【Webデザイナー】難易度別の資格ランキングをご紹介!の画像

【Webデザイナー】難易度別の資格ランキングをご紹介!

Webデザイナーになるための資格はたくさんありますが、それぞれどのような難易度となっているのでしょうか?一覧形式とランキング形式でWebデザイナーの資格をご紹介しているのでぜひご覧ください。独学でWebデザイナーの資格を取ろうとしている方にも必見の内容です。

5918

一覧で見るWebデザイナーの資格とおすすめ資格

Webデザイナーの資格一覧

資格名 特徴
Webクリエイター能力検定試験 実践スキルを試す試験
画像処理エンジニア検定 エンジニア向けの画像処理資格
色彩検定 色を理論的に学んでいることの証明資格
Illustrator®︎クリエイター能力検定試験 Illustratorを使った技術認定資格
Photoshop®️クリエイター能力検定試験 Photoshopを使った技術認定資格
アドビ認定アソシエイト(ASC) アドビ系のツールの基本操作
Web検定 Webデザイナー試験 幅広いWebデザインの試験
Webデザイナー検定 文部科学省が後援団体に入っている
Webデザイン技能検定 Web業界で唯一の国家資格
Webデザイン・スペシャリスト アメリカで開発された国際資格
HTML5プロフェッショナル認定資格 ソースコードを読む試験が多い
PHP技術者認定試験 PHPで唯一の資格
アドビ認定エキスパート アドビ系のツールを使いこなせる事を証明できる
カラーコーディネーター試験 色を仕組みから文化まで幅広く
ウェブ解析士認定講座 マーケティングの知識を要する


とのことでした。ぜひ参考にしてみてください。



Webデザイナーに役立つ資格は?

では、Webデザイナーになるためには、上記の中でどのような資格が役立つのでしょうか。ここでは、上記の中でもWebデザイナーに役立つ資格を7つ紹介いたします。役立つ資格は以下の7つです。

  • ウェブデザイン技能検定
  • Webデザイナー検定
  • Webクリエイター能力検定試験
  • HTML5プロフェッショナル認定検定
  • アドビ認定エキスパート
  • Photoshopクリエイター能力認定試験
  • Illustratorクリエイター能力認定試験

以上になります。では、それぞれの資格について詳細を確認していきましょう。


ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定はデザイン関連の資格の中で最も人気のある資格の一つです。ウェブデザイン業界では唯一の国家資格で、ウェブサイトのデザインの能力を測る試験です。

インターネット概要、WWW法務、ウェブデザイン技術など幅広く問われます。学科試験及び実技試験が行われ、合格するとウェブデザイン技能士を名乗れます。

合格率は3級:60〜70%、2級:30〜40%、1級:10〜20%となっています。3級は比較的簡単で実務経験も必要ないので手をつけやすい資格でしょう。

年に4回程度試験で受験の機会も多いです。1級2級は難易度も高く実務経験も必要です。Webデザイナー上級者は取るべきでしょう。

 

Webデザイナー検定

Webデザイナー検定はWeb制作全般に関わる知識を問われる試験で、ウェブデザインのコンセプトや制作やテスト、運用などの知識が問われます。

ベーシックとエキスパートの二つに難易度が分かれていて、さらにWebデザイン総合誌「Mdn」の公認資格となっています。

合格率はベーシックで60%、エキスパートで30%程度となっています。ベーシックは比較的簡単ですがエキスパートはより専門的な知識が必要になります。受験資格はないので受験しやすいでしょう。

 

Webクリエイター能力認定試験

サーティファイ株式会社が主催の資格試験で、ウェブサイトのデザイン制作及びにHTML・CSS等のコーディングスキルを測る試験です。

スタンダードとエキスパートの二つに難易度は分かれていて、受験資格はなく、テストは知識問題と実技問題に分かれています。

合格は得点率65%が必要で、合格率は60〜70%となっています。

 

HTML5プロフェッショナル認定検定

HTML5プロフェッショナル認定試験はHTML5やCSS3,JavaScriptといったような最新のマークアップに関する知識、技術を測る試験です。

Level1とLevel2に分かれており、Level1はマークアップ技術中心に、Level2はJavaScript中心に問われます。

約7割の正答率で合格で、Level1を取得することでLevel2の受験資格を得られます。

 

