得る事が可能となります。

よって、転職活動に対する前向きさを

  • 目的意識がある転職か
  • 本気で転職しようと考えているか
  • 転職後は継続して働いてもらえそうか

等の視点から伺ってくるでしょう。

加えて、面談の際は

  1. 経歴やスキルをごまかさない
  2. ネガティブな情報は控える

の2点に気をつけて下さい。

1.経歴やスキルをごまかさない

「仕事が出来ない人材だと思われたくない」や「より良い会社に就職したい」などの気持ちから話を大きくしたり、話をごまかして誤った情報を伝えたりしてしまうことがあります。

しかし、嘘の情報を伝えてしまうとエージェント側との信頼関係が築けず、希望条件にあった転職先に転職できない可能性が生まれます。

よって、企業とのミスマッチを起こらないためにも見栄は張らず、正直に話しましょう。

2.ネガティブな情報は控える

退職理由等で前職の悪口をはじめとする批判的な事ばかりを話すことは、転職エージェントに良い印象を与えません。

よって、「転職理由が人間関係」などであっても愚痴やネガティブな感情を話すことは控えて事実のみを話しましょう。

最後に、面談時にキャリアアドバイザーから名刺を渡されることがあります。

その際、あなたにとって転職エージェントとの面談は仕事ではないため、自身の名刺を渡す必要はありません。

詳しくはコチラ

▶︎転職エージェント利用時の面談準備と持ち物【完全理解】

▶︎転職エージェントの面談時の事前準備は?【注意事項も紹介します】

転職エージェントの選び方のポイント

転職エージェントを比較する際は、

  1. キャリアアドバイザーとの相性
  2. 非公開求人件数
  3. サポートの範囲

の3点を確認しましょう。


キャリアアドバイザーとの相性

まずは、転職エージェントに所属するキャリアアドバイザーとの相性を確認しましょう。

キャリアアドバイザーとの相性は、あなたの転職が成功するかどうかに直結してきます。

実際に転職エージェントを利用した方からは、こんな口コミが寄せられています。
 

キャリアアドバイザーがが若く、業界経験と知識に乏しい人で、的外れな求人を紹介されてしまった。
キャリアアドバイザーが非常に多忙なのか、連絡がスムーズに取れずストレスを感じた。
 

このようにキャリアアドバイザーの中には

  • そもそも業界の経験が浅い
  • 自分の希望する業界に精通していない
  • 連絡のタイミングが合わない

等の人が担当になるケースがあります。

そこで、相性の良いキャリアアドバイザーを見つけ転職を成功させるためには

⑴自分の希望する業界に詳しいキャリアアドバイザーであるか
⑵連絡がスムーズに取れるか


の2点を確認することが大切です。

まず⑴については、実際にキャリアアドバイザーと話して判断することが1番良いでしょう。

転職エージェントの利用に際し、最初に電話や面談でキャリアアドバイザーと話す機会があります。

その面談にて自分の希望がはっきりと伝わっており、マッチした企業を紹介してくれているかを確認しましょう。

⑵については「あなたがどのような状況で転職活動を行なっているか」に依りますが、折り返しの連絡や返信の速さで判断しましょう。

連絡がなかなか来ない場合担当から後回しにされている可能性があり、転職活動が長引いてしまいます。

担当のキャリアアドバイザーがもし、

  • 経験が浅い
  • 転職したい業界に知見が無い
  • 対応が遅い

と感じた場合は、担当者の変更を申し出るか、別の転職エージェントを利用しましょう。

担当者を変更する際の連絡の仕方について気になる方は、こちら

▶︎【転職エージェントの担当者変更】された・したい時の対応方法

非公開求人件数

「非公開求人」は応募殺到による採用時間の長期化を防ぐため、また採用コストを下げるために転職エージェントのみに公開される求人を指します。

つまり、非公開求人を行なう企業は応募が殺到するほどの人気の企業である可能性が高く、非公開求人の件数が多いほど条件の良い求人に応募できる確率が上がります

急な欠員の補助が多いため「即戦力」を求められるケースは多いようですが、

  • 大手や人気企業への転職に興味のある方
  • 自分のキャリアやスキルに自信のある方

はこの非公開求人の件数をチェックしておきましょう。
 

サポートの充実度

転職エージェントを利用する上で「どこまでサポートしてくれるのか」は非常に重要なポイントです。

転職エージェントによってアフターケア(年収交渉や退職手続きのサポート)の有無やサポート期間などが異なり、丁寧に最後までサポートしてくれる場合もあれば部分的なサポートのみになる場合もあります。

