• HOME
  • 職種
  • 【会計事務の志望動機】書くコツや例文を紹介します
【会計事務の志望動機】書くコツや例文を紹介します

【会計事務の志望動機】書くコツや例文を紹介します

会計事務への就職・転職を考えている人は多いのではないでしょうか。この記事では、会計事務へ就職・転職する時の志望動機について紹介します。未経験、転職、パート、それぞれの志望動機の例文や、会計事務が求める人材も解説します。会計事務の志望動機で悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

14554

会計事務とは?

会計事務所への就職を考えている人の中には、志望動機をどのように書けばよいか迷っている人もいるかもしれません。

会計事務所に応募するときの志望動機の書き方には、コツがあります。

まず会計事務所とはどのような場所で、どのような業務を行うのか確認しておきましょう。
 

会計事務所とは

会計事務所とは、企業や個人事業主の会計処理や決算処理、確定申告などを行う事務所です。

サービスとして、クライアントの会計処理や税務申告を代行を行うのが会計事務所の役割です。

具体的には企業の年末調整の業務や、個人事業主の確定申告の手続きを行います。
 

会計事務所の仕事内容

クライアント企業の日々の取引の帳簿を作成したり、帳簿から決算書を作成するのが仕事です。

それに伴う書類の作成・管理や、エクセルやワードなどの入力が日常的な業務内容となります。

そのため、書類の作成・整理など事務作業も多く発生します。

会計事務はブラックって本当ですか?見分け方はありますか?

会計事務はブラックできついところが多いって聞いたことがあるのですが、本当ですか?

また、ブラックな会計事務所の特徴、見分け方ってありますか?

もちろんブラック・きついと言えるような会計事務所はあるでしょう。

しかし、全ての会計事務所がブラックなわけではありません。

ブラックな会計事務所の特徴としては、求人広告を…続きを見る

会計事務所で求められる人材

会計事務所で求められる人材のイメージ会計事務所では、どのような人材が求められているのでしょうか。

会計事務には資格や専門知識が必要なの?

会計事務には簿記の知識など、会計や経理の知識が必要になります。

しかし、資格がないとできない仕事というわけではありません。

ただ、中途採用の場合は即戦力となることが求められます。そのため、会計の知識があった方が有利です。
 

会計事務には慎重な人が向いているの?

会計事務は、ミスをしないことが大切です。慎重な性格の人は、会計事務への適性があると言えるでしょう。

また、会計業務は毎年同じことを行います。

反復継続する仕事が苦手でないことも重要です。
 

会計事務になるためのインターンシップは?

会計事務所に就職するにあたって、インターンシップは必須ではありません。

会計事務所は個人経営の小さな事務所が多いため、どのような人材を求めているのか所長の考え方で大きく変わります。

インターンシップ経験がない人や、第二新卒、中途採用でも意欲があれば採用してもらうことは可能です。


会計事務への転職に強いおすすめの転職サービス

エージェント名 おすすめ度 特徴 公式HP
リクルートエージェント 5 国内最大級の求人数 https://www.r-agent.com/
パソナキャリア 4.8 独占求人が多い https://www.pasonacareer.jp/
ビズリーチ 4.2 ハイクラス転職に強い https://www.bizreach.jp/