アドビ認定エキスパート

アドビ認定エキスパート)は、アドビソフトウェア製品に対する専門的な知識が問われる試験です。

アドビは主にビジュアル処理に使われるソフトウェアの会社です。

合格率は公表されておらず、PhotoshopやIllstratorなどの製品別の試験に一科目以上合格することで受験することができます。

 

Photoshopクリエイター能力認定試験/Illustratorクリエイター能力認定試験

ともにPhotoshop,Illstratorを使った画像編集技術を試される試験で、Webデザイナーをやっていく上で画像編集技術は重要です。

受験資格はともに無く、合格率は70%程度となっています。

知識・実技問題の65%以上、実践問題の70%以上の正答で合格です。

関連相談

Webデザイナーの資格難易度ランキング


Webデザイナーの資格難易度ランキング

今まで紹介してきたWebデザイナーの資格ですが、主に合格率を参考に難易度にランキングをつけるとこのような感じになります。

難易度が高い順に

1位.ウェブデザイン検定1級 
2位.Webデザイナー検定エキスパート
3位.ウェブデザイン検定2級
4位.Webクリエイター能力認定試験エキスパート
5位.HTMLプロフェッショナル認定検定Level2
6位.アドビ認定エキスパート
7位.Webデザイナー検定ベーシック
8位.Webクリエイター能力認定試験スタンダード
9位.Photoshopクリエイター能力認定試験
10位.Illustratorクリエイター能力認定試験
11位.HTMLプロフェッショナル認定検定Level1
12位.ウェブデザイン技能検定3級

Webデザイナー初心者の人やWebデザイナーを目指そうとしている人は、無理に難易度の高い資格を取ろうとせずにウェブデザイン技能検定3級から手をつけていくことをオススメします。

基礎から固めていくことがWebデザイナーとして成長していくために必要です。

Webデザイナーとしてある程度仕事ができるようになってきたら難易度の高い資格にも挑戦していきましょう。

関連相談

独学で取れる?Webデザイナーの資格

Webデザイナーの資格は独学で取れるのか

Webデザイナーの資格は独学で取ることが可能です。

簡単な資格はすぐに取ることができるでしょう。

しかし、難易度の高い資格は覚悟して勉強していかなければいけません。

Webデザイナーの資格を独学で取る際、使用するのは主に本・オンラインサイトの二つです。

初心者でも取り組みやすく、わかりやすい本・オンラインサイトばかりなので、熱意さえあればWebデザイナーの資格は独学で取ることができるでしょう。

Webデザイナーの資格を独学で取ることのデメリットとしては、勉強でわからなくなった時・つまずいた時に前に進みづらいということがあります。

なので、そういう時に質問・相談できる人が周りにいた方がいいでしょう。

いない場合はWebデザイナー関連の何かしらのコミュニティーに入る必要があると思います。

関連相談

難易度が高いWebデザイナーの資格は通信で

通信に通いながらWebデザイナーの資格を取る

Webデザイナーの資格は独学で取ることができるといいましたが、難易度の高い資格を独学で取ることは困難なことです。

また、20代〜30代では主婦や社会人の方も多く、スクールに通うほど時間を取れない方は多いでしょう。

そんな時に役に立つのが通信制のWebデザインスクールです。

授業料がかかるものの、多様な講義を受けることができ、身につけた知識の実践を自宅で行うことができます。

わからなくなった時に講師の方に質問もすることもできるのでつまずいても大丈夫です。

難易度の高い資格を取得する場合は通信講座がオススメです。

 

 

難易度が高いほど独学は難しい

Webデザイナーの資格は独学でも取ることができるといいましたが、やはり難易度が高いほど独学で取得することは難しいです。

スクールに通うか通信講座を受けるのが賢明です。

だからと言って、難易度の高い資格が独学で取得できないわけではありません。

くじけないで継続する熱意さえあれば取得することができるでしょう。

資格といえばユーキャンだと思いますが、JobQに来ていたこちらの質問をぜひご覧ください。

ユーキャンにWebデザイナーになるための資格が取れる講座はありますか?