キャリアプランの相談や履歴書・職務経歴書の作成指導と補助、実際の面接対策や内定後の退職サポートの中から、自分がどこまでサポートして欲しいのかを考えながら合致している転職エージェントを選びましょう。

オススメしたい転職エージェント情報

転職エージェントの選び方や使い方、業種・業界ごとのオススメ転職エージェントに関してはこちらの記事にまとめましたので、是非参考にしてみてください。

皆さんが、素晴らしい転職エージェントに出会えることを願っております。

▶︎【現役キャリアアドバイザー監修】転職活動を成功させる、エージェントの「正しい使い方」と「厳選オススメ転職エージェント7選」

▶︎【決定版】評判・口コミから比較する真のおすすめ転職エージェント

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

エージェント名 実績 対象
リクルート 5 30代以上 
ビズリーチ 4.7 ハイクラス層
パソナキャリア 4.5 全ての人
レバテックキャリア 4.4 IT系
dodaキャンパス 4.3 新卒


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:
https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:
https://www.bizreach.jp
・パソナキャリア:
https://www.pasonacareer.jp

・レバテックキャリア:
https://career.levtech.jp/

・dodaキャンパス:
https://campus.doda.jp/

この記事に関連する転職相談

転職エージェントが無能なのですが担当変更をした方がいいですか?

転職エージェントが推薦する企業に、書類選考だけで80社中9社しか書類通過しないとやばいですよね。 知り合いには転職エージェントが役に立たない無能だと言われたのですが、担当変更をするのが良い...

転職エージェントは面接のフィードバックをどこまでやってくれますか?

転職エージェントは面接のフィードバックをどこまで詳しくやってくれるのでしょうか。 転職エージェントのサポート内容に、面接対策をやってくれるということを知りました。 しかし、転職エージ...

転職先を決める時利用するサービスはなんですか?

転職したことがある方に質問します。 転職先は何で見つけているのでしょうか。 転職雑誌やハローワーク、またインターネットなど、様々な手段がありますが ベストなサービスはなんでしょうか?

あ、この転職エージェント危険だなと感じる特徴は何ですか?

転職活動を始めようと思っています。 転職エージェントを何名か登録しようと思うのですが、 転職エージェントを見分ける際に、 あ、このエージェント危険だな、やばそうだなとかいうのを見極...

転職エージェントとハローワークの併用をどう思いますか?

求職活動をするの転職エージェントハローワークを同時併用しようと思うのですが、皆さんはどう思いますか? 転職エージェントとハローワークのどっちかでいいと思いますかね。 また、 ・転職...

転職エージェントとの面談はどんな内容なのですか?

転職エージェントとの面談はどんな内容なのでしょうか。 また、転職エージェントとの面談ではどこまで相談できるのでしょうか。 前職の退職理由は精神的にあまり言いたくありません。 初...

転職しない人でも転職エージェントに登録することはできますか?

転職意欲は低いが、求人を見たい、キャリアに関して転職エージェントに相談だけしたい、人は転職エージェントを利用することはできないでしょうか。 やはり、転職しない人が転職エージェントを利用する...

直接応募するのと転職エージェントを利用するのとではどちらがいいですか?

私は在職中ではありますが、現在転職活動をしております。年齢は50歳です。気になる企業のホームページに求人募集がある場合、直接応募が良いかそれとも付き合いのあるエージェントからの応募が良いのか悩ん...

信用できない転職エージェントの特徴とはなんですか?

質問です。 いい転職エージェントなのかそうではないのか、見分ける方法としてどういうものが挙げられるのでしょうか。 1)先日、転職エージェント$氏とお会いした際に、$氏の以下の言動が見受け...

転職エージェントを利用する際に起こるありがちなトラブルって何ですか

転職エージェントの利用を検討していますが、みなさんが転職エージェントを利用した際はトラブルが起きたことがありますか? 転職エージェントを利用したときに起こるありがちなトラブルなどがあれば伺...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す