未経験でも会計事務所に就職できる

スーツの男女

会計事務の仕事は、どこでも通用するスキルが身につくため、未経験で転職を考える人も多いです。

実際に、未経験者でも会計事務所で働くことはできるのでしょうか。


未経験可の求人はある

会計事務は、専門的なスキルや知識が必要です。転職市場で優遇されるのは、経験者になるでしょう。

またスタッフが30人未満の中小規模の会計事務所の場合は、即戦力を求めるため未経験者の採用枠は少ないです。

しかし、スタッフが50人以上いるような大規模の会計事務所では、経験者よりもかえって未経験の方が歓迎される場合もあります。


なぜ未経験でも就職できるのか

会計事務所が未経験者を採用する利点には、自分の会社の色に染められる点が挙げられます。

経験がない分、考え方も変に偏っておらず、事務所の方針をしっかりと叩き込むことができるのです。

また、急速に規模が大きくなっている会計事務所では、人手不足を解消するために雇っている場合もあります。

しかし多くは、人材を育成する目的で、未経験を積極的に採用しています。
 

アルバイトやパートの求人もある

いくら未経験可の求人があるとはいえ、いきなり未経験で会計事務所の正社員になるのは困難です。

しかし、アルバイトやパートの求人であれば、未経験可の求人もたくさんあります。

まずはアルバイトやパートからチャレンジして経験ができれば、その後の正社員への道も開かれてくるでしょう。

会計事務への志望動機を書く際のコツ

会計事務の面接で志望動機を聞いている時のイメージ

会計事務所に応募するときの、志望動機の書き方のコツを解説します。

具体的には、以下の内容を紹介します。

  • 志望動機に書く内容
  • 志望動機でアピールすること

それぞれ順番に確認していきましょう。
 

会計事務への志望動機には何を書けばいいのか

志望動機を書くときは、以下のような内容を満たすようにすることがオススメです。

  • なぜ会計業界で働きたいのか
  • 応募している会計事務所を選んだ理由
  • 自分の特長、強み、アピールポイント

このような内容であれば、説得力のある志望動機と感じてもらいやすくなります。

まず、色々な仕事がある中で会計事務を選んだのはなぜなのか、説得力のある理由を書きましょう。

そして、数ある会計ソフトから、応募している事務所を選んだ理由を書くことも大切です。

その事務所のことをしっかり調べないと書けないことですので、納得できる理由を書くことで意欲が高いことが伝わります。

さらに自分の特長や強みを書いて、採用してもらえたらその強みが活かせるということを書きましょう。


会計事務への志望動機は何をアピールしたらいいの?

志望動機でしっかりアピールしたいのは、自分の強みの部分です。

たとえば会計について、知識が深く資格を持っていることなどが挙げられます。

他にも、クライアントとのコミュニケーションスキルに自信がある、といったことがアピールポイントとなります。

応募先の会計事務所の特徴とからめて、「自分の強みを活かせる職場だと感じたから」というように持っていければ説得力が出てくるでしょう。

会計事務への志望動機の例文

会計事務を志望している女性のimage

会計事務の志望動機の例文を、状況別に以下の3つ紹介します。

  • 新卒・未経験
  • 転職
  • パート

順番に確認していきましょう。
 

会計事務への志望動機【新卒や未経験の場合】

貴事務所の募集要項を拝見し、会計業務の実務経験がなくても応募可能という点が魅力だと感じています。

私は、会計業務の実務経験はないものの、簿記の学習をしており、基礎的な知識は持っています。

未経験でありながら、素早く仕事を習得できると考えています。



会計事務への志望動機【転職の場合】

私は細かい作業が得意な性格でミスも少ないため、会計業務に向いていると考えています。

会計業務の実務はこれまで経験がないものの、前職の業務で培った粘り強さは会計業務でも大いに活かすことができます。

貴事務所に採用いただけることになりましたら、基本的な業務を素早く習得し、ミスなくこなし、難易度の高い業務もこなせるよう取り組む所存でございます。


会計事務への志望動機【パートの場合】

私は、家事のかたわら会計業務の補助をして働き、子育てが終わった後の将来は会計士として働きたいと考えています。

そのために簿記の資格取得を目指して日々勉強してきましたので、貴事務所での業務においてもその知識が活かせるかと存じます。

このような内容で志望動機の文を組み立てると良いでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

その会計事務所は大丈夫?

