【オーナーシップを持つ】メリットや具体例について詳しくご紹介

【オーナーシップを持つ】メリットや具体例について詳しくご紹介

皆さんは「オーナーシップ」という言葉をご存知ですか?この言葉は、個人が課題などに対して当事者意識を持つ姿勢を指し、個々人が仕事に対して常に持つべきものであると考えられています。今回は、そんなオーナーシップをどのように育てていくのか解説していきます。ぜひ、ご一読ください。

2979

オーナーシップについて

ビジネスでは、多くのカタカナ語が使われるようになりました。

そのなかで「オーナーシップ」をもつことは、社会人としてのキャリアアップを図る上で重要なことといわれています。
 
今回は、「オーナーシップ」の意味と仕事上で求められる理由、メリット、その具体例についてご紹介します。

オーナーシップとは?

「オーナーシップ」とは、英語の「ownership」からきています。
「ownership」とは「所有権」を意味し、日本語では「個人が課題などに対して当事者意識をもって向き合う姿勢」を指します。つまり、個々の従業員が自身に与えられた仕事や役割に向き合う姿勢・関係性ということです。

オーナーシップとリーダーシップの違いについて

「オーナーシップ」とよく似た用語に「リーダーシップ」があります。

「リーダーシップ」は、部署やチームなどの複数のメンバーをまとめあげサポートする能力を指しています。


「オーナーシップ」は個々人が業務に対して常にもつべきものであるのに対し、「リーダーシップ」は、自身が組織やチームなどのを統括する際に必要となる能力です。

オーナーシップを使用する例文について

「オーナーシップ」が使用される例として次のようなものがあります。
 
・「オーナーシップ」を意識することで、業務遂行に緊張感を持ち集中力を発揮することができる。

・問題解決には、個々人が「オーナーシップ」をもって取り組むことが必要だ。
 
「当事者意識」という言葉に置き換えることができるので、使い方と合わせて理解しておきましょう。

オーナーシップを持たせることについて

ここでは、「オーナーシップ」を持つことの必要性、その育成方法について確認してみましょう。

オーナーシップが求められる理由は?

働き方や雇用が多様化し、トップダウンといった上下関係のある関係性ではなく、全体として多様な意見・価値を交わして目標に取り組んでいくためには、個々人が「オーナーシップ」をもって、ひとりひとりがある意味でのリーダー意識をもつことが求められるようになりました。

仕事のオーナーシップを持つということについて

「オーナーシップ」を持つということは、チームとして何らかの目標達成を目指す場合に特に重要になります。
 
個々人が自分の課題だけを重視することが「オーナーシップ」を持つということではなく、自分の役割を認識することを指しているという点で、チームそして組織として成果を上げるために「オーナーシップ」は不可欠と考えられます。

オーナーシップを育成する方法は?

「オーナーシップ」を育成する方法としては、次のようなものが挙げられます。
 
・「オーナーシップ」に関する知識を身につける場を用意する

・実際に自分の判断力を試す環境を作る

・組織全体として情報共有やサポートし合えるような社内文化を構築する
 
つまり、「オーナーシップ」そのものに対する的確な知識を持った上で、実際に行動に移せる場を社内全体でサポートするという環境が、「オーナーシップ」育成には必要となります。

オーナーシップのメリットについて

ここでは、「オーナーシップ」のメリットについて確認してみましょう。

オーナーシップによる従業員のパフォーマンス向上について

まず「オーナーシップ」を持つことによって、「自分の業務・役割に対するパフォーマンスを把握」と「自身の得意・不得意分野の自覚」することができます。
 
そのことによって、得意分野を生かして業務効率を上げ、不得意分野に関しては業務に滞りが出ないように周りのサポートを得るなどの対処をするといった、全体としてのパフォーマンス向上につながる行動をとることができます。

オーナーシップによる従業員満足度の向上について

「オーナーシップ」を持つことによって「仕事に対してのやりがい」「組織内の自分の役割」「自分らしい働き方の発見」といったものを体感することができるようになり、従業員ひとりひとりの社会人として企業に所属する満足度の向上に結びつきます。

オーナーシップによるリスクの最小化について

近年では多くの企業でグローバル化が進み、リスクに直面する機会も増えてきています。

あらゆる困難な課題に対処するために有効なのが、「オーナーシップ」です。
 
「オーナーシップ」を持つことで、どのような課題に対しても真剣に向き合うことができるようになり、リスクマネジメントのひとつと考えられます。

オーナーシップの具体例について

ここでは、「オーナーシップ」を持っていることの具体例を確認してみましょう。

仕事を見つけにいくことについて

「オーナーシップ」は能動的な姿勢を指しています。

勤務時間内に自分が担当する業務が完了したら、率先して自分にできることを見つけにいく姿勢は、「オーナーシップ」があることを示しています。
 
「自分にできることを見つけにいく」ことは、チームメンバーや同僚といった周りの業務をサポートしたり手伝うということだけではなく、「新規の仕事をもらいにいく」ということでもあります。
 
率先して能動的に仕事を見つけにいく、という姿勢は「オーナーシップ」を発揮していることになります。

仕事やスケジュールの管理について

自分が担当する業務の期限といったタイムラインを自己管理することも「オーナーシップ」を持つことで意識を高めることができます。
 
自分の業務のひとつひとつにどの程度の時間とスキルを要するのかを、主体的に捉えて行動する姿勢を持つことは、「オーナーシップ」を持つことと同義ともいえるでしょう。

わからないことをそのままにしないことについて

自分の業務や役割を「当事者意識」を持って理解することは、業務を進める上でわからないことが出てきた場合の対処の仕方を意識することにつながります。
 
企業・組織の一員として業務を任されている以上、その遂行のために常に主体的な思考と姿勢をもつことが「オーナーシップ」をもつことなのです。
 
わからないことを確認し、周囲からのサポートを得るということも、「オーナーシップ」を発揮した行動ということになります。

まとめ

近年になり、求職者が企業を選ぶ時代が来たと言われています。

その中でも、企業そして社会の一員として、あらゆる場面で「オーナーシップ」をもつことで、企業からも社会からも選ばれる人材になることができます。

この記事は役に立ちましたか?

この記事に関連する転職相談
今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す