• HOME
  • 転職
  • 転職エージェントの選び方に要注意!失敗しないための6つのポイント

転職エージェントの選び方に要注意!失敗しないための6つのポイント

転職エージェントを使いたいけど、「どこに登録すればいいのかわからない」「なにを基準に比較すればいいのかわからない」と悩んでいませんか?この記事では転職エージェントの選び方で失敗しないためのコツをご紹介します。転職エージェントの選び方を間違ってしまうと、転職活動をサポートしてくれるはずのエージェントも足かせになりかねません。エージェントを使った転職活動を失敗させたくない方必見です。

転職エージェントのサポート範囲

転職エージェントとは

転職エージェントとは、転職の活動の際のキャリア相談や選考の対策、内定後の交渉等を企業側からの報酬を得る代わりに無料で行ってくれるサービスです。

転職エージェントのビジネスモデル


転職エージェントのサポート範囲

登録するエージェント次第ではありますが、転職エージェントは転職活動の大部分をサポートしてくれます。
 

転職エージェントのサポート範囲

エージェント利用のメリット・デメリット

転職エージェントを利用するメリット3つ

転職エージェントを利用することによるメリットは以下の3つがあります。

  • 幅広いサポートをしてもらうことができる
  • 事務作業を代行してもらうことができる
  • 客観的視点での評価を得ることができる


【幅広いサポートをしてもらうことができる】

転職エージェントを利用すると求人紹介から内定後の手続きまで一貫してサポートしてもらうことが可能になります。

そのため、初めて転職をされる方や、以前転職で失敗をされた方などが利用すると良いでしょう。

また、転職エージェントを利用すると自分では言いにくい給与交渉も代行してもらうことができます。

年収UPを考えているのであれば転職エージェントを利用する方が良いでしょう。

【事務作業を代行してもらうことができる】

在職中等で転職活動になかなか時間を割くことができない方もいらっしゃるでしょう。

しかし、転職エージェントを利用すれば面倒な事務作業は全て代行してもらうことが可能になります。

もちろん、エージェントとの連絡は欠かせませんが、複数企業の面接日程調整など複雑な作業を代行してもらえるだけで大きく時間のかけ方は変わってくるのではないでしょうか。

【客観的視点での評価を得ることができる】

転職エージェントを利用することで客観的視点での評価を得ることができるのも、1つのメリットです。

特に、自己分析や書類添削、面接対策は一人で行うこともできますが、限界があるため第三者である転職エージェントを利用し客観的に自分を見てもらうことが必要です。

客観的に自分を見ることができると、より自分にあった転職先を見つけることができるだけでなく、応募企業からも「客観的に自己を見ることができている」と評価が高まるでしょう。


転職エージェントを利用するデメリット3つ

転職エージェントを利用するメリットがある一方で以下のようなデメリットがあるのも事実です。

  • 質の悪いキャリアカウンセラーに当たる場合がある
  • 転職したい企業に応募できない場合がある
  • 登録や求人紹介を断られる場合がある


【質の悪いキャリアカウンセラーに当たる場合】

転職エージェントに登録すると、まずはじめに担当のキャリアカウンセラーと面談を行い、そこから求人紹介が行われていき、内定後までサポートをしてもらえます。

しかし、このキャリアカウンセラーが経験の浅い人である可能性も少なくありません。

あるいは、自分の希望にあっていない求人を紹介してくる人の可能性も否めません。

もし、経験の浅い人や自分お希望に合っていない求人を紹介してくるキャリアカウンセラーに担当されていると感じた場合は速やかに担当者を変えてもらうか、エージェントそのものを変えるかしましょう。

転生活動は人生の中も重要イベントになるため、遠慮する必要はありません。

【転職したい企業に応募できない場合】

転職エージェントを利用するデメリットに「転職したい企業に応募できない場合がある」があります。

これは、転職エージェントを利用することで「自分の好きな求人に自由に応募する」というよりは「あなたに適した求人をエージェントに紹介してもらい、その企業に応募する」という仕組みのもと起きてしまう現象です。