ブラックな会計事務所に勤めている女性のimage

会計事務所に応募するときの志望動機の書き方を紹介してきました。

しかし会計事務所に応募するときは、ブラックな事務所に注意する必要があります。

ここでは、ブラックな会計事務所の見分け方について紹介します。
 

ブラックな会計事務所が多い理由

会計事務所の中にブラックな事務所が少なからず存在するのは、繁忙期と閑散期の業務量の差が激しいのが一因です。

毎年2月から3月は確定申告の時期になりますので、それに合わせて仕事量が大幅に増えます。

残業や休日出勤が多くなることで、労働環境がブラックになる原因となります。
 

ブラックな会計事務所の見分け方

ブラックな会計事務所を見分けるためには、その事務所の離職率を見るのがおすすめです。

会計事務所に限らず、単純に離職率が高い職場は社員が定着しないということになります。

辞めたくなるような理由がある、ということになるでしょう。

仕事が過酷だからやめるのか、給料が安すぎるからやめるのかはその職場それぞれです。

しかし離職率が高い場合は、何らかの原因があると考えられます。

離職率が高い会計事務所や、いつも社員募集をしている会計事務所はブラックの可能性がありますので注意しましょう。

会計事務におすすめのエージェント2選

会計事務になりたい方におすすめのエージェントをご紹介します。

これらは、屈指の知名度、実績を誇るエージェントですので積極的に利用することをおすすめします。
 

知名度No.1マイナビエージェント 会計士

手厚いサポートで定評のあるマイナビエージェントの会計士特価版がマイナビ会計士です。

企業会計士や会計事務所等、様々な転職先を紹介してもらえるのが特徴です。

業界No.1の実績がある転職エージェントとなります。

登録をしないと求人を確認することができないため、まずは登録をしてみてはいかがでしょうか。

  • 求人量:4.2 ★★★★☆
  • アドバイザーのの質:4.7 ★★★★★
  • 求人の質::4.1 ★★★★☆

✔公式HP:https://cpa.mynavi.jp/
 

マイナビ税理士

  • 求人量:3.9 ★★★★☆
  • アドバイザーのの質:4.7 ★★★★☆
  • 内定率の高さ: 4.2 ★★★★☆

税理士に特化した転職エージェントの中では、ダントツの人気を誇る転職エージェントがマイナビ税理士となります。

豊富な知識と経験があるアドバイザーから、自分のキャリアを最大限に活かした転職先の提案をしてもらえます。

ほとんどの求人が非公開求人であるため、まずは応募をおすすめします。

✔公式HP:https://cpa.mynavi.jp/

まとめ

今回は会計事務の志望動機について紹介しました。

会計事務所に応募するときの志望動機は、会計事務所を志望している理由や、採用された場合に活かせる自分の強みを中心に書きましょう。

会計事務所は未経験でも応募可能です。

しかし、これから仕事を覚えて活躍できるようになる、という意欲が伝わる志望動機を作成することが大切になります。
 

この記事に関連する転職相談

転職入社前で不安が多いのですが転職はそんなものでしょうか?

現職公務員です。 公共分野のコンサルへ転職を考えており現在大手の1社から内定をもらい、第一志望であるため、ここに決める予定です。 最終面接のプリンシバルからすごく期待されているのが、...

営業4年目ですが未経験でも事務職へ転職することは可能でしょうか?

帰りが遅いし土日も時々仕事をするため、プライベートの時間がとりづらく事務系の仕事も考えているのですが、事務は未経験だと厳しいと聞いたことがあります。。 今4年目で営業しかしたことがないので...

会計事務所へ就職したいのですが何が必要なのでしょうか?

会計事務として会計事務所に就職したいと思っているのですが、資格やスキル、対策などの何が必要なのかをお伺いしたいです。 可能であれば、実際に会計事務をしている方にお伺いしたいです。

会計事務の年収は大体どれくらいですか?

大学卒業後に会計事務所に就職しようと思っています。 会計事務の年収は大体どれくらいでしょうか。 実際に会計事務として働いている人に年齢と年収を教えていただきたいです。

会計事務はブラックって本当ですか?見分け方はありますか?

会計事務はブラックできついところが多いって聞いたことがあるのですが、本当ですか? また、ブラックな会計事務所の特徴、見分け方ってありますか?

会計事務の仕事内容はどのようなものでしょうか?

会計事務の仕事内容はどのようなものなのでしょうか? 会計事務の主な仕事内容を教えていただきたいです。

転職して会計事務になりたいのですが何が必要でしょうか?

会計事務への転職を考えているのですが、会計事務所への転職には何が必要なのでしょうか?

会計事務に未経験でなることは可能なのでしょうか?

未経験の状態で会計事務として会計事務所に就職・転職をすることは可能なのでしょうか?

事務職での給与の底上げに有利な資格はどんなものがありますか?

事務職での給与の底上げに有利な資格はどんなものがありますか?

会計事務に将来性はあるのでしょうか?

会計事務所への就職を考えているのですが、会計事務の将来性はどうなのでしょうか? ネットを見ていると、「会計事務には将来性はない」という趣旨のサイトがとても多いので、このまま会計事務になって問題...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。
相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。会員登録する無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

業界から企業の転職相談を探す