• HOME
  • 業界・業種
  • 【飲食店の自己PR例文】採用側に評価される3つの書き方とは?
【飲食店の自己PR例文】採用側に評価される3つの書き方とは?

【飲食店の自己PR例文】採用側に評価される3つの書き方とは?

料理の専門的なスキルを身につけたいなどの理由で飲食店を志望する人もいるでしょう。アルバイトと違い、飲食店の正社員は他業種と同様、ポイントを抑えなくてはいけません。今回は採用側に評価される、飲食店の自己PRの書き方を紹介します。

10910

飲食店の自己PRの3つの書き方

採用側は自己PRを通して志望者が職場で活躍できる人材か、どういった活躍ができるかという点を見ています。

それを念頭に採用側が求めるポイントを伝えることでより効果的に自己PRできます。

具体的なポイントを紹介していきます。


1.飲食店の経験をアピールする

飲食店に限らず採用側はいつも即戦力を求めているものです。

飲食店の選考を受ける場合は、飲食店で働いた経験をアピールすると採用側にとってはいいアピールになります。

ただ働いていたというだけでなく、具体的な業務経験を説明できればより効果的です。

学生時代に飲食店でアルバイトしていた人は、自分の経験がダイレクトにPRにつながるのでぜひPRに盛り込みましょう。


2.飲食店の違いを理解する

飲食店は飲食店としてひとくくりにされがちです。

確かに共通する部分も多く、自己PRも表現を使い回せます。

しかし、実際の飲食店はターゲットにしている層や実際の顧客層、店舗の形態など多くの点に違いが見られます。

企業研究を通して自分が志望する飲食店の個性を理解し、それに合った自己PRを考えることで、採用側はよりその人の活躍する姿をイメージしやすくなります。

また企業研究をよくしているということで熱意もPRできます。


3.何をしたいのかを語る

飲食店と一口に言っても、業務内容は多岐にわたります。

ホールスタッフやキッチン、更に店長を希望するのか、ずっと同じ仕事をしたいのか、本部に入りたいのかによってもキャリアの過ごし方が変わります。

自分がその飲食店で何をしたいのか、将来的にどういうキャリアを過ごしたいかを語ることで採用側はその人を職場に入れたあとのことを具体的にイメージすることができます。

面接にもスムーズに移れ、効果的です。

企業からスカウトを受けてみませんか?

大手・優良企業からオファーが受けられるベネッセのオファー型就活支援サービス「dodaキャンパス
※優良企業6,800社以上が契約

あなたのプロフィールを見た企業から採用選考の特別なオファーが届きます。

オファー受信率98%!!
※プロフィール記入率90%以上
(21年卒 2020年5月時点 実績)

適性検査(GPS)で自己分析もお助け!

dodaキャンパスなら、あなたのパーソナリティの特徴が把握できる適性検査(GPS)を無料で受検することができます。

登録して企業からのオファーを待ちましょう!

【履歴書】飲食店の自己PR例文

では紹介したポイントをふまえて、飲食店を志望するときに履歴書に書く、自己PRの具体的な例文を紹介します。

ぜひこの文を参考に、自分なりの自己PRを考えるようにしてください。
 

私の強みはマニュアルを早く覚えられるよう、努力をできる点です。

学生時代、私は3年間カフェでアルバイトをしていました。

キッチン業務に憧れを抱いていたためキッチンとしてコーヒーや軽食を作っていました。

私はキッチン業務で早く、正確にメニューを作れるようマニュアルを参考に自宅でもメニューを作って練習をしてきました。

今ではキッチンのチーフとして同じアルバイトの指導に当たっています。

貴社でも毎日多くのお客様が訪れ、コーヒーを楽しんでいます。

マニュアルをいち早く覚え、お客様を笑顔にできるようメニューを作っていきたいと思います。

【履歴書】飲食店の自己PRのNG例文

自己PRで表現を間違えてしまうと、たとえ同じエピソードを元にしていても採用側に与える印象が悪くなってしまいかねません。

このNG例文のどこがおかしかったかを考えて、参考にしてください。
 

私の強みはマニュアルを早く覚えられるよう、努力をできる点です。

学生時代、私は3年間カフェでアルバイトをして、飲食店での経験を積んできました。

私は完璧に仕事ができるよう、常にマニュアルをメモにして持ち歩き、休憩時間や自宅でも練習をしてきました。

おかげでグループ内で表彰をされたこともあります。

貴社でも毎日多くのお客様が訪れ、コーヒーを楽しんでいます。

マニュアルをいち早く覚え、お客様を笑顔にできるよう早く仕事を覚えて貢献したいと考えています。

【職務経歴書】飲食店の自己PR例文

職務経歴書であっても、履歴書の場合とポイントは変わりません。

自分の職務と絡めて、端的にアピールすることで採用側にいいアピールができます。
 

前職ではレストランのホールスタッフとして10年勤務しました。

個人経営の店舗で接客に加え、アルバイトの指導やシフト管理などマネジメント業務を兼任してきました。

自分ができないことをさせることはできないと考え、率先して先頭に立って接客し、背中で指導をしてきました。

自分自身にも厳しく努め、常にホスピタリティのある接客を心がけました。

貴社でも前職と同様に自分自身に厳しくし、接客に努めたいです。

ひいては店長として後進の指導にあたり、先頭に立って店舗を引っ張っていこうと考えています。

【職務経歴書】飲食店の自己PRのNG例文

採用側は志望者の提出した書類を隅々まで見てその人の人となりを見ます。

職務経歴書も気をつけて書かないと、印象が薄くなってしまいます。
 

前職ではレストランのホールスタッフとして10年勤務しました。

自分ができないことをさせることはできないと考え、率先して先頭に立って接客し、背中で指導をしてきました。

自分自身にも厳しく努め、常にホスピタリティのある接客を心がけました。

貴社でも前職と同様に自分自身に厳しくし、接客に努めたいです。

飲食店の面接の自己PR例文

自己PRは履歴書や職務経歴書などの書類でのみ求められるものではありません。

面接でも非常によく尋ねられる頻出の項目です。

口頭で自己PRを話すときは端的に、分かりやすく話すよう工夫をする必要があります。

同じエピソードでも表現を変えるよう気をつけてください。


Q.あなたの経歴と自己PRを話してください

面接で経歴や自己PRを話すときは、ポイントを抑えて端的に述べるようにします。

内容はもちろん、聞き取りやすいようゆっくりと、はっきりと話すように努めてください。

笑顔も忘れないようにします。
 

私は飲食店でホールスタッフとして5年勤務しました。

接客の中で最も重んじてきたことは、すべてのお客様に満足していただけるようなホスピタリティです。

私の勤めていた店舗では海外のお客様が多く来店します。

そこで快適に注文していただけるよう英会話を習い、スムーズに注文してもらえるように英語での注文を習得しました。

また学んだことを紙面にまとめることで、店舗全体で海外のお客様に対応できるようにしました。

御社では幅広い年齢のお客様が来店するものと思います。すべてのお客様に満足していただけるようなホスピタリティを求めて努力したいです。


Q.前職ではどんな実績を出せましたか

実績を伝えるときに大切なのは単なる自慢話にしないことです。

そのためには問題に対してどう対処したかという部分を伝えるようにしてください。
 

私が以前勤めた飲食店では、閉店後の業務を皆が自己流で行っていました。

そのため、後輩は誰に作業を聞いてもバラバラの手順を指示されてしまい、混乱していました。

そこで私は、店長や先輩方と話し合いながら作業をマニュアル化し、閉店後の作業を統一しました。

新しい作業が浸透するよう率先して夜のシフトに入って後輩に作業を伝えました。

多くの同僚の間に入ることでそれぞれの意見を知る機会に恵まれ、マニュアルだけでなく接客の指導などにも役立たせることができました。

まとめ

今回は飲食店の採用でいい印象を与えるような自己PRのポイントや例文を紹介しました。

同じ飲食店というくくりであっても、店舗によってその個性は千差万別です。

大学時代、あるいは前職で飲食店で働いていた経験は採用側にとっても大きなアピールとなります。

ですがお店ごとの違いを理解し、それを踏まえたアピールをするとより効果的です。

企業研究を深め、そのお店にしかないようなアピールで心をつかみましょう。

 

最後に、飲食店への就職に関連した、質問回答も併せて見てみましょう。

大学生です。飲食店を希望しているのですが、採用率は低いですか?

就職活動についての悩みです。

僕は今三年生で進路活動真っ只中なんですが、どこに就職しようか全然決まってません。

僕は大学には行かずに就職しようと決めてます。

飲食店を希望しているのですが、採用率は低いですよね…?

ずっと、バイトで飲食店をやっていたのもあり接客業や人と関わるのが大好きなのでこの仕事を選びました。

もちろん、内容がハードなのは承知の上です。飲食店勤務の方採用率はどれくらいなのでしょうか?

質問者さんのご認識とは逆に、飲食業は採用率がかなり高いです。

離職率が高い分、採用人数も多めに確保したいと考えている会社が多いので。

接客業や人とかかわる仕事は飲食業以外にもあるので、最初から飲食業だけに絞らず、他の業界も検討されてはいかがでしょうか?

他の業界も検討した上でやはり飲食業が良いということになれば、その分納得感を持って、働くことが出来ると思います。

後、余計なお世話だとは思いますが、…続きを見る

登録しておきたい完全無料な転職サービス

おすすめの転職サービス

エージェント名 実績 対象
リクルート 5 30代以上 
ビズリーチ 4.5 ハイクラス層
パソナキャリア 4.3 全ての人


以上の転職エージェントを利用することがおすすめです!

公式HPはこちら
・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp
・パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp

この記事に関連する転職相談

新卒の就活で失敗し、飲食の雇われ店長をしています。他業種への転職は厳しいでしょうか。

新卒の就活で失敗し、飲食の雇われ店長をしています。 転職を考えていて飲食とは別の仕事をしたいのですが、他業種への転職は厳しいでしょうか。

飲食関係のコンサルで良い企業やオススメの企業はありますか?

はじめまして、現在大学四年の就活生です。 就活のことで相談です。 現在内定を頂いている会社が3社あります。1つはITメガベンチャー、残り2つが外資コンサルです。 私は本当にやりたい...

飲食業界の店長から人事職へ転職することは可能ですか?

飲食業界の店長として勤めてから8年目です。 店の売上を上げるために、自分の働いている時間を伸ばす日々です。 まだ20代ということもあって、体力的には働くことは出来ています。 が、今後1...

飲食店の募集は給料の安い若者を集めたいだけですか?

飲食店は人が足りないと募集を掛けていますが、 本当は安くてコキ使いたい若者を探しているだけの様に思えます。 気に入らなかったら、いびり倒して辞めさせるのは本当なんですよね。

就活中の大学生です。将来飲食店を開業したいと考えているのですが、調理の技能などをいつ習得しようか...

就活中の大学生です。 将来飲食店を開業したいと考えているのですが、 調理の技能などをいつ習得しようかと考えました。 私の中で、一般企業で働いて、社会の構造などを知ったうえで、味のある人...

ラーメン屋を始めたいのですが、何から始めればいいでしょうか?

飲食店を経営したいです 経営の経験はありません。 何が必要なのか、どれくらいお金が必要なのかのわかりません。 イメージを掴みたいので、ラーメン屋さんを始めたいと思ってから、どのような風にア...

28歳の飲食店勤務からエンジニアになろうと考えています。エンジニアになるにはそれなりにプログラミングが書けないといけないのでしょうか?

28歳の飲食店で勤務しているものです。転職を考えています。 30も手前に差しかかり、収入の面や将来など、様々な部分で不安になってきました。 そこで友達に相談した所、エンジニアになることを勧め...

飲食系情報ポータルサイトの最終面接で心がけることはなんですか?

私は現在就職活動中の大学生です。 今度飲食系情報ポータルサイトを運営している会社の最終面接があります。 初めての最終面接で雰囲気がわからないため、どのような評価基準で何を準備すればいいかわか...

飲食から全く別の業界への転職は不利だと聞きましたが、初の転職で不安です。

飲食から全く別の業界への転職は不利だと聞きましたが、若いうちなら問題ないという話も耳にします。 私は現在20代前半で可能性はあるはずだと思いつつも初の転職で不安です。何かアドバイス等あればお...

飲食から転職をしようと考えているのですが、よく...

飲食から転職をしようと考えているのですが、よく飲食から別の業界は難しいと聞きます。 本当にそうなんでしょうか。

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す