未経験業界や異業種への転職の面接でよくある質問【回答例・NG例あり】の画像

未経験業界や異業種への転職の面接でよくある質問【回答例・NG例あり】

営業からエンジニア、エンジニアから経理、経理から営業。
同じ業界・業種で転職する人は多いですが、上の例のように異業種や未経験の業界・業種へ転職をされる方もいるでしょう。
この記事では、異業種・未経験業界・業種への転職の面接の中でよく聞かれる質問について5つの例とポイントをご紹介します。この記事を読めば、異なる業界・業種への転職の際に面接の通過率が上がりますので、ぜひ活用してください。

質問例⑴未経験からこの業界への転職を志望した動機を教えて下さい

質問の意図と答え方のポイント

「なぜ未経験から挑戦しようと感じたか」という志望動機は、必ずと言って良いほど聞かれます。
これは「漠然とした憧れや現職の業界への不満から他業界への転職を希望していないか?」といった懸念点の確認が目的です。

面接官が求めている形で回答するポイントは「興味を持った・志望したきっかけ」に加えて

  1. 異業種とはいえ業界や業務内容に対する理解がある
  2. 前職での職務経験をスキルとして繋げていくことが可能である
  3. 一方、不足している知識やスキルはどのように今後キャッチアップしていくのか
    (=どういった成長を自身の中で描いているのか)

の3点を織り交ぜて話すことです。

志望動機の答え方に関する詳細は以下からご覧いただけます。併せて参考にしてください。


質問への回答例

私がITソフトウェア業界に興味を持ったのは、前職で貴社のサービスを利用したことがきっかけです。
前職は旧産業の業界であったため、システムやソフトウェアの導入は遅れており、生産性改善の余地を強く実感していました。貴社プロダクトの導入により、営業のクライアント管理をはじめとしたルーティーンワークの改善を通じて業務時間が△に短縮され、一方で売り上げは◯倍に改善しました。同時に、ソフトウェア導入に当たって自分のITスキル・知識の不足を痛感しました。
営業管理ソフトウェア業界の中でも×というポイントが優れている貴社で、様々なクライアントの業務改善・課題解決する「ITコンサルタント」としてのキャリアを歩みたいと思い、貴社を志望しています。
現在では、ITシステムの概要や基本構造を『〜』などの本を通じてインプットしています。


質問へのNG回答例

前職への貴社プロダクト導入を通じてIT技術に魅力を感じ、本業界に興味を持ちました。
求人を拝見したところ「未経験可」との表記が書かれていたので、ITについて0から勉強できればと思い、今回応募しました。

上記の旨だと、プロダクトや業界への羨望しか伝わりません。
「ITに興味がある」と口では言っているにも関わらず、まだITについて勉強していない時点で、今後ITを積極的に勉強するファクトはありません。

自分が未経験からでも能動的に吸収するため、会社にとって採用メリットがあるということを事実ベースで伝えましょう。
 

関連相談

質問例⑵ここまでのキャリアでの実績や、成し遂げた成功体験を教えてください

質問の意図と答え方のポイント

これまで真剣に仕事に取り組んできたのであれば、たとえ多少キャリアや経験が浅いとしても、何かしらアピールできる仕事の成功体験や実績があるという想定での質問です。

この際「まだ社会人経験が浅く、とりわけ大きな実績はありません」などと答えてしまうと、面接官は

  • 目標意識や目的意識が低い
  • 仕事に対するスタンスやモチベーションに課題がある

と判断します。
とはいえ、これまでの実績や成功体験を誇示するタイプの方も

  • 承認欲求が強すぎる
  • 自己顕示欲が強い

といった評価をされかねないのも事実です。

あくまでも謙虚な姿勢を忘れず客観的な指標をもとに実績を伝え、そこで得た経験や知識を応募企業で活用可能である、という形で回答しましょう。
 

質問への回答例

社内の表彰でしたら、受賞経験があります。
前職では「Graceful賞」という社内表彰制度があり、職場での気遣いや献身的な姿勢性の高いメンバーに投票するというもので、60名程度のメンバー数ではありますが、社内MVPを受賞しました。
「日常的に落ちているゴミを拾う」「コミュニケーションでの気遣い」「植木鉢の手入れ」など、日々の小さな心がけから多くの票を集めることができたようです。
何気ないことの積み重ねではありますが、職場の雰囲気やチーム感の結束に貢献できる点は間違いないかと想定しており、貴社でも積極的にこの経験を生かして行きたいです。


質問へのNG回答例

まだ経験が浅く、誇れるような実績はありません。

このような回答は自己アピールには繋がりません。
仕事や会社に対するスタンスに課題がないと受け取られます。
大きな実績でなくてもいいので、毎日の業務で気をつけていたことや心がけていたことなどを伝えるようにしましょう。
 

関連相談

質問例⑶現在のご自身の課題を教えてください

質問の意図と答え方のポイント

本質問の意図は、
「求職者が客観的な自己評価が可能な人材か?」
「自分の短所を長所に変えるべく、様々なアクションを能動的に行なっているか?」
という点を見極めること。

志望動機に関する質問と重なりますが、未経験への転職であれば知識やスキルにおいて、大幅な遅れがあるのは当然です。

よって、遅れを取り戻していけるチャレンジ精神や仕事に対する意識の高さポジティブさのある人材を「未経験可」として募集しています。

  • 現在の自身のスキルや知識に関する評価
  • 適切な今後の目標設定
  • 目標達成に向けたアクションやロードマップ

の3点を具体的に伝えることで「入社後自ら課題設定し、アクションし続けられる人材であること」を伝えましょう。
 

質問への回答例

現在の私の課題は「大規模な採用に対するナレッジの不足」だと感じています。
前職は社員数100名以下の会社で人事をしておりましたが、御社は1,000名以上在籍する企業です。
大規模な採用計画の設計やオペレーション構築、連携が必要な事業部数は前職とは大きく異なるため、私にとっては新しい挑戦になります。
前職同様人事部に配属していただけるのであれば、質の高い採用活動ができるよう尽力して参ります。
現在はWeb上で大手企業の採用ページやユースケースを参考に、「御社に自分が入社した際はどのように動くのか」と言った点を事例ベースで学習しています。


質問へのNG回答例

現在の時点では、人事にまつわる業務は一通りできます。

この質問に対しては、自身が行なってきた業務や持っているスキルの説明に終始するのではありません。
今後自身がどういった努力をしていくべきなのか、それは何故なのかを伝えましょう。
 

関連相談

質問例⑷今までで一番苦労した経験は何ですか?

質問の意図と答え方のポイント

この質問の意図は
「求職者のストレス体制があるか」
「困難な状況でも逃げずにやり抜く力があるか」
といった点を見ることです。

「ハードな環境の中でも自身の役割を全うし過去の経験から学びを得ることができる人材」は、「入社以降も多少厳しい状況になったとしても過去の経験や自身のスキルセットをフルに活用し、乗り超えることができる」と判断されます。
よって、この質問に回答する際は

  • どういった環境だったか。(どれぐらい厳しい環境か)
  • その中でどうアクションをとったか。それは何故か。
  • その結果どう乗り越えたか。

を意識すること。

そして、採用担当者が具体的なイメージを持つことができるよう数字や客観的な指標と合わせて説明しましょう。

質問への回答例

これまでで1番厳しかったと感じるのは、初めて開発プロジェクトのディレクション業務を任された時です。それまで様々な開発プロジェクトに関わっていたものの、WBSの作成やスケジュール化、予算管理と行った業務を行うのは初めてでした。
そして、いざ自分がプロジェクトが始まると、タスクの漏れやスケジュール調整のミスが多発しました。アシスタントとしての経験があったため、自身1人で進めることができると自分を過大評価していたこと、そして上長にアラートをあげることが遅れてしまったのが原因です。
半年間のプロジェクトの中で、幸いにも自身の実力不足・スケジュールミスに気づいたのが開始1ヶ月だったので、1週間上長に相談しWBSを引き直し、プロジェクトの巻き直しを図りました。
自身のアラート体制の甘さから「コミニュケーションの円滑さ」はプロジェクト成功の必須要件であると痛感し、エンジニアのメンバーともオンライン・オフライン問わず積極的にコミュニケーションを取り続けることで事前にアクシデントを全て把握し、無事納期にプロダクト納品を間に合わせることができました。
御社でもプロジェクトマネジメントを任せて頂いた際は、この経験を元に風通しが良く、生産性の高い開発体制を作って行きたいと思います。


質問へのNG回答例

仕事において、困難だと感じたことはありません。

一見すると自分に厳しいストイックな方にも見えますが、このような回答では無思考な印象を与えかねません。

ご自身では「厳しい」と感じていなくても、難しやさや悩みを抱えた経験を洗い出し、「自分がどのようなプロセスで乗り越えたのか」を語れる状態にしましょう。
 

関連相談

質問例⑸何か質問はありますか?(逆質問)

質問の意図と答え方のポイント

この質問は採用担当者が聞きたい質問事項はほとんど聞き終わったと言う合図になります。

逆質問はマストではありませんが、入社に当たって期待値*や条件・待遇面を確認する必要があれば質問しましょう。

期待値
「どんな人材が求められているか」「どんな人材が活躍しているか」といった求人要件と自分のスペック・キャリアプランのすり合わせ


ただし、条件・待遇面に関しては誤った聞き方をしてしまうと、

  • 給料へのこだわりが強い
  • 働く上でのモチベーションは待遇面である

といった認識をされてしまうリスクがあるため、注意が必要です。

選考別の逆質問のポイントと例は以下の記事からご覧いただけます。併せて参考にしてください。

質問への回答例

可能であれば確認させて頂きたいのですが、エージェントさまからご提示いただいた条件面「XX」で認識相違いないでしょうか?
こちらに関して、社内での水準との差分や私と似たキャリアの方のお給与はどの程度かも、合わせておお伺いしたいです。


質問へのNG回答例

エージェントからXXと提示されていますが、入社を検討するに当たってYYに変更したいです。

一方的な指標の判断による賃金の交渉は、身勝手な印象を与えます。
あくまで先方の給与水準を聞いた上で、その中で交渉しましょう。
 

関連相談

未経験からエンジニアを目指す人へよく聞かれる質問

ここでは、未経験からエンジニアを目指す人へよく聞かれる質問例と解答例をご紹介します。
 

質問例⑴最近はどんな技術に興味がありますか?


エンジニアに求められる要素の1つに「好奇心」があります。
この質問項目は未経験ならば未経験なりに「技術への興味関心を示しているか」「好奇心があるか」を確認するためのものです。
よって、「特にない」という回答はそもそも「エンジニアになりたいのか」という根本の部分が疑われてしまうため論外になります。
また、興味はあっても行動に移せていなければ「本当に興味があるのか」と疑われる可能性があるため、興味があることを前提として、「何を勉強しているのか」「どこまで勉強しているのか」をきちんと述べましょう。

質問例⑴への回答例


現在はJavaに興味をもっており、勉強している最中です。具体的には『◯◯◯』という本を読んで学んでいます。また、実際にJavaを使って開発してみたものがこちらになります。(実際にポートフォリオとして見せる)いずれはこの分野を得意とするエンジニアになりたいと考えています。

この回答のポイントは、

  • 現時点でのスキルはどの程度あるのか
  • 現時点でのスキルに対し、どのような勉強をしているのか
  • 本当にエンジニアになるためにどれだけのことをしているのか

の3点です。
また、実際にあなたが作成したものをポートフォリオとしてみせるのも面接官側にとって想像しやすく、面接の通過に効果的でしょう。
 

質問例⑵将来はどのようなエンジニアになりたいですか?


「本当にエンジニアになりたいのか」を図る質問項目です。
未経験だからこそ「想像していた仕事とは違ったので再転職する」という方もいるため、あらかじめ質問をしてエンジニアになることへの熱意を図っておくことで、教育コストの無駄遣いを防いでいます。
 

質問例⑵への回答例


私は前職にて身につけた◯年間の営業スキルを活かして、お客様がもっとみたいと思うコンテンツが何かを汲み取り、その需要を満たすようなコンテンツの制作に努めたいと考えています。そして、将来的には御社の〇〇事業部におけるアプリ開発のリーダーとして活躍したいと考えています。

この回答のポイントは「将来への具体的なキャリアプラン」です。
現時点でのスキルがある程度あり、ポートフォリオ等を見せれるようであればそれを見せながらどういった点で貢献できるかを述べても構いませんが、ない場合はあなたの前職での経験をどう活かし会社に貢献していくかを述べた上で、エンジニアとしての将来のキャリアプランに述べると良いでしょう。
 

未経験から営業職を目指す人へよく聞かれる質問

ここでは、未経験から営業職を目指す人へよく聞かれる質問例と回答例をご紹介します。
 

質問例:なぜ営業職に転職したいと思いましたか?


営業とひとえにいっても企業によって、対企業の営業なのか、対消費者への営業なのか等が異なると同時に仕事内容が異なります。
よって、この質問は入社後の営業職という仕事へのギャップをなくし再転職の可能性を下げるために行っていると考えられます。

質問例への回答例


私は前職にて店舗の販売員として◯年間働いていました。◯年前からは店長も務めておりますが、その中で私が心がけていたのは他の販売員とのコミュニケーションを図り、個ではなくチーム全体で売り上げをあげることでした。そのために、チーム全体のスキルの底上げを図り、最低限のお客様の対応スキルを身につけてもらいました。結果として、クレームの件数は◯件から◯件へと減少しただけでなく、売り上げも◯倍に増加しました。このチーム全体で売り上げの向上を図る経験は御社の営業職でも活かすことができると考えています。

この回答のポイントは

  • 数字を用いて、売り上げUPの経験を話に出す
  • 自身の経験を元に「どの点で貢献できるか」を語ること

です。
営業は数字を重視する仕事であるため、わかりやすく具体的な数字を用いて説明すると高評価になるでしょう。

また、実際の自身の経験を元に語り、そこで得たスキルをどのようにして営業職に活かせるかを伝えることで、企業側はあなたの活躍する姿を想像しやすくなります。

未経験から経理を目指す人へよく聞かれる質問

ここでは未経験から経理を目指す人へよく聞かれる質問についてご紹介します。
 

質問例:今まで仕事の中で大きなミスをされたことはありますか?


この質問は経理の仕事において重要とされている正確さを問う項目です。

経理の仕事は会社全体に大きく関わってくることであるため、大雑把な性格が原因となって大きなミスをしたのであれば大問題です。

大きなミスをしたことがない方は「ありません」と堂々と答えて構いません。
一方、大きなミスをしたことがある方も偽らずに正直に述べましょう。また、その際に面接に通過するか否かは別として「何が原因で、その改善策としてどう動いているか」を併せて述べると少しは印象がよくなるでしょう。

質問例への回答例


大きなミスをしたことはありませんが、自分自身の短所は責任感が強く人からの頼みを断れない点にあります。そのため、自分で仕事を抱え込み膨大な仕事量に追われて1つ1つの仕事が蔑ろにならないよう、自身の仕事量を表にするなどして見えるようにして調整するよう心がけています。

この回答のポイントは大きなミスに対して「したことはない」ときっぱりと述べることです。

加えて、自身の短所が大きなミスにつながらないよう心がけて行っていることを述べています。

短所については述べなくても構いませんが、端的にまとめて述べられるようであれば補足として加えておくと、面接官の正確性への不安は取り除かれるでしょう。

まとめ

異業種への転職や未経験業界への転職によくされがちな質問と、その回答例をまとめました。

評価が低くなってしまう回答例も載せていますので、

  • どのような意図で質問がされているのか
  • それに対してどのように答えるべきなのか

ぜひ採用担当者の意図を読み取る力を養ってください。採用担当者は完璧な人間など、求めてはいません。
何か起きた時に臨機応変に対応できる力と、失敗を乗り越えられる力、そのような柔軟で前向きな動きができる人材を求めているのです。

この他、面接に関する記事は以下があります。併せてご覧ください。

この記事に関連する転職相談

人事担当者が落とそうと思う応募者で身だしなみに特徴はありますか?

人事担当者として携わってる方々へ質問です。 応募者との選考で面接を行った際、 "こいつ絶対、すぐに落とすためにお祈りメールを送って不幸にさせたい" と思う応募者の特徴としてどういうことが挙げられますか? 身だしなみ、言動に着...

住友電装の中途(転職)採用の最終面接ではどんな質問をされますか?

住友電装の中途採用での最終面接(人事部との面接)ではどのような事を聞かれるのでしょうか。 職務経歴から説明を求められるのでしょうか? ご経験のある方、回答をよろしくお願い致します。

転職の面接で採用担当者が重要視していることはなんですか?

面接で重要視していることが何か伺いたいです

ランチ面接などラフな面接のほうが採用方法として良いと思いませんか?

パワーランチ面接など、ラフな面接のほうがありがたいのですが、そういった面接方法を採用している企業は少ないように感じます。採用コストはかかりますが、一度に数名と話すことができ、マッチング率は上がるような気がするのですが...採用側の意見を伺い...

面接時間は業務時間外と時間内ならどちらが企業側にとって嬉しいですか?

面接時間は業務時間外と時間内、どちらが企業側にとっては嬉しいでしょうか?業務時間外のほうが忙しくないから良いのか、採用側として嬉しい時間が知りたいです。

最終面接で質問する場合はなんと答えれば好感度が上がりますか?

最終面接で「最後に何かありますか?」 と聞かれたときに何を言えば好感度が上がりますか?

転職の最終面接で一番気をつけた方が良いことはなんですか?

最終面接で一番気をつけたいことを教えてください!

面接で希望年収はいくらですか?と聞かれたらなんて答えればいいですか?

希望年収はいくらですか?と企業に聞かれた時の正解が分かりません。正直な希望年収は高ければ高いほど嬉しいですが、今の年収よりもいくら程高く設定しておいた方が良いでしょうか?

この記事に関連する記事

不採用になる?面接のNGワード・マナー・逆質問集

面接でのNGワードをご存知でしょうか。この記事では面接でNGな逆質問や、NGワードを使用した志望動機と改善方法について詳しくご紹介致します。また、NGワードを使用した福利厚生と改善方法...

面接結果が来ないのは不採用?連絡が遅い理由と問い合わせ方法

採用面接の結果が遅いと、不安になりますよね。この記事では面接の結果が遅い理由や、面接結果を問い合わせる前にどのくらい待てばいいのかということについて詳しくご紹介致します。また、...

面接で緊張しない5つのテクニック|本番で100%の力を発揮しよう!

就職・転職の場面で、面接は必ず通らなければならない関門です。人生で就職や転職をするイベントは、そう多くはないでしょう。そのため、緊張をする方も多いと思います。しかし、その緊張は...

面接の合格フラグとは?不採用フラグと同時にご紹介

面接官からの合格フラグや不採用フラグがどんなものがあるのか気になる方はいますか。この記事では就職活動で転職活動で行われる面接の合格フラグを詳しくご紹介致します。また、面接官から...

【未経験なら必須】IT・ベンチャー業界の転職面接で聞かれる質問と回答...

新卒や転職希望者の方、あるいは派遣社員希望の方でITやベンチャー企業に転職をしたいと考えている方は少なくないはずです。しかし、ITやベンチャー企業の面接では少しマイナーな質問が聞か...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー