「協調性」をアピールする自己PR例文|3つの書き方と注意点

「協調性」をアピールする自己PR例文|3つの書き方と注意点

協調性のアピールする応募者が多い中で、採用担当者の印象に残る自己PRをするには、企業が求める協調性の意味を理解しておくことが必要です。この記事では、協調性のアピールで好印象を与える文章の書き方と注意点について解説します。

987

協調性をアピールする自己PRの注意点

「協調性」の意味を表面的にとらていると印象の薄い自己PRになります。

企業が求める協調性がどのようなものかを理解して書く必要があります。


1.協調性とは、まず人の話の要点を理解する能力のこと

上司が新人のあつかいで苦労するのは、反抗的な態度などではなく、指示していることのポイントをつかめずに結果的にチームのリズムを乱してしまう人がいることです。

新人に限らず、会社内で協調性がないと言われるのは、自分のことばかり考えているというよりは、会社やプロジェクトが進もうとしている方向や重点をよく理解できずに、ポイントがずれた行動をとる人です。

履歴書の自己PR文で協調性をアピールしたいときは、チームメイトが困っているときにフォローしたとか、意見の対立をまとめたなどが定番です。

しかし、上司、同僚、顧客の話をよく聞き、その意図や核心をつかむことが得意なことをアピールする方が採用担当者の印象に残りやすいものです。


2.協調性には間違いを修正する柔軟性の面もある

協調性は、意見が違う相手を理解することだとよく言われますが、意見が違えば五分五分の確率で自分が間違っている可能性があります。

本当の協調性とは、自分に何か間違いや勘違いがあったときに、それに気づく能力や修正する柔軟性のことです。

協調性をアピールするときは、意見を出し合って調整したなどの例よりも、自分の間違いに気づいて修正した結果チームの成績が向上したというような「学びのエピソード」の方がよりよりあなたの協調性を印象づけることができます。

協調性をアピールする自己PRの書き方

協調性をアピールするには、なるべく「協調性」という言葉を使わずに、具体的なエピソードでそれを感じ取ってもらうのが上手な書き方です。


1.協調性という言葉に頼らない

協調性をアピールするとは「私の長所は協調性があることです」と書くことではありません。

それだけでは、アピールというよりは押し付けになり、額面通りには受け取ってもらえません。

採用担当者は「協調性」という言葉は耳タコなので、できれば協調性という言葉を使わずに、読んだ人にそれを感じさせる方が印象に残ります。

例えば、「ピンチのときもめげないで乗り越える」という自己PRのなかで協調性をうかがわせる内容があれば、直接アピールするよりもむしろあなたの協調性が印象づけられます。


2.具体的なエピソードを書く

自己PR文は具体的なエピソード(実体験)を入れないと真実味がありません。

「協調性があります」「人とコミュニケーションを取るのが得意です」だけでは、読む人はなぜそう言えるのか分からないからです。

また、エピソードを書くにしても「プロジェクトのメンバーが協力して難しいと思われていたコンペを勝ち取りました」のような結果報告だけでなく、どこが難しくてそれをどう乗り越えたかを簡潔に書くとよりリアリティが増します。


3.自分の手柄だけを書かない

協調性をアピールするときに成功した事例の自分の貢献度だけを書くのは、かえって協調性を疑われることになりかねません。

仲間の努力や貢献度についても触れて、それに対する感謝の気持ちを書くことで、書いた人の協調性が自ずとにじみ出てきます。

【履歴書】協調性の自己PR例文

私が前職でチームワークの重要性を実感したのは、私が店長をしていた居酒屋でアルバイトの子が3人続けて辞めたときでした。

スタッフの声を聞いてみると、いつも元気な彼らに疲れが溜まりチーム内がギスギスしていることを知りました。

そこで、お客様への笑顔だけを強調するのを止めて、スタッフ同士の笑顔の声掛けを目標にすると、お店のムードが良くなり、それが売り上げの上昇にも結びつきました。


例文では、困難な状況を持ち前の「協調性」で解決したことが書かれています。

単に協調性と聞くと抽象的すぎて、人事もあなたの強みを把握できません。

しかし、例文のような具体的なエピソードがあれば、協調性を説得力のあるかたちで伝えることができます。

【履歴書】協調性の自己PRのNG例文

私は何より協調性を重んじ、スタッフのチームワークを大切に考えています。

店長をしていた居酒屋では、スタッフ一人ひとりと密にコミュニケーションを取って、遠慮なく物を言える関係を作る努力をしました。

その結果、さまざまな問題点が見えてきて、それを解決することで店内の雰囲気も良くなり、お店の売り上げも向上しました。


書いていることが悪いわけではありませんが、具体性に欠けるので真実味が乏しく、アピール度が弱くなっています。

【職務経歴書】協調性の自己PR例文

前職では住宅機器関係のチーム営業で、メンバーと担当エリアの営業活動をしていました。

チームの中では経験3年の中堅メンバーでしたが、自分では成約への貢献度が大きいと思っていたので、営業成績がチームとしてしか評価されない仕組みに不満を持っていました。

そんな気持ちがあるので、新人メンバーと組んで外回りをするときは、顧客の前での新人の不用意な発言にイラつくことが多く、強い口調で注意することもありました。

しかし、私のミスから大きな契約がキャンセルになろうとしたときに、チームリーダーのフォローがあって事なきを得た経験をしてからは、チームワークの大切さを実感し、新人に対する接し方やアドバイスの仕方も変わりました。

営業成績がチームとしての評価になるのことも納得できました。

御社ではこのような経験を活かし、チームの協調性を大切してお互いにフォローし合う仕事をしていきたいと思います。


例文では「協調性」を用いて困難をどのように乗り越えたのかが書かれています。

採用担当者も「協調性を活かしてどう活躍できるのか」を知りたいので、このようなエピソードなら評価も高いです。

【職務経歴書】協調性の自己PRのNG例文

私の強みは協調性を重視して仕事をすることです。

前職の営業の仕事では、同僚が困っているときは積極的に声をかけて相談に乗りました。

とくに気をつけたのは新人のフォローです。

新人は最初の契約を取るまでは、少しのことで自信を失いがちなので、できるだけ私のノウハウを教えて早く成功体験ができるように気を配りました。

また、営業職はお互いにライバルでもあり、同じ部署内でもコミュニケーションが取れていないことを感じたので、上司に提案してお互いの経験を話し合う場を設けてもらいました。

その結果、課内の雰囲気も良くなり営業成績も上がりました。

採用されましたら、このような経験を活かして社内の調和とコミュニケーションを活発にし、業績の向上に貢献したいと思います。


具体的なエピソードが書かれていないので、「協調性」や「コミュニケーション」が言葉だけのような印象があります。

また、自分の貢献度を述べているだけなので、協調性という面では逆効果になる心配もあります。

まとめ

自己PRで協調性をアピールするときは、応募する企業が求める協調性の内容を理解して、的を得たPRをすることが大切です。

協調性があると書くだけではなく、具体的なエピソードからあなたの協調性を感じてもらうのが効果的です。

この記事に関連する転職相談

「周りと協力して成し遂げた経験」は中学時代の経験でもよいのでしょうか?

〇「周りと協力して成し遂げた経験」は中学時代の経験でもよいのでしょうか。 就活生です。 面接で聞かれやすい「周りと協力して成し遂げた経験」 正直中学生の時しかないです。 中学生の時は...

新卒を3ヶ月で退社した者の転職活動時の自己PRは何を書けばいい?

新卒で3ヶ月ほどで退職をした者が、転職活動における自己PRではどういった内容を書けば良いのでしょうか? 3ヶ月程度では社会人として身につけたスキルや実績はほとんどなく、どういったアピールをすれ...

引きこもりだったことを就活でアピールできますか?

3留した大学生です。 父親が死亡し、色々あってそのまま引きこもりました。引きこもりから立ち直ったことは就職でアピールになるのでしょうか。自力で這い上がるべき壁はまだまだ高いという感じでしょうか...

転職サイトに登録する自己PRはどのように記述するのがいいですか?

転職サイトに登録する自己PRはどのように要点を絞って記述していくのがいいのでしょうか。 私自身、内容自体あるものの、どううまく書けばいいのか、わからず困っています。

マーケティングへの転職で未経験ベンチャー志望がアピールするには?

※件名間違えました!修正が効かないのでこちらで.. 正しくは「営業からマーケティングへのキャリアチェンジ。自己アピールするべきポイントについて」 高卒30代前半女です。 自分が行き...

声優になりたい為の志望動機や自己PRはなんと記載すれば良いですか?

突然のメール失礼します。 現在、社会人なのですが声優という夢に挑戦してみたいと養成所の申し込み書を書いています。 志望動機と自己PRについてこれで良いのか自信がなく、添削していただき...

勤続年数が少ない人が転職するときの自己PRは何をアピールすれ良いですか?

勤続年数が浅い転職をする場合、自己PRはどのようにすべきでしょうか? 現在、IT系の仕事をしていますが意外と通信機器やソフトに関する仕事というよりは他の部署や取引先との折衝、それに関係する事務...

第二新卒は自己PRでどのようなことをPRすれば良いと思いますか?

第二親等です。転職活動をしています。 今回、お伺いしたいのは第二新卒の自己PRでは、何をPRをすればいいのかということです。 転職活動をする目的は、就職活動時に目指していた業界に再び...

第二新卒の自己PRはどういうことをPRすればいいのでしょうか?

第二新卒の自己PRはどういうことをPRすればいいのでしょうか? 今年、新卒入社して半年がたちます。元々行きたかった業界への第二新卒への就職(転職)を考えています。 その際に自己PRは...

就職や転職の自己PRや面接対策はどのように考えればいいですか?

就職活動、転職活動の参考書(自己PR、面接対策など)に書かれてる内容ですが、どういう視点で読むべきなのでしょうか。 あまりにも答え方についてがどうも回りくどい印象があり、 本当にこれで回...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す