MRってどんな仕事?【仕事内容やキャリアプランをまとめてみた】の画像

MRってどんな仕事?【仕事内容やキャリアプランをまとめてみた】

MR(Medical Representative)とは、医薬品メーカーの営業担当職のことです。数多ある営業職の中でも、製薬業界の営業職であるMRは、その専門性から収入水準の高い職種です。

MR(Medical Representative)とは?

MR(Medical Representative)とは、
医薬品メーカーの営業担当職の意味で用いられる言葉ですが、
より上位概念の医薬情報担当者と訳されることもあります。

MR認定センターのホームページによれば、
MRは、医療機関を訪問することにより、自社の医療用医薬品 を中心とした医薬情報(医薬品およびその関連情報)を医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師など)に提供し、医薬品の適正な使用と普及を図ること、
そして使用された医薬品の有効性情報(効き目や効果的な使い方)や安全性情報(副作用など)を医療の現場から収集して企業に報告すること、
そして医療現場から得られた情報を正しい形で医療関係者にフィードバック(伝達)することなどを主な業務としています。

MRに向いている人の特徴はなに?

ということで、MRに向いている人の特徴を説明していきたいと思います。

因みに、MRの出身分野を見ると、
文科系出身のMRが最も多く約5割、次いで、理科系出身が約3割で、
薬剤師の占める割合は2000年以降、約1割を前後しています。

一方、女性MRは2000年以降年々増加しており、現在約1割に達しています。

コミュニケーション能力が高い

他の営業職にも共通ですが、コミュニケーション能力の高さです。

病院・医者に対して営業活動を行う際は、中長期的な関係構築・維持を目的に行うため、
場当たり的ではない、真の信頼関係の構築が必要になります。

従って、誠実さが求められる傾向にあります。

知的好奇心が強い

最低限の学力に加えて、知的好奇心を養うことが求められます。

医薬品は、日々研究が進んでいる日進月歩の世界です。

取り扱う商品や、競合商品などの情報を逐次収集し、
身に付けていかなければ、的確な情報発信、営業活動を行うことはできません。

根気強い

次にあげられるのが、根気強さです。

仕事の大半は外回りに時間を費やします。

場合によっては、担当医師の手術が終わるのを手術室の前で、
腰かけることもなく立ちっぱなしで待つこともあります。

根気強く成果を求めることができる精神力が必要となる仕事です。

具体的な仕事内容とは?

病院の医師や調剤を行う薬剤師の方々に、
「自社の薬に関する情報を提供」する仕事です。

MRは、「薬を売る営業」ではないと自称します。

「薬の品質・有効性・安全性に関する情報を医療従事者に提供する」ことで、
患者さんの治療に最適な処方薬として自社の薬を選んでもらうことがミッションなのだと。

結果的に選んでもらうことで、売上に繋げていく仕事であるという建前によく表れているように、
高い倫理観が求められる職種です。

また、MRが扱う薬は「医療用医薬品」であることに注意が必要です。

医師の処方箋を必要とし、薬剤師によって処方される薬です。

他方で、ドラッグストアやコンビニで簡単に購入できる風邪薬や胃腸薬などは「一般用医薬品」と呼ばれるもので、
MRの担当範囲ではない点に注意が必要です。

MRのキャリアプランとは?

ということで、最後にMRのキャリアプランについてまとめたいと思います。

MR認定試験

MRの職種に就職して、最初の難関は「MR認定試験」です。

毎年12月に東京・大阪で開催されるこの試験に合格することで、
MRとして最低限の「医薬品」「病気・治療」に関する知識があると認められます。

合格率は約80%です。

この資格がなくてもMRの仕事はできますが、
業務上不利になる場面が多くなることは否めませんので、
一人前のMRとして認められるための最低条件といったところでしょうか。

管理職に昇進

製薬企業は、いずれも大規模な企業です。

この企業の中で、課長や部長、更には役員といったように、
昇進していくケースです。

単に営業成績を伸ばすだけではなく、
マネジメント能力や営業戦略を立てる力も必要とされます。

このキャリアパスが最も一般的なキャリアパスになると思われます。

社内でキャリアアップを重ねていく他、最近では転職経験を経ることでキャリアをアップしていく方も多いのもMRという職種の特徴です。

他業界の営業職に転職する

MRという職種は、営業職種の中でも、
高い専門性を身に付ける力と病院・医師等との長期に亘る信頼関係の維持を行う能力に特徴がありますが、
これらの能力は、他の多くの業種にも共通で必要とされる力であり、
不動産業界や、保険業界など、営業職人材の質が成否を分ける業界では、
MR出身者が活躍しているケースも珍しくありません。

MRの将来性とは…

では、MRの将来性についてみて行きたいと思います。
ジェネリック医薬品が業界を圧巻している今、MR職の将来性はいかがでしょうか。

実際にQAが来ていたので、そちらを確認しながらみていきましょう。

MRのキャリアプランを考える上での将来性について皆さんの意見を聞きたいです

MRって営業メインの仕事であると思いますが、将来性についてどのように考えていますか?

営業のリーダーみたいなのになったあとのキャリアについてお聞きしたいです。

個人的な所感ではあるのですが、営業のリーダーとして働いたあとのキャリアについて想像がつかないです。

どのようなキャリアを歩む方が多いのでしょうか?
営業職として待遇がより良い会社を目指すことになるのでしょうか?

ご回答お願いします。

製薬会社に勤務しております。

参考までにMRのキャリアと年収をご紹介します。

年収は全て福利厚生込とお考え下さい。

1)入社時 MR1年生 500〜600万

2)MR5年目 主任クラス 600〜800万

3)MR10年目 所長代理クラス 800〜1200万

4)営業所長、マーケマネージャー 1000〜1500万

5)支店長、マーケ部長 1500〜2000万

6)営業本部長 2000〜3000万

7)役員 3000〜7000万

8)社長 5000〜20000万

仕事に情熱を注げる人間は通常は3)までは進みます。

3)に達しないMRはダメMRです。

そこから先は、更に仕事に情熱を注げるか、人望、ゴマスリ、運、色々と必要です。

ちなみに多くのMRが3)に達した時点で生活レベルに満足してしまい、そこから上を狙う人はそんなに多くは居ません。

4)まで上がれるのは15人に1人。

5)より上は100人に1人を切りますので、非常に厳しい戦いです。

6)で500人に1人くらい。ここからは特殊人材です。MBAホルダーとかが多いかな。英語もペラペラです。

平均すると、福利厚生込みで、30歳で850万くらい、40歳で1100万くらいの収入を貰ってる方が多いですね。

1回転職すると50〜100万くらいの収入アップになりますが、3回も4回も出来るものではありません。

普通はしたとしても2回くらいの転職になるハズです。

ということでかなり詳しい回答をでしたね。
MR職の待遇の良さが伺えます。

年収1000万円までは見込めるが、そこから先はかなり険しい道であるということがわかりますが、
給与の上がり幅が凄まじいことがわかります。

こちらの回答を見る限りですと将来性抜群のように伺えますね。

MRは女性と男性で評価は違うの?

医療に特化した専門的な商材を売る営業職がMRです。
しかし、営業職は特に男性社会の色が強いです。

MRの場合はいかがでしょうか。
女性も活躍する舞台が出来ているのでしょうか。

実際に見ていきたいと思います。

MR職に女性が就いた時の有利、不利な点は何ですか?

製薬会社のMRという営業の職業について質問です。
女がMRに就いた際、有利な点、不利な点は何でしょうか?

女性は枕が多いとか、MSとの関係構築が難しいとか
聞きますが、実際いかがですか?

どなたかご存じの方がいらしたら教えてください

最近はMRの派遣も増えてきたから、医薬業界は微妙だと思います。

仕事内容は薬の知識をつけて、医者に売る。競合他社よりも自社の商品がブランド力と効果があるのであれば営業は楽だろうけど、どこも同じような薬を出しているのでキツイと思います。

女性の場合だと、若いうちは男性よりも甘く扱われると思います。
医者も若い子きたら、一応話聞くだろうし。

全国転勤の企業が多いので、人生プランが会社の人事に左右されてしまいます。

ということで、商材の単価が高いだけに、
最後の一手単位では、男性よりも女性の方が有利に働くことが多いみたいですが、
余り差はないようです。

他にも回答が来ていたので、そちらも確認してみましょう。

枕はありませんよ。少なくとも枕を会社から推奨されるような事は絶対にありません。する人はそういう事が好きでやっているだけです。

有利な点は、ダイバーシティの流れです。
女性の管理職比率を上げようという流れが製薬会社は特に強く、元々それだけ男社会だったのです。

管理職の95%は男性でしたが、これを30%くらいまで女性にしようという流れが強くあります。

従って、同じ能力なら男性よりも女性の方が圧倒的に昇進スピードは早いです。

不利な点は、MRの仕事のゴールデンタイムは17時から20時だという事です。

子供を出産されて1歳の時に保育園に預けて仕事に復帰するとなった時に、ここまで長時間預かってくれる保育園や親御さんが近くに居るかという問題が必ず発生します。

ほとんどの方が無理だと判断されて退職されます。

都会ならまだしも、地方にはそんな環境が整っておらず、非常の厳しい現実が待っています。

転勤族のMRは都会か地方か選べないですからね。

待遇は少し良く見える世界ですが、女性が働きやすい職場はもっと他にありますよ♪

女性の管理職採用を積極的に展開しようとする会社が増えているようですね。

特に、MRは他の営業関連職よりも女性の割合が多い職種ですので、
評価をしっかりしている企業が増えているのは非常にポジティブのように思います。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回はMRの仕事内容について説明しました。

高度な営業スキルを持った人材が求められていること、
並びに、転職にも有利に作用することの多いキャリアステップであることがおわかり頂けたかと思います。

仕事内容やキャリア形成についての情報源として、お役立て頂ければ幸いです。

この質問に関連する転職相談

製薬会社の経理とか人事であれば高水準の福利厚生を受けられ、MRほどのしんどさもないといえるでしょうか?

製薬会社の福利厚生はかなり良いと聞きます。しかし製薬会社のMRはかなりキツイともよく聞きます。そこで、製薬会社の経理とか人事であれば高水準の福利厚生を受けられ、MRほどのしんどさもなく、魅力的な仕事なのかなと思いました。私のこの解釈は間違っ...

医療機器の営業職からMR職へと転職することは可能ですか?

医療機器のメーカーで営業職として採用された就活生です。 MRにいくか、医療機器で働くかで悩んでいたのですが、結果的に医療機器の営業職に進もうと考えています。 どちらからも内定を頂けているのですが、どちらかというと医療機器の方が幅が広くキ...

MR未経験ですが30代でも挑戦できますか?年齢制限はありますか?

MR職未経験です。 現在、営業歴12年なのですが、キャリアチェンジを考えています。 現在はMRへの転職を考えています。 ただ、年齢が30歳を超えているということもあり、今から未経験で挑戦することができるのかを聞きたいです。 年齢制限があるよ...

MR未経験の営業職ですが、未経験でも転職することはできますか?

25歳の男です。 今年結婚予定で、安定していて高待遇の環境の会社に転職したいと考えています。 社会人三年間は、営業のスキルを磨き続けてきました。 同年代で社内トップの成績を残せています。 それと、自分の知り合いにですが MRをやっていて...

MRはノルマに厳しく、達成できなければ冷遇される会社が多いんですか?

製薬会社のMRに就職することが決まりましたがとても不安です。女、薬学部、二浪です。私にとっては挑戦です。せっかく大きな企業から内定をいただけたのだから頑張れるだけ頑張りたいと思う反面、内定ブルーってやつなのかわかりませんがものすごく不安で...

今後のキャリアや転職をお考えの方に対して、
職種や業界に詳しい方、キャリア相談の得意な方がアドバイスをくれます。

相談を投稿する場合は会員登録(無料)が必要となります。
会員登録する 無料
JobQ運営局
株式会社ライボJobQ運営局の公式アカウントです。

 関連キーワード

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無料ユーザー登録
無料で相談を投稿する
カテゴリ
メニュー