この場合は転職したいと思った求人についてキャリアカウンセラーに聞いてみましょう。

あなたに進めてこなかった理由や、その求人のよくない理由について教えてくれるかもしれません。

【登録や求人紹介を断られる場合】

最後に、登録や求人紹介を断られる場合があるというデメリットです。

多くのエージェントは多くの求人数を抱え、求人を求職者に紹介しています。

そのため、1つの求人に対する応募者は数多くいるのです。

よって、フリーターや既卒でニートの方が転職エージェントに登録した際に「紹介できる案件がありません」と断られてしまう場合が存在してしまうのです。

優良な転職エージェントを選ぶ際の注意点

自分にとっての優良エージェントを選ぶ

転職エージェントを選ぶ上で忘れないでほしいたった1つのことは、「万人にとって優良なエージェント」を選ぶのではなく、「自分にとって優良なエージェント」を選ぶことです。

いくら総合的に評価の高い転職エージェントでも、そのエージェントが自身の希望業界や希望職種に強くないのであれば、意味がありません。

次章以降に述べるエージェントの選択フローと比較ポイントに従って、転職エージェントを比較し、「自分にとって優良なエージェント」を選びましょう。

優良なエージェントの4つの特徴

選び方を紹介する前に一般的に優良だと言われるエージェントの特徴を4つ以下に示します。

  1. 抱えている求人の質が良い
  2. 求人紹介、選考対策、キャリア相談にのってくれる
  3. 志望業界への専門知識がある
  4. 企業への交渉スキルや営業スキルが高い

 

エージェントの選定フローと比較ポイント

前提|転職エージェントには2種類存在する

具体的なフローの前に、エージェントの属性に関する前提情報から。

まず、転職エージェントには大きく分けて2種類あります。

1つは「総合転職エージェント」で、様々な業界の案件を揃えている総合型のエージェントを指します。例えば、リクルートエージェントやマイナビエージェント、JACリクルートメントなどが該当します。

2つ目は特定の業種や業界、性別や年代に精通した「特化型転職エージェント」で、例えば、レバテックやワークポートなどになります。

1.総合転職エージェント
総合転職エージェントは業界を問わず公開求人案件数が多いため、志望業界が特に決まっていないのであれば、キャリアの選択肢の幅が広がるという点が利用メリットになります。

一方、特定の業界には特化していないため、業界や業種への知識は広く浅い状態であることが多いというデメリットも存在します。

2.特化型転職エージェント

特化型の転職エージェントは業界や業種に特化した案件が多く、キャリアカウンセラー自身もその業界・業種出身者であるなど市場情報に精通しているケースが多いです。

また、特化しているからこその特別な選考対策が受けられるのも良さの一つです。

一方で、デメリットは、案件数が少なく、転職活動のハードルや選択肢がやや困難になるということです。


転職エージェントの選び方のフロー3ステップ


<ステップ1>総合転職エージェントの選び方

まず、大手総合転職エージェントからは2社選びましょう。

なぜ2社かというと、特化型転職エージェントに比べて総合転職エージェントは数多く存在しており、1社だけの登録になってしまうと情報に偏りが発生します。

キャリアカウンセラーから紹介される求人案件の質や企業情報を比較するためにも、一旦2社に登録しましょう。

また、3社以上登録してしまうと、それだけキャリアカウンセラーとの連絡の頻度も増え、自身の負担になりかねません。

よって以下の比較ポイントを抑えた上で、総合転職エージェント2社に登録することを推奨します。

総合転職エージェントを選ぶ時の比較ポイントは6つあり、それらは大きく分けて「キャリアカウンセラーの質」「企業の質」の2つに分けることができます。

■「キャリアカウンセラーの質」を見抜く3つのポイント

キャリアカウンセラーの質を見るときの比較ポイントは以下の3つです。

  1. サポート体制が整っているか
  2. 情報に精通しているか
  3. 提案スキルの有無


サポート体制が整っているか

キャリアカウンセラーがサポートしてくれる内容の違いは、各エージェントがどういった求職者をメインに扱っているかによって生まれてしまいます。

よって、自分のような求職者をメインに扱っているエージェントはどこなのかを念頭に置いて比較する必要があります。

情報に精通しているか

大手の総合転職エージェントであればマクロの転職市場情報が多く「広く浅い」というのが特徴ですが、業界・業種特化型の転職エージェントであれば特定の業界や企業に精通しているというように転職エージェントによって持っている情報の量や質は異なります。

また、転職市場や業界・業種別の知識の深さはキャリアカウンセラーの経験度合いに依存するため、キャリアカウンセラーの経験度合いにも注意する必要があります。

提案スキルの有無

キャリアカウンセラーの質の良さを見るためのポイントに提案スキルがあります。これは「求職者に良質な企業を紹介する提案力」と、「企業側へ求職者を売り込む提案力」を指します。
 

求職者に良質な企業を紹介する提案力:キャリア相談や求職者の転職先の希望条件より良質な企業を紹介できるか
企業側へ求職者を売り込む提案力  :キャリアカウンセラーが求職者を企業側にどれだけ売り込むことができるのか


例えば、企業側が紹介した求職者を採用しようか迷っている時に、キャリアカウンセラーが最後の一押しで内定を出させるというケースがあります。

この最後の一押しによって、内定が出るか出ないかが変わってくる可能性があるので転職活動に関する口コミサイト等によって比較する必要があるのです。

■「企業の質」を見抜く3つのポイント
一方でエージェントが紹介してくれる企業の質を比べるポイントが以下の3つです。

  1. どれだけの案件数を抱えているか
  2. 案件の質は良いか
  3. 転職実績を口コミや評判から判断する


案件数

希望条件が明確になっているのであれば別ですが、一定のキャリア選択の幅がご自身の中で存在する場合、カウンセラー側からの提案の広さ次第で自分のキャリアの選択肢の幅も広がります。

よって、公開求人を多く抱えている転職エージェントはどこかという点で比較して良いでしょう。

また、総合転職エージェントは現在数多く存在していますが、その中でも大手の総合転職エージェントは公開求人だけでなく、通常出回っていない「非公開求人」も抱えています。
 

非公開求人
・緊急で求人を募集しており、応募が殺到して欲しくない
・競合他社に社内の動きを知られたくない
といった理由により、公には掲載しておらず、特定のエージェントでのみ公開されている希少な案件のこと。

各エージェントサイトの検索欄に公開求人数と共に明記されることが多い。


案件の質は良いか

良質な案件とは、「条件や待遇がよく希少度の高い案件」を指します。

例えば、緊急で求人を出しているケースは比較的好条件であることが多く、年収をはじめとする待遇面において優遇されることが多いといえます。

それ以外にも、緊急ではなくとも好条件の企業はありますので、そういった企業はどういった転職エージェントに求人を出しやすいのか比較しましょう。

3.転職実績を口コミや評判から判断する

「転職エージェントに登録した求職者たちの転職成功率はどのくらいなのか」
「きちんと満足のいく転職ができているのか」
「転職後も離職することなく働き続けられているのか」

といった点を口コミや評判を元に比較しましょう。

特にすぐにでも転職をしたいと考えている人は、どのくらいのスピード感で転職活動を終わらせることができるのかという点も踏まえて、実際にエージェントを利用したユーザーのレビューを比較する必要があるでしょう。

総合転職エージェント各社の比較
では、以上6つの比較のポイントがわかったところで、転職エージェントに関する口コミサイト(JobQなど)や質問応答形式の口コミサイト(Yahoo!知恵袋など)、各社ホームページから実際にそれぞれの転職エージェントごとにどのような違いがあるのかを見てみましょう。
 

エージェント サポート 情報 提案スキル 案件数 案件の質 転職実績
doda 130,000件以上
JACリクルートメント 15,000件
パソナキャリア 50,000件
2019年
オリコン顧客満足転職エージェント第1位
リクルートエージェント

280,000件


2018年
NTTコムオンライン
NPSベンチマーク調査
転職エージェント部門
第1位
マイナビエージェント 37,000件
20代に信頼されている
転職エージェント第1位
エン エージェント 15,000件
type転職エージェント 18,000件
リクナビNEXT
エージェントランキング
総合満足度第2位
Spring転職エージェント 18,000件



総合転職エージェント各社の特徴

また、それぞれの特徴をまとめると以下になります。

doda

求人数が多いため、キャリアカウンセラーのハズレがなく、皆実践的サポートが充実していて良い。
JACリクルートメント キャリアカウンセラーと紹介企業の質が共に高く、ハイキャリア向け。
パソナキャリア 女性に人気。キャリアに自信がなくても手厚いサポートが受けられる。また、求人の質も高い。
リクルートエージェント キャリアカウンセラーの当たり外れはあるのものの、求人数は多く、面接対策のサポートが厚い。
マイナビエージェント 中小企業や、第二新卒向けの求人を多数所有。手厚いサポートが人気。
エン エージェント 求人数は少ないものの、丁寧なサポートが受けられるため、転職が初めての人向け。
type転職エージェント 公開求人数は少ないものの、非公開求人が魅力的。
Spring転職エージェント グローバルな非公開求人が魅力的。転職に前向きな姿勢の人は手厚いサポートを受けることができる。


<ステップ2>特化型転職エージェントの選び方

総合転職エージェントに対し特化型転職エージェントは数も少ないため、目的に沿って選びやすくなります。

また、全体として、抱えている企業の求人数は多くはなく、案件の質にもばらつきは少ないため、複数登録する必要はありません。

とはいえ、大手総合転職エージェントは特化型エージェントほどの業界知識や情報を持っていないことが多いため、志望業界が定まっている方はもう1社登録することを推奨します。

業界に応じたエージェントの選び方は、以下の通りです。

IT レバテックキャリアワークポート
海外 JACリクルートメントSpring転職エージェント
外資 JACリクルートメント
管理職 JACリクルートメント
女性 パソナキャリアtype女性の転職AgentLiBzCAREER
第二新卒 ハタラクティブ
アパレル クリーデンス
30代以降 アイデムスマートエージェントワークポートビズリーチ

 

また、薬剤師や介護士等の職種にオススメの転職エージェントは以下の記事からご覧いただけます。


<ステップ3>転職エージェントの絞り方

さて、ここまで総合転職エージェントに2社、特化型転職エージェントに1社登録するようにと伝えましたが、選考を進める中で「自分にとって優良なエージェント」を見極めて絞っていく必要があります。

3社で選考し続けると、企業応募数によってはエージェント側とのコミュニケーションコストが次第に重くなって来るため、提示してくる情報や案件の質や、キャリアカウンセラーと自身の人間的な相性に応じて絞っていきましょう。

例えば提示してくる情報の質はあまり良くないが、人柄は良いというエージェントはよくありません。

わざわざ、キャリアカウンセラーとの時間を割いているわけですから、どれほど人柄が良くても、求めている情報を見せてくれないのであれば、納得のいく転職活動にはつながりません。
 

転職エージェント登録後の流れ


転職エージェント登録後の流れは以下の通りです。
転職エージェント登録後の流れ


①エージェントから面談の連絡が来る

転職エージェントの公式サイトから、登録をすると数日後にエージェント側があなたの登録した内容をみて面談の連絡をしてきます。

エージェントとの面談は面接ではないですが、エージェントからの評価・第一印象はそのまま企業へと引き継がれる可能性が高いため「すでに選考は始まっている」という気持ちで臨みましょう。
 

②エージェントと面談をする

転職エージェントには転職希望者の対応を担当するキャリアカウンセラーが存在します。
(※一部エージェントでは企業の対応をする人とキャリアカウンセラーが等しい場合があります)

キャリアカウンセラーとの面談ではあなたの経歴を振り返りながら強みや弱み、転職理由等について探っていきます。
キャリアカウンセラーとの面談における詳細は以下の記事からご覧ください。

③エージェントに求人を紹介してもらう

エージェントの面談が終わると、エージェントがあなたのスキルや経験、転職理由に合わせておすすめの求人を紹介してくれます。
(ただし、フリーターやニート等の経験の乏しい人には「紹介できる案件がありません」と言われる場合もあります。)
 

④希望の求人に応募する

紹介してもらった求人の中で気になるものがあれば応募してみましょう。

気になるものがない場合、あるいはキャリアカウンセラーが自分の希望に合っていない求人を紹介してきている場合は、他の求人を紹介してもらえるようお願いしましょう。
 

⑤書類選考・面接

書類選考や面接では転職エージェントが添削や対策をしてくれるため、不安な方はあらかじめ相談しておきましょう。

また、書類や面接の対策はエージェントによってはセミナーとして行っているため、そちらを利用しても良いでしょう。
 

⑥内定が決まる

内定をもらえたら、そのまま給与交渉から入社手続きまで転職エージェントに行ってもらいます。

他のエージェントと同時複数利用している場合は、他のエージェントにも内定が出た旨を伝え必要に応じて相談をしてみてください。

そして、そのまま内定承諾をする際はエージェントに退会する旨を連絡しましょう。

【退会を伝える際の例文】

〇〇〇〇様

平素よりお世話になっております。
〇〇様に転職活動をサポートしていただいております、△△△△です。

大変申し訳ないのですが、この度他社の転職エージェント経由で転職することが決まりました。
よって、この度進めていただいておりました案件は辞退させていただきたく思います。
また、併せて、退会をさせていただきたく存じます。

〇〇様には大変お世話になったのにも関わらず、御社経由で転職することが叶わなかったこと、大変心苦しく感じております。

末筆ながら、○○様の今後のご活躍を心からお祈り申し上げます。
大変お世話になりました。ありがとうございました。

==========
署名欄
==========

転職エージェント登録後の注意点3点

最後にいかなるエージェントに登録しても気をつけるべき以下の3つのポイントをご紹介します。

  • 誠実な対応
  • エージェントはあくまでもサポート
  • 本来の目的を忘れない


①誠実に対応する

まず、第一にいかなるエージェントに登録した後も、誠実な対応を心がけましょう。

なぜなら、エージェントへ誠実に対応をすれば、エージェントも一定ビジネスとして、転職活動の支援を行っているので、良質な企業の案件を紹介してくれたり、企業側へも優良な求職者として売り込んでもらえたりする可能性が高まるからです。

もし転職活動に対して前向きに考えているのであれば、選考を連絡なくキャンセルしてしまったり、同じ案件に複数のエージェントから応募してしまったりするというような「企業とエージェント、あるいは、求職者と企業の関係を悪化させる対応」を避けるようにしましょう。

②エージェントはあくまでもサポートである

次に気をつけたいのが「自分で確認すべき条件や待遇などは自分で確認するなどして、正しい決断を行う」です。

それを忘れて行動してしまうと、自分で判断することなくエージェント任せになってしまいます。

すると、エージェント側により提案された悪質な案件(希望条件にあっていない高報酬の案件)に惑わされてしまうのです。

③本来の転職目的を忘れない

最後に、キャリアアップや環境改善といった「本来の転職目的を忘れない」を心がけましょう。

転職活動を行う中で自身の志向性に合わない企業を選ぶと、自分の本来の転職の目的と外れた決断をすることになり、最終的に納得のいかない企業に転職してしまうリスクがあります。

納得のいかない転職活動に陥った後に再び転職をしようとしても、特に1度目の転職先での勤務歴があまりにも少ない場合(約1年未満)は、同じエージェントに登録し直しても案件を紹介してもらえなくなってしまいますので、その点にも気をつけましょう。

転職エージェント利用者の成功例と失敗例

ここでは、転職エージェントを利用した人の成功と失敗の口コミをご紹介します。

こういった口コミや例はエージェントの公式サイトやYahoo!知恵袋、JobQ、2ch等で確認することができます。
 

転職エージェントを利用した人の成功例

エージェントの担当者さんとお話しすることで、頭が整理された。

私の場合、人に話すことで、この会社はこうだったな、とまとめることができました。

非公開求人があり、詳細が載っている。

企業様のHP(採用ページと)と同じ内容の求人もありますが、給与や事業内容など転職エージェントの方が詳細が明記されている。

エージェント担当さんが面接後、企業様側に「如何でしたか?」とヒヤリングして下さったり、フォローを入れて下さる。
Yahoo!知恵袋

こちらの方はエージェントを利用することで思考を整理したり、効率的に情報を得たりしていたようです。

エージェントはうまく活用することで転職活動を大きく成功へとつなげることが可能になります。
 

転職エージェントを利用した人の失敗例

私は、色んなエージェントを利用して、痛い目にあってきました。

エージェントで応募して、エージェントで不採用にされた。

でも、エージェントで募集していた企業に直接応募したら採用された事が多い。

そもそも、エージェントは、仕事の内容を理解していない。
Yahoo!知恵袋

こちらの方はエージェントを通してではなく、直接応募した方がうまくいったケースです。

確かに企業からしてみると、エージェントを介して応募されるより個人で応募される方が、採用コストがかからないためベターです。

この方の場合は応募した企業の多くが上記のようなケースに該当したのでしょう。

転職エージェントのお勧めランキング3選

転職エージェントのおすすめランキングは以下です。

ランキング

エージェント 求人数 サポート力 実績値 特徴
1位 リクルート ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★★ 全ての人向け
2位 doda ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆ 全ての人向け
3位 マイナビ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★☆ 20代向け


1.リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントは国内最大級の求人数を抱える転職エージェントです。

IT業界の転職に強みを持つものの、年齢においては全年齢をカバーしているため登録しておくと良いエージェントです。

また、エージェント側のキャリアカウンセラーの質が全体的に高いのも強みの1つです。
 

2.doda転職エージェント

doda
dodaもリクルート同様に求人数を多く抱えている転職エージェントです。

対象の年齢層も幅広いため、リクルートエージェントに次いで登録しておくと良いエージェントの1つです。

また、dodaは無料の転職フェアやセミナーに強みを持っているため、エージェント以外の人の視点を知ることができるでしょう。
 

3.マイナビエージェント

マイナビエージェント紹介画像
マイナビエージェントは丁寧なサポートを武器として第二新卒をはじめとする20代の転職希望者に高評価の転職エージェントです。

求人数の点では1位のリクルートエージェント、2位のdoda転職エージェントに劣りますが、強みとする対象が20代の若者とわかっているため、20代の方が転職をするのであればマイナビエージェントを推奨します。

30代の方にオススメの転職エージェントは以下の記事でご紹介しております。併せて参考にしてください。

まとめ・合わせてオススメしたい記事

今回は転職エージェントを選ぶ際の注意点について説明しました。

「自分にとって優良なエージェント」ではなく、「万人にとって優良なエージェント」を選んで失敗することのないよう、気をつけましょう。

皆様が「自分にとって優良なエージェント」に出会い、納得のいく転職活動を終えられることを祈っております。

※人気記事:

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

  エージェント名 実績 対象
1位 リクルート 5 30代以上 
2位 ビズリーチ 4.5 ハイクラス層
3位 パソナキャリア 4.3 全ての人


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp
・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp

この記事に関連する転職相談

転職が決まり、退社日を決めたいので内定先に連絡するのは失礼に当たりますか?

23歳、女です。 現職の仕事をしながら、次の転職先に先月下旬に内定を頂きました。 勤務条件などの話し合いの場を設けるので、こちらからまた連絡しますとあったのですがどのくらい待つべきでしょうか?...

転職から3ヶ月経っても、仕事ができるようになるイメージが湧かないのですが、退職すべきなのでしょうか。

転職から3ヶ月経っても、仕事ができるようになるイメージが湧かないのですが、退職すべきなのでしょうか。 28歳男性です。 前職在職中に資格取得を目指して勉強しており、目処が立った所でステップア...

転職が決まり、今度から東京で働くのですが、引っ越し費用が高価すぎて困っています…

引越しすることになりましたが、引っ越し費用が意外と高くて悩んでいます。転職活動していたのですが、やっと決まって来月札幌から東京に引越しする事になりました。 テレビ大2台、ソファー2個ダイニング...

みなさんはオンラインポートフォリオをどのようなものを使っていますか?

オンラインポートフォリオのお勧めを教えてください。 現在ゲーム会社のグラフィックの仕事をしているのですが、転職を考えておりまして、転職用のポートフォリオを用意しようと思っています。 利便性や、...

グループ企業間での転職を希望しているのですが可能でしょうか?

グループ企業間での転職を希望しています。 落ちる可能性は非常に高いかと思いますが、応募はしてみたいと考えています。 その中で、応募したこという情報は現職に漏れるものなのでしょうか。 リクル...

主婦で未経験でもWebデザイナーになることはできますか?

現在27歳の女です。都内で専業主婦をしています。 25歳までは、社会人として働き営業を担当していました。学生時代に広告系の学部とサークルに属していたため、イラレやフォトショについては基礎レ...

残業が当たり前で、転職を考えています。どこも同じなのでしょうか?

新卒で入社した20代後半です。 本来は18時には終業ですが、残業が暗黙の了解になっています。 周りも帰ろうとしないので、帰りたくても帰れません。 残業手当も出ません。 毎日憂...

31歳、妻子ありです。年収は下がりますが魅力的な会社なので転職するか悩んでいます。

現在転職しようか悩んでます。 転職先は 今より給料が若干数十万下がってしまいます。 そして今年家の購入を検討しており、 転職すると住宅ローンが借りられなくなります。 ただとても...

面接対策はどうすれば良いでしょうか?

下記の症状を抱えているとき、面接に行くことがすごく億劫に感じています。 こういうとき、どうやって解決するべきなのか、アドバイスいただけますでしょうか。 症状;口臭 口臭の原因: •虫...

どのITエンジニア職なら30代から転職することが可能ですか?

現在38歳で製造業派遣の為、何のスキルもありません。 非常に厳しいだろうとは重々承知しておりますが、何かしらの技術を身に付けたく、ITエンジニアとしてのスキルを得たいと思っております。 今か...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す