Webデザイナーになりたい主婦です。

子育てのため家から出るのは厳しいので、なんとか通信講座で資格が欲しいと考えております。

そこで質問なのですが、ユーキャンの資格講座の中にWebデザイナーに使える資格はありますか?

回答よろしくお願いします。

実はユーキャンにはWeb系の資格はほとんどなかった気がします。

特にWebデザイナーに使える資格となるとカラーコーディネーターくらいのものです。

実際に …続きを読む


とのことでした。

資格を取りたいと考えているならヒューマンアカデミーで検索してみてはいかがでしょうか。

関連相談

Webデザイナーの資格を取れば就職ができる?

Webデザイナーの資格を取れば就職することができるのでしょうか。Webデザイナーの将来性などを踏まえながらWebデザイナーの就職についてご紹介いたします。


Webデザイナーの将来性は?

現在、インターネットはほとんどの方が使っているでしょう。メディアの規模に関しても、新聞よりインターネットの方が広告費が費やされるようになってきています。

また今後はさらに右肩上がりに規模が伸びていくことが予想できます。実際に転職サイトの求人数も増えつつあり、Webデザイナーの需要は高まってきていると言えるでしょう。

また規模が右肩上がりに伸びていく一方で、Webデザイナーの仕事をしている人はまだ少ないのが現状と言えます。

インターネットを活用し、ビジネスを展開する企業は、「Webサイトを作ること」ではなく「Webサイトを作り何を達成するのか」という視点で動いています。

そのような視点の中で、Webサイトのデザインを専門とするWebデザイナーは非常に重要な役割を果たし、今後さらに専門的な技術が求められるでしょう。

ですので、Webデザイナーの将来性は見込めると言えるのではないでしょうか。ただし、需要が高まる一方で、高いスキルや専門的知識などが求められると言えるでしょう。


Webデザイナーの資格を持っておけば就職可能?

今後は、Web関連の仕事は減ることは少なく、むしろ増えていくことの方が多いと言えるでしょう。ですので、Webデザイナーの資格を持っておけば、就職が有利になることはあると言えるでしょう。

ですが、インターネットに関する重要が急激に高まっていることは、今後資格を持っているだけではなく、高い技術や専門的な知識、経験が重要になってくるでしょう。

ただ、Webデザインをするだけでは、周りの人のスキルに追いつけなくなってしまいます。Webデザインは、覚えるだけではなく、どのようなデザインが一番良いのか考える必要があります。

ですので、Webデザイナーとして就職するためには、Webデザイナーとしての経験はもちろんデザインのスキルだけではなく、どうやったら目標を達成できるのか考える能力も必要になるでしょう。

関連相談

Webデザイナーの資格難易度まとめ

Webデザイナーの資格には難易度が簡単なものから独学で取得することがかなり難しいものまであります。

合格率でいうと80%〜10%と難易度は様々です。

Webデザイナーの資格は独学で取得することが可能です。

また、独学で難しいと感じたら、通信講座を受講することも検討してみましょう。

Webデザイナーの資格が欲しい人は簡単な資格から手をつけて、慣れてきたら難易度の高い資格に挑戦していきましょう。

Webデザイナーの資格に関して、もっと詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。
▶︎ Webデザイナーの資格をオススメ順でご紹介【独学でもOK】

登録しておきたいITに強い転職サービス

おすすめの転職サービス

エージェント名 おすすめ度 特徴
レバテックキャリア 5

エンジニア転職に強い

マイナビエージェント IT 4.8

業界精通度がトップクラス

ビズリーチ 4.2

年収の高いハイクラス層が対象


公式HPはこちら

・リクルートエージェント:https://www.r-agent.com/
・ビズリーチ:https://www.bizreach.jp/
・マイナビエージェント IT:https://mynavi-agent.jp/it/
・ギークリー:https://www.geekly.co.jp/
・レバテックキャリア:https://career.levtech.jp/

本記事の初回公開日は2018年07月07日です。

この記事に関連する転職相談

メディア情報学部はWebエンジニアとSEならどちらを目指すべきですか?

高校3年です。 メディア情報学部に進学する予定なのですが、webエンジニアを目指すべきかSEを目指すべきなのか判断できません。 就職するのが4年以上先であることを考慮してアドバイスが欲しいです。

40代未経験でWebエンジニアに転職は可能でしょうか?

未経験40代でwebエンジニアに転職は可能でしょうか?また持っておきたい資格はありますか?

Webエンジニアとして活躍できる企業はどこですか?

Webエンジニアとして活躍できる企業をおしえてください。 私は三年間中堅SIerでプログラミングの経験を積みましたが、あまり忙しさに身体が持たず会社を辞めました。 現在は在宅ワークも視野にいれて、webエンジニアを志望しています。 エンジニ...

Web系の仕事をアシスタントから始めても成長できますか?

web系の仕事をしたいと思っているのですが、大卒でアシスタント(アルバイト?)から始めるのは、実際のところどうなのでしょうか? また、卒業までには就職先を決めたいのですが、今からでも作品を作った方が良いですか? 早くしないと募集も締め切ってし...

Webエンジニアに就職するにはポートフォリオは大事ですか?

Webエンジニア独学勉強中の19歳高卒です。就職するにはポートフォリオは大事でしょうか?もし、必要なら今から作るつもりですが、それより年齢を武器に就職した方が良いでしょうか?先に一度就職活動をしてダメなら、ポートフォリオを作るがベストでしょう...

ポートフォリオのテンプレートを自分なりに書き換えて使うのはありですか?

web製作会社への就職を希望している大学4年生です。 現在実務未経験で、未経験でのweb製作会社への就職をする場合、ポートフォリオが重要と言われているのを知りました。 これまで独学でHTMLやCSSなどを学んできましたが、ポートフォリオを作る時に、テ...

web系からSIerに転職することは可能なのでしょうか?

最近はSIerからweb系企業に転職する人が多いみたいですが、web系からSIerに転職するはいますか? 私はweb系ですが、インフラ(特にネットワーク側)エンジニアなのでさほど変わらないかなと思ってますが、転職で注意すべきことなどありましたら教えてく...

Web系の新卒に就職するのとSlerで働くならどちらがいいですか?

現在就活を進めている大学生です。Web系企業への就職を考えているのですがこの時期になってもまだ内定をもらえていません。 大手企業のWebエンジニアになることが夢ではあるのですが、現実はそう甘くはないように感じました。 エージェントからは、新卒...

Webデザインにおけるデザイン力とはどのようなものですか?

Webデザインにおける、デザイン力とはどのようなものでしょうか。

Webサービスの開発会社に就職するとスキルを身に着けられますか?

将来の目標としてWebサイトの開発業務で、WordpressなどCMSを用いた開発業務をメインに働きたいと考えています 自社webサービスなどを開発する会社とWeb制作会社、やはりWeb制作会社で働くのが一番の最短ルートでしょうか? 大手の自社webサービスを...

この記事に関連する記事

【マイナビエージェントITの評判とは?】利用するメリット・デメリット...

マイナビエージェントITの評判とは一体どういったものなのでしょうか。マイナビエージェントITとは大手転職エージェントマイナビのIT業界に特化した転職エージェントのことです。キャリアコ...

【費用はどのくらい?】Webデザイナーの資格にかかる金額を徹底解説

webデザイナーの資格取得にかかる費用がどのくらいかかるかご存知でしょうか。この記事ではwebデザイナーが独学で資格を取得した場合の費用や、webデザイナーになる為にかかる費用一覧をご紹...

Webディレクターの年収はどのくらいか【相場や需要について】

近年はWebディレクターの需要が高まっています。今回はWebディレクターの年収はどのくらいか、年収の相場感や未経験、フリーランスの場合の年収等、様々な情報をご紹介します。Webディレクタ...

【社員に聞く】アマゾンジャパンの年収は1000万超え?職種別にご紹介

アマゾンジャパンは、米国のアマゾン(Amazon)の日本法人です。知名度・実績では屈指ですので、就職・転職を希望する人は多いと思います。その際にアマゾンの年収は非常に気になるところで...

Webディレクターの年収は高いの?低いの?徹底解説します

Webディレクターの年収はどれくらいなのでしょうか?収入が高い人の特徴を元にWebディレクターの年収を上げる方についてもご紹介していきます。企業で働いているWebディレクターとフリーラン...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー