【必須の資格】未経験から法務へ転職するために必要な資格やスキルをご紹介します。の画像

【必須の資格】未経験から法務へ転職するために必要な資格やスキルをご紹介します。

法務として転職するためには、法律の基本的な知識を有していることが最低条件となります。そのうえで、法務業務として、コンプライアンス関連業務と知的財産権関連が特に重要となってきているため、これらに関連する資格やスキルを身に着けることが、転職を優位に進めるポイントといえそうです。そこで、転職を有利に進めるため、身に着けるべき資格・スキルをまとめてみました。

転職で求められるポイントとは

法務として転職するにあたっては、一定の法律知識を有していることが前提となっていることが多いです。

そのうえで、特定分野における専門性もしくは経験を有していることが求められます。

また、法務職に限る条件ではないですが、対外折衝や社内調整が数多く発生するためコミュニケーションスキルや、
海外とのやり取りも発生する可能性が高いため英語スキルも必要となってきます。

法律知識を有しているかどうかは、法学部出身であるか、一定年数の法務としての勤務経験から判断されます。

専門性については、大学時代の専門分野や法務として担当していた分野の経験年数、
取得している資格等から判断されるといえます。

法律知識を客観的にアピールできるおすすめの資格

法律にかかわる資格は多数あり、何から取得していくべきか迷うかと思います。

まず、法学部出身ではない方、法務としての経験が浅い方にお勧めなのは、
①法学検定と②ビジネス法務検定です。

法学検定は、法学に関する学力を客観的に評価するものであります。

ベーシックコース(法学部1年次~2年次程度)、スタンダードコース(法学部2年次~3年次程度)、アドバンストコース(3年次程度~法学部終了程度)の3つのコースありますが、アドバンストコースを取得するのがおすすめです。

アドバンストコースは、法学部修了程度の知識を有するとされるレベルであるため、
法学部出身者ではない方には、法学に関する学力を客観的にアピールする材料となります。

ビジネス法務検定は、ビジネスに関する法律知識を評価するものです。

3級から1級までありますが、法務として転職するには1級を持っておくのがおすすめです。

1級は、論述式の試験となっており、法律の知識・解釈だけではなく、
実務における具体的な対応について問われます。

つまり、1級を持っておくことで、業務上必要な知識実務知識を持っていて、
多面的な観点から高度な判断・対応ができると評価される可能性が高いといえます。

取得にはハードルが高いが、取得できれば絶好のアピールポイントに!

法務業務で、近年比重が高くなってきているといえるのが、コンプライアンス業務と知的財産業務です。

そのため、これら業務に関連する資格を取得することは、絶好のアピールポイントとなります。

ます、コンプライアンス関連業務には、労働法関連(労働基準法や労働契約法など)、
競争法関連(独占禁止法や下請法)、情報セキュリティ関連(個人情報保護法や不正競争防止法など)があります。

最近では、長時間労働規制やパワハラ問題などで労働分野にかかわるコンプライアンスが重要視されていることから、
労働法に関連する資格を取得しておくことで転職活動が優位に進む可能性が高いといえそうです。

そこでおすすめなのが、社会保険労務士です。

もっとも、数%の合格率で難関な資格といえるため取得までには時間を要しますが、
取得しておけば優位となりそうです。

知的財産権関係業務では、知的財産管理技能検定がおすすめです。

3級から1級まであり、1級は特許専門業務、コンテンツ専門業務、ブランド専門業務に分かれています。

近年は、特許に関係する業務が多くなっていることから、
1級の特許専門業務の取得がおすすめです。

知的財産管理技能士となることで、知的財産の保護や管理のスペシャリストとして認められることから、
合格率は数%となっており難関ですが、知財分野での転職を目指すのであれば、取得しておくことで優位となりそうです。

英語能力は必須!TOEICで高得点は絶好のアピールポイントに

法務業務においては、英文契約書のチェックや作成、
海外とのやり取りなどで必ず英語を使用する場面があります。

そのため、TOEICで一定スコア以上有していることを求める企業も多くみられます。

そのため、法務に関する資格だけではなく、
TOEICで高得点(700点~900点)を取っておくことが転職活動を有利に進める上では必要となってきます。

最後に

いかがでしたでしょうか。

法務職は、知識や経験を問われるため、客観的に評価できる資格の存在は大きいです。

しかし、それだけでは転職活動を優位に進められても、
成功できるわけではないと思います。

法務は、社内の専門家ではありますが、ビジネスパーソンであります。

そのため、ビジネスに対する理解、
そしてビジネスのリスクと利益のバランス感覚を持っていることが法務には必要とされます。

この質問に関連する転職相談

許可なしにボイスレコーダーを取る行為は、法律的には問題ないのでしょうか?

同期の人についてですが、会社からの自分の評価に不満があり、上司や社員に電話をして声を勝手にボイスレコーダーで取って訴える材料を探しています。 許可なしにボイスレコーダーを取る行為は、法律的には問題ないでしょうか。

法務関係の仕事をこなした場合、キャリアパスはどうなるんですか?

法務関係の仕事を希望しており、 国内大手企業の法務部門からの採用が決まりました。 一点わからないことがあり、相談なのですが… 法務の部署はかなり小規模のようです。 その為、部署内の競争とかそういうのがないみたいなのですが、 ではキャリ...

法務部へのキャリアパスは?営業からでも法務部へ異動は可能なんですか?

現在、営業3年目のものです。 大学は法学部であったということもあるので、卒業後は企業の法務部を希望していました。 が、結果的には営業部に配属されています。 入社前の就職活動時の面接では、法務部へは2~3年したら、簡単に異動出来ると言われて...

管理部門(経理、法務、知財など)と営業職とでは年収に違いはありますか?

大企業では、管理部門(経理、法務、知財など)と営業職とでは、 どれほど年収に違いがありますか?どちらも総合職とします。 質問した理由は入社後の配属先の違いで給料に差が出るのか?とふと、思ったためです。 調べてみると、外資系の場合はフ...

未経験が一般企業の法務職に就くのに有利な資格はありますか?

一般企業の法務職につくためにはどういう資格があれば有利でしょうか? 私は法学部卒で、現在は会計系の事務職をしています。 その他、大手企業の営業部門で2年間の実務経験があります。 ですが、法学部卒ということもあるので、 この知識を活かし...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー